カテゴリー「Mark 6」の記事

アメセル バリトン 7万5千台0百 LowA

今日はアメセルバリトンの7万5千台LowA付きです。

7万台といえばまだまだLowBbが多いあたりでLowAというのはポイントが高いですね。

7万台はテナーや特にアルトでは非常に色が暗いものが存在していますが、これはそうでもなくややボケた音でカラッと鳴りそうですね。

201802121
201802122
201802123
201802124
201802125
201802126
201802127
201802128
201802129
2018021210
2018021211
2018021212

私もこれに近い楽器を持っていますが、この時代の楽器の特徴はなんといっても低音が軽く吹けることです。

もちろん中後期に比べるとパワーも弱いですが、低音を吹かされることが多いバリトンで低い音が軽く出るのは非常に利点です。
 

今回の楽器は非常にきれいでここまできれいなものは相当珍しいですね。

バリトンはラッカーの損失や凹みが多いものが多いですから、この状態はかなり希少です。

まさに即戦力で、機能的にも音色的にも楽しめる中々ポイントの高い楽器ですね。



www.tomosax.net






















 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセルアルト 9万8千9百3十

今日はアメセルアルト9万8千3十番台です。

ほぼ10万台に近いこのアルトですが、アルトは5万台から少しずつパワーが増していく上で
10万台は十分な鳴りを兼ね備えつつある楽器ということが出来ます。

楽器の鳴りを単純に相撲番付に例えると、14万前後を横綱とするならそれ以後の後期が大関、12~13万が大関昇進が近い関脇、9~11万が中堅関脇、7~8万が小結、そして5~6万が前頭あたりでしょうか???

ですが、キャラクター番付になると全くその逆で、少なくとも古いほうの楽器から横綱、、、となっていきます。

その意味でこの9~10万あたりは、どちらにもバランスがよくどちらにも利点がある楽器といえるでしょう。

201801301
201801302
201801303
201801304
201801305
201801306
201801307
201801308
201801309
2018013010
2018013012
2018013013

2018013014

メタルのレゾネーターが入っていますね。

この時代はオリジナルの状態でプラスチックですからメタルを入れることで、音が大きく鳴り音色に角がたつようになるでしょう。

デモ音源があります。



典型的なビバップの音で、7,8万台よりはちょと音に厚みがあり、フォーカスされた感じもありますね。

非常にきれいな楽器なのでこのような艶やかな音色がする点も大きいですね。

しかしながら、やはり最大の欠点であるパームキーが弱く、音が潰れてしまいます。

ニューヨークメイヤーで吹くとその弱さは際立ち、音の跳躍でたどり着いたときには音が均一になりませんね。

デモ音源でもそのような箇所がいくつか聞き取れますが、音色重視ならこういう楽器の番手を狙うのがいいでしょう。



www.tomosax.net






















 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル テナー 10万8千台

今日はアメセルテナーの10万8千台です。

テナーの場合は12万台を超えてしまうと、アルトと違いそもそもビンテージとしての価値が大きく損なわれる傾向にあります。
それは、楽器が重たくなりすぎることもさることながら、音色がフォーカスされすぎて丸い音からバリバリ鳴りすぎてしまう傾向にあるからです。
しかし、9万台以前のいわゆる五ケタの楽器は200万超えも当たり前、、、、となれば、ビンテージの音色をお得に買うことができるのは、10~12万の楽器となります。
しかし、そこにも大きな落とし穴があり、全くビンテージの音がしないテカテカ系の楽器があるわけです。
今回のものは非常にお買い得な楽器で、10万8千台のアメセルですがとても暗いグリーンラッカーの楽器で、音色もマックスに暗い音がするでしょう。
Img_0044
Img_0050
Img_0074
Img_0043
Img_0045
Img_0046
Img_0048
Img_0049
 
Img_0051
Img_0052
Img_0053
Img_0064
Img_0065
Img_0070
Img_0054
中々渋いケースがついていますね。
それなりに使い込まれていますが、いい感じのラッカーがついています。
強く吹いた時には9万台の音色のようになるでしょうが、弱く吹いた時のボソボソ感は明るめの6万台にも勝るでしょう。
ガーデラをつければまさに、ブレッカー的にも使える実用的な楽器です。
ベルにヒビが入っているのすが、いったい何をしたのでしょうか?
非常に惜しいところです。
さて、、、気になるお値段は、、、まさかの55万ほど、、、、。
リペアは非常に簡単でしょうか、投資目的でなければ十分に金額には見合うかもしれません??
たまにこういう変な?お買い得な楽器が出てきますが、新品のセルマーが同じような値段で買えることを考えればかなりお得で、日本のその辺の楽器屋さんなら倍の値段はしそうですね???
欲しい人は速く買わないと売れてしまうかもしれません????

www.tomosax.net






















 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル バリトン 12万1千台

今日はアメセルのバリトン12万1千台です。

アルトやテナー同様この11~12万台辺りには暗い楽器と明るい楽器が混在していて、多種多様なキャラクターの楽器がありますが、今回のバリトンはその中でも個人的に最も面白い楽器であることが多い暗い系の楽器です。

12万台のバリトンもチラホラ見かけますが、ここまで暗い色をしたものを見たのは久しぶりでアメセルバリトンとしてはここ数年の中で一番の出物かもしれません。

Snapcrab_noname_20171228_85210_no00
Snapcrab_noname_20171228_85218_no00
Snapcrab_noname_20171228_85231_no00
Snapcrab_noname_20171228_85243_no00
Snapcrab_noname_20171228_85250_no00
Snapcrab_noname_20171228_8531_no00
Snapcrab_noname_20171228_8531_no0_2
Snapcrab_noname_20171228_85315_no00
Snapcrab_noname_20171228_85324_no00
Snapcrab_noname_20171228_85336_no00
Snapcrab_noname_20171228_8546_no00
Snapcrab_noname_20171228_85413_no00

この写真でもかなり明るめに写っているでしょうから、実物を見たときにはもっとどす黒い印象を受けるでしょう。

この番手のこのタイプのテナーはたくさん吹いたことがありますが、6万台などのボサっとした散った音ではなく、ちょっとフォーカスされた音ですが、重たい暗い音がします。

まさに黒光した音、、、、と言ってもいいかもしれませんが、明るいラッカーのバリバリビカビガした感じではなく、暗い音がパチッと鳴っているキャラクターです。

もちろん吹いた感じの軽さもフラセルとは雲泥の差ですし、パワーも初期シックスよりも突き抜けていくドシっとした感じがあります。

機能面でもキャラクター面でも申し分なし、最高のビンテージバリトンですね。

オーバーホールは必要でしょうが、まさにこれぞ、、、という期待に応えてくれそうな素晴らしい楽器だと思います。

www.tomosax.net






















 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラセル テナー 13万6千0百

今日はフラセルシルバーの13万6千台です。

フラセルはこの中期の番手になるとかなり明るい音がゴリゴリ鳴ってあまりビンテージのキャラクターはありません。

シルバーですから通常のラッカーよりは落ち着いた音がするはずですが、それでもジャズ向きの音色ではないですね。

さて、この楽器の前の持ち主はそういった理由からか、ネックとネックをとめる本体部分のみシルバープレートをはがしています。

ちょっとシルバーの落ち着いた音から、かるいモソモソ音の方向に向くはずですが、その効果のほどが非常に気になりますね???

201711161
201711162
201711163
201711164
201711165
201711167
201711168
201711169
2017111610

シルバーフレートがかかっていると音もフィーリングも重くなりますから、この楽器の持ち主は音色を軽い散った感じにしたかったのですね???

ベルの中もしっかりはがしています。

私は、ラッカーの楽器ではこのような塗装をはがすとどのくらい音に影響が出るかは試したことがあります。

特にネックの影響は絶大ですね、、、そして、それをシルバープレートの楽器でやったことに非常に興味があります。

どのくらい音色が変わったかデモ音源があるので聞いてみましょう。


鳴りの大きさはさすがフラセル中期という感じですが、音の重さがなくなってちょっとカラッと散った感じがあっていいですね。

もうちょっと暗めのラバーマウスピースを使えば、もうすこしビンテージの音がしそうです。

やはり明るめの音がする楽器の塗装をはがすとそれなりにジャズ向きへの良い影響が出ることがわかって面白いですね???

このような楽器なら割と安く買えますから、コストパフォーマンスはいいかもしれません???




www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル アルト 14万1千 LowA

今日はLowAのアメセルアルト14万1千台です。

14万台が作られた頃には積極的な革新がセルマーの楽器には行われました。 アルトではベルの長さが変更になり、マークシックスの刻印が本体にうたれたり、ヴァリトンシステムが作られたり、、、、そして、多くのLowAの楽器が作られた年でもありました。

正確にはセルマーの台帳を見ないと確認できませんが、私の印象ではこのLowAが一番作られたのは14万台が作られた1967年ごろだと思います。

それゆえ今回のような楽器が多く見られるわけです。

14万1千台は色々なキャラクターの楽器がありますが、今回の楽器は標準的などちらかといえば明るめの楽器ですね。

201711021
201711022
201711023
201711024
201711025
201711026
201711027
201711028
201711029
2017110210
2017110212
2017110213
2017110214

やはりボウとベルのサイズ感により低音の鳴りが改善したので、LowAも意欲的に製造したということでしょうか?

確かに14万台のLowA付き楽器も他の番手よりもよく鳴るとは思いますが、やはり音色そのものが変わってしまうことがありあまり広がらなかったということでしょう。

このようにLowAの楽器は多くの楽器はあまり使われずに残っているので、市場には多く出てきますね。

値段はまちまちで、通常の楽器と同じようなこともあればちょっと安いこともあります。

今回の楽器は8000ドルでちょっと高めです。

あまり引きあいはないので、売れるのにも時間がかかるでしょうね???




www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル アルト 7万5千台 ヴィンセントハーリング

今日はヴィンセントハーリング氏所有のアメセルの7万5千台です。

氏は基本的にはヤナギサワのハードユーザーでそれは彼のデビュー初期にシックスからヤナギサワを使い始めた頃から変わらないと思いますが、4,5年まえだったと記憶していますが、一時期初期マークシックスにはまったことがあったようですね。

その時には数本所有していたようで、ラッカーが剥げた確か6万台?とかも日本で売っていたと思いますが、これもそのあたりにちょっと使用した楽器だと思います。

201711011
201711012
201711013
201711014
201711015
201711016
201711017
201711018
201711019
2017110110

CDが置いてありますからおそらくこの楽器を使用したCDでしょう。

ちょっと聞いてみましょう、、、


なんと、パーカーやスティットのレパートリーであるジプシーやっていますね。

私の友達で氏に師事したひとは何人かいたのですが、その中の一人で仲の良かったマッテオが氏がほとんどスティットを聞いたことがない、、、ということで氏にスティットを聞かせたところ、、、スゲーって言ったという話を覚えています。

マッテオはレッスンの後に氏とバスケして突き指して帰ってきましたね、、、、

肝心のレッスンの内容ですが、ツーファイブのパターンを12キーでいっぱい吹かされたり、ヘキサトニックとかやっていましたね、、

さて、そのサウンドですが、この楽器はヤナギサワのときの音色よりは遥かにボケて弱く聞こえますね。

音もテカテカしておらず、ちょっと迫力がなくなった分、ビンテージのサウンドになった感じですね。

おそらく音量もそれなりに落ちているでしょうから、目の前で聞いたらその違いは割りとあると思います。

100万くらいですからファンの方にはたまらないかもしれません???

www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴァリトン 初期スペアネック 

今日はヴァリトンシステム用のおそらくスペアネックとして販売されていたものです。

しかも初期ものです。

まず何故スペアネックというと、その当時ヴァリトンシステム一体型として販売していたものは楽器にケーブルがはわされていたもので、これはそういうものではありませんから、ケーブルがはっていない楽器=ヴァリトンシステム以前の楽器にバヴァリトンをつけるためのスペア用に売られていたものでしょう。

その証拠に、それ専用のケースというかバッグまでついています。

中小企業の社長さんが売上金でもいれてそうな渋いバッグで、中々ビンテージ感が漂っています。

では何故初期なのでしょうか???

201710271
201710272
201710273
201710274
201710275
201710276
201710277
201710278
201710279
2017102710

ヴァリトンシステムは1967年あたりの発売開始となりシリアル的には14万台からとなります。

ここでネックを見てみると、ネックは正確なシリアルは失念しましたが翌年あたりの15~16万台あたりで台座の大きさが変更になります。

台座が変更になる前のこのネックは、少なくとも14~15万台のネックと考えられおそらくヴァリトンシステム発売開始とほぼ同じ時期のものと考えられます。

もし持っている人がいれば、超レア渋いアイテムで、このケースだけでも欲しいくらいですね???

かなりマニア度の高い逸品です!




www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル シリアルなしアルト 

今日は不思議なアメセルアルトです。

9万台ですがボディーにシリアルナンバーがありません。

2017101712

それには色々な理由が考えられるのですが、まず写真を見ていただいたほうが面白いでしょう。

201710171
201710172
2017101715
2017101710

まずここまで見るとある点がおかしいことに気づきます。

楽器を購入する上ではこれは非常に重要な点ですが、皆さんの目利き度はどうでしょうか?

上の写真でそのおかしな点を良く考えて見ましょう???

正解は???


























①まずは彫刻の太さが一定で太いことから、リラッカーであることは一目瞭然です。

②そしてリラッカーなのにオリジナルタンポらしきものがついているということです。

このレベルは大久保の楽器屋さんでもオリジナルとされていることが多いので注意が必要です。

そして、マニアなかたなら9万台アルトにはこういう色はまりないので、色の点でもおかしいと気づくでしょう。

さらに別の写真です。

201710173
201710177
201710175
201710176
201710178
201710179
2017101714_2
 
2017101711

ここまででおかしい点はどうでしょうか?

ベルの接合部がラッカーが剥がれていますね?

ベル側の支柱の留め金とネックにはシリアルがうってあることがわかります。

即ち、この楽器は9万4千台で、ボディーにはシリアルがないことからここはスペアのボディが後から取り付けられたことがわかります。

ほかに、写真から見て取れとれるおかしなことはないでしょうか?

こういうことが見て取れれば、あなたのネットでサックス買っても大丈夫度はぐんと上がりますよ???

正解は???

























201710179_2

テーブルキーがわかりやすいと思うのですが、ラッカーのしたにシミがあります。

即ち、二度がけラッカーとしたことが見て取れます。

さらには、9万台のオリジナルパッドをよく知っている人、、、私は使い終わったパッドもシャレでコレクションしていますが、9万台のパッドはラッカーがけの後は意外にきれいなことが多いです。

アメリカのリペアマンに言わせると、均一でムラのないラッカーがパッドにもかかりきれいな輪郭を示すことが多いですが、この楽器は

201710174

おそらくオリジナルパッドをつけたまま再びリラッカーしたせいか、非常に濃いムラのあるラッカーが一部オリジナルパッドについています。

写真でわかりにくいのですがLowBあたりは交換された新しいパッドでリラッカーされたと私は考えますが、その隣のBbのパッドはオリジナルの2度がけのようにも見え、この写真だけでも一杯飲めそうですね???

ある意味超希少な2度がけオリジナルパッドですが、以上のことから推測するに、この楽器の長い部分のボディーだけトーンホールを損傷するような大きな事故が起きたために、そこだけ部品を取り寄せて交換して、後からラッカーをもう一度かけたものと推測されます。

そして、そのラッカーの色からはおそらく12万台までにはリラッカーされた、、、つまり1960年ごろに購入してその2,3年ごろまでにセルマーの工場で修復されたものと思われます。

マークシックスのスペアパーツは多く出回っていて、こういうことはあまり珍しくなく行われていたと思われますが、実際に目にすると非常に面白いですね???



www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブランフォードのソプラノ

今日はブランフォードマルサリスのソプラノです。

楽器はフラセルシルバーの22万台ですね。

ネックが曲がっていることが有名ですが、曲げた後が伸びているのでそこだけプレートがはげているのがわかります。

201710161_2
201710162
201710163

このネックを曲げるということはセルマーのオリジナルではなく、どこか別の場所で行われたようです。

こういうことが流行った時期もあったようで、まれにネックが曲がったマークシックスソプラノを見かけますね。

作業としてはそんなに大変ではないようです。

さて、私としては22万台であることに非常に感銘を受けました、、、

マークシックソプラノは番台によってかなり性能やバランスが異なります。

基本的には現代の楽器と比べると細く弱い楽器であることは間違いないのですが、その中でも管体の絞り方が異なるためにかなりの差が生まれます。

この20万初期はもっとも安定性が高い楽器で、ブランフォードもそれを使っているということでやはり、、、という気持ちが強くなりました。

おススメの番手を聞かれるときにテナーなら6万、アルトなら14万、ソプラノは、、、とソプラノのときはいつも答えにちょっと困っていたのですが、これからはブランフォードもそうだから20万初期、、、といえる気持ちになりました???





www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧