カテゴリー「French Selmer」の記事

フラセル マークシックス 5万4千7百9十 トランジショナル

今日はマークシックスのプロトタイプ的な時代の楽器です。

マークシックスはセルマーのシリアル表では1954年の5万5千2百番台から始まっています。

ですが、今回の楽器はそれよりも古い1953年の後半に作られた5万4千7百番台です。

このような楽器は過去にも多くみてきましたが、その多くがシルバーの楽器でした。

この楽器は彫刻がないのでフラセルシルバーですね。

201710121
201710122
201710123
201710124
201710125
201710127
201710128
201710129
2017101210
2017101211

これらのトランジショナルな楽器はこの時期に数十本作られたようですが、マークシックスと異なる点はテーブルキーのデザインがシックスのものになっていないことですね。

このほか、この時代を含めて初期のマークシックスはSBAと管の太さが同じですから、この楽器もどちらかといえばSBAの管体にマークシックスのキーをつけたような楽器といえます。

その意味では、この楽器はSBA的な要素が多く、マークシックスト言うよりはSBAに属するようなそんな楽器で非常に面白いですね。

マークシックスにしてはやや軽すぎて楽器としても弱いですから、SBAで指がやりやすいのが欲しい、、、というような特殊な事情がある人におススメな楽器かもしれません。


www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラセル ソプラノ シルバー 8万6千5百

今日はフラセルのシルバーのソプラノ8万台です。

この8~9万台辺りが前期マークシックソプラノの中で最も人気がある辺りですね。

弱すぎず、強すぎず、細身の音で特徴的な丸い音がする頃ですね。

この楽器はシルバーですから、ラッカーのようなカラッとした感じよりはやや重たい音がするでしょう。

201708101
201708102
201708103
201708104
201708106
201708107
201708108
201708109
2017081010

シルバーもきれいに残っていますね。

アメセルのラッカーなら乾いた音がするでしょうが、それとはかなり趣向が違う音がします。

そういう意味ではこの番手にしてはやや面白くない楽器かもしれません。

このあたりの楽器の値段はまちまちですが、この楽器は8800ドルでまあまあの値段がついています。

シルバーでコンディションもいいですから、趣向が合えば中々珍しい楽器かも知れ編ませんね???


www.tomosax.net





| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラセル アルト 8万2千4百

今日はフラセルの8万2千台アルトのシルバーです。

8万台辺りはフラセルでも音のボケが残りジャズでも十分使える番台です。

この番手の問題はボリュームが弱くて強く押せないことですが、フラセルのほうがしっかりしているのでボリュームもあります。逆に押せなくてもキャラクター重視でいくならアメセルでしょう。

今回の楽器はシルバーもかかっているので、さらにボリュームもあって音も暗めで機能的には中々バランスがとれているでしょう。

1030982442markvialto1
1030982442markvialto2
1030982442markvialto4
1030982442markvialto10
1030982442markvialto12
1030982442markvialto16
1030982442markvialto17
1030982442markvialto23
1030982442markvialto26

シルバーは落ち着いた音色になります。

その意味ではややアメセル、、とは言わないですが、暗いほうの音色になります。

この楽器の参考音源があります。



ラッカーのような華やかさが抑えられてちょっと暗い音になっています。

5、6万台よりも音に厚みがあって8万台らしいですが、11万台よりはかなりアクセル全開という感じですね。

アメセルとの違いは、アメセルは暗さの中に艶がありますが、この楽器は暗さのほうが勝っていてあまりつやは感じませんね。

高い音も詰まるように聞こえますし、総じていい楽器ではないのかもしれません。

きれいですが残念ですね。




www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セルマー バリトン ソロイスト G

今日はセルマーのバリトンのソロイストです。

やはりマウスピースの中で、安定感があり最も吹きやすいのはセルマーです。

もちろん音を持ち上げるような表現の幅は限られますが、音程や上の音を吹くのに問題がある練習などにはセルマーが最も扱いやすいでしょう。

ですが、開きの大きいものは極端に少ないので今回のようなGというサイズは珍しいですね。

201703151
201703152

サイズは100ちょっとですから、一般的には6番あたりの開きといえます。

バリトン専門の人にはちょっと物足りない開きですが、持ち替えの人にはいい大きさですね。

今回のものはおそらく60年代半ば辺りのものですが、基本的にはかなり丸い音でしょうが息をカキンと当てればバリバリいうこともそれなりにできるでしょうから、バリトン持ち替えの人の練習用マウスピースにはいいですね???

レッスン用にちょっと買っておこうかな???




www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マークシックス Bis 刻印

今日は16万台のソプラノです。

この辺りのソプラノは使いやすくマークシックスの中でも安定感がある辺りです。

さて、このソプラノにはBISと刻印があります。 

マニアな皆さんはきっとご存知かとは思いますが、私は初めて見ました。

その意味はなんでしょうか???

201703142
201703141_2
201703143
201703144
201703145
201703146
201703147
201703148
201703149

ビスというのはラテン語で2ndにあたるそうですが、フランス語では2番目という意味で使われることが多いようです。

セルマーのシリアル台帳を見ると、じつはこのシリアル番号は重複しておりこのシリアルをもった楽器はこのソプラノとテナーと2つ存在しているそうです。

このように同じシリアルを持つ楽器は、実は結構たくさんあるのですが、その場合見分けがつかないので二番目という意味のビスをスタンプした?というのがこのスタンプの意味のようです。

シリアルが重複したときにいつもこういうことをしているわけではない様ですが、非常に珍しくて面白いですね。

www.tomosax.net


























 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラセル アルト 6万5千9百 彫刻なし

今日はフラセルの6万5千台のアルトです。

彫刻はありませんが、オリジナルラッカーで非常にいい色をしていますね。

6万台というとフルパワーで吹くようなイメージでですが、フラセルはアメセルよりもパワーがあるのでアメセルほどは押さなくて吹けますが、その場合に音色がどうのようになるか興味があるところです。

1014465950markvialto2
1014465950markvialto3
1014465950markvialto4
1014465950markvialto5
1014465950markvialto8
1014465950markvialto10
1014465950markvialto12
1014465950markvialto13
1014465950markvialto19

1014465950markvialto22

デモ音源があります。

やはりアメセルとはキャラクターが全然違いますね。

アメセルはもっと音が丸く、中心部分のフォーカスした感じは少ないですが、フラセルは音の丸さはありますが、それと共に中心部分のがりがりした感じもあって、違うキャラクターに聞こえます。

アメセルで言うと音のフォーカス具合は8万や9万のキャラクターに近いかもしれません。

もちろんボリュームそのものも違うので単純に比較は出来ませんが、そのあたりのアメセルに華やかさを付け足したようなキャラクターですね。

あまり聞かない音色なので個性的で面白い楽器ですね。



www.tomosax.net


| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラセル テナー 20万8千台 ミントコンディション

今日はフラセルテナー、ミントコンディションの20万8千台です。

ミントコンディションは袋に入ってまだ誰も触ったことがない、、、というのが最高のミントコンディションですが、これは袋に入っていないものの試奏のみの楽器だそうです。

確かに非常にきれいでキズ1つないですね???

よく見るとわかるのは、フラセルでも割とキーは低めにセットされているということです。細かいのは測ってみないとわかりませんが、今のセルマーよりは低いわけでリファレンスとかもせっかくならそこまでこだわってくれないとな、、、と思ってしまいます。

M6208427thumb0
M6208427thumb1
M6208427thumb2
M6208427thumb3
M6208427thumb5
M6208427thumb8
M6208427thumb10
M6208427thumb18
M6208427thumb38
M6208427thumb64

アメセルのこのようなコンディションの楽器は少ないとは言えどもそれなりにたくさん出てきましたから、フラセルも同数かそれ以上残っていると考えるのが自然でしょう。

ですがやはり注目度が低いせいか、あまり見かけることはなくアメセルよりも珍しい感じがします。

アメセルっていうのは日本人が買うから値が釣りあがっちゃうのがよくわかります。

実用性は低いですからコレクター向きという感じでしょうjか?

8000ドルも高いのかそうでないのか悩むところです。




www.tomosax.net


| | コメント (0) | トラックバック (0)

カナセル? フラセル バリトン5万7千1百

今日はフラセルのバリトンです。

5万7千台でマークシックス初期のLowAバリトンになります。

まず私の目を引いたのはちょっと彫刻が異なることです。

もちろんフラセルの彫刻でリラッカーもされていますが、彫刻がシャープでないというか下手、、、というかもっちりしています。

この楽器の出品がカナダであることも考えると、恐らくカナセルではないかな?と思っています。

201612191
201612192
201612193
201612194
201612195
201612196
201612197

あいにく近い番台での写真と比較できないのですが、このあたりのフラセルバリトンの彫刻のデザインとも微妙に異なるのでそうでしょう。

カナセルは彫刻が深いとも言われていますが、これは年代によって異なるようです。

この楽器も結構深めに掘ってあるのでそういう言い伝えに合致しますね???

カナセルは有識者によれば、非常にいい金属を使っていてアメセルよりは重めだそうです。

カナセルを吹いた後にアメセルを吹くとちょっと力が入らないようなそんな感じですが、このバリトンもオリジナルであれば古いキャラクターに軽い吹奏感と艶っぽいいい音色がしたことでしょう。

カナダにはまだまだこういう楽器があるかもしれませんね???


www.tomosax.net


| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラセル SBA テナー 5万4千5百 アンラッカー

さて、最近は変にリラッカーしたものよりはアンラッカーにしてリラッカーなどと難癖がつけられないほうが高く売れるようで、そういう楽器を多く見かけますね。

実際、隅から隅までラッカーが剥げることは珍しく、どこかにはラッカーが残るものなので今回のような楽器は人工的にはがしてしまったことは間違いありません。

さて、そんなアンラッカーですがSBAのフラセルをアンラッカーにするとどんな音がするのか興味がありました。

5万台中期のアメセルなら暗いラッカーがついているので、基本的には暗めの音がしますが、SBAはややフォーカスした明るめでぼけた音がします。

加えてシリアル的にはほぼマークシックス直前なので、マークシックスとどのくらい違うのか興味がありました、、、

1009754555sbaten1
1009754555sbaten2
1009754555sbaten3
1009754555sbaten7
1009754555sbaten8
1009754555sbaten13
1009754555sbaten14
1009754555sbaten21
1009754555sbaten22

やはりフラセルもこの時代は結構不純物がありますね?

さてデモ演奏があるので聞いてみましょう。

完全にマークシックスに聞こえますね。

アンラッカーになったことで逆に音がフォーカスされて、アメセルとは離れてしまったように聞こえます。

5万代マークシックスともボアのサイズなどは変わらないようですから、やはりこのあたりのシリアルはほぼマークシックスと同じで、キーなどの管体への付属品の違いの効果が大きいという感じでしょう。

とはいえ、弱く吹くとモソモソしますから、十分にビンテージの音をしています。

おそらく目の前で聞くと、音の広がりは結構散った感じでしょう、、、

中々いい感じですが一つ大きな問題があります、、、

やはり楽器の寿命的なものはある程度短いと考えられることです。

いつ鳴らなくなるかもしれませんし、金属の錆による摩耗も大きいですね。

そういうつもりで短く楽しみたい人にはとてもいい楽器かもしれませんね???




www.tomosax.net


| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル? ソプラノ 6万8千1百

今日はアメセル?のソプラノ6万8千台です。

かなりきれいなコンディションでオリジナルパッドが残っています。

パッドを見ると、アメセル同様ラッカーがついていますね。

彫刻がないのでアメセルかどうかの判断はつかないのですが、見た感じの雰囲気はアメセルに見えます。

201610221
2016102211
201610223
201610224
201610225
201610227
201610228
201610229
2016102210
2016102212
2016102211_2
20161022132016102214

色は6万8千台のアメセルの色ですね。

通常フラセルだとケースはもっとカラフルだったりするのですが、これはアメセル的無愛想なケースです。

初期のシックスのアメセルソプラノはあまり見かけませんから、このように彫刻がないものをアメリカで組み立てたということは十分にありうることでしょう。

それ以上のことは想像の話になりますが、アメセル的な楽器を安価で手に入れたい人にはお買い得な楽器です。

フラセルと違って華やかさの代わりに音が暗さを強めにした音色が楽しめる面白い楽器でしょう。


www.tomosax.net


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧