カテゴリー「Mark 6」の記事

フラセル テナー 13万6千0百

今日はフラセルシルバーの13万6千台です。

フラセルはこの中期の番手になるとかなり明るい音がゴリゴリ鳴ってあまりビンテージのキャラクターはありません。

シルバーですから通常のラッカーよりは落ち着いた音がするはずですが、それでもジャズ向きの音色ではないですね。

さて、この楽器の前の持ち主はそういった理由からか、ネックとネックをとめる本体部分のみシルバープレートをはがしています。

ちょっとシルバーの落ち着いた音から、かるいモソモソ音の方向に向くはずですが、その効果のほどが非常に気になりますね???

201711161
201711162
201711163
201711164
201711165
201711167
201711168
201711169
2017111610

シルバーフレートがかかっていると音もフィーリングも重くなりますから、この楽器の持ち主は音色を軽い散った感じにしたかったのですね???

ベルの中もしっかりはがしています。

私は、ラッカーの楽器ではこのような塗装をはがすとどのくらい音に影響が出るかは試したことがあります。

特にネックの影響は絶大ですね、、、そして、それをシルバープレートの楽器でやったことに非常に興味があります。

どのくらい音色が変わったかデモ音源があるので聞いてみましょう。


鳴りの大きさはさすがフラセル中期という感じですが、音の重さがなくなってちょっとカラッと散った感じがあっていいですね。

もうちょっと暗めのラバーマウスピースを使えば、もうすこしビンテージの音がしそうです。

やはり明るめの音がする楽器の塗装をはがすとそれなりにジャズ向きへの良い影響が出ることがわかって面白いですね???

このような楽器なら割と安く買えますから、コストパフォーマンスはいいかもしれません???




www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル アルト 14万1千 LowA

今日はLowAのアメセルアルト14万1千台です。

14万台が作られた頃には積極的な革新がセルマーの楽器には行われました。 アルトではベルの長さが変更になり、マークシックスの刻印が本体にうたれたり、ヴァリトンシステムが作られたり、、、、そして、多くのLowAの楽器が作られた年でもありました。

正確にはセルマーの台帳を見ないと確認できませんが、私の印象ではこのLowAが一番作られたのは14万台が作られた1967年ごろだと思います。

それゆえ今回のような楽器が多く見られるわけです。

14万1千台は色々なキャラクターの楽器がありますが、今回の楽器は標準的などちらかといえば明るめの楽器ですね。

201711021
201711022
201711023
201711024
201711025
201711026
201711027
201711028
201711029
2017110210
2017110212
2017110213
2017110214

やはりボウとベルのサイズ感により低音の鳴りが改善したので、LowAも意欲的に製造したということでしょうか?

確かに14万台のLowA付き楽器も他の番手よりもよく鳴るとは思いますが、やはり音色そのものが変わってしまうことがありあまり広がらなかったということでしょう。

このようにLowAの楽器は多くの楽器はあまり使われずに残っているので、市場には多く出てきますね。

値段はまちまちで、通常の楽器と同じようなこともあればちょっと安いこともあります。

今回の楽器は8000ドルでちょっと高めです。

あまり引きあいはないので、売れるのにも時間がかかるでしょうね???




www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル アルト 7万5千台 ヴィンセントハーリング

今日はヴィンセントハーリング氏所有のアメセルの7万5千台です。

氏は基本的にはヤナギサワのハードユーザーでそれは彼のデビュー初期にシックスからヤナギサワを使い始めた頃から変わらないと思いますが、4,5年まえだったと記憶していますが、一時期初期マークシックスにはまったことがあったようですね。

その時には数本所有していたようで、ラッカーが剥げた確か6万台?とかも日本で売っていたと思いますが、これもそのあたりにちょっと使用した楽器だと思います。

201711011
201711012
201711013
201711014
201711015
201711016
201711017
201711018
201711019
2017110110

CDが置いてありますからおそらくこの楽器を使用したCDでしょう。

ちょっと聞いてみましょう、、、


なんと、パーカーやスティットのレパートリーであるジプシーやっていますね。

私の友達で氏に師事したひとは何人かいたのですが、その中の一人で仲の良かったマッテオが氏がほとんどスティットを聞いたことがない、、、ということで氏にスティットを聞かせたところ、、、スゲーって言ったという話を覚えています。

マッテオはレッスンの後に氏とバスケして突き指して帰ってきましたね、、、、

肝心のレッスンの内容ですが、ツーファイブのパターンを12キーでいっぱい吹かされたり、ヘキサトニックとかやっていましたね、、

さて、そのサウンドですが、この楽器はヤナギサワのときの音色よりは遥かにボケて弱く聞こえますね。

音もテカテカしておらず、ちょっと迫力がなくなった分、ビンテージのサウンドになった感じですね。

おそらく音量もそれなりに落ちているでしょうから、目の前で聞いたらその違いは割りとあると思います。

100万くらいですからファンの方にはたまらないかもしれません???

www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴァリトン 初期スペアネック 

今日はヴァリトンシステム用のおそらくスペアネックとして販売されていたものです。

しかも初期ものです。

まず何故スペアネックというと、その当時ヴァリトンシステム一体型として販売していたものは楽器にケーブルがはわされていたもので、これはそういうものではありませんから、ケーブルがはっていない楽器=ヴァリトンシステム以前の楽器にバヴァリトンをつけるためのスペア用に売られていたものでしょう。

その証拠に、それ専用のケースというかバッグまでついています。

中小企業の社長さんが売上金でもいれてそうな渋いバッグで、中々ビンテージ感が漂っています。

では何故初期なのでしょうか???

201710271
201710272
201710273
201710274
201710275
201710276
201710277
201710278
201710279
2017102710

ヴァリトンシステムは1967年あたりの発売開始となりシリアル的には14万台からとなります。

ここでネックを見てみると、ネックは正確なシリアルは失念しましたが翌年あたりの15~16万台あたりで台座の大きさが変更になります。

台座が変更になる前のこのネックは、少なくとも14~15万台のネックと考えられおそらくヴァリトンシステム発売開始とほぼ同じ時期のものと考えられます。

もし持っている人がいれば、超レア渋いアイテムで、このケースだけでも欲しいくらいですね???

かなりマニア度の高い逸品です!




www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル シリアルなしアルト 

今日は不思議なアメセルアルトです。

9万台ですがボディーにシリアルナンバーがありません。

2017101712

それには色々な理由が考えられるのですが、まず写真を見ていただいたほうが面白いでしょう。

201710171
201710172
2017101715
2017101710

まずここまで見るとある点がおかしいことに気づきます。

楽器を購入する上ではこれは非常に重要な点ですが、皆さんの目利き度はどうでしょうか?

上の写真でそのおかしな点を良く考えて見ましょう???

正解は???


























①まずは彫刻の太さが一定で太いことから、リラッカーであることは一目瞭然です。

②そしてリラッカーなのにオリジナルタンポらしきものがついているということです。

このレベルは大久保の楽器屋さんでもオリジナルとされていることが多いので注意が必要です。

そして、マニアなかたなら9万台アルトにはこういう色はまりないので、色の点でもおかしいと気づくでしょう。

さらに別の写真です。

201710173
201710177
201710175
201710176
201710178
201710179
2017101714_2
 
2017101711

ここまででおかしい点はどうでしょうか?

ベルの接合部がラッカーが剥がれていますね?

ベル側の支柱の留め金とネックにはシリアルがうってあることがわかります。

即ち、この楽器は9万4千台で、ボディーにはシリアルがないことからここはスペアのボディが後から取り付けられたことがわかります。

ほかに、写真から見て取れとれるおかしなことはないでしょうか?

こういうことが見て取れれば、あなたのネットでサックス買っても大丈夫度はぐんと上がりますよ???

正解は???

























201710179_2

テーブルキーがわかりやすいと思うのですが、ラッカーのしたにシミがあります。

即ち、二度がけラッカーとしたことが見て取れます。

さらには、9万台のオリジナルパッドをよく知っている人、、、私は使い終わったパッドもシャレでコレクションしていますが、9万台のパッドはラッカーがけの後は意外にきれいなことが多いです。

アメリカのリペアマンに言わせると、均一でムラのないラッカーがパッドにもかかりきれいな輪郭を示すことが多いですが、この楽器は

201710174

おそらくオリジナルパッドをつけたまま再びリラッカーしたせいか、非常に濃いムラのあるラッカーが一部オリジナルパッドについています。

写真でわかりにくいのですがLowBあたりは交換された新しいパッドでリラッカーされたと私は考えますが、その隣のBbのパッドはオリジナルの2度がけのようにも見え、この写真だけでも一杯飲めそうですね???

ある意味超希少な2度がけオリジナルパッドですが、以上のことから推測するに、この楽器の長い部分のボディーだけトーンホールを損傷するような大きな事故が起きたために、そこだけ部品を取り寄せて交換して、後からラッカーをもう一度かけたものと推測されます。

そして、そのラッカーの色からはおそらく12万台までにはリラッカーされた、、、つまり1960年ごろに購入してその2,3年ごろまでにセルマーの工場で修復されたものと思われます。

マークシックスのスペアパーツは多く出回っていて、こういうことはあまり珍しくなく行われていたと思われますが、実際に目にすると非常に面白いですね???



www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブランフォードのソプラノ

今日はブランフォードマルサリスのソプラノです。

楽器はフラセルシルバーの22万台ですね。

ネックが曲がっていることが有名ですが、曲げた後が伸びているのでそこだけプレートがはげているのがわかります。

201710161_2
201710162
201710163

このネックを曲げるということはセルマーのオリジナルではなく、どこか別の場所で行われたようです。

こういうことが流行った時期もあったようで、まれにネックが曲がったマークシックスソプラノを見かけますね。

作業としてはそんなに大変ではないようです。

さて、私としては22万台であることに非常に感銘を受けました、、、

マークシックソプラノは番台によってかなり性能やバランスが異なります。

基本的には現代の楽器と比べると細く弱い楽器であることは間違いないのですが、その中でも管体の絞り方が異なるためにかなりの差が生まれます。

この20万初期はもっとも安定性が高い楽器で、ブランフォードもそれを使っているということでやはり、、、という気持ちが強くなりました。

おススメの番手を聞かれるときにテナーなら6万、アルトなら14万、ソプラノは、、、とソプラノのときはいつも答えにちょっと困っていたのですが、これからはブランフォードもそうだから20万初期、、、といえる気持ちになりました???





www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラセル マークシックス 5万4千7百9十 トランジショナル

今日はマークシックスのプロトタイプ的な時代の楽器です。

マークシックスはセルマーのシリアル表では1954年の5万5千2百番台から始まっています。

ですが、今回の楽器はそれよりも古い1953年の後半に作られた5万4千7百番台です。

このような楽器は過去にも多くみてきましたが、その多くがシルバーの楽器でした。

この楽器は彫刻がないのでフラセルシルバーですね。

201710121
201710122
201710123
201710124
201710125
201710127
201710128
201710129
2017101210
2017101211

これらのトランジショナルな楽器はこの時期に数十本作られたようですが、マークシックスと異なる点はテーブルキーのデザインがシックスのものになっていないことですね。

このほか、この時代を含めて初期のマークシックスはSBAと管の太さが同じですから、この楽器もどちらかといえばSBAの管体にマークシックスのキーをつけたような楽器といえます。

その意味では、この楽器はSBA的な要素が多く、マークシックスト言うよりはSBAに属するようなそんな楽器で非常に面白いですね。

マークシックスにしてはやや軽すぎて楽器としても弱いですから、SBAで指がやりやすいのが欲しい、、、というような特殊な事情がある人におススメな楽器かもしれません。


www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル アルト 7万6千4百

今日はアメセルアルトの7万6千4百です。

7万台アルトは完全にちょっと弱めの楽器で、ビバップ専用楽器と言ってもいいでしょう。
5,6万台はSBAに通ずる音の細さがあるのに対して、7万台あたりになると音のふくらみというものがついてきます。
もちろん8万台になるとそのふくらみというか厚みはより大きくなるのですが、6万台辺りとはまたすこし違ったキャラクターなのがこのあたりの面白さの1つでしょう。
今回の楽器は7万中期ですが、非常にきれいな楽器でオリジナルのパッドも多く残っているようですね。
201710051
201710052
201710053
201710054
201710055
201710056
201710057
201710058
201710059
2017100510
2017100513
2017100514
2017100515
2017100516
7万台の面白さといえば、非常に暗い色をした楽器があることですがこの楽器はかなり明るい色をしていますね。
キャラクター的にはあまり面白みにかける楽器で、きれいですが7万台としてはあまり良い音が音がしない楽器でしょう。
オリジナルのレゾネーターも残っているので、モッとした鳴りかたというよりはちょっとパリパリした輪郭がありながら音の輪のようなものは6万よりはやや大きい、、、という楽器でしょう。
この時代の楽器が欲しい人は音の丸みの中に艶が欲しい人が多いでしょうから、その点ではあまり面白そうな楽器ではありませんね????

www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル アルト 9万0千1百

今日は9万台入って直後の楽器です。

1960年後半頃の楽器となりますが、ハードバップがややマンネリ化しつつある頃の楽器ですね?
マークシックスとしてはまだ弱い部類に入る楽器ですが、丸いキャラクターが残ってそれなりにパワーが付き始めたころの楽器です。
音色のこともさることながら、テナーと異なりアルトはどのくらい押せるか、、アクセルを踏み込めるかということで大きく進化してきました。
8万台まではすぐにアクセルいっぱいという感じですが、9万台になるとそれが少しずつ余裕が出てきます。
この楽器は8万台よりはやや押せる楽器で、低音の鳴り方も大きくなるのが始まったころですね。
201709261
201709262
201709263
201709264
201709265
201709266
201709267
201709268
201709269
2017092610
2017092611
2017092612
2017092613
2017092614
2017092615
テナーはもっと深い色のものが多いですが、9万台のアルトらしく明るめの飴色をしていますね。
非常にいいコンディションでシャキっと鳴ってくれそうです。
強く吹いたときにバキバキ言わない丸い感じはここからどんどん失われていきますが、
この楽器にはそれなりのパワーもありつつ丸さは残っているでしょう。
キャラクター重視で、鳴りも捨てたくないけどそんなには大きく考えていない人向けの楽器ですね???


www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

アメセル ソプラノ 7万3千8百

今日は非常に珍しいアメセルソプラノの7万3千台です。

アメセルのソプラノは私が思うに10万台過ぎくらいまで、いわゆる5桁と同じようなデザインが作られていますが、その多くは8,9万台あたりに集中しています。

今回のように7万台の割と初期のマークシックスのソプラノはかなりレアで、そうは見かけません。

201709061
201709062
201709063
201709064
201709065
201709066
201709068
201709069
2017090610

かなりきれいですね。

8万台辺りまでのアメセルは吹いたことがありますが、7万台は吹いたことがありません。

傾向から察するに、かなり軽く吹ける楽器でしょう。

やはり一番人気のアメセルソプラノはコルトレーンやケニーGで有名な9万台でしょうが、それよりは音が弱くさらにオープンな音の感じが強いかなり個性的な音がするはずです。

非常に珍しい楽器です。



www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧