カテゴリー「Alto Sax」の記事

アメセルアルト 9万8千7百2十

今日はアメセルアルトの9万8千台です。

やはりフィルウッズ系の音色を狙うならこの9万台あたりが最も候補に挙がるでしょう?

昔ニュースクールに通っていた時は、オーソドックスなアルトとしては9万あたりにニューヨークメイヤーをつけたような感じがアルトの音色だ、、、みたいな感じで数人の先生に、ほとんど強迫観念のようなものを与えられていたように今では思い返されます。

アルトの場合もちろん後期のアルトのほうが大きく鳴って使いやすいのですが、フィルウッズのようなフィーリングでなくズバッと鳴ってしまうのでいい音しないよね、、、初期の中でもやや鳴りが大きくなってきた9万台あたりを買いましょう、、、、というような潜在意識があって、このあたりの番台を多く試したように思います。

その場合9万台あたりだとキャラクターは申し分ないのですが、やはり高音の抜けを含めた鳴りの均一性はとても重要なポイントです。

201904109 2019041010 201904104 201904103 201904102 201904101 201904106 201904105 201904107 201904108

 

9万台らしい深い色をしていますね。

パッドはオーバーホールされていてコンディションもよさそうですから、正当な音色の評価が出来そうです。




 

 

ラッカーがしっかり残っていることと、オーバーホールされているので音色はシャキっと鳴っていますね。マウスピースもメイヤーではなく現代のマウスピースを使っているかもしれません。

メイヤーを使えばもう少しそれらしい音にはなることでしょう。しかし、音色のキャラはちょっと弱いかなと思います。 

一見高い音まですっと出ているように聞こえますが、ちょっと音程が上ずって、とくにD#あたりのパームキーの音が弱いですね。

このあたりの楽器は多少はしょうがないと思いますが、このデモ音源を聞く限りはちょっと機能的には弱そうです。

キャラも弱く鳴りの均一性も弱いので、ちょっとこの楽器は評価は低めということが言えるかもしれません。


 

 

| | コメント (0)

アメセル アルト SBA 5万1千台

今日はアメセルアルト のSBA5万1千台です。

つい最近まではここまで古いアルトはあまり注目を浴びることはありませんでしたので、比較的価格も落ち着いていました。

しかしここ数年で?アメセルの初期の楽器も少しずつ値が上がり、少し前のヴィンセントハーリング氏のようにややアメセルアルトに回帰するような動きも出てきているようです。

あるいは現代のアルトの音にやや飽き始めて古い音色に回帰するサイクルが来ているのかも知れません。

さて、そのようなときに、基本的にはアルトの場合はキングスーパー20が最もジャズらしい楽器でしょう。

あるいはセルマーに限っていうなら、フィルウッズの60年代のように8,9万台あたりのアルト、、、のサウンドか、今回のようにSBAのアルトが注目を集めるところでしょう。

SBAはパーカー、ポールデスモンド、スティット、フィルウッズなど多くの楽器に、(古い時代)のみに愛された楽器です。

今回は5万1千台で、1953年製の楽器です。

2019036101
2019036102  
2019036103  
2019036105
2019036106  
2019036108  
2019036109
20190361010  
20190361011  
20190361012
20190361013  
20190361014

典型的な5万台の暗い色をしていますね。

5万台と4万台の違いは、5万台が今回のような暗い楽器が多く音色も暗いものが多いです。

それゆえ枯れた感じのキャラクターがして、4万台は甘い音色が強く出ますね。

5万台のほうが楽器的に強くズバッとなる印象が強くなります。

さて今回の楽器はとてもきれいですが、ネックがつぶれていて残念ですね。
デモ音源があるので聴いてみましょう。
うーん、、、ややバリバリしていますね。


このような楽器は、ビンテージ楽器を通じてちらほらあります。

即ち6万台でも、7万台でもその時代の楽器らしくなく、バリバリ鳴ります。

この楽器の音は、音の広がり方や大きさはさておき、音色のキャラクターでは5万台のSBAの音色という感じではありません。
それは、1つには、調整の具合、、、この楽器はオリジナルパッドが多いそうですが、日本でオーバーホールするとこのような音色になりがちです。

そして、2つめにはこの楽器の反応が非常に優れているということです。それゆえ鳴りすぎて、キャラクターが薄くなっているわけです。

吹いていて気持ちいい楽器でしょうが、こういう楽器を使うとあまりビンテージを使う理由が薄まってしまいます。

すなわち、吹いていてすぐ飽きちゃうわけですね。
楽器の鳴り自体はいいので機能的には優れているのですが、私はこういう楽器はあまり勧めないようにしています。
楽器そのものの色が暗くてもこういう楽器もあるから、中々海外からは買いにくいんですよね、、、、


tomosax.net







| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル アルト 13万7千4百5十

今日は13万台7千台のアルトです。

アルトのマークシックスはこのあたりで劇的なモデルチェンジが行われますが、これはモデルチェンジ後ですね。

シリアル的には、モデルチェンジした直後のミディアムボウとしては最初期にあたります。

セルマーは設計図なしで楽器を作っていたことは周知の事実ですが、このミディアムボウの王道と言えば14万台ですよね。

14万台になると鳴りもさらに大きくなり、それなりにキャラクターもしっかりしています。

この13万7千は14万と同じカテゴリーに入りますが、ズバッと行く加減や、鳴りの大きさはまだまだ弱く、ここからさらにセルマーの職人が大きくしていこうとしていたのがうかがい知れます。


201902261

201902262
201902263
201902264
201902265
201902266
201902268
2019022610
2019022611
2019022612
2019022613
実はこの楽器とシリアルが数番しか離れていない楽器が以前にありました。
どちらの楽器もオーバーホールされていますが、今回の楽器は重たいレゾネーターが入っていて、かなり大きく重く鳴るでしょう。


レゾネーターが入ると音は鋭くなるので、鳴りはやや大きく鳴りますがせっかくのキャラクターを消してしまう作用がでます。


さらには相性としては、鋭い明るいマウスピースと相性が良くなりますので、もしこの状態で使うならメイヤーというよりはメタルのマウスピースでフュージョンっぽい感じが合うでしょう?
この楽器が欲しい人は14万台でもキャラクター重視の人だと思いますが、ちょっとセッティングがいまいちのような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル アルト 6万7千4百

今日は6万台7千のアルトです。

SBAを抜けて6万台にはいり、やっとマークシックスらしく太くなってきた頃の楽器ですね。

一生懸命吹いてもあまり音ベルから抜けず、押すとすぐに詰まってしまうのがこのあたりの特徴で、あの抜け切らない音が本当にビバップ的な音でいいですよね?

さて、その中でも色合いによっていろいろなキャラクターがあるのですが、これは明るめで艶っぽい音がしそうですね。

さて、この楽器斬新なことに、楽器本体のシリアルのあたりに、著名人のサインが彫られています???

201901301
201901302_2
201901303_2
201901304
201901305
201901306
201901307
201901308
誰のサインかというと、ファーガソンとアルトゥーロサンドバル、、、、って、トランぺッターやないかい、、、、と突っ込みを入れたくなりますね。

あとあまり有名でない人のサックス吹きのサインもあります。

私が想像するにファーガソンビッグバンドの演奏を見に行って、ロッキーのテーマとか生で聞いちゃって、たまたま楽器を持っていたからサインをしてもらっちゃった、、、ということでしょう。

楽器に有名人のサインをしてもらうパターンは初めて見かけたような気がします。

恋人の名前の入れ墨を入れちゃうパターンに近いと思いますが、楽器の場合は傷がいきすぎると鳴りが悪くなるのでやめたほうがいいですね?

楽器にサインが入っていることに何の意味があるのか?良くわかりませんが、いいイメージよりも悪いイメージなのは私だけでしょうか?

6800ドルでそれなりにお値段もしています。

もし自分の楽器にサインをもらうとすれば皆さんは誰のサインですか???

他人の名前入れると、、、たとえばブレッカーとか入れるとその人の所有の楽器みたいでなんだか変ですよね???


いれないけど、やっぱり入れるなら所有者の名前がいいように思うのは私わけでしょうか???

tomosax.net








| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ・マーティン アルト 17万1千 リプレートのサテンシルバー

今日はコミッティーⅢことザマーティンの17万台です。

マーテインはラッカーが剥げやすく?リラッカーも多くきれいな状態で残っているものは非常に少ないですよね?

じゃあいっそのこともう一度塗装をかけて、、ついでだからシルバーで落ち着いたパワーのある音にしよう、、、と考える気持ちもよくわかります。
ついでにシルバーはサテンにして、角を落とした音色にしよう、、、とこだわりぬいた仕上げにしたのが今日の楽器です。

201901231
201901232
201901233
201901234
201901235
201901236
201901237
201901238

リプレートにしたため、貝にややダメージがいっていますね。

ですが、とても美しく仕上がっています。どんな音がするのか聞いてみましょう。
「20190123_1.mp3」をダウンロード

大方予想通りですが、音は重く、細かいニュアンスが出にくいサウンドになりました。

これは、サテンシルバーが重いために、音色以外の表現は失われた、、、と言ってもいいくらい、いまいちな感じに聞こえます。
そういえば、ミレニアムなるものもセルマーから出ていましたが、あれも重い上に鈍い、、、個性的な楽器でした。

ということでとても残念な結果になってしまいました。マーティンの軽さならもう少し自由度があってもよかったのですが、特にサテンにするには薄くしないと楽器の表情が死んでしまうようですね???

こういう楽器は音色は最初は楽しいのですが、、、すぐ飽きる、、、ことが多いのですぐに飛びついて買わないように気を付けましょう。

tomosax.net








| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Martin アルト 19万0千4百 ミントコンディション

今日は非常に珍しいマーティンコミッティーⅢ、いわゆるThe Martinの19万台のミントコンディションです。

まずマーティンはきれいな状態で見かけるのが少なく、シリアルのところのシールが残っていればいいほう、、、オリジナルパッドが完全に残っているものは皆無で、リラッカーも多く存在します。

今回の楽器はパッドが1つ2つ替えられているだけで、ほぼ売られていた時の状態です。

19万台でザマーティンとしてはかなり後期ですが、1955年初頭の楽器で、パーカー先生が亡くなった時代の楽器と考えればかなり古いのがイメージできると思います。

201901171
201901172
201901173
201901174
201901175
201901176
201901177
201901177_2
201901178
201901179
2019011710
2019011711
2019011712
2019011715
2019011717
2019011718
まず、オリジナルのパッドは今の楽器のようにレゾネーターが大きく張り出していないため、かなり音にエッジが立ちにくく鈍いのがわかります。

そして、わたしが注目するのはパッドの開きです。

パッドの開き方はかなり癖があり、総じて狭めにとってありますが、低いほうはまあまあ開いているのがわかります。

LowCはかなり狭く、Dあたりの音はかなりこもった感じに鳴るのよくわかります。

このようなセッティングで売られているマーティンはほぼないので、現代で私たちが見かけるザマーティンは当時とは音色やフィーリングがかなり異なるであろうということが良くわかります。

この楽器はコンディションも貴重ですが、セッティングのリファレンスとしてとっておいてほしいですね。

ちなみにこんなにきれいでも18万円くらいならかなりお買い得ではないででしょうか???


tomosax.net





| | コメント (0) | トラックバック (0)

キング スーパー20 第二世代 30万8千9百

今日はキングスーパー20の第2世代といわれている、第一世代のマイナーチェンジ後の楽器になります。

我々の思っているキングスーパー20のイメージはパーカー先生の場合が多いと思いますが、パーカー先生の楽器は第一世代マイナーチェンジの楽器です。

第一世代マイナーチェンジの楽器は30万5千あたりまでと言われていますので、今回の30万8千はパーカー先生の楽器からはモデルチェンジしたその後のモデルの初期のものです。


見かけ上の違いは、テーブルキーの機構がさらに改善されています。
左が第二世代です。

2018121401x
また特徴的なキーガードも簡素な板に変更になっています。

2018121402x
そして、LowC#とLowCの彫刻がなくなります。 BbとBはそのままですね。

2018121403x
さて、そんな第2世代のキングスーパー20ですが、キング時代としてはもっとも完成度が高く、まさにビバップアルトといえるでしょう。

リラッカーのものが非常に多いキングですが、今回のものはとてもきれいで、希少性が高いと思います。

201812141
201812142
201812143
201812144
201812146
201812147
201812149
2018121410
2018121411
2018121416
第2世代の特徴は、第1世代よりも安定感が増したことでしょうか? 

マイナーチェンジ後の第1世代不安定なところもあり、楽器としてもやや弱いですが、第2世代になると少しシャキッとして、安定感が増します。

音色も少しフォーカスされますが、第3世代のよりはっきりとした感じではなく、まだ甘さが残っていい音色ですね。

指などの形はそれでもずいぶん異なりますが、ややマークシックス的になってきているということも、全体的に言えるでしょう。

それだけセルマーがマーケットの寡占を広めつつあったことが影響しているということだと思います。

この第2世代は、音色のバランスと楽器の完成度の高さがちょうどよく、最もキングらしい使い勝手のいいあたりです。

マークシックスもいいですが、ビバップを愛する身としてはアルトはキングがやはり”キング”でしょう。
形だけではなく、実もこだわりたい人におススメの楽器です。

tomosax.net








| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンボーン氏のヤマハゴールドプレート

今日はサンボーン氏のヤマハのゴールドプレートです。

この楽器は2012年あたりに一度彼のコレクションの一部のとして売られていたものですが、それから数人の手を経て?また売りに出されてます。

その当時の様子がこちら

http://tomosax.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-37f5.html

さて、この楽器の詳細な経緯がわかりました。

まず、2006年に彼がこの楽器を手放して、その後手に入れた人が当時サンボーン氏が修理を任せていたビルシンガーというリペアマンに、またサンボーン仕様にセットアップしなおしているのが今の状況だそうです。

手放したあたりのときに楽器にサインをしたりと彼のファンの人たちがあれやこれやした後がうかがえます。

201811262
201811263
201811264
201811265
201811266
201811267
201811268
201811269
2018112610
2018112611
2018112612
まずこの楽器は62ではなく、いわゆるカタログにはない特別なモデルです。

実は私もこれとほぼ同じモデルと吹いたことがあります。

それは、ヤマハの工場で働いていた人が自分用に製造させた62的な楽器とのことでしたが、ちょっとカスタムっぽいところもあったり、でもほとんど62的な感じで、吹いた感じは62をしっかりさせたモデルでした。

当時ヤマハはこういう楽器もプロトタイプとして作っていたけどまだ余には出していない、、、というモデルということでしょう?


サンボーン氏は1980年にこの楽器をヤマハからプレゼントされ、As We Speakというアルバムの曲で使用していることは前から知られていましたが、部分的ではなくこのアルバムのアルトはすべてコレらしいです。


今回わかったことは、ソプラノもセットでプレゼントされ、ソプラノはまだ所持しているらしい、、、とのこと。

この楽器はサンボーン氏からグレッグフィッシュマンというシカゴのローカルな人からいまの持ち主に譲ってもらったそうです。
ファンの人が買うんだけど、結局使わなくって売ってしまうというパターンでしょうか?

サンボーンが62を、、なんて話はよく聞きますが、もしこの楽器のことを言っているとすれば、62とはちょっと違う楽器で、もうすこしパワーのある楽器を使っていた、というイメージのほうが近いかもしれません。

tomosax.net


| | コメント (2) | トラックバック (0)

アメセル アルト 5万8千3百

今日はアメセルアルトの5万8千台です。
初期のマークシックスアルトですが、5万台のアルトもいろいろなキャラクターがあってとても面白ですね。

通常は暗いグリーンラッカー的な色合いが多い5万7,8千ですが、今回の楽器はかなり明るめでよくある重たい暗い音色よりは、カラっとした音色で鳴ることでしょう。

201811011
201811012
201811013
201811015
201811016
201811017
201811019
2018110112
よく見るとU字管を離した跡がありますね。凹みを直したということでしょうから、やっちゃったのかもしれません。

さて、このあたりの楽器は多少の個性のばらつきはあるにせよ、こもった、面白い音がします。

SBAは音が細いのですが、マークシックスになると音の太さが出ますよね。太さと同時にこもったような音になりますが、それをフルパワーでふかし気味に吹く、、、でも、音は大きくない、、、みたいなのが特徴です。

NYメイヤーなどつけるとルードナルドソンのような音がします。

丸みのある温かみを感じさせる音ですが、ボリュームがないので、よく響く小さなハコでないととが埋もれてしまうので、そこが大きな欠点です。

さて、この楽器はそのような中でも明るめの楽器でしょうから、ちょっとエッジがあってパリッとするでしょう。

ということは、明るいマウスピースをつけると味が薄まりますから、暗めのマウスピースを使っている人が合わせるとこの楽器の良さを引き出せそうですね。

修理跡がちょっと残念な楽器です。

tomsoax.net


| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル アルト 14万2千1百

今日はアメセルのアルト、14万2千台です。

やはりアルトの人は、ただ14万台ということではなく14万何千か、、ということに非常に強いこだわりがある人が多いですね?

2千番台は14万台としてはやや弱いながらも、14万後期のような直線的な響きではなく、ややこもったようなモッとした響きが特徴です。

2千くらいだ暗い色をしたものもありますが、これはそんなに暗くないので、スバッとは鳴るでしょうが音の張りは後期よりは弱く、やわらかい音がするでしょう。


私はこの楽器は当たりの楽器だと思います。当たりだとどうなるかというと、同じくらいの番手よりも気持ちよく反応し、よく管が震えている感じがあるでしょう。
もしこの写真を見て私と同じ気持ちになる人は、今までビンテージの楽器を数百本吹いているような人であることが多いでしょう、、、


201810121_2
201810122
201810123
201810124
201810125
201810126
201810127
201810128
2018101210
2018101214
コンディションはかなり良さそうですね。


音量は14万としてはさほどでもないでしょうが、それなりに強く鳴ってバランスがいいのが特徴ですね。ドジャズにも後期よりはこのあたりの番手のほうが向いているでしょう。

さて、私が注目したのは、材質、、、この楽器は非常に銅が多いことが見て取れます。
ラッカーが少しはがれているところが銅っぽい感じが見えるのと、特に以下の写真のEbのトーンホールでは
201810123_2
青錆がついていて、この楽器が銅が多いことが見て取れます。
銅が多いということ楽器の重量も通常の楽器よりは重く感じるはずです。

ヤナギサワがブロンズモデルを作るように、銅が多いとよく鳴る楽器ができます。銅がすくないと軽く輪郭のあるパリッとした感じに鳴りますね。

私が今までいてきた楽器でずば抜けた反応、鳴りを持つ楽器は、この楽器のように銅の組成が多いものがほとんどでした。

この楽器も期待できそうだな、、、と思っています。
一度に一本の楽器しか吹けないので複数持っていてもしょうがないのですが、もし口が二つあってもう1本楽器が必要ならこういう楽器を買っていることでしょう。
www.tomosax.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧