カテゴリー「Tenor Sax」の記事

アメセル テナー 6万6千 ジョーフラムさんの楽器

さて、今日はジョーフラムの楽器です。

ジョーは知り合いというほどでもないのですが、昔近所に住んでいたこともありルームメートのところ=隣の部屋にたまに遊びに来たり、私自身も何回も会ったことがあります。
最初に会ったのは1999年だったかな???
さて、そんなジョーの楽器ですが、数年前に最初の数枚を録音した楽器が売りに出されていました。
それは6万前期だったと記憶していますが、今回の楽器は6万中期で前期よりは少しゴリゴリしたものが多いあたりですね???
かなり使い込まれていてよく鳴りそうです。
201805021
201805022
201805023
201805024
201805025
201805026
201805027
201805028
201805029
確か5万6千か7千あたりもお持ちだったように記憶していますので、この初期マークシックスがお好きなようです。
この楽器もそうですが、ちょっと暗めの楽器でズバッと反応が速いものをいつも選んでいるように思います。
これも鳴りとしては上から下まで均一に鳴ることでしょう。
ジョーはマウスピースもそうですが、装備品を頻繁に変えるのがお好きなようなので、色々このあたりの楽器を試す過程で購入した楽器ということでしょう。
ジョーが気に入った楽器なら機能的にもかなりしっかりしているはずですから、欲しい人も多いのではないでしょうか???
1万5千ドルなら考えようによっては安いかもしれませんね???
www.tomosax.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BA テナー 2万4千6百 ゴールドリプレート

今日はバランストアクションテナーのゴールドリプレートです。

まず2万4千台のBAですが、1937年製でスイング時代の楽器となります。 この時代のセルマーはそのほとんどが再塗装をされているので、オリジナルのラッカーを探すことは非常に困難です。
そういった状況でゴールドリプレートというのは、BAとしてはそんなに悪いものではありません。
ゴールドプレートはこの弱い時代の楽器に音量を上げ、音の太さを加え、高音の均一性も増しますから、機能的には非常に利点のある仕様です。
その一方で、BAといえば音が散った音色ですから、そこに音をややまとめるゴールドプレートがかかって、やや華やかな音色になるとどのように聞こえるか非常に興味があるとことですね。
201803261
201803262
201803263
201803264
201803268
2018032611
2018032612
2018032617
2018032622
2018032623
割と厚めにゴールドプレートがかかっていそうですね。
デモ音源がありますので聞いてみましょう。
非常に変わった音色ですね。
なんというか、とてもボケた音がゴリゴリして、あまり華やかさがないように聞こえます。
古いセルマーのバンディーに強いマウスピースをつけた時の記憶が甦りました。
バンディーは安い楽器であまりならないのですが、50年代ものは作りが簡素で散った音がします。それによく鳴る現代のマウスピースをつけたときにこのような音が鳴るわけで、
わたしはビンテージの音色というよりは少し安っぽい音色がするな、、、と感じてしまいました。
音色が暗い分もう少し明るいマウスピースをつけるともっといい音色がするかもしれませんね???
かなり個性的な楽器で、演奏者を選びそうな楽器です、、、

www.tomosax.net






















 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル テナー 10万8千台

今日はアメセルテナーの10万8千台です。

テナーの場合は12万台を超えてしまうと、アルトと違いそもそもビンテージとしての価値が大きく損なわれる傾向にあります。
それは、楽器が重たくなりすぎることもさることながら、音色がフォーカスされすぎて丸い音からバリバリ鳴りすぎてしまう傾向にあるからです。
しかし、9万台以前のいわゆる五ケタの楽器は200万超えも当たり前、、、、となれば、ビンテージの音色をお得に買うことができるのは、10~12万の楽器となります。
しかし、そこにも大きな落とし穴があり、全くビンテージの音がしないテカテカ系の楽器があるわけです。
今回のものは非常にお買い得な楽器で、10万8千台のアメセルですがとても暗いグリーンラッカーの楽器で、音色もマックスに暗い音がするでしょう。
Img_0044
Img_0050
Img_0074
Img_0043
Img_0045
Img_0046
Img_0048
Img_0049
 
Img_0051
Img_0052
Img_0053
Img_0064
Img_0065
Img_0070
Img_0054
中々渋いケースがついていますね。
それなりに使い込まれていますが、いい感じのラッカーがついています。
強く吹いた時には9万台の音色のようになるでしょうが、弱く吹いた時のボソボソ感は明るめの6万台にも勝るでしょう。
ガーデラをつければまさに、ブレッカー的にも使える実用的な楽器です。
ベルにヒビが入っているのすが、いったい何をしたのでしょうか?
非常に惜しいところです。
さて、、、気になるお値段は、、、まさかの55万ほど、、、、。
リペアは非常に簡単でしょうか、投資目的でなければ十分に金額には見合うかもしれません??
たまにこういう変な?お買い得な楽器が出てきますが、新品のセルマーが同じような値段で買えることを考えればかなりお得で、日本のその辺の楽器屋さんなら倍の値段はしそうですね???
欲しい人は速く買わないと売れてしまうかもしれません????

www.tomosax.net






















 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラセル テナー 13万6千0百

今日はフラセルシルバーの13万6千台です。

フラセルはこの中期の番手になるとかなり明るい音がゴリゴリ鳴ってあまりビンテージのキャラクターはありません。

シルバーですから通常のラッカーよりは落ち着いた音がするはずですが、それでもジャズ向きの音色ではないですね。

さて、この楽器の前の持ち主はそういった理由からか、ネックとネックをとめる本体部分のみシルバープレートをはがしています。

ちょっとシルバーの落ち着いた音から、かるいモソモソ音の方向に向くはずですが、その効果のほどが非常に気になりますね???

201711161
201711162
201711163
201711164
201711165
201711167
201711168
201711169
2017111610

シルバーフレートがかかっていると音もフィーリングも重くなりますから、この楽器の持ち主は音色を軽い散った感じにしたかったのですね???

ベルの中もしっかりはがしています。

私は、ラッカーの楽器ではこのような塗装をはがすとどのくらい音に影響が出るかは試したことがあります。

特にネックの影響は絶大ですね、、、そして、それをシルバープレートの楽器でやったことに非常に興味があります。

どのくらい音色が変わったかデモ音源があるので聞いてみましょう。


鳴りの大きさはさすがフラセル中期という感じですが、音の重さがなくなってちょっとカラッと散った感じがあっていいですね。

もうちょっと暗めのラバーマウスピースを使えば、もうすこしビンテージの音がしそうです。

やはり明るめの音がする楽器の塗装をはがすとそれなりにジャズ向きへの良い影響が出ることがわかって面白いですね???

このような楽器なら割と安く買えますから、コストパフォーマンスはいいかもしれません???




www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラセル マークシックス 5万4千7百9十 トランジショナル

今日はマークシックスのプロトタイプ的な時代の楽器です。

マークシックスはセルマーのシリアル表では1954年の5万5千2百番台から始まっています。

ですが、今回の楽器はそれよりも古い1953年の後半に作られた5万4千7百番台です。

このような楽器は過去にも多くみてきましたが、その多くがシルバーの楽器でした。

この楽器は彫刻がないのでフラセルシルバーですね。

201710121
201710122
201710123
201710124
201710125
201710127
201710128
201710129
2017101210
2017101211

これらのトランジショナルな楽器はこの時期に数十本作られたようですが、マークシックスと異なる点はテーブルキーのデザインがシックスのものになっていないことですね。

このほか、この時代を含めて初期のマークシックスはSBAと管の太さが同じですから、この楽器もどちらかといえばSBAの管体にマークシックスのキーをつけたような楽器といえます。

その意味では、この楽器はSBA的な要素が多く、マークシックスト言うよりはSBAに属するようなそんな楽器で非常に面白いですね。

マークシックスにしてはやや軽すぎて楽器としても弱いですから、SBAで指がやりやすいのが欲しい、、、というような特殊な事情がある人におススメな楽器かもしれません。


www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キング スーパー20 テナー 40万8千台

今日は第4世代のスーパー20の40万8千台です。

いわゆる買収される直前ごろの後期の楽器で、スーパー20の第4世代になります。

この時代は豪快仕様が簡素化されていますが、この楽器はベルがシルバーなのでこの時代としては中々の楽器です。

1964,65年あたりの楽器でマークシックスで言うと12万ごろになりますが、この楽器はネック以外は非常にきれいですね。

201709161
201709162
201709163
201709164
201709165
201709166
201709167
201709168
201709169
2017091611
2017091612

マークシックスはまだまだきれいな楽器が多いですが、キングの楽器はこのようにやや新しい時期の楽器でもこのようなきれいな楽器を見つけるのは難しいですね。

この頃の第五世代になると、ボアのサイズなどが結構異なるらしく、楽器としてもかなり個体差的なものがあるようですね。

この時代の楽器は、キャラクターというよりはよく鳴る楽器が多く、音色重視の人にはあまり面白い楽器ではないでしょうが、気持ちよく楽しく吹ける楽器ではあります。

そのような楽器が、こんなにきれいに出てくることは珍しいと思うので欲しいひとも多いのではないでしょうか???でも100万超えるとちょっと高いですね。

www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SML コールマンホーキンス スペシャル 534x テナー

今日は珍しい楽器です。

SMLの楽器ですが、コールマンホーキンス用に作られた?特別モデルです。

日本ではホーキンスはあまり有名ではないかもしれませんが、ジャズヒストリーではコルトレーンと並んで?、、、いやそれ以上に?、、、歴史に大きな功績を残したプレーヤーとして名を刻んでいます。

特に彼のBody and Soulは、ジャズの名演でトップ3に入るほど?有名な演奏です。

そんな40年代の大スタープレーヤーですから、その当時彼の名前を冠した楽器が出てきても全く不思議ではありません。

初期型であるRevAとそれ以降であるRevBモデルがありますが、今回のものは1944年ごろの後期型のモデルです。

20170914
20170914_2
20170914_3
20170914_4

20170914_6
20170914_7
20170914_8
20170914_9
20170914_10
201709144

初期型であるAはベル左側にトーンホールが付いているそうですが、今回の後のモデルであるBは右側にそれが付いています。

通常のモデルよりもベルが大きく作られているモデルで、アルトもあるようです。

そしてシルバーモデルのみですから、その当時はシルバーモデルがより上級としてはやっていたことがわかります。

コールマンホーキンスが実際に使用したのはAのモデルで、他の楽器との契約でヨーロッパのみの使用となったようです。

即ち、ちょっとヨーロッパでツアーしたときにのみに使われた楽器で、その後も彼の名前を使って作られたのが今回の楽器の位置付けということになります。

今でも、誰それモデル、、、といって出たけど、実際はあんまり使われずに、本人もすぐ使うのやめて、、、というマーケティング的なモデルはたくさんありますが、そういうもののはしりと考えるとその意味は大きいかもしれません???

このモデルに関しては、ホーキンスがどうとかではなく、SML、Bの特別モデル的な感じで考えるといいかもしれませんね???

<p>www.tomosax.net</p><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><p>&nbsp;</p>

<p></p>

<p></p>

<p></p>

<p></p>

<p></p>

<p>&nbsp;</p>

<p>&nbsp;</p>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

オットーリンク テナー スラント No USA 7

今日はオットーリンクのスラントのテナーの7番です。

オリジナルの7番あたりのテナーのスラントは多く存在しているはずですが、ほとんど見かけることがありません。

昔はそれなりに見かけて入手する機会も多くありましたが、この10年で市場に出てきた回数は両手で数えられるくらい限られていると思います。

それだけ需要が高く、ほとんどの人が手放さないか市場に出る前に他の人に渡ることでしょう。

さて私が気になっていたのは、オリジナルの7や7*が出てきたらいくらくらいなのか、、、ということです。

今回のものはオリジナルですがやや汚いですね。

テーブルなどのコンディションは良さそうです。

さて、いくらで売られているでしょうか?

201708041
201708042
201708043
201708044
201708045

売値は3500ドルです。 実際に日本から購入すると40万はかかりそうです。

やはりNo USAは希少で出てこないですよね。

私の記憶では、2005年にこれよりも遥かにきれいな7*が有名店で750ドルで売っていた記憶がありますのでこの10年で価格は4~5倍になったことになります。

個体差も大きいですが、やはりスラントには圧倒的な良さがありますので、欲しい人はこの値段でも買うでしょう。

こういうものが多くうっていた時代が懐かしいですね。


www.tomosax.net





| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブリルハート サックス 珍品

今日はブリルハートの珍品です。

なんとブリルハートのサックスです。

すごいのはプロトタイプの一号機で、おそらくこれ以外の試作機はもちろん製品化もされなかった幻の楽器です。

ブリルハートの親族から出てきたもので、リラッカーされていますが1955年製、、ほぼマークシックス初期が出ていたのと同じ時代の楽器です。

シリアルは1955年を意味する55と一作目の01をあわせた5501だそうです。

201707221
201707222
201707223
201707224_2
201707226
201707227

BeaugnierというフランスのメーカーにOEMで作らせたようです。

いくつか独創的な設計が見てとれますが、それよりもすごいのはマウスピースメーカーが勢いあまって?サックスまで作ってしまうということを今から60年近くも前にやっているということです。

あいにくブリルハートサックスはプロトタイプがつくられてそれっきりになってしまいました、、、お金の問題かもしれませんし、これではセルマーやキング、コーン、マーティンに勝てないと思ったのかもしれません。

しかし、みんな考えることは同じで自分のサックスが作りたくなっちゃうんだな、、、としみじみ思わせる逸品でした、、、





www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル テナー 11万7千

今日は11万7千台のアメセルテナーです。

このあたりは基本的には明るい色のものが多いものの、暗い色をしたものと明るい色をしたものがあります。

その色合いによっては音色が全く別物になってしまいますが、まれに今回のように非常に暗い色をしたものがあります。

今回のものの黒さは、5万7千台や7万台あたりのグリーンラッカーを彷彿させつものがありますね。

201707111
201707112
201707113
201707114
201707115
201707116

201707118
2017071110
2017071111

このような楽器を今までいくつも味見してきましたが、弱くあまり張りが出ないように吹くと6万台のような音がします。

バッフルがついているようなマウスピースでエッジを立てるとそれなりにパチッと鳴りはしますが、わかりやすい音色がする楽器です。

さらにいいのは値段がそこまで高くないことですね。

この楽器で8000ドルそこそこですから、いい楽器を買うには150万円くらい用意しなければいけないと思うと半額ほどですみます。

予算が少ない人けど5桁の楽器が欲しい人には非常におススメの楽器です。


www.tomosax.net


























 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧