カテゴリー「Mark 6」の記事

アメセル テナー 6万5千2百5十

今日はアメセルテナーの6万5千台です。

やはり6万5千はビバップホーンとしてはまさに王道で、ジャズサックスといえばこの6万中期がまさにそのものでしょう。

その理由はシリアル的にそのあたりが多く使われて音楽が作られてきたことだけでなく、楽器の鳴り方が個性的である点です。

つい最近も6万台、8万台、9万台あたりを並べて吹き比べてみました。あるいはSBAを含めた各番台の楽器をレッスンなどで日常的に聴いていると、各番台で楽器の音の飛び出し方が違うことに気づかされます。

6万台には6万台の音の飛び方があり、、アラジンの魔法のランプのように、音がベルから出てくる煙のような形がそれぞの番台で異なります。

この6万台は、中肉中背の煙=摩人が出てくるような感じです。


極端に言うと9万台の摩人はかなりお腹というか下半身がごつい感じで、6万台は上から下まで中肉中背です。

そういう意味では、皆さんの前で吹き比べをすると6万台は良く聞く音だよね、、、という結論になるのもよくわかります。

しかし音の輪郭はそうであっても、キャラクターはセッティングやコンディション、個体差によってかなり異なります。

さて、この楽器はどんな楽器でしょうか?

201904122 201904121 201904123 201904124 201904126 201904127 201904128 201904129 2019041210

オーバーホールはされていますが、かなりきれいな楽器ですね。

さて、試奏動画があるので載せてみます。





 

 

マウスピースはドレイクを使っているのがポイントですね。

ドレイクは曇りのないクリアな音がするので、その点の評価が難しいところです。

さて、マウスピースのせいか楽器の性質かはわかりませんが、音色は6万中期としては明るめで、暗い味のある匂いはしません。

ボリュームはそんなに大きくないので、ズバッと行くようなタイプではないようですね。

この楽器のいいところは上から下まで均一にきれいに鳴っていて、音の立ち上がりも速いですね。

しっかり正確に吹ける楽器ですがキャラクターは弱めということが言えるでしょう。

6万5千もいろいろあって面白いですね。

tomosax.net





| | コメント (0)

アメセルアルト 9万8千7百2十

今日はアメセルアルトの9万8千台です。

やはりフィルウッズ系の音色を狙うならこの9万台あたりが最も候補に挙がるでしょう?

昔ニュースクールに通っていた時は、オーソドックスなアルトとしては9万あたりにニューヨークメイヤーをつけたような感じがアルトの音色だ、、、みたいな感じで数人の先生に、ほとんど強迫観念のようなものを与えられていたように今では思い返されます。

アルトの場合もちろん後期のアルトのほうが大きく鳴って使いやすいのですが、フィルウッズのようなフィーリングでなくズバッと鳴ってしまうのでいい音しないよね、、、初期の中でもやや鳴りが大きくなってきた9万台あたりを買いましょう、、、、というような潜在意識があって、このあたりの番台を多く試したように思います。

その場合9万台あたりだとキャラクターは申し分ないのですが、やはり高音の抜けを含めた鳴りの均一性はとても重要なポイントです。

201904109 2019041010 201904104 201904103 201904102 201904101 201904106 201904105 201904107 201904108

 

9万台らしい深い色をしていますね。

パッドはオーバーホールされていてコンディションもよさそうですから、正当な音色の評価が出来そうです。




 

 

ラッカーがしっかり残っていることと、オーバーホールされているので音色はシャキっと鳴っていますね。マウスピースもメイヤーではなく現代のマウスピースを使っているかもしれません。

メイヤーを使えばもう少しそれらしい音にはなることでしょう。しかし、音色のキャラはちょっと弱いかなと思います。 

一見高い音まですっと出ているように聞こえますが、ちょっと音程が上ずって、とくにD#あたりのパームキーの音が弱いですね。

このあたりの楽器は多少はしょうがないと思いますが、このデモ音源を聞く限りはちょっと機能的には弱そうです。

キャラも弱く鳴りの均一性も弱いので、ちょっとこの楽器は評価は低めということが言えるかもしれません。


 

 

| | コメント (0)

アメセル テナー 6万4千5百5十

今日はアメセルテナーの6万4千台です。

なんとほとんどオリジナルパッドが残っている状態です。

まずこういう楽器の難しいところは楽器に対してフェアな評価ができないところですね。

即ちデモ音源で聞いてわかるとおり、低音は出にくくそれほどパッドの状態が悪いということは、本来の音色や機能が判別しにくいからです。

パッドの締まりが甘いことで音色も暗いほうに振れますから、オーバーホール後には違う音色になってしまう危険性もあり、この状態では評価しにくいですね???

201904081

201904082 201904084 201904083 201904088 2019040810 2019040811 201904089 201904087

 

6万4千といえば6万中期で、王道の6万の中でも最もジャズっぽい安定した番台ですね?


今までいろいろな6万中期に触れてきましたが、この楽器はやや明るめでキャラクターが濃い感じではなさそうです。

パッドが甘い状態でのデモ演奏もかなり明るめに聞こえているので、暗い音というよりは割とパリッと鳴ってくれそうです。

ですが、肝心の鳴りの大きさもパッドの古さで鳴りを潜めていますから、この楽器の一番の評価ポイントを知ることをできません。

もしこの楽器を買ってもいいかと聞かれたら、明るめの音色で面白くなさそうだし鳴りの点もリスクがありそうだから、オーバーホールした状態で見極めましょうと答えるでしょう。


きれいなだけになんだかもったいない感じですね???



tomosax.net




| | コメント (0)

アメセル テナー 8万2千9百5十

今日はアメセルテナーの8万2千9百台です。

最近は何故だか私の周りには8万台が大集合して、8万台から9万台に移りゆく個体差が感じられて楽しいです。

さて、今回の8万2千と数百しか離れていない楽器を最近も買いに行きまして、勢い余って同行者が買ってしまう事件がありました?

この8万台は再三述べている通り、キャラクターが非常に暗いものから明るいものまでいろいろあり、9万に行くにつれて楽器の鳴り方が

変わっていくのですが、世の中ではすべてブレッカーとひとくくりにされて悲しいですね?

今回のものも、暗い色をしていてなかなか良さそうです。

2019032910 201903299 201903296 201903297 201903295 2019032911 201903298 201903294

まず、8万前期と後期では低音の鳴り方がかなり変わってきますよね。

後に行くにつれて低音だけ太くベルの中でもわっとする感じなのに対し、古いほうはベルの入り口でしっかりフォーカスして焦点がある感じがありますよね?

この楽器は低音も近い感じで軽く鳴ってくれるでしょう。

何よりカラッとした乾いたキャラクターが強く吹いた時には現れ、弱めに吹くと暗いぼけた音色がするのがいいですね。

この8万台はメタルのレゾネーターをつけると、ぐっと音色が9万台よりになりますが、この楽器はかなり古いプラスチックのレゾネーターのパッドがついているので、セッティング的にはアコースティックなジャズに向いていることでしょう。

今の流行は4~5万台ですが、いずれ8~9万台の人気が復刻するときがくるでしょうから、その時にはこういう楽器がもっとも人気が出ている世の中になるかもしれません。


tomosax.net





 

| | コメント (0)

フラセル バリトン 9万2千3百 Bb管

今日はフラセルの9万2千台のBbバリトンです。

まず恐ろしいのはそのコンディションで、パッと見る限りすべてのパッドがオリジナルがついているように見えます。

ラッカーもかなりきれいに残っていて、あまり使われた形跡がありませんね。

さて、Bb管はコンボ向きで音が開いた古いバリトンの音がしますが、この1961年製の楽器はまたコーンなどの楽器とは異なる趣があります。

ベルの形やトーンホールの位置が異なるので、音が出てくる場所も大きく異なり、音色もかなり違います。

セルマーはやはりベルから直線的に出てくるような印象ですよね。

それがフラセルだとさらに音がまとまって出てくるので、さらに直線的に聞こえるでしょう。

201903131

201903132
201903133
201903134
201903135
201903136
201903137
9万台フラセルは基本的にはもっと明るい色をしているものが多いのですが、これはいい色ですね?

もちろん写真の写り方もあるでしょうが、通常のものよりは色が濃いように思います。

この時代はまだカナダ回りの楽器があるので、ひょっとしたらイギリス組み立てでフラセルとはやや塗装が違うのかもしれません。

その場合は彫刻が太いなどとも言われますが、この写真からはあまりわかりません。

6万台のアメセルなどよりはかなりキャラが薄くなってしまいますが、それなりにビンテージの音もするでしょうし、コンディションがいいのが何よろですね?
これが60万くらいで買えるなら、ジャズをやるには現行品を新品で買うよりはかなりお得なような気がします。

tomosax.net



| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラセル テナー 5万5千3百5十9 Transitional

今日はフラセルテナー5万5千3百番台です。

オフィシャルでは5万5千2百とも3百?ともいわれているマークシックスの境目ですが、このあたりはいろいろな部品が混在しているあたりです。

ネックやサムフックはマークシックスになっていますが、テーブルキーの機構はSBAのままに見えます。

それどころか、楽器本体そのものはSBAで細かい部品だけ一部マークシックスという感じです。

201903091

201903092
201903093
201903094
201903095
201903096
201903097
201903098
201903099
2019030910
2019030911
2019030912
2019030914
2019030915
2019030916
この楽器はほぼSBAとしていいと思いますが、SBAも5万台と4万台では結構違いますよね?
マークシックスも6万台に入ってからがマークシックスらしいので、この5万台のSBAかマークシックスかということは部品の違うはさておき、さほど意味を持たないように思います。

つまり
4万台SBA マーク4
5万台SBA+初期マークシックス マーク5
6万2千以降 マーク6

と呼び分けてもいいくらい違いははっきりしています。

それゆえ、この楽器がマーシックスかSBAということは楽器を選ぶうえで意味はなく、いわゆる6万台のマークシックスよりは弱い楽器で、SBAの形をしたものではやや芯がある、、、くらいのものかもしれません。

とはいえ、SBAの線の細い感じよりはもう少し吹きごたえがあるので、そのあたりのこだわりがある人におススメの楽器です。

tomosax.net


| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル テナー 8万0千7百6十

今日はアメセル8万0千台のテナーです。

結論を言うと久しぶりにいい8万台が出ましたね。

8万台というとすぐにブレッカーという単語が付きまといますが、これは8万台の中でも0千でありブレッカー氏の中期とはやや趣が異なります。

この8万台のかなり初期の中には今回のように非常に暗い色をしたものがあり、それらの楽器は8万中期の暗い色をしているものよりはちょっと渋みというか、音の厚み、優しさがあります。

そのキャラクターが非常にジャズ的で、6万台の音に通ずるものがあります。

8万中期になると9万台のような音に張りが出てきてしまいますので、音の丸みというか太さよりは少しパリっとしたサウンドになってきます。

201903081

201903082
201903083
201903084
201903085
201903086
201903087
201903088
201903089
2019030811

8万台初期マニアならずとも惚れ惚れするような色ですね。
去年にもこれとほぼ同じ楽器の購入のお手伝いをしましたが、とてもジャズ的でいい音色も奏でてくれるし、音量もあるし、、、、ちなみにこれと同じような楽器を買った人は前はマークセブンをお持ちでしたが、バンドメンバーにセブンよりもはるかに楽器が鳴っているし、音色もよくなったと言われたそうです。

その時の様子はこちら、、、

マークシックスの選定 201809


さて、今回の楽器はネックもきれいでオリジナルパッドも残っている中々の品です。

6万台の音よりはやや音に張りが出て、低音もごりっとした感じがあるのが違いですが、音がしっかり鳴ってそれがさらにいいキャラクターの音であれば、演奏者を助けてくれる、、と好意的にとらえることもできます。

もしジャズのぼけた音の嗜好性が高い方にはお勧めしませんが、いいマークシックスが欲しいという人にはとてもお勧めの楽器です。


tomosax.net











| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル バリトン 9万0千 Low Bb

今日はアメセルバリトンの9万0千台です。

バリトンと言えば通はやはりLowBbですよね?

元々はBbでずっと作られて途中でセルマーがSBAの時代にLowAを作り出したのが、現代のバリトンの礎となっています。

しかし、バリトンは元々はBbまでのものしかなく、古いジャズでバリトンの音を聞くとそれはほとんどBbです。 

どこまで低音が出るかということ言う以上に、管の長さの違いによって音色と音の重さに違いが出ます。

LowAは音が全体的にこもった感じで、音の表現が抑え込まれた感じ、、、というか、持ち上げたりするときに音の反応が悪い、、ですよね。

その意味でコンボでジャズをするには、やはりlowBbの広がったやや軽めの自由な音がジャズの音っぽいので今回の楽器が非常に必要になります。

201903010

201903012  
201903013  
201903014
201903015  
201903016_2  
201903018
201903019  
2019030111  
まず今回の楽器のようにきれいなのは珍しいですね。

9万台なのにMARkⅥの刻印が入っていて、普通は9万ではなくなっていますのでぎりぎりついているくらいなのかもしれません。

9万台のバリトンとしてはかなり明るい色をしています。

9万台のバリトンは音的にはかなりバリバリフォーカスされてきているので、この楽器は一般的なこの頃の楽器よりはさらにそれが強く出るような楽器でしょう。

しかし、9万台は反応が速く、音も粒だって聞こえますから、小回りの利く軽い楽器で、かつ少しビンテージの香りがする楽器が欲しい人にはいいでしょう。

通向けの楽器ですね???

tomosax.net





| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル アルト 13万7千4百5十

今日は13万台7千台のアルトです。

アルトのマークシックスはこのあたりで劇的なモデルチェンジが行われますが、これはモデルチェンジ後ですね。

シリアル的には、モデルチェンジした直後のミディアムボウとしては最初期にあたります。

セルマーは設計図なしで楽器を作っていたことは周知の事実ですが、このミディアムボウの王道と言えば14万台ですよね。

14万台になると鳴りもさらに大きくなり、それなりにキャラクターもしっかりしています。

この13万7千は14万と同じカテゴリーに入りますが、ズバッと行く加減や、鳴りの大きさはまだまだ弱く、ここからさらにセルマーの職人が大きくしていこうとしていたのがうかがい知れます。


201902261

201902262
201902263
201902264
201902265
201902266
201902268
2019022610
2019022611
2019022612
2019022613
実はこの楽器とシリアルが数番しか離れていない楽器が以前にありました。
どちらの楽器もオーバーホールされていますが、今回の楽器は重たいレゾネーターが入っていて、かなり大きく重く鳴るでしょう。


レゾネーターが入ると音は鋭くなるので、鳴りはやや大きく鳴りますがせっかくのキャラクターを消してしまう作用がでます。


さらには相性としては、鋭い明るいマウスピースと相性が良くなりますので、もしこの状態で使うならメイヤーというよりはメタルのマウスピースでフュージョンっぽい感じが合うでしょう?
この楽器が欲しい人は14万台でもキャラクター重視の人だと思いますが、ちょっとセッティングがいまいちのような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル テナー 6万3円1百

今日はアメセルテナーの6万3千1百台です。

モデルチェンジした直後ですね。

6万台の中ではかなり軽めのほうでしょう。

さて、この楽器はすべてがかなり完全な状態で残っています。

201902191
201902192
201902193
201902194
201902195
201902196
201902197
201902198
201902199
2019021910
2019021911
2019021912
2019021915
2019021916
2019021915_2
2019021919
ついうっかり違うほうに目が行ってしまいました。
あのリガチャーはセルマーのリガチャーの中でも最もバランスがよく、暗い音となりのバランスが最高なやつですね???

ねじの頭の形を覚えておくといいかもしれません。
そしてマウスピースはおそらく中の段が適当に削られているやつです。

その後のショートシャンクは抜けない感じですから、まあまあいい時代のショートシャンクです。
楽器と関係ないほうに目が行きましたが、やはりキーはかなり低くセットされていますね。

ラッカーは明るめなので、割とパリッとなるかもしれません。

値段は2万5千で意外に法外ではないな、、、と思いましたが、日本ならさておき海外なら目玉が飛び出るような金額です。

買ってもオーバーホールするにはややもったいないですし、中々使いにくい楽器ですね???

tomosax.net










| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧