カテゴリー「Tenor Sax」の記事

フラセル マークシックス 5万4千7百9十 トランジショナル

今日はマークシックスのプロトタイプ的な時代の楽器です。

マークシックスはセルマーのシリアル表では1954年の5万5千2百番台から始まっています。

ですが、今回の楽器はそれよりも古い1953年の後半に作られた5万4千7百番台です。

このような楽器は過去にも多くみてきましたが、その多くがシルバーの楽器でした。

この楽器は彫刻がないのでフラセルシルバーですね。

201710121
201710122
201710123
201710124
201710125
201710127
201710128
201710129
2017101210
2017101211

これらのトランジショナルな楽器はこの時期に数十本作られたようですが、マークシックスと異なる点はテーブルキーのデザインがシックスのものになっていないことですね。

このほか、この時代を含めて初期のマークシックスはSBAと管の太さが同じですから、この楽器もどちらかといえばSBAの管体にマークシックスのキーをつけたような楽器といえます。

その意味では、この楽器はSBA的な要素が多く、マークシックスト言うよりはSBAに属するようなそんな楽器で非常に面白いですね。

マークシックスにしてはやや軽すぎて楽器としても弱いですから、SBAで指がやりやすいのが欲しい、、、というような特殊な事情がある人におススメな楽器かもしれません。


www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キング スーパー20 テナー 40万8千台

今日は第4世代のスーパー20の40万8千台です。

いわゆる買収される直前ごろの後期の楽器で、スーパー20の第4世代になります。

この時代は豪快仕様が簡素化されていますが、この楽器はベルがシルバーなのでこの時代としては中々の楽器です。

1964,65年あたりの楽器でマークシックスで言うと12万ごろになりますが、この楽器はネック以外は非常にきれいですね。

201709161
201709162
201709163
201709164
201709165
201709166
201709167
201709168
201709169
2017091611
2017091612

マークシックスはまだまだきれいな楽器が多いですが、キングの楽器はこのようにやや新しい時期の楽器でもこのようなきれいな楽器を見つけるのは難しいですね。

この頃の第五世代になると、ボアのサイズなどが結構異なるらしく、楽器としてもかなり個体差的なものがあるようですね。

この時代の楽器は、キャラクターというよりはよく鳴る楽器が多く、音色重視の人にはあまり面白い楽器ではないでしょうが、気持ちよく楽しく吹ける楽器ではあります。

そのような楽器が、こんなにきれいに出てくることは珍しいと思うので欲しいひとも多いのではないでしょうか???でも100万超えるとちょっと高いですね。

www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SML コールマンホーキンス スペシャル 534x テナー

今日は珍しい楽器です。

SMLの楽器ですが、コールマンホーキンス用に作られた?特別モデルです。

日本ではホーキンスはあまり有名ではないかもしれませんが、ジャズヒストリーではコルトレーンと並んで?、、、いやそれ以上に?、、、歴史に大きな功績を残したプレーヤーとして名を刻んでいます。

特に彼のBody and Soulは、ジャズの名演でトップ3に入るほど?有名な演奏です。

そんな40年代の大スタープレーヤーですから、その当時彼の名前を冠した楽器が出てきても全く不思議ではありません。

初期型であるRevAとそれ以降であるRevBモデルがありますが、今回のものは1944年ごろの後期型のモデルです。

20170914
20170914_2
20170914_3
20170914_4

20170914_6
20170914_7
20170914_8
20170914_9
20170914_10
201709144

初期型であるAはベル左側にトーンホールが付いているそうですが、今回の後のモデルであるBは右側にそれが付いています。

通常のモデルよりもベルが大きく作られているモデルで、アルトもあるようです。

そしてシルバーモデルのみですから、その当時はシルバーモデルがより上級としてはやっていたことがわかります。

コールマンホーキンスが実際に使用したのはAのモデルで、他の楽器との契約でヨーロッパのみの使用となったようです。

即ち、ちょっとヨーロッパでツアーしたときにのみに使われた楽器で、その後も彼の名前を使って作られたのが今回の楽器の位置付けということになります。

今でも、誰それモデル、、、といって出たけど、実際はあんまり使われずに、本人もすぐ使うのやめて、、、というマーケティング的なモデルはたくさんありますが、そういうもののはしりと考えるとその意味は大きいかもしれません???

このモデルに関しては、ホーキンスがどうとかではなく、SML、Bの特別モデル的な感じで考えるといいかもしれませんね???

<p>www.tomosax.net</p><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><p>&nbsp;</p>

<p></p>

<p></p>

<p></p>

<p></p>

<p></p>

<p>&nbsp;</p>

<p>&nbsp;</p>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

オットーリンク テナー スラント No USA 7

今日はオットーリンクのスラントのテナーの7番です。

オリジナルの7番あたりのテナーのスラントは多く存在しているはずですが、ほとんど見かけることがありません。

昔はそれなりに見かけて入手する機会も多くありましたが、この10年で市場に出てきた回数は両手で数えられるくらい限られていると思います。

それだけ需要が高く、ほとんどの人が手放さないか市場に出る前に他の人に渡ることでしょう。

さて私が気になっていたのは、オリジナルの7や7*が出てきたらいくらくらいなのか、、、ということです。

今回のものはオリジナルですがやや汚いですね。

テーブルなどのコンディションは良さそうです。

さて、いくらで売られているでしょうか?

201708041
201708042
201708043
201708044
201708045

売値は3500ドルです。 実際に日本から購入すると40万はかかりそうです。

やはりNo USAは希少で出てこないですよね。

私の記憶では、2005年にこれよりも遥かにきれいな7*が有名店で750ドルで売っていた記憶がありますのでこの10年で価格は4~5倍になったことになります。

個体差も大きいですが、やはりスラントには圧倒的な良さがありますので、欲しい人はこの値段でも買うでしょう。

こういうものが多くうっていた時代が懐かしいですね。


www.tomosax.net





| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブリルハート サックス 珍品

今日はブリルハートの珍品です。

なんとブリルハートのサックスです。

すごいのはプロトタイプの一号機で、おそらくこれ以外の試作機はもちろん製品化もされなかった幻の楽器です。

ブリルハートの親族から出てきたもので、リラッカーされていますが1955年製、、ほぼマークシックス初期が出ていたのと同じ時代の楽器です。

シリアルは1955年を意味する55と一作目の01をあわせた5501だそうです。

201707221
201707222
201707223
201707224_2
201707226
201707227

BeaugnierというフランスのメーカーにOEMで作らせたようです。

いくつか独創的な設計が見てとれますが、それよりもすごいのはマウスピースメーカーが勢いあまって?サックスまで作ってしまうということを今から60年近くも前にやっているということです。

あいにくブリルハートサックスはプロトタイプがつくられてそれっきりになってしまいました、、、お金の問題かもしれませんし、これではセルマーやキング、コーン、マーティンに勝てないと思ったのかもしれません。

しかし、みんな考えることは同じで自分のサックスが作りたくなっちゃうんだな、、、としみじみ思わせる逸品でした、、、





www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル テナー 11万7千

今日は11万7千台のアメセルテナーです。

このあたりは基本的には明るい色のものが多いものの、暗い色をしたものと明るい色をしたものがあります。

その色合いによっては音色が全く別物になってしまいますが、まれに今回のように非常に暗い色をしたものがあります。

今回のものの黒さは、5万7千台や7万台あたりのグリーンラッカーを彷彿させつものがありますね。

201707111
201707112
201707113
201707114
201707115
201707116

201707118
2017071110
2017071111

このような楽器を今までいくつも味見してきましたが、弱くあまり張りが出ないように吹くと6万台のような音がします。

バッフルがついているようなマウスピースでエッジを立てるとそれなりにパチッと鳴りはしますが、わかりやすい音色がする楽器です。

さらにいいのは値段がそこまで高くないことですね。

この楽器で8000ドルそこそこですから、いい楽器を買うには150万円くらい用意しなければいけないと思うと半額ほどですみます。

予算が少ない人けど5桁の楽器が欲しい人には非常におススメの楽器です。


www.tomosax.net


























 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル? テナーネック 9万1千台

今日は9万台のネックです。

なんだ、、9万台か、、、と思われる人も多いかもしれませんが、マニアの間では?9万台ネックは最も完成度が高いという人もいます。

某有名老舗修理屋のオリジナルサックスも9万台ネックを参考にしているとも書かれていましたね?

ネックというのはその形状により息の流れ方が変わりますから、音色ももちろんそうですが、音への変わり方や、音の響き、そして押したり引いたりする感じが大きく変わる部分であります。

そういう意味では、9万台ネックは、私も持っていますがそれなりに押したり引いたりもできるし、ボリュームもあるし、カラーの変化があるのでバランスがいいですね。

9万台と6万台あたりを比べると、6万台のほうがやや一辺倒に感じるように思います。

さて、そんな9万台のネックが売りに出されています。

201706301
201706302
201706303
201706304
201706305

オリジナルラッカーでほぼ20万円です。

入り口の下に金属のパッチがはってあるのでラッカーが大きく損失しています。

それ以外のラッカーはきれいに残っているのに、なぜセルマーのロゴの部分の青ペイントがないのでしょうか???

そもそもこの時代の楽器はこのような色ではないので、リラッカーしたのは間違いないでしょう。

だとしてもラッカーが明るすぎないのでそれなりの音色はするとは思いますが、ダメージのあるネックに20万も出せる人は少ないのではないでしょうか???


www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセルテナー 9万2千0百5十

今日はアメセルテナーの9万2千台です。

ビバップホーンとしては5万あるいは6万台が人気ですが、1960年製である9万台は音の強さとキャラクターの両方をもった楽器として人気が高いですね。

今回の楽器は、なんとほぼすべてオリジナルのパッドが残っています。

そしてもちろんオリジナルのセットアップが見てとれますが、この楽器もキーが非常に低くされていますね。

今中古で売っている9万台でここまで低いものはあまり見かけませんね???

1089292055markvitenor1
1089292055markvitenor3
1089292055markvitenor4
1089292055markvitenor11
1089292055markvitenor12
1089292055markvitenor15
1089292055markvitenor21
1089292055markvitenor25
1089292055markvitenor28
1089292055markvitenor29

9万台にしてはやや明るめの色のように見えます。

もう少しくすんだ色をしたものが9万台としては一般的なように思いますが、テカテカしている色の分明るめの音がするでしょう。

ビバップホーンよりもややパチッとした音色で、パワーもあるじはずです。

ですが、暗めに吹けば十分ビンテージの音がするし、反応も速いことでしょう。

9万台よりは8万台にイメージが近いと思いますが、非常にきれいなコンディションで珍しいですね。



www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オットーリンク レゾチェンバー テナー 5

今日はリンクのレゾチェンバーです。

今回のものは非常にきれいで字も鮮明に残っています。 開きは5で72ですから、セルマーのCあたりと思うとかなり小さいですね。

このくらいの大きさが当時標準だったので、同じ音色を同じようなダブルリップの吹き方で出すにはいいですが、やはりこのままでは使いにくそうです。

201706071
201706072
201706073
201706074
201706075
201706076
201706077
201706078

かなりチェンバーは大きいですね。

一時期シーマスブレイクが使っていましたが、スラントに比べると音が丸すぎて鋭さが足りないのでそのままスラントのようなイメージで使うのは難しいと思います。

ですが、リフェイスして底が上がればある程度の反応の鋭さは出てきますから、シーマスのように使えるかもしれません。

このマウスピースにはオリジナルのリガチャーがついていますね。

レゾチェンバーにはいろいろなタイプのリガチャーがついていますが、これはややライトなタイプですね。

私もこの時代の色々なリガチャーを持っていますが、これだけリガチャーが違うとマウスピースの鳴り方も大きく変わってくるので、そういう当たり外れも当時は大きかったでしょう。

1000ドルですが、希少性からすれば妥当な値段かもしれません。





www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル テナー 5万9千2百

今日はアメセルテナー5万9千2百番台です。

マークシックスは5万5千(4千)辺りから製造が始まります。

初期のマークシックスはSBAに近い感じがありますが、この5万9千あたりになるとちょっとそれが抜けつつあるようなマークシックスらしさが出てきますね。

しかしモデルチェンジする6万2千以前はややコンパクトな感じがあります。

6万台だとパワーがありすぎる、あるいはマークシックスすぎるからSBAのフィーリングが残っている楽器が欲しいけど、5万8千辺りまでの暗すぎる楽器はいや、、、というこだわりのある人はこのあたりの楽器しかないでしょう。

201705111
201705113
201705114
201705115
201705116
201705117
201705118
201705119
2017051110
2017051111

5万9千らしくそれ以前の暗い楽器よりは、このように少しテカテカした楽器が多くなります。

音色も場合によっては曇った感じの楽器もありますが、それ以前の楽器よりはちょっとはっきりしたものが多いでしょう。

今回の楽器は5万9千としては非常にきれいなコンディションで珍しいですね。

暗すぎない楽器が欲しいひとで狙っている人は多いでしょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧