カテゴリー「Tenor Sax」の記事

アメセル テナー 9万5千3百6十

今日はアメセル9万5千3百番台のテナーです。 9万中期がクリスポッターの使用により、非常に注目される番手になりました。

元々は、ブレッカー氏の8万のキャラクターの延長のイメージで、音が太く鳴り、音も8万よりも暗いものというキャラクターでした。

しかし、古いジャズが以前ほど珍重されなくなった今、新しい音楽を作る可能性のある古すぎないサウンドを奏でる楽器として、今後需要が高まる可能性がある番台として注目ですね?

今日のものは、暗い色をしているのですが、9万台にしてはややオレンジっぽい色をしているな、、という印象でした。

202109091 202109092 202109097 202109094 202109093 202109096

通常であればネックのSのロゴは、非常に濃い青色のペイントがついていますが、ネックは完全に剥げていますね。

202109099

そして、よく見ると、彫刻も微妙に埋まっているようにも見えます。

202109098

実物を見ないとわからないですが、恐らく11万台あたりのリラッカーが疑われます。

11万前後にはこのような色も見られるので、古い時代のリラッカーだと思います。

ラッカーの色がそこまで大きく変わらないので、音色的には同じような音がすることと思いますが、値段的にはオリジナルとして売られているので注意が必要ですね。

リラッカーだと、音域によって抵抗感が変わって、音程がばらついたりもするので、この楽器を買うときにはそのあたりを非常に注意したいところです。

 

 

tomosax.net

 

 


今まで色々レッスンを受けてできなかった憧れのアドリブが! ついにできるようになった、とレビューをたくさん頂きました!
Banner39m


 

 

 

| | | コメント (0)

アメセル テナー 10万0千1百5十

今日はアメセルテナーの10万0千台です。

9万から150ほどしか離れていない楽器で、9万台と同じ楽器などといわれそうですが、どうでしょうか?

 

まず楽器の設計としては10万中期でベルの形などが大きく変わりますから、9万台よりではあります。

しかし、9万台とは色が全く異なり、一目で9万台ではないことがわかる色です。

9万のダークな感じよりは、ややオレンジがかった色ですから、かなり明るめの音がすると思います。

この楽器は、オリジナルのパッドも多く残っていてコンディションとしてはいい感じに見えますが、、、どうでしょう???

202109032 202109035 202109036 202109039 202109031 202109037 202109038 202109033 2021090312 202109034

 

まさにピカピカといったところですが、一か所不思議な点が、、、

2021090310

本体の上部だけが色が違いますね、、、ラッカーが剥げて地金になっています。

一体どうしたのでしょうか?

おそらく、ネックを締める板が外れて、そのあたりをくっつけるためにバナーであぶったので、ラッカーが焼けてしまったのですね。

ラッカーが焼けることは、このくらいならさして影響はないでしょうが、問題は、その板を付けるのに、どのくらいの技術者がやったかということです。

この修理はネックの接合部であることもあり、修理前と後で大きくフィーリングが変わります。

もしロウをつけすぎると重たくなりますから、私は、そのあたりのことを熟視したうえで、スーパーきれいに直せる人にしかお願いしたくありません。

その意味では、この楽器は、ちょっとそのあたりの反応に怖さがあります。

値段は130万ほどですので、安い部類に入ると思いますが、買うときには絶対に試してから買いたい楽器ですね???

 

tomosax.net

 

 


今まで色々レッスンを受けてできなかった憧れのアドリブが! ついにできるようになった、とレビューをたくさん頂きました!
Banner39m


 

 

 

| | | コメント (0)

アメセル テナー 9万4千3百

今日はアメセルのテナー、9万4千台です。

 

一目で見て分かるほど、明確な9万台の色をしていますね。

9万台はほぼ一貫して、このような暗いラッカーがついています。そして、ネックのSの濃い青色のペイントも特徴的な色ですね。

写真は明るいところで撮っているのでこのような色に見えますが、実際手に取るともう少し暗めの印象の楽器でしょう。

9万4千というと8万台を抜けて完全に9万に入ったあたりで、8万よりもしっかりとした低音、音の張りが感じられます。この楽器は9万4千であることもあり、9万台の中では低音の太さは少し弱めでしょうが、9万台らしいキャラクターが楽しめるでしょう。

202109018 202109017 202109013 202109014 202109016 202109012 202109011 202109015

 

このように9万中期というと、クリスポッター先生の代名詞となり、そのことが販売の文章にも示されるようになってきましたね。

私もポッター先生以前より9万5千を使ってきましたが、この9万台はモブレーとは違うフィーリングのとても素晴らしいキャラクターを持った楽器です。

元々はJimmy Heath大先生あたりの使用が有名でしたが、現代におけるポッター先生の影響力は大きすぎて、これからは9万台はポッタービンテージと呼ばれていくことでしょう。

この売り手の文章にもある通り、9万は魅力的なダークな音色の中に、押したときには音のプロジェクション(張り)がある楽器です。

ジョシュアレッドマン世代の台頭で6万台が重宝されてきましたが、これからは9万台の需要も高まっていくでしょう。

今回のものは安めですね???

 

tomosax.net

 

 

コロナ渦でもしっかり学んでついにアドリブできるようになった、とレビューをたくさん頂きました!
Banner39m

 

| | | コメント (0)

アメセル テナー 5万7千3百 グリーンラッカー

今日は久しぶりのバリバリグリーンラッカーのテナーです。

 

5万6千後半から5万7千は、王道のグリーンラッカーシリアルです。

アルト、テナー問わず、このように非常に暗い濃いラッカーがついています。

一部オーナメントのネック、即ち第2次オーナメントの楽器がありますが、これは通常のネック仕様です。

今回のものは、オーバーホールはされているものの非常にきれいなコンディションで、真っ黒ですね。

202107127 202107128 202107125 202107126 202107122 202107124

この明るい場所で撮った写真がこの色ですから、恐らく普通に間近で見たらもっと暗い色をしているでしょう。

この5万7千は、抜けない、華のない、何とも言えない暗い音が特徴ですが、完全にジャズマーケットを意識してのことでしょう。

全く明るい倍音が含まれないので、クラシックには向きません。

キーもかなり低くセットされているので、こもった暗い音色が楽しめることでしょう。

値段も160万円ほどで、値段は比較的安めでした。

探している人も多いようで、あっという間に売れてしまいましたね。

中々、良さそうです!


Banner39m


 

| | | コメント (0)

シリーズ2 テナー 39万台 ホワイトラッカー

今日は39万台のシリーズ2のテナー、ホワイトラッカーです。

このようなものまで特別扱いされる時代が来たことに、時間の経過と自分自身の老いを感じる今日この頃ですが、初期シリーズ2のレア仕様です。

 

楽器には流行り廃りがありますが、90年代は何故か、ブラックラッカーをはじめとした、謎のカラーの色の楽器が流行った時代でした。最近は見かけませんが、カメレオンのような色をしたサックスは、割とどこの店でも見かけた時代でした。

さて、今回のこのホワイトラッカーは、そのような時代の流れのまさに最初に作られたレアな楽器で、80年代後半のホワイトラッカーとしては最初期にあたる楽器です。

202105246 202105242 202105245 202105243 202105244 2021052410 202105248 2021052411

 

何故このような楽器が作られ始めたか? そのきっかけは定かではありませんが、見栄え、、そして、バリバリ鳴っていた楽器の音色を穏やかにまとめる特徴が、新しく受け止められたことでしょう。

実際、音の角が少し取れて、抜けきらない丸い音と、程よい?抵抗感、、、そして、高い倍音が抑えられた音色が、斬新でしたね? 

その意味では、やはり結果としてブラックラッカーのほうに分があり、ブラックラッカーは少し長生きしたものの、このホワイトラッカーはすぐに絶滅危惧種になりました。

あいにく、ネックもオリジナルでなく、価値としては微妙ですが、レアなものであることは間違いありません。それと同時に、今はこういう音色はもう流行らないよね、、、という確信もあり過去の遺物感がありますが、使い方によっては個性的な音色がしますので、今また使えば面白いかもしれません。

 

あまり価値は高くないと思いますが、非常にレアな逸品です。

 

tomosax.net

 

 


 

(たくさんのレビューをいただきました)

Adlibschoolspeciallessonba



 

| | | コメント (0)

アメセル テナー 6万9千6百

最近楽器が売られているのを、とんと見かけなくなりました。

海外のオークションでマークシックスと打つと、5ページも6ページもあったのに、いまは2,3ページでそのほとんどが関係ないものが上がってきますね。 あっても中後期がほとんどで、5桁なんかは法外な値段のものが1つ、2つあるくらいで、全然面白くありません。

さて、そんな中で、現在売られている初期のシックスで、恐らく唯一現実的な値段がつけられている楽器が今日の楽器です。

この楽器屋も20年ほど前までは、7,8ページめぼしい楽器が並んでいましたが、今では、オリジナルの5桁のテナーが1本、、、それも数か月したらやっと入荷するようなそんな状況で、久しぶりに6万台が入りました。

202011175 202011178 202011176 2020111710 202011177 202011179 202011174 202011172 202011173 2020111712

非常に暗い色をしていて、6万9千にしては珍しい色ですね。 写真によってはちょっとグリーンっぽい色合いにも見えるものがありますが、色的には9万中期のイメージに近い色です。 珍しいなと思ってよく見ると、、、彫刻も少し埋まっているので、ちょっと怪しい感じがします。

購入して4,5年たって、1961年くらいにリラッカーした楽器という感じでしょうか?

202011177n

一応、オリジナルとして売られていて、1万3千ドルですね。 このようにオリジナルとして購入して、日本で委託品で売られて、購入して修理に持っていくと、リラッカーですね、、、という事案が相次いだこともここ10年では多くありました。

大体、有名店に持っていくと、まず色でばれる、、、わけですが、割とこれはわかりやすい事例かなと思います。

とはいえ、楽器としては、古いいい色のラッカーがついているので、音色を損なうことはないでしょう。

しかし、オリジナルラッカーの値段で買うのは非常に怖い楽器です。

 

 

tomosax.net

| | | コメント (0)

アメセル テナー 11万8千9百 ザッパバンド

今日は、フランクザッパのバンドで使われていたというテナーです。

具体的に誰がどの時代で使っていたというのはわからないのですが、ああいう音楽に合わせるサックスはこのあたりだろうなと納得のいく番台です。

13万台からはあまり枯れた感じが無くなってしまい楽器が重くなりすぎるので、実質この12万を超えたあたりまでがヴィンテージセルマーの面白いところといえます。

モダンジャズ(=ビバップ、ハードバップ)あたりを考えたときには5桁が時代的にも王道となりますが、それ以降の70年代、80年代のサックス音色といえば8万あるいは9万以降の音がフォーカスした中に暗さがある楽器が、王道の音色といえるのではないでしょうか?

この楽器は、その意味ではその時代にまさにぴったりの楽器といえます。

202011162 202011168 202011165 202011166 202011161 2020111611 202011163 202011164 202011169

 

11万も色々な楽器がありますが、この楽器はあまり暗くない、カラッと暗すぎない音が鳴りそうな楽器ですね。 5桁と異なるところは、まず、低音のしっかりした感じですね。 5桁はいい意味で、低音が丸く気が抜けた感じになりますが、9万台以降は低音がゴリっとなってくれるのが正に70年代という感じです。

そして、やはり音の輪郭がはっきりあるのも、この時代の特徴です。 音を視覚化したときのイメージは、5桁、、特に初期のシックスなどはグラーデーションのような曖昧な感じですが、この時代ははっきりとした輪郭があり、そしてその大きさも5桁初期よりは大きいといえます。

さらに重要なのは、音の中心部のフォーカス。 これがマイク乗りに重要な要素となるので、あのブレッカー氏をはじめとするような、ポップな録音されたテナーの音を行くにはこのような楽器が最も向いているといえます。

その反面???、ややジャズ的なフィーリングもまだ残っているので、少し派手になりがちだけどジャズもできるというまさに、万能な頃の楽器です。

今は5桁の需要が高いですが、かっこいいサックスの音色として今後この9~12万あたりの音色が珍重されて、需要が高まっていくだろうと私は勝手に思っています。

この楽器がおススメというわけではないですが、こういう音楽のサックスの音色が好きでジャズもやりたい人には、この番台を探されるといいでしょう。

 

tomosax.net



 

 

| | | コメント (0)

アメセル テナー 6万6千2百 ジョーフラム先生の楽器

今日は、アメセル6万台6千台、ジョーフラム先生の楽器です。 ジョーの楽器を見るのは、3本目くらいでしょうか? ジョーは割と楽器やマウスピースを頻繁に代えるので、彼の関連商品は多く出回っていますね。

 

大体、6万台が中心で、5万後半の楽器が中心ですから、ちょっと弱めのシックスがゴリゴリ鳴るのが好きなんだと思います。

 

今回の楽器は、かなり使い込まれていて、ネックもちょっとつぶれたような跡があり、コンディション的にはそんなに良くはありません。

 

202008307 202008308 202008309 2020083010 202008303 202008302 202008301 202008305 202008306

 

キャラクター的には、やや暗めの6万中期だと思いますが、それが使い込まれることでパリパリ、ゴリゴリ鳴るような感じですね。

 

確証はありませんが、以下の演奏の楽器に見えるような気がします。

 

 

非常に均一で安定していますね。 彼の売りに出した楽器は、上から下まで均一な楽器で、安定している楽器を好んで選んでいるように見えます。 ですが、録音が悪いせいもあって、いつもの迫力は聞き取れませんので、どのくらい大きく強く鳴る楽器かはわかりません。

 

最近はSBAを使っていたりすることもあり、楽器はたくさんお持ちでうらやましいですね???

 

かなりが楽器にはこだわりのある方なので、しっかりとした安定した楽器であることは間違いないでしょう。 

 

100万ちょっとで買えるし、個人的にいい楽器が欲しい人はおススメです。

 

tomosax.net

 

 

 

 

 

 

| | | コメント (0)

アメセル テナー 13万4千台 ヴァリトン ネックについて

今日はアメセルテナーの13万4千台です。

 

元々Varitoneがついていたもので、取り外されています。

 

この楽器は、1966年製の楽器でがっちりVaritoneがついていたので、まさに最初の数本ということになります。

 

さて、私も気づかなかったのですが、このヴァリトン付きの楽器には少し異なる仕様のネックがつけられていたようです。 この13万台のネックともなると、かなり形が張っていて太いネックなのですが、ヴァリトンがインストールされた楽器には、もう少し細めの8万、9万あたりのようなデザインのネックがついています。

202008277 202008278 202008271 202008274 202008275 202008276 202008272 202008273

 

確かに、通常の13万台のネックよりはほっそりとしたネックがついています。 まず13万と9万あたりのネックの違いですが、13万のほうがしっかりして、音も太さがあるようながっちりした感じで、9万のほうがコンパクトで音がまとまるような感じ、馬力は9万のほうが相対的に弱いけど、スムースな心地よさがありますよね?

 

恐らく、ヴァリトンを付けるにあたって、音のまとまりのほうがあったほうがマイク乗りがいいとか、そういう明確な理由があるんだろう、、と思います。まあ、アメリカですから適当につけただけただけかもしれませんが、、、

 

2020082710

しかし、ピックアップの跡は非常にきれいに修復されていて、驚きですね。

 

この楽器は、ハリーコニックジュニアのバンドで演奏していた、リストンジョンソンさんが使っていた楽器だそうです。 80年代あたりの映像を確認するとこの楽器が見れるかもしれません。

13万台4千ともなると音色はゴリゴリしてきますので、5桁のフィーリングはほぼなくなっている、、といってもいいでしょう。 音の暗さは多少はありますが、この後に続くしっかりした鳴りの幕開け的な楽器で、後のものと比べると音の軽さなどが感じられていいでしょう。

そのネックのおかげで通常の13万よりはゴリゴリ感が弱まっているでしょう。

 

tomosax.net

 

 

 

 

 

 

 

 

| | | コメント (0)

フラセル テナー 17万1千 プロトタイプ?

今日はフラセルの17万台のテナーです。

 

このあたりの楽器は、ジャズ用の楽器としては全く注目されずほぼ無視されているような楽器だと思います。

その理由としては、音はかなり明るく、音色でいえばシリーズ2でも同じようなことはできる。 特徴といえば、ちょっと楽器が軽いことくらい?

というわけで、現代の楽器のバリエーションとして考えたときに、ちょっと軽めで、でも、音の丸みもあり、、、というような中での選択肢の1つにになるような感じですね?

 

さてそんなわけで、今回の楽器はかなり厳しめの言い方をすれば、何の変哲もないシックス中期テナーですが、実はこの楽器ちょっとポストのねじの形が違ったりする、、いわばプロトタイプ的な楽器です。

 

2020082510 202008251 202008252 202008253 202008256 202008254 202008258 202008257 202008259

リペアしている人でないと気付かないような微妙なねじの形の違いですが、他に見ないようなデザインになっています。  

 

マークシックスは管体のデザインや、ネックのデザインなども頻繁に変更されているので、このような変更というか、新しいデザインのものがあること自体は全く不思議ではありません。

実際、プロトタイプ的仕様は多く存在しますし、シリーズ2でも変な部品ついているものってたくさんありますよね?

 

さて、問題は何故この機構が採用されなかったかです。

 

それは推測の域を出ませんが、やはり、メンテナンス的な問題、、、そして、音に対する影響の問題でしょう。

 

メンテナンス的には、締まり方が弱い、、とか、長持ちしない、、とか、そういうことが考えられますが、音質的には、私は大きな影響があるだろうと思っています。

 

だって、ネック止めるねじ一本代えたらあんなに音変わるんだったら、これらのねじいっぱい代えたら、結構影響出ると思いません?

 

劇的な変化ではないせよ、明確な違いは出るでしょう。 具体的には、 シャキッとした音になるか、抵抗が強くなってなんだか鈍くなった感じ、あるいは軽くて詰まるようなフィーリングが出た、、、など、の変化が出るものと考えられます。

 

まあ、それがいまいちな方向であったり、メンテナンス的な問題もあって、採用されなかったわけですね。

 

細かすぎて中々わからないレベルですが、一応プロトタイプでこんなものもあった、、、勉強しておきたいと思います。

 

tomosax.net



 

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧