カテゴリー「Tenor Sax」の記事

フラセル テナー 13万3千 シルバー ゴールドウオッシュベル

今日は13万台フラセルのテナーです。

 

13万3千はアメセルであればギリギリジャズができるか、、できないか、、、という微妙なラインですが、フラセルに関していうとジャズの楽器ではありません。

 

フラセルは、材質的に明るい締まった音がしてしまうので8万くらいまでがジャズ向きな感じで、今回の13万台だとほとんどジャズのフィーリングはなく、音的にはシリーズ2とは大きくは変わらないでしょう。

 

さて、今回の楽器はアメリカの人がわざわざ?フランスのセルマーまで買いに行った、工場で直売された楽器です。

それゆえ、シルバーにベルがゴールド(プレート)になっているちょっと変わった仕様です。

202005115 202005112 202005111 202005117 202005118 202005116 202005114 202005113

たまにこういう楽器を見かけます。

 

珍しい仕様の楽器ではありますが、そんなに人気はありませんね。

 

今回の楽器は、彫刻もなし、F#キーもなしで、よく言えばこだわりがある、悪く言えば非常に中途半端な楽器となります。

 

フラセルのシルバーもラッカーよりは強く吹きすぎなければ、やや落ち着いた音がして、強く吹くとラッカーよりはさらにバリバリやや華やかさのない音がします。

 

それがベルをゴールドにすることにより、音をギラギラした方向、、特に低音が暑苦しい感じになった楽器です。

 

ジャズ向きではなく、吹奏楽的な意味合いで考えるなら、

 

①ゴールドプレートにするお金がなかった、、、(なのにF#もない)

②シルバーの音色がすきだけど、暗すぎない感じにしたかった

③見栄えだけで買った

 

のうちのどれかですね。

そういう意味では、中々使い方の難しい楽器ですが、要はこの楽器の特徴的にあキャラクターにピンと来るかどうかだと思います。

 

コンディションもいいし、楽器としては面白いのですが、このこだわりについてこれる人だけが購入しそうな、そんな特殊な楽器ですね?

 

tomosax.net



 

 

| | コメント (0)

アメセル テナー 12万3千6百

今日は12万3千台のアメセルテナーです。

ビンテージのテナーとしてはギリギリ古い音がする12万台です。13万になるとかなりゴリゴリ重たくなり音色が損なわれるので、実際にアメセルテナーとして王道の音がするのも12万台までですね。

 

そして12万台には明るい色も混ざっていて、ういう楽器はその意味ではハズレになりますので、今回のような暗い色をしたものがアタリということになります。

 

そして、値段的にも12万は5桁よりもかなり安いので、予算が少ない人は11、12万台あたりの暗い色をしたものを狙うといいでしょう。


2020043011 202004307 202004308 2020043010 202004309 202004301 202004302 202004305 202004306 202004304 202004303

暗い色をしていていい音がしそうです。 5桁と異なるのは、低音の太さと音の張りになりますが、枯れたジャズの音色という点では十分にキャラクターが感じられるでしょう。

この楽器は大きな修理歴があるので、かなりお安くお買い得です。

もともと12万は安めですが、修理歴があることによりさらに安く、70万くらいで買えます。

おそらく日本に持ち込んだ場合は大きな修理、、特に、へこみや曲がり系の修理が必要ですが、石森管楽器あたりで完璧に直したとしても、100万でお釣りがくるような感じで、安くいい感じのビンテージを手に入れるにはもってこいですね。

 

実は、つい先月もお買い得12万台を石森さんで大きく修理して、幸せになった方がいらっしゃいました。

 

予算少なめでうまくまとめるには、こういう出物がねらい目ですね?

 

tomosax.net



| | コメント (0)

Martin Committee III ザ マーティン テナー 15万0千4百

さて、今日はザマーティンのテナーです。Committee IIIの特定の部分だけをThe Martinといい、マーティン時代の最も優れた楽器として呼びます。

 

今回のものは、15万0千台、、、その意味が分かる人は非常に通だと思いますが、おそらく最初期の楽器になります。1946年からザマーティンは作られ始めましたが、この楽器はその年であるだけでなく、おそらく最初の数百本に入るのではないでしょうか?

基本的には、14万のザマーティンもアルトも含めてみたことがないので、かなり初期のレアものです。

 

202004131 2020041310 202004133 202004134 202004135 202004136 202004138 202004139 202004132 2020041311 2020041312 

 

なるほど、いい色ですね。中後期は見かけますが、これだけ初期のものは20年ほど見ていても1、2本しか見かけませんので、かなりレアです。すぐに売れてしまいました。

 

やはり初期のものはキャラクターが中後期とは異なり、味が濃いのでより古いものを好む人が多いようです。

 

と思うのですが、この時代の楽器はほとんどリラッカーされているのも事実です。この楽器も、リラッカーと思います。まず、これだけきれいなのにシリアル下のシールがない、、、そして、彫刻が埋まり、ラッカーの下にも模様が見えます。

 

これだけいい色ならオリジナルとキャラクターの面でもそん色はありませんが、オリジナルとして売るのはちょっと、、、ですね。

 

やはり海外から買うのはリスクがあるので、こういう有名店でも注意が必要ですね???

 

tomosax.net




 

| | コメント (0)

セルマーマークシックス テナー スペアネック S刻印

今日は珍しい”S”刻印ネックです。

 

アルトでもテナーでも見かけるこのスペアネックは、おそらく音程が合わない人用に特注で作られたもので、ロングの意味である”L”とショートの”S”の2種類があります。

 

今回のものはS刻印なので、やや短め、、、音程が低い人用のためのネックです。

 

202004121 2020041222 202004126 202004127 202004124 202004125

 

台座が小さいのと、色合いから60年代初頭、、、おそらく12万台や13万台あたりの時代のネックと思います。

 

当然特注ネックなのでシリアルもありません。

 

この60年代前後によく見かけるのも特徴ですね。

 

今回のものはややつぶれてしまっているので残念ですが、Sの用途を求めている人、、、即ち音程が低い人は現代では少ないでしょう。昔は、ダブルリップで吹いていたので、唇のプレッシャーが弱くこういうものが必要な人がいたことでしょう。

 

しかし現代ではマウスピースの開きが大きくなって噛み気味な人が多いので、”L”のほうが需要が高いはずです。

 

このようなネックはたまに見かけるのですが、とても珍しいので探している人も多くすぐ売れてしまいます、、、

 

tomosax.net




 

 

| | コメント (0)

アメセル テナー 7万6千2百 ゴールドリプレート フランクカタラーノ

今日はフランクカタラーノさんが昔使っていた楽器です。

フランクカタラーノさんは、日本のイメージだとスタジオ系っぽいイメージに近いテナー奏者で楽器マニアとしても相当有名です。

マウスピースも何百本も持っていて、アルトはキングの特定の番台が好きだったりかなりマニアックな人です。

 

彼の功績としては、ジェニファーロペスとかデスティニーズチャイルドなどのバンドで弾いていたことが有名です。

私の中ではバリバリでかい音で派手な演奏をする印象が強いですね。

 

さて、そんなアメリカのスタジオでファーストコールの彼が、まさに上記のバンドで激しくメインで使用していたのが今回の楽器です。

 

アメセル7万中期にゴールドのリプレートです。

 

202004101 202004102 202004107 202004109 2020041010 202004104 202004103 202004105 202004108

 

私には非常に理にかなったセッティングです。

7万6千の特徴は、楽器の重さ的にはギリギリ軽いほうに属しますが、8万台の重さまでいかずに、6万台の軽さのままパワーをギリギリまで上げたちょうど境目に、ゴールドプレートをかけてギンギンにした、、、楽器が軽いまま音圧とキャラクターをビヨンセ側に?寄せた楽器ですね?

 

普段彼はヤマハのエンドーサーのようですが、やはりああいうフィーリングで、、、でも楽器の軽さが実用として欲しい点であるというのが、この楽器を使っていたことからよくうかがい知れます。

 

強いて難点をいうと、アクセル全開踏み込み型の楽器で、弱い表現や枯れた表現に向いていないのですが、ビヨンセと戦うには最高の楽器でしょう。

 

1万2千5百ドルで結構高いですが、そういうシチュエーションでは非常に実用性が高い楽器で、普段ヤマハなどを使っている人にはいい感じでアップグレードできるかもしれません。

 

ジョディージャズとベストマッチで中々面白そうな楽器ですね?

 

 

tomosax.net

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

バラスントアクション テナー 2万8千0百 

今日はバランストアクションのテナー、2万8千台です。

1939年製で中期あたりの楽器になります。

 

バランストアクションを語るとき、やはりリラッカーかどうかということがつきまといますが、この楽器はオリジナルに見えますね。

 

極端な話、バランストアクションの時代、1940年以前では楽器屋さんでオーバーホールするということが、あまりポピュラーではなく、楽器がかなり傷んでくるセルマーの工場にてリストアされることが普通でした。

 

細かい調整は近所の楽器屋さんでしてもらっていたでしょうが、ある程度使い込まれたら楽器を工場に送って、そしてラッカーがはがれてきた場合は腐食を防ぐために工場で一緒にオーバーホールと一緒にリラッカーするのが多く行われていたようです。

 

即ち、このバランストアクション以前の楽器というのは、工場でリラッカーされたものが非常に多くみられ彫刻もオリジナルの彫り師さんがもう一度彫っていたでしょうから、オリジナルと遜色なくリラッカーだけどオリジナルと称して売られているものが多々あり非常に注意が必要です。

今回のものは非常に珍しく、オリジナルに見えます、、、

202004035 202004036 202004037 202004038 202004031 202004034 202004039 2020040310 202004033 202004032

 

そういった理由で彫刻だけで判別するのは非常に難しいのですが、特に摩耗の激しいパームキーや親指が当たるところからの感じでオリジナルに見えますね。

バランストアクションはSBA(スーパーアクション)と違い、キーがインラインで配置されていて、結構指というか肩、腕がつらいのですが、SBAよりもさらにぼけた音、低音の軽さが素晴らしいですね。

同時期の楽器としてはコーンなどの楽器が主流でしたが、さすがセルマー、、、その当時の楽器としては、指もやりやすく、特にテープルキーの機構は革新的でしたね???

実際、このようなコンディションのバランストアクションを見かけることは非常に稀で、SBAや初期シックスよりもはるかに珍しいということがいえます。

 

40年代の音楽を奏でるのに最高の楽器で探している人も多いのではないでしょうか?

 

tomosax.net

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

アメセル テナー 10万7千5百

今日は危ない一品です。

 

アメセルの10万7千台ですが、アメセルファンならずとも一目でわかる違和感があります。


それは、、、

 2019111410 201911141 201911145 201911143 201911146 201911142 201911144 201911147 201911148 2019111411 2019111412 2019111413

ネックのレシーバーとネック本体の色の違いです。

まず、楽器本体の色はこの時代にはない色です、、、もう少し後の中後期によく見られる色です。

そして彫刻はオリジナルのように非常に鮮明にシャープに見えます。

この楽器の販売店は、この個体は部品だけ残ってやや後の時代に組み立てられてたため、ラッカーはオリジナルで色は中期なのだ、、と言っています。

しかし非常に腑に落ちないのは、中期ならレシーバーのペイントには青色はないはずなのに、ペイントの色はこの10万台に見られるような濃い青のオリジナルに見えます、、、

そして、よく見るとレシーバーとネック本体の色が異なって見えることです。

ここまで説明して、何か怪しいことがあることは間違いないのですが、それ以上の真実の決定権は誰にもありません。写真の写り方も色味もあくまでも見え方の問題なので、本物を見るとまた違うことはあるでしょう。

それを踏まえたうえで私の思うところを述べると、ネックのレシーバーはオリジナルで、それ以外はリラッカーであると思います。

彫刻がオリジナルに見える例はこれまで非常に多く見かけてきたので、彫刻が鮮明だからと言ってそれがオリジナルとは限らないと思います。

アメセルの工場で同じ彫師の人がもう一度彫りなおせば同じになりますから、おそらく中後期の時代にリラッカーされたことでしょう。

そして面白いのは、私の経験上ネックのレシーバーの色だけはオリジナルの10万台に見られる色に見えます。

なので、この部分だけとっておいて、それ以外の部分をリストアしたのではないでしょうか?

私の意見がどうであれ、非常に怪しい楽器であることは間違いありません。

 

そして、面白いことに、この楽器のデモ演奏は中期の音に聞こえます。アメセルってラッカーの影響も非常に大きいんだな、、、って痛感するのにいい勉強になった出物でした、、、、


tomosax.net






 

 

| | コメント (0)

アメセル SBA テナー 4万8千0百台

今日はアメセルSBAのテナーの4万8千台です。


4万台も後期にもなってくると繊細さよりは力強さが感じられる楽器が多くなってくるような気がしますが、個体差も非常に大きいですね。

5万台のSBAはつまらない、、、という人も多いようですが、この4万8千くらいならまだまだ本当のSBAらしさが楽しめるでしょう。

201908312 201908314 201908315 201908317 201908319 201908318 2019083110 201908316 201908311

 

暗くていい音がしそうですね、、、と言いたいところですが、私にはやや違和感があります。

この時代にしてはやや暗すぎる色で珍しいな、、、、と思っていたら、彫刻も太いし、、、よく見ると怪しいところがちらほら、、、

この楽器もオリジナルラッカーとして有名サイトで即売れてしまいましたが、気が付いたら大久保あたりでオリジナルラッカーとして並んでいることもあるかもしれません、、、、

しかし、他のお店や修理に持ち込んだ時にリラッカーと言われたりして落ち込んだ、、、という話をよく伺います。

この楽器は非常に危ない感じですが、音が良くて使えれば問題なく、あくまでも金額と気持ちの問題と思います。

さらにはこの楽器はパッドがかなり低くセットされているので、カラーに乏しい暗い音がするでしょう。

マウスピースの大きめのものをつけて、表現の幅と音圧を稼いで使うと、、暗めの音がのっぺり鳴って好きな人にはたまらない音がするかもしれません???


tomosax.net





 

| | コメント (0)

アメセル テナー 6万5千2百5十

今日はアメセルテナーの6万5千台です。

やはり6万5千はビバップホーンとしてはまさに王道で、ジャズサックスといえばこの6万中期がまさにそのものでしょう。

その理由はシリアル的にそのあたりが多く使われて音楽が作られてきたことだけでなく、楽器の鳴り方が個性的である点です。

つい最近も6万台、8万台、9万台あたりを並べて吹き比べてみました。あるいはSBAを含めた各番台の楽器をレッスンなどで日常的に聴いていると、各番台で楽器の音の飛び出し方が違うことに気づかされます。

6万台には6万台の音の飛び方があり、、アラジンの魔法のランプのように、音がベルから出てくる煙のような形がそれぞの番台で異なります。

この6万台は、中肉中背の煙=摩人が出てくるような感じです。


極端に言うと9万台の摩人はかなりお腹というか下半身がごつい感じで、6万台は上から下まで中肉中背です。

そういう意味では、皆さんの前で吹き比べをすると6万台は良く聞く音だよね、、、という結論になるのもよくわかります。

しかし音の輪郭はそうであっても、キャラクターはセッティングやコンディション、個体差によってかなり異なります。

さて、この楽器はどんな楽器でしょうか?

201904122 201904121 201904123 201904124 201904126 201904127 201904128 201904129 2019041210

オーバーホールはされていますが、かなりきれいな楽器ですね。

さて、試奏動画があるので載せてみます。





 

 

マウスピースはドレイクを使っているのがポイントですね。

ドレイクは曇りのないクリアな音がするので、その点の評価が難しいところです。

さて、マウスピースのせいか楽器の性質かはわかりませんが、音色は6万中期としては明るめで、暗い味のある匂いはしません。

ボリュームはそんなに大きくないので、ズバッと行くようなタイプではないようですね。

この楽器のいいところは上から下まで均一にきれいに鳴っていて、音の立ち上がりも速いですね。

しっかり正確に吹ける楽器ですがキャラクターは弱めということが言えるでしょう。

6万5千もいろいろあって面白いですね。

tomosax.net





| | コメント (0)

アメセル テナー 6万4千5百5十

今日はアメセルテナーの6万4千台です。

なんとほとんどオリジナルパッドが残っている状態です。

まずこういう楽器の難しいところは楽器に対してフェアな評価ができないところですね。

即ちデモ音源で聞いてわかるとおり、低音は出にくくそれほどパッドの状態が悪いということは、本来の音色や機能が判別しにくいからです。

パッドの締まりが甘いことで音色も暗いほうに振れますから、オーバーホール後には違う音色になってしまう危険性もあり、この状態では評価しにくいですね???

201904081

201904082 201904084 201904083 201904088 2019040810 2019040811 201904089 201904087

 

6万4千といえば6万中期で、王道の6万の中でも最もジャズっぽい安定した番台ですね?


今までいろいろな6万中期に触れてきましたが、この楽器はやや明るめでキャラクターが濃い感じではなさそうです。

パッドが甘い状態でのデモ演奏もかなり明るめに聞こえているので、暗い音というよりは割とパリッと鳴ってくれそうです。

ですが、肝心の鳴りの大きさもパッドの古さで鳴りを潜めていますから、この楽器の一番の評価ポイントを知ることをできません。

もしこの楽器を買ってもいいかと聞かれたら、明るめの音色で面白くなさそうだし鳴りの点もリスクがありそうだから、オーバーホールした状態で見極めましょうと答えるでしょう。


きれいなだけになんだかもったいない感じですね???



tomosax.net




| | コメント (0)

より以前の記事一覧