カテゴリー「Otto Link」の記事

マウスピースの価格が、、、

さて、先日久しぶりにオリジナルのスラント7*のテナーがでました、、、

No USAでオリジナルのものは非常に珍しくここ数年見かけていなかったので、その価格に注目していました。

その価格がなんと、、、日本円で45万まで行ってしまいました。

201802131

関税を入れるとほぼ50万といったところでしょうか???

15年ほど前は10万円もしなかったことを考えると、値段の上がり方が最も著しいマウスピースといえるでしょう。

オークションでこの金額になるということは、お店に並んだときはさらに高いケースが多いでしょうから、少なくともリンクラバーはこの先もかなり値段が高騰することは間違いなさそうですね???

www.tomosax.net






















 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オットーリンク スラント アルト No USA 3☆ 新古品

今日はオットーリンクのアルトのスラント、No USAの3☆、、、なんと新古品です。

新古品というのは、その時代から新品のまま残されていたもので箱はそれなりにぼろくなっていますが、マウスピースはオリジナルのビニールにかぶさったままでまだ誰も試奏すらしていない状態です。

しかもNoUSAですから、50年代からの新品ですね。

201802081
20180208
201802083
20180208_4
20180208_5
20180208_6
20180208_7
20180208_8

今から60年ほど前のもので新品ということになります。

開きも3☆で渋い開きですね。

実測値は60だそうで、セルマーで言うとCをやや小さくしたくらいをイメージするといいかもしれません。

即ちあまり利用価値はありませんが、貴重価値は高いでしょう???

コレクター向けの逸品ですね?



www.tomosax.net






















 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オットーリンク テナー スラント 7* No Usa リフェイス

今日はまたまたスラントNoUSAの7*です。

数日前に久しぶりに見た、、、としましたが、間髪いれずに出てきました。

あいにく今回のものはリフェイスされていますが、それでも十分に珍しいですね。 しばらく出てこなかったのですが、出てくるときにはポンポンと売りに出されることもあるんですね???

さて、開きは100でオリジナルよりも5ミリインチ広がって8のサイズになっています。

テーブルは鑢の目があまり見えないのですが、おそらくあまりいじらす先端部のみをグッと広げたという感じです。

201802051
20180205
20180205_2
20180205_3
20180205_4

20180205_6
20180205_7

スラントはリフェイスするとちょっとギスギスした感じが出ることが多いですが、このマウスピースのデモを聞いてもちょっと音がパキッと明るい音がしています。

ですが、吹きやすさは素晴らしいものがあるようでこのマウスピースのポテンシャルの高さを感じさせてますね。

あいにく私が見たときには売切れで値段はわかりませんでしたが、2000ドルを下回ることはないでしょうから、かなり高価なマウスピースであることは間違いないでしょう。

先日オリジナルが4000ドル以上で取引されましたから、2000ドルくらいなら安いのかもしれませんね???

www.tomosax.net






















 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オットーリンク テナー スラント 7* No Usa

ついに出た、、、、

これを見かけるのは何年ぶりになるだろうか、、、、最後に見たのは少なくともアントキの猪木を事務所の前で見かけたとき、、、くらい前のような気がします、、、
あの時はまだ東日本大震災の前で、ビルの側壁にひびがはいって大変なめにあうまえだったような、、、、即ちそのくらい見かけていないものです。
それはさておき、USA付のもので、7とか6*とか、、、リフェイスされたものは多く見かけましたが、今回のようにNo USAのオリジナルの7*はそうは見かけません。
もちろんテーブルのやすりの目もばっちりオリジナルですから、かなりいいコンディションのようです。
201801241
201801242
201801243
201801244
201801245
201801246
201801247
やはりNoUSAのものはUSAありやバビットとは違い、、エッジが立ちにくく音の厚みがあることでしょうか?
バッフルもついてはいますが、穏やかなデザインで、そこからの沈み具合はまさにスラントですね。
もちろん個体差も大きいためこの個体が即座にいいものとすることはできませんが、希少性と実用性を兼ねた最高のマウスピースという意味では、ダブルリングのオリジナル7*に並ぶでしょう。
私が記憶する限りでは、15年ほど前は800ドルでほどで売られていたと記憶していますが、さて今回はいくらまで行くでしょうか???

www.tomosax.net






















 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オットーリンク ラバー アーリーバビット テナー 6*

今日はアーリーバビットのテナーのラバー6*です。

アーリーバビットは初期のものがフロリダで途中まで仕上げられたものでした。
その初期のものは、本質的にはスラントと同じでテーブルやバッフルの最後の仕上げあたりのみバビット社で行われました。
その次に作られたものがバビット社によるもので、ここからが完全にバビット社によって作られたもの、、即ち初期バビットと呼ぶに相応しいものでしょう。
マウスピースそのものは完全にバビット社によって作られていますが、箱はフロリダのものが余っていたらしく、バビット社によるものなのにフロリダの住所がついています。
201801191
201801192
201801193
201801194
いわゆるビーク部分が垂直で、、、といわれるものです。
残念ながらテーブル側の写真がありませんが、まさにこれぞアーリーバビットというバッフルがついているはずです。
そのバッフルにも主に2種類あって、はっきり水平についているものとそうでないもう少し穏やかなものがあります。
実際にその当時工場に行った人に聞くとマウスピースの仕上げをしていたのはその見たときには2人ほどだったそうですから、そんなに多くの人が仕上げに携わっていたわけではないようです。
今回のものはほとんど新品で、欲しい人も多いと思います。

www.tomosax.net






















 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オットーリンク 初期アーリーバビット テナー / レイトフロリダ

今日はアーリーバビットのマウスピースです。

最近は80年代に入ったものまでアーリーバビットと呼ばれるようになってきましたが?、昔は今回のようなもののみをアーリーバビットと言っていました。
色々ある種類のアーリーバビットを呼び分けるために、レイトフロリダと呼ぶことも多いでしょう。
いわゆるフロリダで作られたスラントとほぼ同じもので、仕上げが少しバビット社の手にかかっているものです。
その一番の見分け方は、バビット社の機械とは違いテーブルの鑢の目がモワモワとした感じになっていることでしょう。
201801081
201801082
201801083
201801083_2
201801084
201801085
201801086
201801087
201801088
201801089
2018010810
2018010812
2018010813
オリジナルの箱とオリジナルのリガーチャーがついています。
もちろんこの時代はまだフロリダの箱がついてきますね。
このようなマウスピースが生産されたのは半年ほどだそうで、それが正しいとすればそれなりの数、、、数百本以上はありそうですね。
また有識者によれば、USAの字が少し大きいそうです。
その後100%バビットになるとフォントが小さいものが混ざってきます。
フロリダで成型されていますから、もちろん材質も素晴らしく、バビット社が作ったときには鑢の目もやや粗く、ラバーの質もこれよりは落ちます。
実質スラントと等しいものと言ってもいいこのマウスピースこそがアーリーバビットの本命の1つで、需要が高いですね。
バッフルもついていますが、100%バビットのようなカキンとしたものでなく、ジャズ的な非常にいいバッフルですね。

www.tomosax.net






















 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オットーリンク 70年代~80年代初期リガチャー

今日はオットーリンクのビンテージのメタル用のリガチャーです。

アーリーバビット期以降のリガチャーで80年代初期のものも含まれているであろうというのが写真で比較されています。

写真の中でポジションが変わっているので、一番上の写真の並びを基準に見ます。

ねじの大きさとデザインで見分けるのがわかりやすいと思います。一般的には真ん中のねじのデザインが斜めの格子になっているのがアーリーバビット期のリガチャーですね。

これはこれでフロリダとは違ったフィーリングでそれなりに使えるものでしょう。

そしてその両脇にあるものは、線が縦に入っていますからそれ以降のものでしょう。

201712221
201712222
201712223
201712224
201712225

ちょっと比較するために、1980年代初期のトランジショナルと呼ばれる長いマウスピースについているリガチャーを見てみましょう。

201712226

最初の写真のものでは一番左に近いような気もしますが、ねじがそれよりも大きく見えるような気がします。

ここから推測できるのは、アーリーバビット期以降、、即ちフォントがシャンクのテーブル下部に移行した頃からはリガチャーは縦線になっているということですね。

そしてその線は最初のほうは細かったようですね???

ねじのサイズはまちまちでかなりバリエーションがあるようです。

私自身も縦型リガチャーをたくさん保持していましたが、確かにその中でクオリティーのばらつきはかなりあったように思います。

年代はその時はビンテージという認識がなかったので、あまり注意しませんでしたが中にはそれなりにいいものもありました。

しかしフロリダのものと比べると大半は面白くなかったのですべて処分してしまいましたが、フロリダのリガチャーが高騰していることを考えるとこういうものでいいものを探すのはいみがあるかもしれません???

www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジョージコールマンのリンクメタル

今日はジョージコールマンのメタルリンクです。

まずカタカナで書くといまいちピンときませんが、マイルスのバントやハービーの処女航海など多くの名盤に名を連ねる彼所有のメタルリンクです。

マウスピース自体はかなり最近のもので、まったくビンテージではありませんが、バビット社に頼んだか、リフェイスしたもので中々個性的な作りになっています。

201710261
201710262
201710263
201710264
201710265

サイズの代わりに彼のイニシャルが彫ってあり、ゴールドプレートは落ちて?シルバーもかなり摩耗していますから、ここ10数年前くらいの彼の映像を見るとひょっとしたらこれを吹いているかもしれません。

私は彼についてはあまり詳しくはありませんが、私が20年ほど前に見たときはかなり明るい音をしていたような印象がります。

それはこのマウスピースだったかもしれませんね???

さてこのマウスピースは先端の幅や厚みを極力小さくしてかなり鋭くいくように作ってあります。

ズバッと吹けるマウスピースのデザインが見てとれますね。

開きは104で7*という大きさです。

中々渋いマウスピースですね???



www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オットーリンク アーリーバビット メタル 5*

今日はアーリーバビットのリンクメタルです。

テナーのリンクはどこを探しても品薄ですが、それと同じくらい見かけないのがバリトンのアーリーバビットのメタルです。

人気があるからではなくあまり注目されていない、、、というのがその理由だと思いますが、意外に安値で買えるお買い得なマウスピースです。

さて、アーリーバビットにはテナーも含めていろいろな種類がありますが、バリトンも今回のものは私が持っているものとは少し違うもののように見えます。

アーリーバビットはテナーでは、バッフルがあまりないもの、、ちょっとついているもの、、まっすぐはっきりついているものがあります。

今回のものはテナーでいうところの”まっすぐ”タイプですね。

バリトンにはあまりこういうものは見かけなかったのですが、テナーアルト同様時期によって、あるいは作り手によってこういうものがあるようです。

2017102301
2017102302
2017102303
2017102304

バリトンはバッフルのデザインもさることながら、太さなども結構異なるようですね。

この個体は私のものよりはやや太めに見えます。

開きは5*で92ですからちょっと小さめですね。

フロリダなら100くらいあってもいいと思いますが、8ミリインチもサイズダウンするほど削られているように見えませんから、オリジナルでやや小さめなのでしょう。

これは350ドルで売られていて、テナーのことを考えればお買い得なマウスピースかもしれませんね???

www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オットーリンク アルト フォースター 5

今日はアルトのリンクメタルのフォースターです。

1930年中盤から作られ始めたフォースターモデルは、マスターリンクに続くオットーリンクの2番目に古いモデルです。
基本的には1番目のマスターリンクと同じですが、リガチャーが下のレールから挟み込むものから、シャンク全体を固定するタイプに変更になりました。
さて、このフォースターモデルですが基本的には3,4くらいのサイズしか見かけることはないのですが、今回のものはオリジナルの5*です。
201709271
201709272
201709273
201709274
201709275
201709276
201709277
基本的にはカタログには、5*まで載っていてそれ以上は特別オーダー品になりますが、この5番でもそうそう見かけることはありませんね。
正確な開きはわかりませんが、5番でもセルマーのCくらいのサイズしかないのでとても現代の5番の感覚では吹けないでしょう。
ですが、古い楽器との相性は抜群でBAやSBAにこのようなマウスピースをつけて吹くと、吹きにくいのですが、30年代の音がします。
いやむしろ30年代の音以外をさせることは無理で、当時の音を再現するにはこのようなマウスピースは本当に貴重ですね。
今回のものはかなりきれいで、オリジナルのリガチャーもついていますから、中々のコンディションです。
かなりマニアックなマウスピースで、ほしい人は少ないと思いますが、珍しいですね。

www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧