カテゴリー「King」の記事

キング スーパー20 アルト 30万5千1百台

今日はキングスーパー20のアルト、30万5千台です。

 

非常にいい感じの楽器です。こういう楽器は久しぶりに見たかもしれません。

 

キングのアルトもマークシックスと同じように、徐々に改良されていきます。

27万2千台から始まる第一世代と、この30万5千から始まる第二世代となり、いわゆるパーカー先生、キャノンボール先生のメインのほうは、第一世代に改良が加えられた1.5世代になります。

 

さて、今回の30万5千1百ですが、低いCとC#のキーに彫刻がないことから、第二世代になった直後と考えられます。しかしベルト本体をつなぐプロテクターや、テーブルキーは第1世代的な感じですね。30万8千ではこのプロテクターは簡素なものになっていますから、移行期間中の楽器ということになります。

 

30万5千にはいってすぐ第2世代に移行しつつあったのがわかります。

202006011 202006018 202006017 202006016 202006014 202006012 202006019 2020060110 202006013 202006015 202006012 2020060111 2020060112 2020060114

 

まず、重要なのはコンディションですね。

 

スーパー20はソリッドシルバーネックですが、ラッカーがすぐはがれてしまうことが知られています。 この楽器は、ラッカーが残っているのでそういう意味ではコンディション的には、かなりきれいなものといえます。

 

多少立て付けの再溶接がありますが、古い楽器にはつきものですのであまり気にする必要はないでしょう。

 

さて、この楽器ですが第2世代に入った直後ということで、パーカー先生やキャノンボール先生の音色を持ちつつ、使いやすくなった第2世代ということで非常にポイントが高いですね。

 

やはり、第1.5世代はややキーワークが難しく、第2世代のほうがやりやすいです。そして、楽器の安定性も第2世代のほうがあり、こちらのほうが人気が高いのですが、あまり後のシリアルになっていくと第2世代といえども味が薄れていきます。 この楽器は、その意味ではキングスーパー20の”おいしいとこどり””といえるでしょう。

 

デモがあるので聞いてみましょう。

 

https://www.saxquest.com/uploads/video/products/1964.mp4

 

非常に強い楽器ですね。キングの楽器を買うときには、あまり暗く聞こえる楽器はハズレのことが多いです。

この例のように、ビシッと決まると、あのキャノンボール先生のような感じに近いものが得られるでしょう。キャノンボール先生も相当音明るいですからね、、、

 

高音も詰まらないですし、機能性も申し分ないように聞こえます。

 

あとは、ここに味のあるマウスピースを合わせればクラシックなビバップの再現ができるでしょう。

 

キングスーパー20の出物としては、最高で私はかなり欲しいですね。

キャノンボールファンにおすすめです。

 

すぐ売れちゃうかな???

 

tomosax.net

 

 

 

 

| | コメント (0)

パウエル シルバーイーグル (super20コピー)アルト

さて、今日は10年ほど前に話題になった?フルートのパウエルによる復刻Super20です。

アメリカの古き良きサックスを甦らそうと、何故か?フルートの会社が銀つながりで?行った企画で、スーパー20を作ったことが話題になりました。もちろんスーパー20とは言えないので、シルバーイーグルというモデル名です。

発売になったとはきいていたけど、とんと見かけないので、やっぱり採算性やビジネスベースで作るのは難しいんだろうな、、、と思っていましたが、結局18本だけ作ってやめてしまったようです。

今回のものはそのうちの一本で、10本目のシリアルがついています。

私自身もこれについては一体なんだったかわからなかったのですが、ネックとベルを銀で作っただけで結局、似て非なるものだったことがよく伺えることがわかりました。

デザインは結構違いますね?

201910054 2019100519 2019100521 2019100520 2019100515 2019100512 2019100517 2019100516 2019100510 201910059 201910058 201910056 201910053 201910051 201910052 2019100522 2019100512_20191005010001 2019100518 201910051

 

たった18というロットだけだと、いかにお金がかかって採算に合わないかがよくわかります。

ほとんどハンドメイドでしょうから、人件費も相当かかっているはずです。

ですが、根本的な問題として、ヤナギサワでいいんじゃない???

という点があります。

ヤナギサワはもちろん(細かいねじなどの部品以外は)すべてハンドメイドで、しかも何十年、あるいは何万本という製作の上に現行モデルがあるわけです。

となると、、中々それを打ち破って採算ベースに乗せるのは大変でしょう。まあ元々、企画っぽい側面はあったわけですが、、

 

さて、キーワークのデザインは割と独創的で、セルマーから移ったときの指の当たり具合が微妙に違う感じはうまく再現していますね?


あるいは、ベルと本体をつなぐ支柱がかなり独創的で、こういうことすると鳴り方が結構変わるんですよね???


結果はどうあれ非常に面白いサックスで、明るい音がズドンとバリバリ鳴りそうですね。

中古で100万ほどでしたがあっという間に売れてしましました。

実用性はさておき、マニア好みで面白いので欲しい人は多そうですね???


tomosax.net




 

 

| | コメント (0)

キング スーパー20 アルト 61万8千台

今日はキングのスーパー20の後期のアルトです。


キングスーパー20は何だかんだで90年代後半まで作られていましたが、今回の楽器は61万台で1984年製の楽器だそうです。


キングは81年にまた?買収されていますが、この楽器はUMIというアリゾナの親会社が作った楽器ということになります。

後期の楽器の中では比較的古いもので、オハイオで作られた残った部品も使われていることもあるあたりですが、この楽器はどうでしょうか?

保証書には古い住所が書かれているので、使いまわしているのかもしれません???


2019091517 2019091516 2019091512 201909151 201909152 2019091518 2019091515 2019091513 201909155 201909154  2019091510 201909153_20190915023901  201909156 201909159 201909158

この時代は、ネックがアンダースラング式になっていないのと、ベルにUSAとだけ書かれているのが特徴で、シルバーソニックもないこの楽器は、はたしてスーパー20と呼べる代物かは疑問ですね?


当然音色は、ビンテージというよりはただの安っぽい音がバリバリ鳴るという感じで、キーアクションがセルマーのようになめらかでなくゴツゴツしているのも面白いところです。

昔はこのような楽器はあまり相手にされていませんでしたが、スーパー20が姿を消して約20年たった今、、、この35年ほどの前の楽器もそれなりの価値を帯びてきているのかもしれません?

スーパー20とすると面白くない楽器ですが、これはこれで個性のある楽器だと思うので、それなりに使いようもあるかもしれませんね???

 

tomosax.net





| | コメント (0)

キング スーパー20 第二世代 30万8千9百

今日はキングスーパー20の第2世代といわれている、第一世代のマイナーチェンジ後の楽器になります。

我々の思っているキングスーパー20のイメージはパーカー先生の場合が多いと思いますが、パーカー先生の楽器は第一世代マイナーチェンジの楽器です。

第一世代マイナーチェンジの楽器は30万5千あたりまでと言われていますので、今回の30万8千はパーカー先生の楽器からはモデルチェンジしたその後のモデルの初期のものです。


見かけ上の違いは、テーブルキーの機構がさらに改善されています。
左が第二世代です。

2018121401x
また特徴的なキーガードも簡素な板に変更になっています。

2018121402x
そして、LowC#とLowCの彫刻がなくなります。 BbとBはそのままですね。

2018121403x
さて、そんな第2世代のキングスーパー20ですが、キング時代としてはもっとも完成度が高く、まさにビバップアルトといえるでしょう。

リラッカーのものが非常に多いキングですが、今回のものはとてもきれいで、希少性が高いと思います。

201812141
201812142
201812143
201812144
201812146
201812147
201812149
2018121410
2018121411
2018121416
第2世代の特徴は、第1世代よりも安定感が増したことでしょうか? 

マイナーチェンジ後の第1世代不安定なところもあり、楽器としてもやや弱いですが、第2世代になると少しシャキッとして、安定感が増します。

音色も少しフォーカスされますが、第3世代のよりはっきりとした感じではなく、まだ甘さが残っていい音色ですね。

指などの形はそれでもずいぶん異なりますが、ややマークシックス的になってきているということも、全体的に言えるでしょう。

それだけセルマーがマーケットの寡占を広めつつあったことが影響しているということだと思います。

この第2世代は、音色のバランスと楽器の完成度の高さがちょうどよく、最もキングらしい使い勝手のいいあたりです。

マークシックスもいいですが、ビバップを愛する身としてはアルトはキングがやはり”キング”でしょう。
形だけではなく、実もこだわりたい人におススメの楽器です。

tomosax.net








| | コメント (0) | トラックバック (0)

最強のキングスーパー20 アルト 現る??? 

今日はキングスーパー20のアルト、フル仕様です。

 

結論からいうとパーカー先生と同じ仕様が今回の楽器です。

 

やはりキングスーパー20というと意味するモデルはパーカー先生の、第1,5というか第2世代モデルでしょう。

 

すなわち、テーブルキーがやりにく形をしているものから改良され、ネックストラップの穴が3つあるのがなくなって、、というような第一世代を使いやすくしたモデルです。

 

シリアル的には29万5千から30万5千くらいと言われています。

 

その中で、ハーカー先生の楽器が初めてシルバーソニックネック&ベル、フルパール、ゴールインレイを備えた最上級仕様でした。

 

まさにパーカー先生にふさわしい、最高に豪華な楽器だったわけです。

 

そしてその楽器のシリアルは295182で、10数年前にチャリティーオークションで飾られて、だれも買い手が付かなかったと聞いたような気がします。(高額で売れたの間違いかもしれません)

(のちに修正)正確には295173でパーカー先生のネックではありません。しかし9しかはなれていません。

さて、今回の楽器はパーカー先生と同じ仕様で、シリアルは303030、、しかも何故か?パーカー先生の楽器のシリアルと同じ番号のネックがついています!!!

 

201811271

 

201811272

 

 

 

 

201811273

 

 

 

 

201811274

 

201811275

 

 

 

 

201811276

 

 

 

 

201811277

 

201811278

 

 

 

 

201811279

 

 

 

 

2018112710

 

2018112711

 

 

 

 

2018112716

 

 

 

 

2018112720

 

2018112721

 

 

 

 

美しいですね。

 

何故パーカーの楽器と同じネックがついているのかはわかりません。

関係者モデルであれば、楽器に名前が彫られているはずですし、誰かのために作られた専用モデルではないようです。

 

しかし、確実に言えることはパーカー先生の楽器に非常に近いスーパーレアな楽器ということです。

実はこの楽器、師匠であるアントニオに15年くらい前からあったら教えてね、、って頼まれていて、日本のオークションかどこかで1回ほど随分前に見かけて以来だったのですが、今回見つかったよ、、って連絡したら、17500ドルは高すぎる、、、といって買いませんでした。

アメセル14万アルトが200万くらいすることを考えれば、価格としてはなくはないと思うのですが、やはりアメリカ人の感覚からすると今の楽器の価格は相当高いようですね。

ですが、この上ないスーパー20として私の記憶に強く刻まれた楽器です。


tomosax.net

 

 

 

 


 





| | コメント (0) | トラックバック (0)

キング スーパー20 バリトン 41万8千台

今日はキングのバリトンです。

41万8千台は、キングが42万6千あたりで売られますので、売られる直前の60年代中期の楽器です。

この時代の楽器はキングスーパー20としては、第五世代、、、バリトンは第4世代から作り出されていますので、2つめに古いモデルになります。

見た目はかなりチープな感じですが、バリトンのキングスーパー20はこんな見かけで、キングが景気が悪い時代に作られた楽器ということもあり、アルトやテナーよりはさびしい感じなのかもしれません。
この時代にはシルバーソニックバリトンもなかったようですね?

ということで、この楽器にはオプションであったシルバーネックがついていますから、仕様としてはこの時代では最上級になります。
201809231
201809232
201809233
201809234
201809236
この楽器はコンディションも中々良さそうです。
やはりキングバリトンの魅力は、その迫力のあるサウンドです。

ボアが非常に大きくつくられて、また鳴りが悪いLowAは見向きもせず、Bbバリトンのサウンドにこだわったそのプライドはだてではありません。

といってもそれを皆さんイメージするのは難しいでしょうが、
201809235
このケースを見れば、いかに太い音がするかわかるでしょう!!!


当然、通常のケースは使えず、このケースを持ち歩くしかないんだぞ!!!

重い、、、邪魔、、、、という苦難を乗り越えてもこの楽器は、サウンドの太さを追求するわけです。


やはり古いフルバンをやるなら、キングしかないでしょう???
www.tomosax.net










| | コメント (0) | トラックバック (0)

キング スーパー20 アルト 29万7千0百 特注アーティストモデル ゴールドプレート

今日はキングスーパー20アルトのすごい楽器です。

シリアルは29万7千台で、キングスーパー20としては第1.5世代、、、即ち使いやすくなった最も初期のモデルです。

スーパー20の第一世代は、テーブルキーがやりにくかったり、ストラップリングがでかかったりと、やや使いにくいものでしたがこの1.5世代から機能性もグッと増しました。

ちなみに、パーカー先生の楽器は今回の楽器と非常に近いシリアルです。

即ち、実質使い物になるスーパー20で最も古いモデルがこのあたりになります。

そして今回の楽器のすごいところは、アーティストモデルといういわゆる個人向けの特注モデルです。

マリアーノカボタジェさんという人用に作られた楽器で、ゴールドプレート仕様です。

201804061
201804062
201804063
201804064
201804065
201804066
201804067
201804068
201804069
2018040610
2018040611
2018040612
2018040613
2018040614
2018040615
2018040616
2018040617
2018040618
2018040620
2018040621

2018040619
2018040623

ベルの接合部に名前が彫ってありますね。

スーパー20はそのほとんどがリラッカーされていますから、オリジナルのコンディションでさらにゴールドプレートで特注で、こんなにきれいに残っているのはかなり希少です。

パーカー先生の楽器ともかなり近く、ベルがシルバーではないのですが、それでもかなりビンテージ性は高いですね。

試奏音源があるので聴いてみましょう。

「gold_plated_king_super_20_alto_saxophone_demo_297xxx_cleveland.mp3」をダウンロード

もっと丸い音がするかと思いきや、かなりバリバリした音がしますね。

ちょっと拍子抜けしました。これならヤナギサワでいいのでは、、、と思わなくもないですが、
やはりフィーリングは随分違うでしょう。

楽器としてはかなり希少なのでキングファンにはたまらないでしょう、、、


www.tomosax.net






















 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キング スーパー20 アルト  34万6千9百 関係者用?

今日はキングスーパー20、アルトの珍品です。

キングスーパー20は激しくモデルチェンジをした楽器として有名ですが、細かくモデルで分けると6~7の段階に分けられます。

その中でも一般的なスーパー20のイメージといえば、第2、3世代あたりの比較的初期のビバップホーンでしょう。

今回は34万中期ですから1955~56年あたりの第三世代に入った直後の楽器です。

この頃はまだまだヴィンテージ性が高く、また音色はやや硬くなりつつあったにせよ十分にいい音色がする楽器であります。

本当はこの楽器もそういう意味で中々の楽器なのですが、シリアルは1955年だけど実際の楽器の形は第4世代のかなり後の楽器という、、、5桁のマークシックスなのに、セブンのキーがついている、、、みたいな楽器です???

201803281
201803282
201803283
201803284
201803285
201803287
2018032811
2018032813
2018032814
2018032815
2018032819
2018032820
2018032821
2018032822

この楽器はキングの従業員の人が息子のために買った楽器だそうです。

ということは、この楽器は、

①プロトタイプか、
②シリアルを打ち間違えただけか?、
③余った管体にあとで新しいキーワークをつけた、、、

のどれかになります。

キーワークはニッケルプレートでネックのソケットもシングルなので、どう考えても後の第4世代の楽器になりますが、驚くべきはそのコンディションですね。

オリジナルのパッドも完全に残っていて、ラッカーもほぼ完璧に残っています。

キングでこのコンディションの楽器はほとんど見かけることはありません。

珍品なだけでなく、コンディション的にもレア度が高いのでかなり面白い楽器ですね。

値段も新品のセルマーよりは遥かに安いので、面白い買い物かもしれません。

 

www.tomosax.net






















 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キング スーパー20 アルト 30万8千

今日はキングスーパー20の30万8千台です。

キングスーパー20は大きく分けるとマーク7くらいまで、、、即ち7種類くらいのモデルに分けられますが、今回のものは初期のマイナーチェンジを除くと第2世代にあたるものです。

キングスーパー20の第一世代はいわゆるゼファーの改良版のような楽器特にテーブルキーが使いにくいような問題もありました。

今回の第2世代はそのような点を改良して黄金期に入ったころの楽器です。

その第2世代はシリアルで言うと30万5千から始まり、年代で言うと1950年に入った頃です。

今回の楽器はそういったわけで、第二世代の初期の楽器で1950~51年あたりのビバップ真っ盛りの時代ですね。

その楽器がまさにオリジナルラッカーでかつオリジナルのパッドが残っているそうです。

201803021
201803022
201803023
201803024
201803025
201803026
201803027
201803028
201803029
2018030210
2018030211

テーブルキーとネックストラップリングの改良は非常に大きな利点でした。

テーブルキーはセルマーSBAを意識して改良されたと思われ、これによりこの時代セルマーと並んでビバップホーンとして君臨した楽器ですね。

この時代の楽器はそのほとんどがリラッカーされておりいいコンディションのものは数えるほどしかありません。

その上オリジナルのパッドがついている、、となるとコンディション的にもかなり希少ですね。

肝心の音色ですが、この時代の楽器として大きな鳴りをもし、また、音も丸さを帯びていてしかも楽器の反応も軽いのではまる人が多いですね???

惜しくもパーカーやキャノンボールのようにベルがシルバーソニックではないですが、それでも十分にその時代の音色を楽しめる楽器でしょう。

50万なら新品のリファレンス買うよりも遥かに価値のある価格だと思います。


 

とはいえ注目度が高く他の楽器よりはちょっと値が張りそうな感じですね???



 

www.tomosax.net






















 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キング スーパー20 テナー 40万8千台

今日は第4世代のスーパー20の40万8千台です。

いわゆる買収される直前ごろの後期の楽器で、スーパー20の第4世代になります。

この時代は豪快仕様が簡素化されていますが、この楽器はベルがシルバーなのでこの時代としては中々の楽器です。

1964,65年あたりの楽器でマークシックスで言うと12万ごろになりますが、この楽器はネック以外は非常にきれいですね。

201709161
201709162
201709163
201709164
201709165
201709166
201709167
201709168
201709169
2017091611
2017091612

マークシックスはまだまだきれいな楽器が多いですが、キングの楽器はこのようにやや新しい時期の楽器でもこのようなきれいな楽器を見つけるのは難しいですね。

この頃の第五世代になると、ボアのサイズなどが結構異なるらしく、楽器としてもかなり個体差的なものがあるようですね。

この時代の楽器は、キャラクターというよりはよく鳴る楽器が多く、音色重視の人にはあまり面白い楽器ではないでしょうが、気持ちよく楽しく吹ける楽器ではあります。

そのような楽器が、こんなにきれいに出てくることは珍しいと思うので欲しいひとも多いのではないでしょうか???でも100万超えるとちょっと高いですね。

www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧