カテゴリー「Guardala」の記事

シューガル MBⅡ

今日はゲイリーシューガルのMBⅡです。

ん??? そんなのあったっけ???

と思って彼のページを見てみると、このモデルは出ていません。

彼のマウスピースで有名なのはカークウェイラムとゴンズモデルですよね?

MBⅡといえば完全にガーデラのパクリを連想させるモデルですが、実際そういうものを作ったようです。

201705231
201705232
201705233
201705234

ガーデラのそっくりそのままのコピーは多いですが、これはシューガルがベースになっているのである意味潔いですね???

ですが、ただバッフルが高いだけで何がブレッカーⅡなのかちょっとよくわかりません。

ガーデラが唯一無比である理由は、デザインもさることながら、極端に薄いレールとテーブル、そしてやや軽めの重量であることでしょう。

シューガルはかなり重い重量でガーデラのようなズバッと感はありませんから、重めの感じが好きな人にはいいでしょう。

またレールもかなり太めですから、ガーデラに比べてかなり押さないと立ち上がりが悪いでしょう。

そのように力いっぱいいきたい人には、このマウスピースはいいかもしれません。

90年代あたりには一世を風靡したマウスピースですが、最近の作りは荒く?イマイチですね???

あるいは最近はもっといいものが多く出てきて私がそういう風に感じているだけかもしれません。

このマウスピースにはガーデラとしての魅力を感じませんが、シューガルファンにはたまらないマウスピースかもしれません。


www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガーデラ ブレッカーⅡ

今日はブレッカーⅡです。

コピー品は多く出回っているものの、やはり?オリジナルを凌ぐものはまだ出てきていないといっても過言ではないでしょう。

ですが、このマウスピースのニーズはいまだに多く存在し、どんどん高値で取引されていますね。

今回のものは金メッキモデルでバリバリ明るく鳴りますが、一見きれいですが、メッキが浮いてテーブルなどは部分的に陥没しているようなコンディションです。

開きは110で標準的です。

103329736guardmbiidj2
103329736guardmbiidj3
103329736guardmbiidj4
103329736guardmbiidj7
103329736guardmbiidj8
103329736guardmbiidj10
103329736guardmbiidj11
103329736guardmbiidj17

一時期は流行ったウインスローのリガチャーもついていて時代を感じますね。

ウィンスローは今でも割と高値で取引されていますが、使っている人はあまり見かけませんね???

話はそれましたが、テーブルの金メッキがはがれたこの状態で使うと、痛みは非常に早く進行しますから、一度金メッキをはがしてかけなおさないとドンドン摩耗していきます。

というわけできれいですが、ダメージが広がるのは時間の問題といったところで、このようなものに大金を払うのは難しいですね?

しかしこのような物しか存在しないので、ガーデラの購入は非常に難しいなと感じてしまいます。


www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソプラノ ガーデラ リーブマン

今日はソプラノのガーデラです。

ソプラノのガーデラは、ブランフォードや、スタジオなどありますが、その中でもスタジオと並んで割とよく見かけるのがリーブマンモデルです。

今よりもさらにその当時は積極的に活動されていましたし、リーブマンはカスタムモデルの代名詞みたいなひとですから、このマウスピースは中々有名でした。

さて、そのリーブマンモデルのかなりいいコンディションのものです。

開きは82で、相変わらずでか過ぎますね???

10405guardliebsop2171
10405guardliebsop2172
10405guardliebsop2173
10405guardliebsop2175
10405guardliebsop2176
10405guardliebsop2177
10405guardliebsop21710
10405guardliebsop21711

オリジナルのリガチャーとキャップもついていますね。

シリアルも561で古くはないけど、新しいものでもないでしょう。

鋭いバッフルにバレットチェンバーで、かなり明るい音がしそうです。

使いこなすのは大変なマウスピースですが、珍しいコンディションで非常にいいですね。

www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガーデラ テナー BMR 105 カスタムモデル?

今日はガーデラのテナー、ブレッカーモデルです。

ガーデラは工房をNYにかまえていたこともあり、カスタムモデルを作ってもらうことは比較的簡単でしたが、今回のモデルはBMR105という謎の刻印がついています。

書いてはいないですが明らかにリプレートなので、リフェイスもされているかもしれません。

またリプレートの影響でDGやMBなどの刻印も見えにくいですね。

201610061
2016100617
201610063
201610062
201610064
201610065
201610066

BMRの意味が気になりますね???

まさか基礎代謝量のことではないですよね???

105というのは開きでしょうからこのマウスピースはある時点では105の開きを持っていたはずです。

デザイン的には特に変わったようなところは見えないので、特注で何かしら作ってもらったことでしょう。

リプレートされているということはかなり磨耗してしまっているでしょうから、このマウスピースはテーブルがそのままであることを考えればバランスは悪いままリプレートされているのは残念です。

105という開きはちょっと魅力的ですから、ちょっと面白いマウスピースですね???


www.tomosax.net


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガーデラ キング アルト

今日はガーデラのキングカーティスモデルのアルトです。

シリアルは933ですからかなり初期のほうのマウスピースですね。

キングカーティスモデル、、最初のほうはそう呼ばれていましたが、これはガーデラの中でも最もハイバッフル仕様で鋭い音が出ます。

これを先に吹くとスタジオモデルは物足りない気がしますが、そういう意味では超ハイバッフルで発売当時インパクトを残したマウスピースでしたね。

その初期型ですがかなり磨耗しています。

9967933guardalakcaltomf1
9967933guardalakcaltomf2
9967933guardalakcaltomf3
9967933guardalakcaltomf4
9967933guardalakcaltomf5
9967933guardalakcaltomf6
9967933guardalakcaltomf7
9967933guardalakcaltomf8

かなり磨耗していてリフェイスも無理でしょう。

ガーデラはテーブルが非常に薄く作られているので、フェイシングを保持できないのです。

割と長めにとられているフェイシングを歪んでいる左右をきれいにしようと思うとテーブルを薄くする必要があるので、そうなるとデザインも変わるしテーブルも面積が小さくなってしまいます。

開きは95で、アルトのマウスピースとしては9番10番くらいのサイズですね。

そんなに大きいに普通吹けてしまうのが不思議なマウスピースでした。

マウスピースのみが鳴りすぎて今ではあまりこういうものは少ないですが、初期型でいいものが残っていれば欲しい人は多いでしょうね。




www.tomosax.net


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガーデラ テナー スタジオ 後期

今日はガーデラスタジオのかなり後期のほうです。

シリアルは39521で最初のほうは数百で始まっていますから、本当に4万本も作ったのかは疑問ですが、数字的にはかなり後のほうだと思います。

ガーデラも吹くとわかるのですが、一本一本キャラクターが結構異なりますよね?

エッジの立ち方とか、低音の反応とか、小さく吹いたときの反応の仕方やキャラクターなど、、、ハンドメイドだけあって、それぞれに個性があります。

後期のものは前期にくらべてバリバリいうな、って感じがするのですが、このマウスピースもガーデラの中でも相当明るい音のようです。

899139521dguardsgten1
899139521dguardsgten2
899139521dguardsgten3
899139521dguardsgten4
899139521dguardsgten6
899139521dguardsgten7
899139521dguardsgten8

マウスピースをリフェイスした経験があればわかると思うのですが、ヤスリでシュッとやるだけでもキャラクターって大きく変わるくらい微妙な変化がありますよね。

フェイシングの微妙なカーブでも変わるでしょうし、このマウスピースが何故明るめなのかは見た目では判断がつきませんが、とにかく明るいようです。

開きは110ですから、小さいキングモデルのイメージかもしれません。

オリジナルの箱も付いて、ミントコンディションで2000ドル、、初期のものだったらもっと高いでしょう。

www.tomosax.net























| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガーデラ テナー キング 

今日ガーデラのテナー、スーパーキングモデルです。

シリアルは698でかなり初期のほうのモデルですね。

このころはキングモデルではなく、キングカーティスモデルと呼んでいたころです。

201509231

201509232
201509233201509234
201509235

モデル名もKCGになっていますね。

キングモデルは最もハイバッフルで、厳しい音がするモデルです。

かなり使いこまれていますから摩耗していることでしょう。

ここまでバッフルが高いと音が薄くなりがちですが、キングモデルは音の厚みを併せ持った画期的なマウスピースでした。

その初期なら欲しいと思う人はたくさんいることでしょう。

1700ドルは、まあまあの金額ですね。

www.tomosax.net
























| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガーデラ テナー スタジオ 

今日はガーデラのスタジオです。

31万というシリアルが付いていますので、かなり後期のものですね。

ガーデラはリプレートのものが多く出回っていますが、これはオリジナルのようです。

非常にきれいなコンディションで、ちょっと変色がありますがかなりイケてる感じです。

8774guardalastudiotenor911
8774guardalastudiotenor912
8774guardalastudiotenor913
8774guardalastudiotenor914
8774guardalastudiotenor915
8774guardalastudiotenor916

大きさですが、120でリンクで言うところの9になります。

スタジオは大きめのものが多いのですが、これはその中でもちょっと大きめですね。

大きいので非常にパワーがあってバリバリ鳴ってくれるでしょう。

大きいのはいいのですが、楽器との組み合わせは重要です。

抵抗が強いゴールドプレートのネックやシルバーなどだと高音で力が入るでしょうから、音程とるのが難しそうですね。

珍しいコンディションですが、大きさを考えるとちょっと手を出しにくいですね。

1600ドルなら値段的にはまあまあです???

wwww.tomosax.net

















| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガーデラ テナー MB2

今日は割と後期のガーデラブレッカーⅡです。

シリアルは29311で金メッキ仕様です。

ガーデラにありがちな金メッキの磨耗がほとんどなく、ガーデラとしてはかなり完璧なコンディションです。

87732931gguardalambiitenor1
87732931gguardalambiitenor2
87732931gguardalambiitenor3
87732931gguardalambiitenor4
87732931gguardalambiitenor5
87732931gguardalambiitenor6

開きは115ですから、オリジナルぴったりの8*です。

この時代は開きの大きなマウスピースが流行っていましたから、今にしてみれば大きいですね。

8*ほどは大きくは感じないでしょうが、このタイプに慣れていない人はちょっと鳴れることが必要です。

後期のものは初期のものに比べ音色にやや角が立つような気がしますが、初めて吹く人には気にならないでしょう。

安心して買えるコンディションだけに、値段も2000ドル。

日本円にすると25万ほどになりますが、中々手が出しにくい値段ですね???

www.tomosax.net



























| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガーデラ アルト スタジオ

今日はガーデラのアルト、スタジオです。

アルトのほうが人気がなかったこともあり、今となってはきれいなものを探すのが難しいですね。

スムース系の人がちょっと使っているくらいで、最近はあまり見かけません。

今回のものは、シリアルが273xxですからかなり後の時代のものですね。

8775guardalastudioalto911
8775guardalastudioalto912
8775guardalastudioalto913
8775guardalastudioalto914
8775guardalastudioalto915
8775guardalastudioalto916
8775guardalastudioalto917

せっかく金メッキが残っていていい状態なのに、先端をかなりやってしまっています。

ガーデラは厚みがないので、叩いて直すしかないでしょうが、ちょっと大変そうですね。

開きは95でかなり大きく、ただでさえ大きな音がするのにこの大きさは必要ない、、、というのもこのマウスピースが流行らなかった一因ではないでしょうか?

こんなコンディションでも1000ドルを超えていますが、そのくらいアルトは希少性が高いようです。

www.tomosax.net


















| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧