カテゴリー「Selmer Balanced Action」の記事

フラセル テナー SBA 3万4千9百

今日はフラセルのSBAのテナー3万4千台です。

一時期は中国人の爆買いによってあまり見かけなかったSBAですが、最近はいいものは表に出てこず関係者だけで流通しているせいか?あまりいいSBAをみかけることはありませんね?

余談ですが、昔よく楽器屋さんで見かけた爆買いのご一向様はあまり見かけず、旅行などで?ふらっと来た人が買っているパターンが多いみたいです???

さて、今回のSBAですが最初期に属する楽器で、1946年ごろの楽器です。

2019031111_1 2019031112_1 201903116 201903113 201903117 201903112 201903115 201903119

まず、この時代のSBAはあまり人気がありません。


それは、低音の音程が管の短さの関係で高くなるので、機能的にアウトなわけです。

さらには初期のSBAはU字管の長さがまちまちで、それはLowBのキーガードとCのキーの位置関係でみるのですが、これは限界まで短い

ですね?

もちろんキーを下げて対処するやり方もありますが、これはちょっと厳しそうです。

すなわち、この楽器は低音がシャープする傾向がSBAの中でもかなり厳しいことが予測できるわけで、仕事ではつかえない楽器になります。

さらには、シルバープレートはそれなりにきれいなのですが、右手の親指のあたりが、シルバープレートの下が摩耗しているようにも見え、なんだかちょっと怪しいですね???

というわけでかなり難があるSBAで中々手を出しにくい楽器です。

初期のSBAは詳しくない人は手を出さないか、保護者のかた?と買いにいくのがいいかもしれません。


tomosax.net





| | コメント (0)

アメセル アルト SBA 5万1千台

今日はアメセルアルト のSBA5万1千台です。

つい最近まではここまで古いアルトはあまり注目を浴びることはありませんでしたので、比較的価格も落ち着いていました。

しかしここ数年で?アメセルの初期の楽器も少しずつ値が上がり、少し前のヴィンセントハーリング氏のようにややアメセルアルトに回帰するような動きも出てきているようです。

あるいは現代のアルトの音にやや飽き始めて古い音色に回帰するサイクルが来ているのかも知れません。

さて、そのようなときに、基本的にはアルトの場合はキングスーパー20が最もジャズらしい楽器でしょう。

あるいはセルマーに限っていうなら、フィルウッズの60年代のように8,9万台あたりのアルト、、、のサウンドか、今回のようにSBAのアルトが注目を集めるところでしょう。

SBAはパーカー、ポールデスモンド、スティット、フィルウッズなど多くの楽器に、(古い時代)のみに愛された楽器です。

今回は5万1千台で、1953年製の楽器です。

2019036101
2019036102  
2019036103  
2019036105
2019036106  
2019036108  
2019036109
20190361010  
20190361011  
20190361012
20190361013  
20190361014

典型的な5万台の暗い色をしていますね。

5万台と4万台の違いは、5万台が今回のような暗い楽器が多く音色も暗いものが多いです。

それゆえ枯れた感じのキャラクターがして、4万台は甘い音色が強く出ますね。

5万台のほうが楽器的に強くズバッとなる印象が強くなります。

さて今回の楽器はとてもきれいですが、ネックがつぶれていて残念ですね。
デモ音源があるので聴いてみましょう。
うーん、、、ややバリバリしていますね。


このような楽器は、ビンテージ楽器を通じてちらほらあります。

即ち6万台でも、7万台でもその時代の楽器らしくなく、バリバリ鳴ります。

この楽器の音は、音の広がり方や大きさはさておき、音色のキャラクターでは5万台のSBAの音色という感じではありません。
それは、1つには、調整の具合、、、この楽器はオリジナルパッドが多いそうですが、日本でオーバーホールするとこのような音色になりがちです。

そして、2つめにはこの楽器の反応が非常に優れているということです。それゆえ鳴りすぎて、キャラクターが薄くなっているわけです。

吹いていて気持ちいい楽器でしょうが、こういう楽器を使うとあまりビンテージを使う理由が薄まってしまいます。

すなわち、吹いていてすぐ飽きちゃうわけですね。
楽器の鳴り自体はいいので機能的には優れているのですが、私はこういう楽器はあまり勧めないようにしています。
楽器そのものの色が暗くてもこういう楽器もあるから、中々海外からは買いにくいんですよね、、、、


tomosax.net







| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル テナー SBA 4万9千台 彫刻なし?

今日は珍品です。

4万9千台のSBAですが、ネックにシリアルがうってあるのでアメセルらしいのですが彫刻がありません。

確かに後からネックにシリアルを入れたり、後からアメセル彫刻を足した”アメセル偽装”の楽器はたくさんあります。

この楽器はオリジナルのラッカーに見え、彫刻はありませんから通常であればフラセルの彫刻モデルのはずですが、ネックにだけシリアルがうってありアメセル仕様です。


もちろん偽装することも可能ですが、こんなに中途半端な偽装をすることは考えにくいですからシリアルは最初からあったのでしょう。

そしてラッカーの色も4万9千に一致していますから、まあアメセルということにしておきましょう。

201901031
201901032
201901033
201901034
201901035
201901036
201901037
201901038
201901039
2019010310
2019010311

実際にアメセルかどうかは、U字管の接合部を見ればわかるでしょうから、判別はそんなに難しくありません。

さて、アメセルの彫刻なしバージョンはソプラノも含めていくつか見たことがありますが、基本的には彫刻があるものが大多数をしめているので大変珍しいですね。

ですが、彫刻があったほうがいいでしょうから、悪い意味で珍しい、、、ということができるかもしれません。

さて、見栄えはともかくコンディションは中々ですね。

デモ音源があるので聴いてみましょう。

「49xxx_selmer_sba_tenor.mp3」をダウンロード

これをいい感じと思った方は要注意です。

何故かというとパッドがかなり音が抜けているので音は相当暗めに聞こえています。

きちんと修理するともう少しバリバリした音がするでしょう。

それでも4万9千の音には変わりありませんが、あまりよく鳴る楽器というほどでもないようです。

値段は1万6千ほどでやや安めだったかもしれません。


tomosax.net





| | コメント (0) | トラックバック (0)

セルマー スーパー テナー 1万6千1百 オリジナルゴールドプレート

今日はセルマーのスーパーのテナー、オリジナルのゴールドプレートです。

まずこの楽器は1万6千台で1932年製の楽器です。この時代のものはリラッカーリプレートのものが非常に多いのですが、これはオリジナルのゴールドプレートと思われます。

ゴールドプレートでもややサテンがかったこの時代のものは、薄い色をしていますね。

オリジナルかどうかはセルマーに問い合わせればすぐわかることですが、リプレートも多くオリジナルとして売られているので注意しましょう。

しかし、この楽器は疑うまでもなくオリジナルのいい色をしています。

201811061
201811062
201811063
201811065
201811064
201811066
201811067
2018110619
2018110620
201811069
私もスーパーを吹いたことがありますが、現代の楽器と異なる音がして同じサックスとは思えないような、散った丸い音がします。

音の広がりも細く、まとまったぼけた音がやさしく飛んでいくような音色はとても心地よいですね。

この楽器はゴールドプレートですから、そこに上品な煌びやかさが加わり、いい音がすることでしょう。

私もこの時代のこのような楽器についていたと思われるオリジナルの純正ゴールドプレートリガチャーを持っていますが、現代のゴールドプレートとは比べ物にならないいい音色がします。

さて、この楽器にはシリアルにBがついていて面白いですね?
何か意味があるのか、同じシリアルを2つ作っちゃったとか、かもしれません。

この時代のゴールドプレートは珍しさゆえに多く見かけるのですが、実際の本数はかなり少ないでしょうからとても希少な楽器ですね。

テーブルキーとパームキーがもう少しやりやすかったらもっと愛用者が増えるのですが、、、、


tomosax.net






| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル テナー SBA 5万1千1百

今日はアメセル5万1千台テナーです。

この楽器は非常にきれいな状態を保っており、オリジナルパッドやセルマーのカードが残っています。

セルマーに問い合わせたらしく1953/5/23にパリで作られてアメリカに送られた楽器だそうです。

201810291
201810292
201810293
201810294
201810295
201810296
201810297
201810298
2018102912
2018102914
2018102916
通常このあたりの楽器はもっと暗い色をしているものが多いですが、これは割とライトな色ですね。

デモ音源があるので聴いてみましょう。
やはり明るめの音でパリッとしていてあまり音色の良さはないですね。

パッドもオリジナルで低音もやや辛そうで、この状態では反応がいいかはわかりませんが、高い音の音の抜けや音の均一性はありそうです。

実際はオーバーホールするともっと明るい音になるので、そういう意味でも音色は暗くなさそうです。


さて、注目すべきはこのセルマーのカードで、どういう風に優れているのかが書いてありますね。

2018102913


オフセットのキーの配置になっている、
音程が良い、
キーガードのフェルトでトーンホールの高さを変え、音程やチューニングのバランスをとることができる
キーのロッドが長いので服が引っかからない
オクターブキーが新しくなって反応が良くなり、オクターブの跳躍が簡単になった
キーポストが丈夫になった
テーブルキーがやりやすくなった
とのことです。
なるほど、SBA以前の楽器やほかのメーカーでは、服がキーのロッドに引っかかったりすることが問題でもあったわけですね?

あるいは、SBA以前の楽器はロッドが曲がって、キーがずれやすいこともあったようです。

初期SBAには音程が高いなどの欠点もありましたら、フェルトの高さで好きに変えてね、、ということも推奨されていたことがわかります。

そしてなにより、
ToneX Tone-Boosters というレゾネーターがsuper volumeを与え、音にエッジが出る、、、ということが書いてあります。

あのレゾネーターはToneXという名前があったのですね?知らなかった、、、

そして最後に、世界のプロプレーヤーの80%がセルマーを使っているとも書いてあります。

そのパーセンテージはテナーに関しては今も変わらないか、もっと増えているかもしれません。

セルマーって改めてすごいんだな、、、とこの写真から感じる今日この頃でした、、、
tomosax.net





| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラセル SBA テナー シルバー 4万5千 ユーセフラティーフさんの楽器

今日は中々良さそうな楽器です。

王道のSBAシルバーのテナー、4万5千台です。

彫刻がないのでフラセルであることは明白ですが、この楽器は少し面白い歴史があります。
というのも、キャノンボールのバンドなどで有名なユーセフラティーフさんの楽器です。そういえば彼所有のものが、だいぶ前に売りに出されていましたね???

実はこの楽器はネックのソケット部分が壊れているために、彼に使われずに長い間眠っていたとのことです。


201809071
201809072
201809073
201809074
201809075201809077
201809076
201809078
2018090710
2018090711
2018090712
2018090714
そして売りに出された後に修復したそうです。

しかもアメセルSBAのオリジナルのレゾネーターをいれてオーバーホールしたそうです。
2018090717
デモ音源がありましたが、反応はとても速く、音色は男らしい太い音色でした。

みなさんご存知の通り?ラティーフさんはコルトレーンの大ファンで、彼の思想にどっぷりはまっていたようですから、この楽器は間違いなくコルトレーンにあこがれて購入したはずです。

さて、この楽器をオーバーホールするにあたって管を外すと、接続部分から青いゴムが出てきたそうです。
2018090716

この持ち主曰く、おそらく後から入れられたものだろうとのことですが、非常に面白いですね?

溶接するとよく鳴る分バキバキしますから、これはこれでいいのかもしれません。

中々良さそうな楽器です。ファンにはたまりませんね???
www.tomosax.net






| | コメント (0) | トラックバック (0)

BA アルト 2万4千0百 ミントコンディション

今日はバランストアクションのアルトです。2万4千台で1937年製の楽器です。

即ちBAの2年目の楽器で最初の2千本ほどの楽器です。
1936年から作り始められたBAは途中で戦争による中断もありましたが、1948年のスーパーアクションになるまで作り始められました。
今回の楽器はその意味でかなり初期のBAになります。
201805011
201805012
201805013
201805016
201805017
201805019
2018050110
2018050113
2018050124
2018050128
私も知り合いのミュージシャンに頼まれてBAを探したことがありますが、世の中のBAは殆どリラッカーされています。
某有名サイトで売られているものも殆どリラッカーと思われるものばかりでおりじなるラッカーは殆ど見かけません。
1つにはこの時代の楽器のラッカーが比較的剥がれやすく、また工場でリストアされることが、マークシックスの時期にあたるこの数十年後よりはかなり当たり前に行われていたようです。
ファクトリーでリストアされると彫刻も彫り直されることが多いですから、ちょっと使い込まれた見栄えであれば見分けるのはやや難しくなります。
そういうわけでリラッカーがオリジナルとして売られるようですが、今回のものは奇跡的なコンディションでリラッカーを疑う余地はなさそうです。
オリジナルパッドもほぼ残っていますし、彫刻も美しいですね。
肝心の音色ですが、後期のBAよりは弱く、また音色もシガーカッターなどのキャラクターを感じさせるものでしょう。
ここまでのものはそうは出てこないので非常に希少ですね。
www.tomosax.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル SBA バリトン 5万5千0百7十

今日はアメセルバリトンのSBA、5万5千0百70番台です。

オフィシャルなシリアルでは5万5千2百からマークシックスですから、マークシックスが始まる直前の番台でマークシックスのプロトタイプはすでに作られていたシリアルです。

しかしバリトンが本格的にマークシックスに移行するのはもう少し後ですから、バリトンに関してはそんなに数字に意味はないかもしれません。

今回のものは非常にきれいです。

201803291
201803292
201803293
201803294
201803295
201803296
201803297
201803298
201803299
2018032910
2018032911
2018032913
2018032915

この番手のSBAはアルト、テナー共に深い色のものが多いのですが、これはあまりそういう感じには見えませんね。

パッドはオリジナルかどうかはわかりませんが、レゾネーターはオリジナルのように見えます。

キーのセットアップは非常に低く、持った感じは手がやりやすく感じるでしょうが、抜ける感じはあまり薄くそんにボリュームは出ないかもしれませんね。

軽いバリトンが欲しい人にはおススメです。

www.tomosax.net






















 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BA テナー 2万4千6百 ゴールドリプレート

今日はバランストアクションテナーのゴールドリプレートです。

まず2万4千台のBAですが、1937年製でスイング時代の楽器となります。 この時代のセルマーはそのほとんどが再塗装をされているので、オリジナルのラッカーを探すことは非常に困難です。
そういった状況でゴールドリプレートというのは、BAとしてはそんなに悪いものではありません。
ゴールドプレートはこの弱い時代の楽器に音量を上げ、音の太さを加え、高音の均一性も増しますから、機能的には非常に利点のある仕様です。
その一方で、BAといえば音が散った音色ですから、そこに音をややまとめるゴールドプレートがかかって、やや華やかな音色になるとどのように聞こえるか非常に興味があるとことですね。
201803261
201803262
201803263
201803264
201803268
2018032611
2018032612
2018032617
2018032622
2018032623
割と厚めにゴールドプレートがかかっていそうですね。
デモ音源がありますので聞いてみましょう。
非常に変わった音色ですね。
なんというか、とてもボケた音がゴリゴリして、あまり華やかさがないように聞こえます。
古いセルマーのバンディーに強いマウスピースをつけた時の記憶が甦りました。
バンディーは安い楽器であまりならないのですが、50年代ものは作りが簡素で散った音がします。それによく鳴る現代のマウスピースをつけたときにこのような音が鳴るわけで、
わたしはビンテージの音色というよりは少し安っぽい音色がするな、、、と感じてしまいました。
音色が暗い分もう少し明るいマウスピースをつけるともっといい音色がするかもしれませんね???
かなり個性的な楽器で、演奏者を選びそうな楽器です、、、

www.tomosax.net






















 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BA アルト 2万3千6百 オリジナルラッカー

今日はBAのアルト2万3千台で、1937年製、BAの2年目の楽器になります。

戦争で製造本数が少なくなる以前のものですね。

さて、昨年にBAを買いたい人がいてかなり探した、、、ということがありました。

BAは本数が少ないながらも割りと売りには出ているので購入すること自体はそんなに難しくありません。

ですが、そこには罠がいっぱい、、、なぜかというと、この時代はリラッカーすることが当たり前だったようで、ほとんどの楽器がリラッカーをされています。

そしてそれらの多くがオリジナルラッカーとして、あるいは曖昧なまま売られているのも事実です。

今回のものはオリジナルラッカーで少なくとも昨年から1年以上見てきた中では抜群に美しい楽器です。

201801261
201801262
201801263
201801264
201801265
201801267
201801268
2018012611
2018012612
2018012615

リラッカーさせている楽器はそのほとんどが、リラッカーすると細い線はほとんど埋まってしまいますから彫刻で見分けることが出来ます。

この時代の彫刻は本当に芸術品で、細い線の部分が多く細かいですね。

現代のマウスピースで吹いた参考音源があるのできいてみましょう。

「incredible_vintage_original_lacquer_selmer_paris_balanced_action_alto_sax_serial_23654_saxquest_saxophone_shop_saxquest_audioextractor.net).mp3」をダウンロード

かなり明るい音であまりBAっぽくないですね。

これなら音色的にはSBAでもいいわけであまり面白そうな楽器ではありませんが、希少性は非常に高くこのような楽器はそうは見かけません。

値段も6500ドルで中々良いお値段ですね???

www.tomosax.net


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧