カテゴリー「Alto Sax」の記事

アメセル アルト 14万9千7百

今日は王道の14万台です。

世間では14万台だと何でも、おおっ!!!っという感じになりますが、私の周りの人達は14万何千までこだわる人が多いですね。

それもそのはず、14万台の中でも色々な楽器があって個性も違うので、14万というくくりだけでは、こだわる人の欲求を満たしきれないからでしょう、、、


さて、今日は14万9千台で、14万台として、あるいはマークシックスとして最も大きな鳴りと鋭さを持ち合わせる強力な楽器です。


私もこのあたりの番台をたくさん味見してきましたが、私自身もこの楽器と100ほどしかシリアルが離れていない楽器を持っています。


私が最初にこの楽器を見たときの印象は、あまり見かけない色だな、、、ということでした。
201807051
201807053
201807054
201807055
201807056
201807057
201807058
201807059
2018070512
2018070513
2018070514
2018070516
2018070517
2018070518

このあたりの楽器は、基本的には黄色っぽい色が多いので通常良く見かける色よりは暗く見えて珍しいですね。

写真の場合は色見が変わって見えるので、当てにならないこともありますが、通常よりはくすんだ色に見えますね。


正直、彫刻がやや怪しいところもあるので、オリジナルラッカーとして売られていますがちょっと信用できない部分もあります。


ですがオリジナルラッカーとすれば、通常よりも落ち着いた音がするでしょう。このあたりの楽器は非常に鋭くなるので、その角もちょっと丸みを帯びているかもしれません。


キーもかなり開いているので、通常の14万よりは音の飛び方が広がっていることでしょう。

コンディションはあまりよくなさそうですが、14万9千台は鳴り過ぎて味が、、、という人にはおススメの楽器かもしれません???

www.tomosax.net




| | コメント (8) | トラックバック (0)

フラセル アルト 17万台 LowA シルバープレート 特注

今日はフラセルアルトのおそらく17万台です。


写真が不鮮明で19万にも見えますが、17万だと思います。


さて、この楽器にはLowAがついていますが、非常に珍しいシルバープレート仕様です。

私がここ十数年見たLowAアルトは、アメセル、フラセルともラッカー仕上げのものが殆どでしたので、このようなシルバープレートのLowAはゴールドプレートのアメセル並に珍しいものだと思います。

さらには、この楽器には特別オーダーをうかがわせるものがあります。

201806221
201806222
201806223
201806224
201806225
201806226
201806227
201806228
201806229
2018062210
2018062211
2018062212


まずオリジナルシルバーかという問題がありますが、この豪華な仕様とシルバープレートの状態からしてまず間違いなくオリジナルシルバープレートでしょう。


この楽器には特別仕様であるトリルキーがついています。


右手HighEの横に小さなキーがついているのと、右手の親指の左下あたりに見かけないキーがついているのが見受けられます。


即ちLowAのトリルキー付き、しかも珍しいシルバープレートということは、特注以外には絶対にない構成で、珍しさで言えばこの楽器以外にはこの楽器の仕様は存在しないかもしれません。


さて、肝心の音色ですが、シルバーでLowAですからかなりこもった音で暗い音がするはずです。


この楽器を特注した人は、クラシックマニアで相当なこだわりを持って注文したことでしょうが、あいにくあまり使われずに残っているということは、それほど役に立たなかったのかもしれません。


とても珍しい楽器でコレクター向けですね???



www.tomosax.net





| | コメント (0) | トラックバック (0)

BA アルト 2万4千0百 ミントコンディション

今日はバランストアクションのアルトです。2万4千台で1937年製の楽器です。

即ちBAの2年目の楽器で最初の2千本ほどの楽器です。
1936年から作り始められたBAは途中で戦争による中断もありましたが、1948年のスーパーアクションになるまで作り始められました。
今回の楽器はその意味でかなり初期のBAになります。
201805011
201805012
201805013
201805016
201805017
201805019
2018050110
2018050113
2018050124
2018050128
私も知り合いのミュージシャンに頼まれてBAを探したことがありますが、世の中のBAは殆どリラッカーされています。
某有名サイトで売られているものも殆どリラッカーと思われるものばかりでおりじなるラッカーは殆ど見かけません。
1つにはこの時代の楽器のラッカーが比較的剥がれやすく、また工場でリストアされることが、マークシックスの時期にあたるこの数十年後よりはかなり当たり前に行われていたようです。
ファクトリーでリストアされると彫刻も彫り直されることが多いですから、ちょっと使い込まれた見栄えであれば見分けるのはやや難しくなります。
そういうわけでリラッカーがオリジナルとして売られるようですが、今回のものは奇跡的なコンディションでリラッカーを疑う余地はなさそうです。
オリジナルパッドもほぼ残っていますし、彫刻も美しいですね。
肝心の音色ですが、後期のBAよりは弱く、また音色もシガーカッターなどのキャラクターを感じさせるものでしょう。
ここまでのものはそうは出てこないので非常に希少ですね。
www.tomosax.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キング スーパー20 アルト 29万7千0百 特注アーティストモデル ゴールドプレート

今日はキングスーパー20アルトのすごい楽器です。

シリアルは29万7千台で、キングスーパー20としては第1.5世代、、、即ち使いやすくなった最も初期のモデルです。

スーパー20の第一世代は、テーブルキーがやりにくかったり、ストラップリングがでかかったりと、やや使いにくいものでしたがこの1.5世代から機能性もグッと増しました。

ちなみに、パーカー先生の楽器は今回の楽器と非常に近いシリアルです。

即ち、実質使い物になるスーパー20で最も古いモデルがこのあたりになります。

そして今回の楽器のすごいところは、アーティストモデルといういわゆる個人向けの特注モデルです。

マリアーノカボタジェさんという人用に作られた楽器で、ゴールドプレート仕様です。

201804061
201804062
201804063
201804064
201804065
201804066
201804067
201804068
201804069
2018040610
2018040611
2018040612
2018040613
2018040614
2018040615
2018040616
2018040617
2018040618
2018040620
2018040621

2018040619
2018040623

ベルの接合部に名前が彫ってありますね。

スーパー20はそのほとんどがリラッカーされていますから、オリジナルのコンディションでさらにゴールドプレートで特注で、こんなにきれいに残っているのはかなり希少です。

パーカー先生の楽器ともかなり近く、ベルがシルバーではないのですが、それでもかなりビンテージ性は高いですね。

試奏音源があるので聴いてみましょう。

もっと丸い音がするかと思いきや、かなりバリバリした音がしますね。

ちょっと拍子抜けしました。これならヤナギサワでいいのでは、、、と思わなくもないですが、
やはりフィーリングは随分違うでしょう。

楽器としてはかなり希少なのでキングファンにはたまらないでしょう、、、


www.tomosax.net






















 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キング スーパー20 アルト  34万6千9百 関係者用?

今日はキングスーパー20、アルトの珍品です。

キングスーパー20は激しくモデルチェンジをした楽器として有名ですが、細かくモデルで分けると6~7の段階に分けられます。

その中でも一般的なスーパー20のイメージといえば、第2、3世代あたりの比較的初期のビバップホーンでしょう。

今回は34万中期ですから1955~56年あたりの第三世代に入った直後の楽器です。

この頃はまだまだヴィンテージ性が高く、また音色はやや硬くなりつつあったにせよ十分にいい音色がする楽器であります。

本当はこの楽器もそういう意味で中々の楽器なのですが、シリアルは1955年だけど実際の楽器の形は第4世代のかなり後の楽器という、、、5桁のマークシックスなのに、セブンのキーがついている、、、みたいな楽器です???

201803281
201803282
201803283
201803284
201803285
201803287
2018032811
2018032813
2018032814
2018032815
2018032819
2018032820
2018032821
2018032822

この楽器はキングの従業員の人が息子のために買った楽器だそうです。

ということは、この楽器は、

①プロトタイプか、
②シリアルを打ち間違えただけか?、
③余った管体にあとで新しいキーワークをつけた、、、

のどれかになります。

キーワークはニッケルプレートでネックのソケットもシングルなので、どう考えても後の第4世代の楽器になりますが、驚くべきはそのコンディションですね。

オリジナルのパッドも完全に残っていて、ラッカーもほぼ完璧に残っています。

キングでこのコンディションの楽器はほとんど見かけることはありません。

珍品なだけでなく、コンディション的にもレア度が高いのでかなり面白い楽器ですね。

値段も新品のセルマーよりは遥かに安いので、面白い買い物かもしれません。

 

www.tomosax.net






















 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キング スーパー20 アルト 30万8千

今日はキングスーパー20の30万8千台です。

キングスーパー20は大きく分けるとマーク7くらいまで、、、即ち7種類くらいのモデルに分けられますが、今回のものは初期のマイナーチェンジを除くと第2世代にあたるものです。

キングスーパー20の第一世代はいわゆるゼファーの改良版のような楽器特にテーブルキーが使いにくいような問題もありました。

今回の第2世代はそのような点を改良して黄金期に入ったころの楽器です。

その第2世代はシリアルで言うと30万5千から始まり、年代で言うと1950年に入った頃です。

今回の楽器はそういったわけで、第二世代の初期の楽器で1950~51年あたりのビバップ真っ盛りの時代ですね。

その楽器がまさにオリジナルラッカーでかつオリジナルのパッドが残っているそうです。

201803021
201803022
201803023
201803024
201803025
201803026
201803027
201803028
201803029
2018030210
2018030211

テーブルキーとネックストラップリングの改良は非常に大きな利点でした。

テーブルキーはセルマーSBAを意識して改良されたと思われ、これによりこの時代セルマーと並んでビバップホーンとして君臨した楽器ですね。

この時代の楽器はそのほとんどがリラッカーされておりいいコンディションのものは数えるほどしかありません。

その上オリジナルのパッドがついている、、となるとコンディション的にもかなり希少ですね。

肝心の音色ですが、この時代の楽器として大きな鳴りをもし、また、音も丸さを帯びていてしかも楽器の反応も軽いのではまる人が多いですね???

惜しくもパーカーやキャノンボールのようにベルがシルバーソニックではないですが、それでも十分にその時代の音色を楽しめる楽器でしょう。

50万なら新品のリファレンス買うよりも遥かに価値のある価格だと思います。


 

とはいえ注目度が高く他の楽器よりはちょっと値が張りそうな感じですね???



 

www.tomosax.net






















 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセルアルト 9万8千9百3十

今日はアメセルアルト9万8千3十番台です。

ほぼ10万台に近いこのアルトですが、アルトは5万台から少しずつパワーが増していく上で
10万台は十分な鳴りを兼ね備えつつある楽器ということが出来ます。

楽器の鳴りを単純に相撲番付に例えると、14万前後を横綱とするならそれ以後の後期が大関、12~13万が大関昇進が近い関脇、9~11万が中堅関脇、7~8万が小結、そして5~6万が前頭あたりでしょうか???

ですが、キャラクター番付になると全くその逆で、少なくとも古いほうの楽器から横綱、、、となっていきます。

その意味でこの9~10万あたりは、どちらにもバランスがよくどちらにも利点がある楽器といえるでしょう。

201801301
201801302
201801303
201801304
201801305
201801306
201801307
201801308
201801309
2018013010
2018013012
2018013013

2018013014

メタルのレゾネーターが入っていますね。

この時代はオリジナルの状態でプラスチックですからメタルを入れることで、音が大きく鳴り音色に角がたつようになるでしょう。

デモ音源があります。



典型的なビバップの音で、7,8万台よりはちょと音に厚みがあり、フォーカスされた感じもありますね。

非常にきれいな楽器なのでこのような艶やかな音色がする点も大きいですね。

しかしながら、やはり最大の欠点であるパームキーが弱く、音が潰れてしまいます。

ニューヨークメイヤーで吹くとその弱さは際立ち、音の跳躍でたどり着いたときには音が均一になりませんね。

デモ音源でもそのような箇所がいくつか聞き取れますが、音色重視ならこういう楽器の番手を狙うのがいいでしょう。



www.tomosax.net






















 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BA アルト 2万3千6百 オリジナルラッカー

今日はBAのアルト2万3千台で、1937年製、BAの2年目の楽器になります。

戦争で製造本数が少なくなる以前のものですね。

さて、昨年にBAを買いたい人がいてかなり探した、、、ということがありました。

BAは本数が少ないながらも割りと売りには出ているので購入すること自体はそんなに難しくありません。

ですが、そこには罠がいっぱい、、、なぜかというと、この時代はリラッカーすることが当たり前だったようで、ほとんどの楽器がリラッカーをされています。

そしてそれらの多くがオリジナルラッカーとして、あるいは曖昧なまま売られているのも事実です。

今回のものはオリジナルラッカーで少なくとも昨年から1年以上見てきた中では抜群に美しい楽器です。

201801261
201801262
201801263
201801264
201801265
201801267
201801268
2018012611
2018012612
2018012615

リラッカーさせている楽器はそのほとんどが、リラッカーすると細い線はほとんど埋まってしまいますから彫刻で見分けることが出来ます。

この時代の彫刻は本当に芸術品で、細い線の部分が多く細かいですね。

現代のマウスピースで吹いた参考音源があるのできいてみましょう。

かなり明るい音であまりBAっぽくないですね。

これなら音色的にはSBAでもいいわけであまり面白そうな楽器ではありませんが、希少性は非常に高くこのような楽器はそうは見かけません。

値段も6500ドルで中々良いお値段ですね???

www.tomosax.net


| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル アルト 14万1千 LowA

今日はLowAのアメセルアルト14万1千台です。

14万台が作られた頃には積極的な革新がセルマーの楽器には行われました。 アルトではベルの長さが変更になり、マークシックスの刻印が本体にうたれたり、ヴァリトンシステムが作られたり、、、、そして、多くのLowAの楽器が作られた年でもありました。

正確にはセルマーの台帳を見ないと確認できませんが、私の印象ではこのLowAが一番作られたのは14万台が作られた1967年ごろだと思います。

それゆえ今回のような楽器が多く見られるわけです。

14万1千台は色々なキャラクターの楽器がありますが、今回の楽器は標準的などちらかといえば明るめの楽器ですね。

201711021
201711022
201711023
201711024
201711025
201711026
201711027
201711028
201711029
2017110210
2017110212
2017110213
2017110214

やはりボウとベルのサイズ感により低音の鳴りが改善したので、LowAも意欲的に製造したということでしょうか?

確かに14万台のLowA付き楽器も他の番手よりもよく鳴るとは思いますが、やはり音色そのものが変わってしまうことがありあまり広がらなかったということでしょう。

このようにLowAの楽器は多くの楽器はあまり使われずに残っているので、市場には多く出てきますね。

値段はまちまちで、通常の楽器と同じようなこともあればちょっと安いこともあります。

今回の楽器は8000ドルでちょっと高めです。

あまり引きあいはないので、売れるのにも時間がかかるでしょうね???




www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル アルト 7万5千台 ヴィンセントハーリング

今日はヴィンセントハーリング氏所有のアメセルの7万5千台です。

氏は基本的にはヤナギサワのハードユーザーでそれは彼のデビュー初期にシックスからヤナギサワを使い始めた頃から変わらないと思いますが、4,5年まえだったと記憶していますが、一時期初期マークシックスにはまったことがあったようですね。

その時には数本所有していたようで、ラッカーが剥げた確か6万台?とかも日本で売っていたと思いますが、これもそのあたりにちょっと使用した楽器だと思います。

201711011
201711012
201711013
201711014
201711015
201711016
201711017
201711018
201711019
2017110110

CDが置いてありますからおそらくこの楽器を使用したCDでしょう。

ちょっと聞いてみましょう、、、


なんと、パーカーやスティットのレパートリーであるジプシーやっていますね。

私の友達で氏に師事したひとは何人かいたのですが、その中の一人で仲の良かったマッテオが氏がほとんどスティットを聞いたことがない、、、ということで氏にスティットを聞かせたところ、、、スゲーって言ったという話を覚えています。

マッテオはレッスンの後に氏とバスケして突き指して帰ってきましたね、、、、

肝心のレッスンの内容ですが、ツーファイブのパターンを12キーでいっぱい吹かされたり、ヘキサトニックとかやっていましたね、、

さて、そのサウンドですが、この楽器はヤナギサワのときの音色よりは遥かにボケて弱く聞こえますね。

音もテカテカしておらず、ちょっと迫力がなくなった分、ビンテージのサウンドになった感じですね。

おそらく音量もそれなりに落ちているでしょうから、目の前で聞いたらその違いは割りとあると思います。

100万くらいですからファンの方にはたまらないかもしれません???

www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧