カテゴリー「Tenor Sax」の記事

エリックアレキサンダー先生のマーシックステナーが売り出し中

今日はエリック先生が楽器を売り出している話です。

 

この夏に日本中でツアーを行い、増々絶好調のエリック先生が個人のコレクションを売りに出しました。

13万5千台のほぼラッカーが剥がれた楽器です。

実際にレコーディングでも使われたそうです。

多分以下の作品で使われています。

https://www.kinginternational.co.jp/genre/cm-070122/

2023年1月発売ですから、割と最近使っていた楽器のようですね?

ニューヨークのJLウッドウインドで売りに出されています。

202311171 202311173 202311172 202311174

1万2千ドルですから、日本に入れたら200万くらいになってしまいそうです。

 

エリック先生はスタイルとして、9万台以降のフォーカスされた音色が好みで、マウスピースにも抵抗感を求める人です。

それゆえ、ウッドストーンのテナーも愛用されていますが、このアンラッカーされた13万台はまさにウッドストーンのフィーリングに近く、

彼が愛用するのも納得いきます。

 

13万5千台と言えば、テナーではギリギリビンテージという感じで、これ以降は重くフォーカスした楽器になりビンテージ感はありません。

この13万5千なら、6万台のような音は全くしませんが、フォーカスされた枯れた音もして、張りのある強い8万台のような感じでは使えるでしょう。低音はかなり重めですね?

 

デモ演奏も紹介されています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=ORXMP90C2os

フォーカスした音ですがいい音色ですね!

レコーディングでも使ったとおっしゃっています。

お聞きいただいてわかる通り、かなりはっきりした音がしつつも枯れた音色ですね?

というよりも、やはりマウスピースの音色も大きいので、他の楽器に近い音色もしています。

彼はマウスピースやリードの種類は頻繁に変える人ですが、マウスピースも一緒に譲ってほしいところです。

 

確かリラッカーのBAもお持ちだったと思います、、、、


話はうって変わって、少し前からアメリカのオークションに妙な出物があります。

 

エリック先生が一番最初に使っていた9万2千台(92416 )が売りにされているような内容です。

ですが、ちょっと詐欺っぽくもあり、放置されています。

202311175

値段も相当なものですが、こちらは危ないと思いますので、もし欲しい方は是非本人に確認されてください。

 

エリック先生のファンにはたまらない出物ですね???

 

tomosax.net


今まで色々レッスンを受けてできなかった憧れのアドリブが! ついにできるようになった、とレビューをたくさん頂きました!
Banner39m


 

 

 

 

| | | コメント (0)

ジョシュアレッドマン先生のバックアップSBAテナー 4万6千台 まだ販売中?

今日は少し前に売りに出されたジョシュア先生のバックアップ用とみられる4万6千台のSBAです。

 

ジョシュア先生はその全盛期は?リラッカーのSBAをお使いで有名でした。

その頃のメインの楽器かな、、と思ってみてみましたが、これはその楽器とは違うものに見えます。

 

恐らくバックアップ用の別の楽器なのでしょう。

リラッカーのコンディションはあまりよくないですが、かなり暗い見栄えですので、

音もどちらかといえば暗い音がしそうですね?

 

350520879_2725650624241278_6301142184923 346841174_1931116707287378_5126281806759 345297736_6394687917220413_8284179840074 346073315_932478201205619_93648079517159 346633201_573579018093754_66690371526955 346107310_809126126973249_58282526121203 347627195_796788558787368_85856545160348 347439960_155266800862306_70840301247946 345933884_239834718662116_17630309270882

 

実は1年ほど前にジョシュア先生が主要な楽器屋をほぼ全部まわり、楽器を片っ端から試して最終的にはマーリンおじさんのところで、ダブルリングとセットで6万台を買うということがありました。

 

その時に、今回の販売者でもあるNYのティムのところにも寄ったようですが、多分その時にこの楽器を置いて行ったのではないでしょうか?

 

ティムはフェイスブックでは著名な販売者で、注目を集めている楽器屋さんですが、通常ならすぐ売れそうですがこの楽器はまだ残っているようですね?

 

ジョシュア先生と言えば、楽器を買うときには、鳴り、キャラクター、反応、などすべてを求めるようですので、その意味ではこの楽器はそれなりに使い物になることは間違いないでしょう。

 

値段も9000ドルですので、そんなに高くもないし、安くSBAを買いたい人にはねらい目かもしれません。

 

フェイスブックのSaxophone Buy Sell Tradeで検索してみてください。

 

tomosax.net


今まで色々レッスンを受けてできなかった憧れのアドリブが! ついにできるようになった、とレビューをたくさん頂きました!
Banner39m


 

 

 

 

| | | コメント (0)

アメセル テナー 5万6千台 ジェリバーガンジィさんの所有テナー

今日はアメセル5万6千台です。アメリカではテナーマンとして有名な、ゴンズことバーガンジィーのコレクションになります。

ネックはオーナメントなので、第2期のものでダブルSネックで、恐らく5万7千に近いシリアルと推測します。

 

バーガンジィーさんは、でかいマウスピース(10*)にフラセルの8万台あたりを使っているようなイメージなのですが(←私の思い込みかもしれません)、このような初期の弱いマークシックをお持ちとは意外でした。

といいますのは、この楽器は低音なども初期なので弱く押せば弱いので詰まってしまい、さらには大きい開きのマウスピースを使ったら、マウスピースの音しかしなくなってしまうような楽器なので、彼のようにゴリゴリ吹く人には物足りないのでは???、と思ってしまったからです。

 

202210241 305987200_10223962824671990_599935826031 306003545_10223962823471960_318085333309 306086406_10223962821191903_792424100409 306087602_10223962821111901_820669778156 305991246_10223962822551937_293970210281

 

本が売れているのか?いいお家ですね?

この5万6千から7千のオーナメントは、非常に暗い、しばしばグリーンラッカーっぽい楽器が多いのが特徴ですが、これはグリーンぽくはないですが、非常に暗い色をしていますね?

 

試奏の動画を見たら、結構バリバリして、太い音というよりは、薄い音が反応よく鳴るような楽器でした。

いわゆるペラペラ系の楽器に聞こえました。

 

ですが、バーガンジィー先生がお持ちなくらいですから、それなりの反応の良さと鳴りがあることは間違いないでしょうね?

 

2万ドル、、、円安の影響で、300万、そこに輸入時の消費税と、送料入れると、350万、、、中々手を出しにくいお値段で、しばらく売れ残っていますね? ドル預金が多い方いかがですか???

 

tomosax.net

 

 


今まで色々レッスンを受けてできなかった憧れのアドリブが! ついにできるようになった、とレビューをたくさん頂きました!
Banner39m


 

 

 

| | | コメント (0)

滅多に見かけないコンディション キングスーパー20 テナー 28万3千台 第一世代初期シリアル

今日はキングスーパー20の第一世代に当たるモデルです。

 

キングスーパー20は、1945年の27万5千台からの製造になりますが、今回の楽器はその2年目にあたる1946年から47年あたりの楽器です。

第一世代はテーブルキーがやりにくく、テーブルキーが改良された1.5世代がパーカー先生をはじめ人気がありますが、この第1世代には音色の面で非常に魅力がありますね?

特にキングはラッカーが剝がれやすいので、オーバーホール時にファクトリーリラッカーされているものが多く、このシリアルだとオリジナルラッカーのものを見つけるのはセルマー以上に困難です。

今回もリラッカーだろうと思ってみたら、かなりいいコンディションのオリジナルラッカーで、このようなものは久々に見かけました!

202111049 2021110412 2021110411 202111048 2021110410 202111042 202111045 202111046 202111044 202111043

本当にいい色していますね。

キングの特徴は、歌うことと、ぼけた音色です。

そしてスターリングシルバーネックで、音には強さがあり、この時代としての楽器の弱さを補う意味では、他の楽器と一線を画します。

正にビバップホーンといったところで、ちょっと古めのビバップをするにはこの楽器は最適ですね?

第1世代でこのコンディションは、ここ10年くらい見かけていないような気がしますので、本当に珍しいといえます。

それゆえ数時間ほどで売れてしまいました。早い!

セルマーもいいですけど、こういう楽器も大変魅力的ですね?

 

tomosax.net

 

 


今まで色々レッスンを受けてできなかった憧れのアドリブが! ついにできるようになった、とレビューをたくさん頂きました!
Banner39m


 

| | | コメント (0)

アメセル テナー 7万6千1百

今日は7万6千台のアメセルテナーです。

この7万中期は過渡期にあたり、キャラクターも含めて色々なものが混在して一番つかみようがない番手です。

6万台にしてはうるさいし、8万台にしてはちょっと弱い、、、どちらの番手が欲しい人にも、中途半端といえます。

今回の楽器はそれに輪をかけて色が明るめで、あまり個性がない楽器といえます。

202110221 20211022-4 202110222 20211022-16 2021102220 20211022-11 2021102212 2021102214 2021102222 20211022-30

色的には、パッとみてどの番手か全く判断がつかない中途半端な色です。

もちろんこれはオリジナルラッカーに見えますが、この番手はグリーンラッカーなど個性的なものもあり、それらに比べるとキャラクターは弱めですね。

中々つかみどころがない楽器ですので、吹かずに買うのは相当勇気がいりますね?

ですが、恐らく明るめで、少しバリバリしているけど、8万に比べると低音は弱い、、、そんな楽器だと思います。

 

tomosax.net

 

 


今まで色々レッスンを受けてできなかった憧れのアドリブが! ついにできるようになった、とレビューをたくさん頂きました!
Banner39m


 

 

| | | コメント (0)

アメセル テナー 6万3千1百 新品同様!

今日はコレクターの放出品のすごい楽器です。

 

アメセルテナー6万3千台のほぼ新品のテナーです。

その見栄えは、まさに新品の楽器が届いて箱を開けたような状態です。

 

ここまできれいだと、その美しさに自分が楽器を買ったみたいでワクワクします。

63k4 63k2 63k5 63k6 63k18 63k1

 

うーん凄いですね。

 

保証書もついていますが、プロか、セミプロか、高校生か? 印をつけるところがあります。

 

もちろん素晴らしいコンディションですが、このくらいきれいだと使うのがもったいなくて、扱いに困りますね?

SBAで有名なあのお方もこの楽器を試奏しに、来られたようです。

一般的にはこのようなきれいな楽器はほとんどハズレ、、、というのが、今まで楽器を多く購入した人の共通の認識ですが、

観賞用に飾っておくにも最高ですね?

300万に近いような値段ですが、さてあのお方はこの楽器を購入されたでしょうか???

 

 

tomosax.net

 

 


今まで色々レッスンを受けてできなかった憧れのアドリブが! ついにできるようになった、とレビューをたくさん頂きました!
Banner39m


 

 

| | | コメント (0)

アメセル テナー 9万5千3百6十

今日はアメセル9万5千3百番台のテナーです。 9万中期がクリスポッターの使用により、非常に注目される番手になりました。

元々は、ブレッカー氏の8万のキャラクターの延長のイメージで、音が太く鳴り、音も8万よりも暗いものというキャラクターでした。

しかし、古いジャズが以前ほど珍重されなくなった今、新しい音楽を作る可能性のある古すぎないサウンドを奏でる楽器として、今後需要が高まる可能性がある番台として注目ですね?

今日のものは、暗い色をしているのですが、9万台にしてはややオレンジっぽい色をしているな、、という印象でした。

202109091 202109092 202109097 202109094 202109093 202109096

通常であればネックのSのロゴは、非常に濃い青色のペイントがついていますが、ネックは完全に剥げていますね。

202109099

そして、よく見ると、彫刻も微妙に埋まっているようにも見えます。

202109098

実物を見ないとわからないですが、恐らく11万台あたりのリラッカーが疑われます。

11万前後にはこのような色も見られるので、古い時代のリラッカーだと思います。

ラッカーの色がそこまで大きく変わらないので、音色的には同じような音がすることと思いますが、値段的にはオリジナルとして売られているので注意が必要ですね。

リラッカーだと、音域によって抵抗感が変わって、音程がばらついたりもするので、この楽器を買うときにはそのあたりを非常に注意したいところです。

 

 

tomosax.net

 

 


今まで色々レッスンを受けてできなかった憧れのアドリブが! ついにできるようになった、とレビューをたくさん頂きました!
Banner39m


 

 

 

| | | コメント (0)

アメセル テナー 10万0千1百5十

今日はアメセルテナーの10万0千台です。

9万から150ほどしか離れていない楽器で、9万台と同じ楽器などといわれそうですが、どうでしょうか?

 

まず楽器の設計としては10万中期でベルの形などが大きく変わりますから、9万台よりではあります。

しかし、9万台とは色が全く異なり、一目で9万台ではないことがわかる色です。

9万のダークな感じよりは、ややオレンジがかった色ですから、かなり明るめの音がすると思います。

この楽器は、オリジナルのパッドも多く残っていてコンディションとしてはいい感じに見えますが、、、どうでしょう???

202109032 202109035 202109036 202109039 202109031 202109037 202109038 202109033 2021090312 202109034

 

まさにピカピカといったところですが、一か所不思議な点が、、、

2021090310

本体の上部だけが色が違いますね、、、ラッカーが剥げて地金になっています。

一体どうしたのでしょうか?

おそらく、ネックを締める板が外れて、そのあたりをくっつけるためにバナーであぶったので、ラッカーが焼けてしまったのですね。

ラッカーが焼けることは、このくらいならさして影響はないでしょうが、問題は、その板を付けるのに、どのくらいの技術者がやったかということです。

この修理はネックの接合部であることもあり、修理前と後で大きくフィーリングが変わります。

もしロウをつけすぎると重たくなりますから、私は、そのあたりのことを熟視したうえで、スーパーきれいに直せる人にしかお願いしたくありません。

その意味では、この楽器は、ちょっとそのあたりの反応に怖さがあります。

値段は130万ほどですので、安い部類に入ると思いますが、買うときには絶対に試してから買いたい楽器ですね???

 

tomosax.net

 

 


今まで色々レッスンを受けてできなかった憧れのアドリブが! ついにできるようになった、とレビューをたくさん頂きました!
Banner39m


 

 

 

| | | コメント (0)

アメセル テナー 9万4千3百

今日はアメセルのテナー、9万4千台です。

 

一目で見て分かるほど、明確な9万台の色をしていますね。

9万台はほぼ一貫して、このような暗いラッカーがついています。そして、ネックのSの濃い青色のペイントも特徴的な色ですね。

写真は明るいところで撮っているのでこのような色に見えますが、実際手に取るともう少し暗めの印象の楽器でしょう。

9万4千というと8万台を抜けて完全に9万に入ったあたりで、8万よりもしっかりとした低音、音の張りが感じられます。この楽器は9万4千であることもあり、9万台の中では低音の太さは少し弱めでしょうが、9万台らしいキャラクターが楽しめるでしょう。

202109018 202109017 202109013 202109014 202109016 202109012 202109011 202109015

 

このように9万中期というと、クリスポッター先生の代名詞となり、そのことが販売の文章にも示されるようになってきましたね。

私もポッター先生以前より9万5千を使ってきましたが、この9万台はモブレーとは違うフィーリングのとても素晴らしいキャラクターを持った楽器です。

元々はJimmy Heath大先生あたりの使用が有名でしたが、現代におけるポッター先生の影響力は大きすぎて、これからは9万台はポッタービンテージと呼ばれていくことでしょう。

この売り手の文章にもある通り、9万は魅力的なダークな音色の中に、押したときには音のプロジェクション(張り)がある楽器です。

ジョシュアレッドマン世代の台頭で6万台が重宝されてきましたが、これからは9万台の需要も高まっていくでしょう。

今回のものは安めですね???

 

tomosax.net

 

 

コロナ渦でもしっかり学んでついにアドリブできるようになった、とレビューをたくさん頂きました!
Banner39m

 

| | | コメント (0)

アメセル テナー 5万7千3百 グリーンラッカー

今日は久しぶりのバリバリグリーンラッカーのテナーです。

 

5万6千後半から5万7千は、王道のグリーンラッカーシリアルです。

アルト、テナー問わず、このように非常に暗い濃いラッカーがついています。

一部オーナメントのネック、即ち第2次オーナメントの楽器がありますが、これは通常のネック仕様です。

今回のものは、オーバーホールはされているものの非常にきれいなコンディションで、真っ黒ですね。

202107127 202107128 202107125 202107126 202107122 202107124

この明るい場所で撮った写真がこの色ですから、恐らく普通に間近で見たらもっと暗い色をしているでしょう。

この5万7千は、抜けない、華のない、何とも言えない暗い音が特徴ですが、完全にジャズマーケットを意識してのことでしょう。

全く明るい倍音が含まれないので、クラシックには向きません。

キーもかなり低くセットされているので、こもった暗い音色が楽しめることでしょう。

値段も160万円ほどで、値段は比較的安めでした。

探している人も多いようで、あっという間に売れてしまいましたね。

中々、良さそうです!


Banner39m


 

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧