カテゴリー「Soprano Sax」の記事

ブランフォードのソプラノ

今日はブランフォードマルサリスのソプラノです。

楽器はフラセルシルバーの22万台ですね。

ネックが曲がっていることが有名ですが、曲げた後が伸びているのでそこだけプレートがはげているのがわかります。

201710161_2
201710162
201710163

このネックを曲げるということはセルマーのオリジナルではなく、どこか別の場所で行われたようです。

こういうことが流行った時期もあったようで、まれにネックが曲がったマークシックスソプラノを見かけますね。

作業としてはそんなに大変ではないようです。

さて、私としては22万台であることに非常に感銘を受けました、、、

マークシックソプラノは番台によってかなり性能やバランスが異なります。

基本的には現代の楽器と比べると細く弱い楽器であることは間違いないのですが、その中でも管体の絞り方が異なるためにかなりの差が生まれます。

この20万初期はもっとも安定性が高い楽器で、ブランフォードもそれを使っているということでやはり、、、という気持ちが強くなりました。

おススメの番手を聞かれるときにテナーなら6万、アルトなら14万、ソプラノは、、、とソプラノのときはいつも答えにちょっと困っていたのですが、これからはブランフォードもそうだから20万初期、、、といえる気持ちになりました???





www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル ソプラノ 7万3千8百

今日は非常に珍しいアメセルソプラノの7万3千台です。

アメセルのソプラノは私が思うに10万台過ぎくらいまで、いわゆる5桁と同じようなデザインが作られていますが、その多くは8,9万台あたりに集中しています。

今回のように7万台の割と初期のマークシックスのソプラノはかなりレアで、そうは見かけません。

201709061
201709062
201709063
201709064
201709065
201709066
201709068
201709069
2017090610

かなりきれいですね。

8万台辺りまでのアメセルは吹いたことがありますが、7万台は吹いたことがありません。

傾向から察するに、かなり軽く吹ける楽器でしょう。

やはり一番人気のアメセルソプラノはコルトレーンやケニーGで有名な9万台でしょうが、それよりは音が弱くさらにオープンな音の感じが強いかなり個性的な音がするはずです。

非常に珍しい楽器です。



www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラセル ソプラノ シルバー 8万6千5百

今日はフラセルのシルバーのソプラノ8万台です。

この8~9万台辺りが前期マークシックソプラノの中で最も人気がある辺りですね。

弱すぎず、強すぎず、細身の音で特徴的な丸い音がする頃ですね。

この楽器はシルバーですから、ラッカーのようなカラッとした感じよりはやや重たい音がするでしょう。

201708101
201708102
201708103
201708104
201708106
201708107
201708108
201708109
2017081010

シルバーもきれいに残っていますね。

アメセルのラッカーなら乾いた音がするでしょうが、それとはかなり趣向が違う音がします。

そういう意味ではこの番手にしてはやや面白くない楽器かもしれません。

このあたりの楽器の値段はまちまちですが、この楽器は8800ドルでまあまあの値段がついています。

シルバーでコンディションもいいですから、趣向が合えば中々珍しい楽器かも知れ編ませんね???


www.tomosax.net





| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル? ソプラノ 11万3千0百

今日はソプラノ11万3千台です。

ソプラノのアメセルは10万台あたりにそれらしきものを見かけただけで、彫刻がついたアメセルは10万台以降は見かけたことがありません。

それ以降も存在する可能性はもちろん高いでしょうが、いわゆるアメセル彫刻つきソプラノは9~10万台辺りまでと私は認識しています。

今回の楽器は11万台で彫刻はないのですが、いくつか残っているパッドの淵にラッカーが残っているのでアメセルの可能ですが高いですね?

201706081
201706082
201706083
201706084
201706085
201706086
201706087
201706088
201706089
2017060810

非常にきれいな楽器でミントコンディションですね。

色的には明るいですが、テナーでもこのような色合いのものはありますし、フラセルの場合はもっと明るい色をしていますから問題はないでしょう。

もう少し古い時代ならマークシックスと左手のほうに書かれていたりもしますが、この時代はアルトやテナーでもそれはないので、なくてもいいでしょう。

マークシックスソプラノは時代が下るにつれ楽器の絞りかたが変わるので、鳴り方や特に高音の詰まり方などが変わってきますが、この楽器はまだかすかに細さが感じられるあたりでしょう。

音色も9万台アメセルとは渋さが違うでしょうが、アメセルならフラセルのパリッとした感じよりは幾分まろやかさがあるでしょう。

もしアメセルなら中々珍しい楽器ですね。



www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル ソプラノ 10万7千台

今日はアメセルのソプラノ10万7千台です。

まずアメセルのソプラノで最も気をつけなければいけないのは、フラセル彫刻なしに後からアメセル風彫刻を足したものです。

一時期それらしいものが多く出回っていましたね。

基本的には、アメセルのパッドが残っていれば見た目ではアメセルと判断がつきますが、今回のようオーバーホールされてしまうと写真だけ判断することは難しいでしょう。

アメセルのソプラノとして見かけるのは丁度この10万辺りまでで、それ以降は私自身は見たことがありません。

201704211
201704212
201704213
201704214
201704215
201704216
201704217
201704218
2017042110
2017042111
2017042112

アメセルにしては色が薄いようにも思いますが、このように暗めに写されると微妙な見え方ですね。

また後から彫刻を彫った場合はちょっと太くなりがちですが、そういう意味ではオリジナルに近い彫刻のように思います。

私もアメセルのソプラノを何本も吹いたことがありますが、キャラクターというかフィーリングはフラセルと結構違うので、吹けばアメセルかどうかはすぐにわかると思います。

このように写真だけで判断するのは難しいのですが、本物だったら中々きれい過ぎるコンディションでいいですね。


www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラセル ソプラニーノ 10万5千9百

今日はソプラノニーノの10万5千台です。

ソプラニーノが本数が少ないことは言うまでもありませんが、この時代のソプラニーノが市場に出てくることは稀です。

さらには今回のソプラニーノはシルバーでさらに珍しいですね。

201704201
201704202

ソプラニーノのシルバーは吹いたことはありませんが、シルバーにすることによって音がキンキンした感じが緩和されるでしょう。

また音も強くなり、落ち着いた音色になると思います。

ソプラニーノとしてはシルバーのほうが聞きやすい音色でしょうから、シルバーの利点は高いですね。

また、10万台ということで音色のボケた感じも低い音ではあり、特に最低音辺りではボケた音色が楽しめて現代の楽器のようなヒステリック感が緩和されてその点も見逃せません。

おそらく次に見かけるのは数十年後となりそうですが、そのくらいめずらしい楽器ですね。




www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アドルフサックス ソプラノ 

今日は非常に珍しいアドルフサックスのソプラノです。

即ち本人が作られたソプラノで1857年製となります。
サックスさんが作り始めてから10年ほど経ったもののようです。

私はこのくらい古いものになると、メトロポリタンミュージアムに飾ってあるものくらいしか見たことがありませんが、今回の楽器は非常きれいにその姿を保っています。

オリジナルではないと思いますが、パッドにもレゾネーターが入っていませんね。

Sax25_4373a7c0a9be4102ad592c5508574
Sax26_7a45eb3570984bc2b8ed046e6e108
Sax28_cf1ecf6f62b543aa9adb0ac7cc81a
Sax30_d861ba3d6a9c4aa08205314698114
Sax31_cf57c7e327174b6793011a71bf79c
Sax38_c52938b20cc84e3688d955eb24267
Sax32_d9ff00f1ffbb4361a26dc01748696
Sax36_98209ecb84394257837a3bcc9ed9f
Sax43_a0f4d9f1a2074922a66d65705d276
Sax45_0d84ac865a1b4334b100f314995d3
Sax47_25f16ad6e6e048acba1673abb90fe
Sax41_f1d3c1776f6249dd937f4bb887919
Sax50_a9d78fcf92c347e791cd85435ee77
Sax54_37bd73608e994aa9bfe4df25339b7

ケースだけ見たら何が入っているかわかりませんね?

場合によっては通報されそうですね。

フィニッシュはニッケルプレートだそうですが、楽器からケースまですべて手作りなわけで機械がなかったその当時はこれ一つ作るのでも大変だったでしょうね。

さすがに160年の重みを感じますが、今の楽器も160年たったらどのような評価か楽しみですね???

www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マークシックス Bis 刻印

今日は16万台のソプラノです。

この辺りのソプラノは使いやすくマークシックスの中でも安定感がある辺りです。

さて、このソプラノにはBISと刻印があります。 

マニアな皆さんはきっとご存知かとは思いますが、私は初めて見ました。

その意味はなんでしょうか???

201703142
201703141_2
201703143
201703144
201703145
201703146
201703147
201703148
201703149

ビスというのはラテン語で2ndにあたるそうですが、フランス語では2番目という意味で使われることが多いようです。

セルマーのシリアル台帳を見ると、じつはこのシリアル番号は重複しておりこのシリアルをもった楽器はこのソプラノとテナーと2つ存在しているそうです。

このように同じシリアルを持つ楽器は、実は結構たくさんあるのですが、その場合見分けがつかないので二番目という意味のビスをスタンプした?というのがこのスタンプの意味のようです。

シリアルが重複したときにいつもこういうことをしているわけではない様ですが、非常に珍しくて面白いですね。

www.tomosax.net


























 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キング サクセロ ゴールドプレート 7万1千9百

今日はキングのサクセロのゴールドプレートです。

シリアルは7万1千台で1924年あたりの製造です。

サクセロは基本的にはソプラノと同じ楽器ですが、その独特な形状から根強いファンが多いですね???

1990年代辺りにはやたらとサクセロがもてはやされた時代がありましたが、いつの間にかそれは落ち着いてサクセロ吹いている人も学校でみたジョンパーセルが最後だったかも知れないくらい、使っている人は少ないですね???

さてサクセロはそのほとんどがシルバーなのですが、この楽器は非常に珍しいゴールドプレートです。

201702231
201702242
201702243
201702244
201702245
201702246
201702247
201702248
201702249
2017022410
2017022411

さすがにゴールドプレートも100年くらい経つと汚れるのでしょうか???

写真ではムラがあってゴールドプレートっぽくない感じもしますが、この時代はゴールドプレートが薄いので下地のシルバーがそのように見せているのかもしれません。

サクセロは、音域はソプラノながら音色は全く違ったちょっと変な音色のチャルメラのような音がしますね???

ベルが正面を向いているので音のとびたかが直接的なものも随分とソプラノと違う印象を残す理由かもしれません。

その人気が絶頂期のときならいいお値段だったと思いますが、フラセルシックスのリラッカーくらいの値段で買える事を考えると、実用性はどうあれお買い得かもしれませんね???

www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル? ソプラノ 6万8千1百

今日はアメセル?のソプラノ6万8千台です。

かなりきれいなコンディションでオリジナルパッドが残っています。

パッドを見ると、アメセル同様ラッカーがついていますね。

彫刻がないのでアメセルかどうかの判断はつかないのですが、見た感じの雰囲気はアメセルに見えます。

201610221
2016102211
201610223
201610224
201610225
201610227
201610228
201610229
2016102210
2016102212
2016102211_2
20161022132016102214

色は6万8千台のアメセルの色ですね。

通常フラセルだとケースはもっとカラフルだったりするのですが、これはアメセル的無愛想なケースです。

初期のシックスのアメセルソプラノはあまり見かけませんから、このように彫刻がないものをアメリカで組み立てたということは十分にありうることでしょう。

それ以上のことは想像の話になりますが、アメセル的な楽器を安価で手に入れたい人にはお買い得な楽器です。

フラセルと違って華やかさの代わりに音が暗さを強めにした音色が楽しめる面白い楽器でしょう。


www.tomosax.net


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧