カテゴリー「Baritone Sax」の記事

フラセル バリトン 9万2千3百 Bb管

今日はフラセルの9万2千台のBbバリトンです。

まず恐ろしいのはそのコンディションで、パッと見る限りすべてのパッドがオリジナルがついているように見えます。

ラッカーもかなりきれいに残っていて、あまり使われた形跡がありませんね。

さて、Bb管はコンボ向きで音が開いた古いバリトンの音がしますが、この1961年製の楽器はまたコーンなどの楽器とは異なる趣があります。

ベルの形やトーンホールの位置が異なるので、音が出てくる場所も大きく異なり、音色もかなり違います。

セルマーはやはりベルから直線的に出てくるような印象ですよね。

それがフラセルだとさらに音がまとまって出てくるので、さらに直線的に聞こえるでしょう。

201903131

201903132
201903133
201903134
201903135
201903136
201903137
9万台フラセルは基本的にはもっと明るい色をしているものが多いのですが、これはいい色ですね?

もちろん写真の写り方もあるでしょうが、通常のものよりは色が濃いように思います。

この時代はまだカナダ回りの楽器があるので、ひょっとしたらイギリス組み立てでフラセルとはやや塗装が違うのかもしれません。

その場合は彫刻が太いなどとも言われますが、この写真からはあまりわかりません。

6万台のアメセルなどよりはかなりキャラが薄くなってしまいますが、それなりにビンテージの音もするでしょうし、コンディションがいいのが何よろですね?
これが60万くらいで買えるなら、ジャズをやるには現行品を新品で買うよりはかなりお得なような気がします。

tomosax.net



| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル バリトン 9万0千 Low Bb

今日はアメセルバリトンの9万0千台です。

バリトンと言えば通はやはりLowBbですよね?

元々はBbでずっと作られて途中でセルマーがSBAの時代にLowAを作り出したのが、現代のバリトンの礎となっています。

しかし、バリトンは元々はBbまでのものしかなく、古いジャズでバリトンの音を聞くとそれはほとんどBbです。 

どこまで低音が出るかということ言う以上に、管の長さの違いによって音色と音の重さに違いが出ます。

LowAは音が全体的にこもった感じで、音の表現が抑え込まれた感じ、、、というか、持ち上げたりするときに音の反応が悪い、、ですよね。

その意味でコンボでジャズをするには、やはりlowBbの広がったやや軽めの自由な音がジャズの音っぽいので今回の楽器が非常に必要になります。

201903010

201903012  
201903013  
201903014
201903015  
201903016_2  
201903018
201903019  
2019030111  
まず今回の楽器のようにきれいなのは珍しいですね。

9万台なのにMARkⅥの刻印が入っていて、普通は9万ではなくなっていますのでぎりぎりついているくらいなのかもしれません。

9万台のバリトンとしてはかなり明るい色をしています。

9万台のバリトンは音的にはかなりバリバリフォーカスされてきているので、この楽器は一般的なこの頃の楽器よりはさらにそれが強く出るような楽器でしょう。

しかし、9万台は反応が速く、音も粒だって聞こえますから、小回りの利く軽い楽器で、かつ少しビンテージの香りがする楽器が欲しい人にはいいでしょう。

通向けの楽器ですね???

tomosax.net





| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル バリトン 6万1千9百4十 LowA

今日はアメセルの6万1千9百台です。

アメセルバリトンでLowAのものは、それなりにはあるのですがアルトやテナーほどは見かけません。

今回のものは6万初期でBbベルも多かった時代ですから、LowAを見かけるのは久しぶりのような気がします。

アルトやテナーは6万2千から本当の意味でのマークシックスのデザインになりますが、バリトンはこのあとの6万2千あたりからデザインが変わるかどうかは確認できていません。

バリトンはテナーよりも後にマークシックスになったように記憶しているので、この楽器はそういう意味ではかなり初期のマークシックスバリトンということになります。

それゆえ6万2千を超えてシリアルの字体が変わっても楽器の目に見えるようなデザインは変わっていないかもしれません。

201902031

201902032
201902033
201902034
201902035
201902037
201902038
201902039
2019020311
2019020313
銅が多いのかかなり緑青がついていますね。

それにしても6万台らしくいい色をしていて、テナーであればちょうどいい暗さですね。
この時代のバリトンを持った瞬間にわかりますが、楽器そのものが相当軽いですね。

そして現代の楽器のようにバリバリ鳴らずに丸い音がします。
そして反応も速くとても気持ちよく吹けます。

どうしても現代の楽器は明るめにバリバリ鳴る側に振れてしまうのでテナーや特にバリトンはアメセルのような暗く散った音色が心地よく聞こえます。

その意味ではこの楽器はテナーの同じような楽器よりははるかに希少性が高いでしょう。

バリトンファンにはぜひお勧めしたい楽器ですね???
tomosax.net





| | コメント (0) | トラックバック (0)

セルマー SA80 バリトン シルバー

今日はバリトンのSA80のシルバープレートです。
SA80は生産本数が少なかったので、シルバーでバリトンとなると今となっては中々手に入れられない代物です。

ビンテージ性は低いのですが、楽器の安定性や現代の楽器としての完成度は再評価されつつあり?、、、この頃のセルマーはよかったよね、、、と言われるようになってきているような気がします。

このシリーズ1は、あとに続くシリーズ2とは材質も異なりかなり趣は異なる楽器ですが、マーク7やマーク6からの差は、シリーズ1と2の間ではそこまで大きくないので、シリーズ2の範疇のイメージでとらえている人も多いでしょう。

私のイメージでは、シリーズ1のほうがルースで、ちょっと緩いというか力が抜けた感じでそれがいい味でしたね?
201811201
201811202
201811203
201811204
201811205
201811207
2018112010
2018112011
2018112012
2018112013
私のイメージでは、シリーズ2のほうがより輪郭がはっきりするような感じで、シリーズ1のほうが音に優しさがありました。

それがシルバーですから、通常のボリュームで吹いたら今のしいーず2、3よりはかなり丸い感じに聞こえるでしょう。
そして、現行セルマーが近くでビャビャー鳴っているのに対し、このシリーズ1のシルバーは優しく穏やかに太く重たく鳴ってくれるはずです。

その意味では、この高々30年ほど前の楽器もそれなりに優れた工芸品と言えるようになってしまった時代が悲しいですね???

値段も80万ほどで、当時とそんなに変わるものではないですから、現行品買うならこういうもののほうが欲しい、、という人は多いでしょう。

もっと評価されてもいい楽器で、ビンテージとかでなく、使いやすいバリトンをお探しの方には非常にお薦めです。
tomosax.net


| | コメント (0) | トラックバック (0)

キング スーパー20 バリトン 41万8千台

今日はキングのバリトンです。

41万8千台は、キングが42万6千あたりで売られますので、売られる直前の60年代中期の楽器です。

この時代の楽器はキングスーパー20としては、第五世代、、、バリトンは第4世代から作り出されていますので、2つめに古いモデルになります。

見た目はかなりチープな感じですが、バリトンのキングスーパー20はこんな見かけで、キングが景気が悪い時代に作られた楽器ということもあり、アルトやテナーよりはさびしい感じなのかもしれません。
この時代にはシルバーソニックバリトンもなかったようですね?

ということで、この楽器にはオプションであったシルバーネックがついていますから、仕様としてはこの時代では最上級になります。
201809231
201809232
201809233
201809234
201809236
この楽器はコンディションも中々良さそうです。
やはりキングバリトンの魅力は、その迫力のあるサウンドです。

ボアが非常に大きくつくられて、また鳴りが悪いLowAは見向きもせず、Bbバリトンのサウンドにこだわったそのプライドはだてではありません。

といってもそれを皆さんイメージするのは難しいでしょうが、
201809235
このケースを見れば、いかに太い音がするかわかるでしょう!!!


当然、通常のケースは使えず、このケースを持ち歩くしかないんだぞ!!!

重い、、、邪魔、、、、という苦難を乗り越えてもこの楽器は、サウンドの太さを追求するわけです。


やはり古いフルバンをやるなら、キングしかないでしょう???
www.tomosax.net










| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル SBA バリトン 5万5千0百7十

今日はアメセルバリトンのSBA、5万5千0百70番台です。

オフィシャルなシリアルでは5万5千2百からマークシックスですから、マークシックスが始まる直前の番台でマークシックスのプロトタイプはすでに作られていたシリアルです。

しかしバリトンが本格的にマークシックスに移行するのはもう少し後ですから、バリトンに関してはそんなに数字に意味はないかもしれません。

今回のものは非常にきれいです。

201803291
201803292
201803293
201803294
201803295
201803296
201803297
201803298
201803299
2018032910
2018032911
2018032913
2018032915

この番手のSBAはアルト、テナー共に深い色のものが多いのですが、これはあまりそういう感じには見えませんね。

パッドはオリジナルかどうかはわかりませんが、レゾネーターはオリジナルのように見えます。

キーのセットアップは非常に低く、持った感じは手がやりやすく感じるでしょうが、抜ける感じはあまり薄くそんにボリュームは出ないかもしれませんね。

軽いバリトンが欲しい人にはおススメです。

www.tomosax.net






















 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル バリトン 7万5千台0百 LowA

今日はアメセルバリトンの7万5千台LowA付きです。

7万台といえばまだまだLowBbが多いあたりでLowAというのはポイントが高いですね。

7万台はテナーや特にアルトでは非常に色が暗いものが存在していますが、これはそうでもなくややボケた音でカラッと鳴りそうですね。

201802121
201802122
201802123
201802124
201802125
201802126
201802127
201802128
201802129
2018021210
2018021211
2018021212

私もこれに近い楽器を持っていますが、この時代の楽器の特徴はなんといっても低音が軽く吹けることです。

もちろん中後期に比べるとパワーも弱いですが、低音を吹かされることが多いバリトンで低い音が軽く出るのは非常に利点です。
 

今回の楽器は非常にきれいでここまできれいなものは相当珍しいですね。

バリトンはラッカーの損失や凹みが多いものが多いですから、この状態はかなり希少です。

まさに即戦力で、機能的にも音色的にも楽しめる中々ポイントの高い楽器ですね。



www.tomosax.net






















 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル バリトン 12万1千台

今日はアメセルのバリトン12万1千台です。

アルトやテナー同様この11~12万台辺りには暗い楽器と明るい楽器が混在していて、多種多様なキャラクターの楽器がありますが、今回のバリトンはその中でも個人的に最も面白い楽器であることが多い暗い系の楽器です。

12万台のバリトンもチラホラ見かけますが、ここまで暗い色をしたものを見たのは久しぶりでアメセルバリトンとしてはここ数年の中で一番の出物かもしれません。

Snapcrab_noname_20171228_85210_no00
Snapcrab_noname_20171228_85218_no00
Snapcrab_noname_20171228_85231_no00
Snapcrab_noname_20171228_85243_no00
Snapcrab_noname_20171228_85250_no00
Snapcrab_noname_20171228_8531_no00
Snapcrab_noname_20171228_8531_no0_2
Snapcrab_noname_20171228_85315_no00
Snapcrab_noname_20171228_85324_no00
Snapcrab_noname_20171228_85336_no00
Snapcrab_noname_20171228_8546_no00
Snapcrab_noname_20171228_85413_no00

この写真でもかなり明るめに写っているでしょうから、実物を見たときにはもっとどす黒い印象を受けるでしょう。

この番手のこのタイプのテナーはたくさん吹いたことがありますが、6万台などのボサっとした散った音ではなく、ちょっとフォーカスされた音ですが、重たい暗い音がします。

まさに黒光した音、、、、と言ってもいいかもしれませんが、明るいラッカーのバリバリビカビガした感じではなく、暗い音がパチッと鳴っているキャラクターです。

もちろん吹いた感じの軽さもフラセルとは雲泥の差ですし、パワーも初期シックスよりも突き抜けていくドシっとした感じがあります。

機能面でもキャラクター面でも申し分なし、最高のビンテージバリトンですね。

オーバーホールは必要でしょうが、まさにこれぞ、、、という期待に応えてくれそうな素晴らしい楽器だと思います。

www.tomosax.net






















 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セルマー スーパー バリトン 1万8千7百番台 オリジナル重クロム酸フィニッシュ

今日はセルマースーパーのバリトン、1万8千7百番台です。

1933年製でシリアル的にはRadio Improveと重なるあたりですね。

さて、この楽器はレア度はかなり高く、まさにone of a kindというものです。

それはこのフィニッシュにあります。

セルマーの本社には楽器の台帳があって、そのシリアルがどこの地方に出荷されたかまでわかるのですが、この楽器はセルマーの歴史の中で唯一の暗いゴールドプレート仕様なのです。

201712121
201712122
201712123
201712125
201712126
201712127
201712128
201712129
2017121212
2017121218
2017121221

この楽器の正式なフィニッシュの名前はわかりませんが、重クロム酸でつや消しをしてあるゴールドプレート?という感じでしょうか?

即ち、この楽器のくすんだ感じは最初からこうであり、この先も変色することはないということになります。

肝心の音色まではわかりませんが、華やかさのないゴールドプレートの音がするでしょう。

即ち、ギラギラした感じが通常のゴールドプレートより弱まっていることでしょう。

アルトや、ソプラノならこのようなフィニッシュは艶がなくなるので合いませんが、バリトンなら音を太くするまま暗い野太い音を維持できると思えば、バリトンにこのようなフィニッシュをまず実験的に施したのはよくわかります。

ですが、これ以降やらなかったということは、イマイチだったのかもしれませんね?

非常に珍しい実験的な楽器です。

www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル SBA バリトン 5万2千4百 LowA

今日はアメセルSBAのバリトンLowA付きの5万2千台です。

バリトンにLowAがついたのはSBAあたりからで、この5万2千台はLowAの楽器としてはかなり初期の楽器になります。

そもそもこの時代のSBAはBbまでの楽器が非常に多く、LowAというのはまだまだ実験的でみんな手を出しにくかったことでしょう。

LowAはコンサートCの音が出せるのはいいのですが、音色的にはBbよりはかなりこもって詰まった感じになるので、今となっては普通の音色もこの時代ではLowAを選ぶ人は少なかったことでしょう。

しかもアメセルですから、非常に珍しい楽器です。

201708221
201708222
201708223
201708224
201708225
201708226
201708227
201708228
201708229
2017082210
2017082211

5万台はテナーやアルトは暗い色をしているものが多いですが、この楽器は色が明るいですね。

テナーではやはり低音の軽さが一番の評価の理由ですが、このバリトンも持ってみると現代の楽器よりも遥かに重さそのものが軽いことに驚くでしょう。

もちろん低音そのものも軽く吹ける半面、全体的にパワーがないという弱点もあります。

その意味では弱い楽器ということができるでしょう。

音色的にはマークシックスよりはちょっと丸さはあると思いますが、現代のマウスピースをつけてしまえばその辺の差はあまり感じないでしょうから、バランスをとるならもう少しあとの初期、中期マークシックスを好む人もいるでしょう。

希少性もあって値段的には、テナーと同じくらいの値段がついています。


www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧