カテゴリー「Neck」の記事

ヴァリトン 初期スペアネック 

今日はヴァリトンシステム用のおそらくスペアネックとして販売されていたものです。

しかも初期ものです。

まず何故スペアネックというと、その当時ヴァリトンシステム一体型として販売していたものは楽器にケーブルがはわされていたもので、これはそういうものではありませんから、ケーブルがはっていない楽器=ヴァリトンシステム以前の楽器にバヴァリトンをつけるためのスペア用に売られていたものでしょう。

その証拠に、それ専用のケースというかバッグまでついています。

中小企業の社長さんが売上金でもいれてそうな渋いバッグで、中々ビンテージ感が漂っています。

では何故初期なのでしょうか???

201710271
201710272
201710273
201710274
201710275
201710276
201710277
201710278
201710279
2017102710

ヴァリトンシステムは1967年あたりの発売開始となりシリアル的には14万台からとなります。

ここでネックを見てみると、ネックは正確なシリアルは失念しましたが翌年あたりの15~16万台あたりで台座の大きさが変更になります。

台座が変更になる前のこのネックは、少なくとも14~15万台のネックと考えられおそらくヴァリトンシステム発売開始とほぼ同じ時期のものと考えられます。

もし持っている人がいれば、超レア渋いアイテムで、このケースだけでも欲しいくらいですね???

かなりマニア度の高い逸品です!




www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル? テナーネック 9万1千台

今日は9万台のネックです。

なんだ、、9万台か、、、と思われる人も多いかもしれませんが、マニアの間では?9万台ネックは最も完成度が高いという人もいます。

某有名老舗修理屋のオリジナルサックスも9万台ネックを参考にしているとも書かれていましたね?

ネックというのはその形状により息の流れ方が変わりますから、音色ももちろんそうですが、音への変わり方や、音の響き、そして押したり引いたりする感じが大きく変わる部分であります。

そういう意味では、9万台ネックは、私も持っていますがそれなりに押したり引いたりもできるし、ボリュームもあるし、カラーの変化があるのでバランスがいいですね。

9万台と6万台あたりを比べると、6万台のほうがやや一辺倒に感じるように思います。

さて、そんな9万台のネックが売りに出されています。

201706301
201706302
201706303
201706304
201706305

オリジナルラッカーでほぼ20万円です。

入り口の下に金属のパッチがはってあるのでラッカーが大きく損失しています。

それ以外のラッカーはきれいに残っているのに、なぜセルマーのロゴの部分の青ペイントがないのでしょうか???

そもそもこの時代の楽器はこのような色ではないので、リラッカーしたのは間違いないでしょう。

だとしてもラッカーが明るすぎないのでそれなりの音色はするとは思いますが、ダメージのあるネックに20万も出せる人は少ないのではないでしょうか???


www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メイヤー ニューヨーク アルト 11S

今日は非常に珍しいニューヨークメイヤーの11です。

あいにく鮮明な画像ではありませんが、11のサイズで横のレールがくりぬかれていることからやや古いタイプのもののようです。

古いタイプで11ということは50年代でこのようなサイズということで驚きですが、実際のサイズはなんと115!!!

115というとテナーでは8*ですから相当大きいサイズです。

201703131
201703132
201703133
201703134
201703135
201703136

スモールチェンバーとなっていますが、大きいサイズにはチェンバーはやや大きめにとられていくものですが、アルトの場合は音が野太くなりすぎるためでしょうか?スモールチェンバー仕様となっています。

このマウスピースは、実際はやや調整されて113という開きのようですがそれでも相当大きいですね。

マウスピースがバリバリ鳴りすぎて通常とは違った趣向の音色が楽しめるでしょうが、そうであればニューヨークメイヤーである必要ななさそうですね???

いずれにせよ珍しいことには変わりないですが、実用性は低そうです。


www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パラスコス バリトン用木製ネック

今日は一世を風靡した?パラスコスのバリトン用ネックです。

バリトン用でみたのは、同級生だったジェイソンマーシャルがキングのバリトンのつけて吹いていました

今はちょっと材質が変わったのか色が違いますね???

057

実際に私がマークシックスなどに装着して吹いてことはないのですが、バリトンでマークシックスにつけたらどのような音になるか非常に興味がありました。

音が太くなって暗くなってちょっと散った感じになったらいいな、、、と勝手に想像していたのですが、そう思っていたら吹き比べている映像がありました。

楽器は、アメセルの24万台のバリトンです。


効果は絶大ですね。

この映像では音の太さまでは録音できていないので、実際聞いた感じの印象はもっと異なると思いますが、オリジナルのネックはパサパサしてちょっと安っぽい音に聞こえますね。

それに比べ木製ネックは、音がちょっと密度が詰まったような感じで実際に間近できくと太く感じることでしょう。

全く別物の楽器の音色にも聞こえるかもしれませんが、パワーアップアイテムとしては中々面白いものですね。

後は値段次第です???



www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KB サックスネック

今日は注目の新製品です。

キムボックという、昔メイナードファーガソンのバンドなどで活躍したテナーの人が、NYで楽器屋さんを開いています。

キムはニューヨークのミュージシャンには、よく知られた存在で、かの有名な楽器屋さんで修行?したりと修理も出来る素晴らしいプレーヤーです。

その彼が、自身の手によって新しいネックを製作しました。

その名も、、KBサックスネック、、、、そのままですね。

Img_6061640x427
レビューを見ると、SBA愛好家の人たちが並んでいて、SBAのネックを意識していることは間違いないようです。

Snapcrab_noname_2016119_103212_no00

ネックは基本的に2種類で、SBA仕様のRedbrassと初期マークシックス仕様のCanyonの2種類があります。

このうちRedbrassは材質や製造法によって3種類あります。

Snapcrab_noname_2016119_103243_no00

そして次がCanyonです。
Snapcrab_noname_2016119_103311_no00

ラビコルトレーンに寄れば、彼の(恐らくコルトレーンからうけついだ)SBAネックよりもいい、、、と言っています。

Snapcrab_noname_2016119_103533_no00

普通のSBAでない楽器につければ、より音は散る方向にいくでしょうから、用途もいろいろです。

何よりプレーヤーであるキムが作ったということで、完成度も高いでしょう。

いつ日本に入ってくるかはわかりませんが、入ってきたら是非試したい注目のネックですね。


www.tomosax.net























| | コメント (4) | トラックバック (0)

ヤマハ V1ネック vs E1ネック

今日は私の周りで起こっている、ほんの小さな論争です、、、

ヤマハの新型ネックについてですが、、

ヤマハの新しいモデルの製作に伴って作られた新型ネック、V1とE1について標準でV1がついています。

アメリカのごく狭い?ミュージシャンの間ではE1をスタンダードとしてつけるべきだ、、、V1なんか売っぱらってE1買っちゃったよ、、、という人もいるようです。

そんなに違うのでしょうか???

3549_3305_large
5728_3346_large

見た目はさほど変わりませんが、管の太さやカーブのデザインは結構違うようです。

残念ながら参考音源はありませんが、875EXにつけて吹き比べてみました。

標準仕様のV1のほうがズバッと行く感じで明るいバリバリした音がします。それに対し、E1のほうが丸くこもった感じで、音にも相対的に角が立ちにくいです。 E1をつけた時のほうが82Zに近くなります。

ということで、違いはかなりあるといえるでしょう。

個体差というよりは、全く別の楽器になるといってもいいレベルの変化です。(個人的な意見です)

しかし、どちらの音がイイかというのは、スタイルに依存するかもしれません。

ゴールドプレートにする、EchoBrassをつける、ねじを石森製にかえる、サムフックレストを金属にする、、などの方向はV1です。

逆にそれらを取り除く、アンラッカーにする、、、という方向はE1です。

なので、よりバキバキいきたい人はV1、より穏やかにモコッとしたい人はE1というように嗜好性は完全に違いますね。

ただ、DukoffなどはV1をつけたほうがよくE1をつけると何か相殺するようなファクターがあります。

逆に、E1はメイヤーなどアコースティックなジャズの響きを出すマウスピースと方向性が一致しているように思います。

V1のゴールドプレート、E1のアンラッカーなどあると、違いは明確になるでしょう。

逆にV1のアンラッカー、E1のゴールドプレートを作ったら、両者の差は埋まっていく方向でしょう。

ヤナギサワを愛用している私には、E1はオクターブを押さないところではより低くなったので、音程感も人によって結構違うでしょうね???

さて皆さんはどちらが好みでしょうか???

www.tomosax.net









| | コメント (0) | トラックバック (0)

PARASCHOS 木製ネック

今日は随分前に、、といっても10数年前によく見かけたPARASCHOSのネックです。

今は製造していないと思いましたが、まだ新品で売っているようですね。

ヤナギサワが確か技術供与した?とかで、ヤナギサワのネックのデザインになっています。

このネック、割と一世を風靡したネックでその当時はよく使っている人を見かけましたよね。

ヤナギサワユーザーであるアントニオハートに聞いたところいいネックだけど割れるから困るんだよね、、、、と言っていました。

201509301
201509302
201509304
201509305
201509306
201509307

金属とは違った角が取れた音がして、弱く吹くと非常に暗い音がしますよね。

音色が一気に渋くなるので、キャラクターを強くしたい人にはうってつけのネックです。

http://shop.paraschos.gr/index.php/wooden-sax-necks-10/paraschos-sax-tenor-wooden-neck.html

販売先のサイトでは、2年保障となっていてやはりあまり長く使うことは想定サれてしていないようです。

以下に誰かの試奏動画を載せてみます。

マウスピースは明るめのものを使っているにもかかわらず、暗めの音色をしていますね???



マークシックスにも非常に合いますので、リスクを承知で使うならとてもいいネックだと思います。

高いですが、、、、、


www.tomosax.net

















| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルト用 新型ネック???

今日は、不思議な商品です。

アメリカのサックスの備品を販売している人が開発した、名づけて

タルトネック、、、

しかし、さすがアメリカ、、、本当にこんなものを作ってしまうところがすごいですね。

要するに、アルト用のネックをテナーみたいに曲げてみた、、、ということです。

Talto1
Talto2
Talto3
Talto4

見た目はテナーに見えますが、アルトです。

ある意味、めちゃくちゃ格好いいですね???

この試奏動画がありました、、、

曲げることで、よく言えば響きが増えた、、ということも出来ますが、ただ詰まって抜けないだけの音にも聞こえます。

動画では、マークシックスやビュッシャーで付け替えて試していますが、どれもオリジナルのほうが数段よく聞こえるのは、私だけではないはずです。

まるで鳴らない楽器に変わったようで、残念ながらパワーアップアイテムではないようですね???


www.tomosax.net


































| | コメント (4) | トラックバック (0)

ネックのキー

今日はネックのキーです。

この部分を代えても、パワーアップはしませんので、あくまでも見栄えだけでこのような部品を使うこととなります。

しかし、そうそう壊れる物でもないので、スペアの部品も必要ないですが、もし使うとすれば他社製のネックにつけてつかうと見栄えは良くなるでしょう。

例えば、マークシックスにヤマハのアンラッカーのネックをあわせている場合、かっこ悪いですから、ネックがセルマーに見えるだけでも見栄えは大きく変わりますね。

以下はマークシックスの、新古品スペア品です。

201505144
201505145
201505146

もしシルバーがよければ、中古品で
201505141_2
201505142
201505143

シルバーは、銀メッキに使えるから、ニッチな用途に合うかも???

ですが、両者ともこの部分だけでも1万くらいで売られているんですよね、、、

1万はちょっと高いですよね、、、

www.tomosax.net





































| | コメント (0) | トラックバック (0)

マークセブン スペアネック

今日はマークセブンのフラセルスペアネックです。

この時代になると、スペアネックは多く作られていたようです。

セブンの時代からは、よりいっそう生産本数を上げたい、、、というコンセプトだったようですから、ネックもそれにあわせてバンバン作っていたのかもしれません。

しかしながら、マークセブンの生産量はマークシックスに比べるとはるかに少ない割に、大量のスペアネックが供給されていたみたいですから、セブンのスペアネックはかなりの量がそのまま残っているようですね。

最近もたくさん出てきたようで、市場には割りとスペアネックがあふれているように思います。

8488mkviitenneck41811
8488mkviitenneck41812
8488mkviitenneck41814
8488mkviitenneck41815

マークセブンのスペアネックとしてはもちろんいいと思いますが、それ以外の楽器につけるときは、

帯に短し、襷に長し、、、、といったところです。

即ち、

現代の楽器につけるにはビンテージ感には短し、マークシックスなどにつけて吹きやすさを改善する点ではシリーズ2など現代のネックに比べて長し、、、

ということで、やはり用途的にはマークセブンのスペアネックの域を出ないのが需要が広がらない原因かもしれません。

個人的には、こういうものをゴールドプレートにしたり、サテンにしたり違うフィニッシュにして売ると、マークセブンユーザーには幅が広がっていいな、、と思うのですが、それもコストがかかるので難しいところです。

場合によっては安く買えるので、セブンのヘビーユーザーにはいいかもしれません。

www.tomosax.net





































| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧