カテゴリー「Alto Sax」の記事

アメセルアルト 9万8千9百3十

今日はアメセルアルト9万8千3十番台です。

ほぼ10万台に近いこのアルトですが、アルトは5万台から少しずつパワーが増していく上で
10万台は十分な鳴りを兼ね備えつつある楽器ということが出来ます。

楽器の鳴りを単純に相撲番付に例えると、14万前後を横綱とするならそれ以後の後期が大関、12~13万が大関昇進が近い関脇、9~11万が中堅関脇、7~8万が小結、そして5~6万が前頭あたりでしょうか???

ですが、キャラクター番付になると全くその逆で、少なくとも古いほうの楽器から横綱、、、となっていきます。

その意味でこの9~10万あたりは、どちらにもバランスがよくどちらにも利点がある楽器といえるでしょう。

201801301
201801302
201801303
201801304
201801305
201801306
201801307
201801308
201801309
2018013010
2018013012
2018013013

2018013014

メタルのレゾネーターが入っていますね。

この時代はオリジナルの状態でプラスチックですからメタルを入れることで、音が大きく鳴り音色に角がたつようになるでしょう。

デモ音源があります。



典型的なビバップの音で、7,8万台よりはちょと音に厚みがあり、フォーカスされた感じもありますね。

非常にきれいな楽器なのでこのような艶やかな音色がする点も大きいですね。

しかしながら、やはり最大の欠点であるパームキーが弱く、音が潰れてしまいます。

ニューヨークメイヤーで吹くとその弱さは際立ち、音の跳躍でたどり着いたときには音が均一になりませんね。

デモ音源でもそのような箇所がいくつか聞き取れますが、音色重視ならこういう楽器の番手を狙うのがいいでしょう。



www.tomosax.net






















 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BA アルト 2万3千6百 オリジナルラッカー

今日はBAのアルト2万3千台で、1937年製、BAの2年目の楽器になります。

戦争で製造本数が少なくなる以前のものですね。

さて、昨年にBAを買いたい人がいてかなり探した、、、ということがありました。

BAは本数が少ないながらも割りと売りには出ているので購入すること自体はそんなに難しくありません。

ですが、そこには罠がいっぱい、、、なぜかというと、この時代はリラッカーすることが当たり前だったようで、ほとんどの楽器がリラッカーをされています。

そしてそれらの多くがオリジナルラッカーとして、あるいは曖昧なまま売られているのも事実です。

今回のものはオリジナルラッカーで少なくとも昨年から1年以上見てきた中では抜群に美しい楽器です。

201801261
201801262
201801263
201801264
201801265
201801267
201801268
2018012611
2018012612
2018012615

リラッカーさせている楽器はそのほとんどが、リラッカーすると細い線はほとんど埋まってしまいますから彫刻で見分けることが出来ます。

この時代の彫刻は本当に芸術品で、細い線の部分が多く細かいですね。

現代のマウスピースで吹いた参考音源があるのできいてみましょう。

かなり明るい音であまりBAっぽくないですね。

これなら音色的にはSBAでもいいわけであまり面白そうな楽器ではありませんが、希少性は非常に高くこのような楽器はそうは見かけません。

値段も6500ドルで中々良いお値段ですね???

www.tomosax.net


| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル アルト 14万1千 LowA

今日はLowAのアメセルアルト14万1千台です。

14万台が作られた頃には積極的な革新がセルマーの楽器には行われました。 アルトではベルの長さが変更になり、マークシックスの刻印が本体にうたれたり、ヴァリトンシステムが作られたり、、、、そして、多くのLowAの楽器が作られた年でもありました。

正確にはセルマーの台帳を見ないと確認できませんが、私の印象ではこのLowAが一番作られたのは14万台が作られた1967年ごろだと思います。

それゆえ今回のような楽器が多く見られるわけです。

14万1千台は色々なキャラクターの楽器がありますが、今回の楽器は標準的などちらかといえば明るめの楽器ですね。

201711021
201711022
201711023
201711024
201711025
201711026
201711027
201711028
201711029
2017110210
2017110212
2017110213
2017110214

やはりボウとベルのサイズ感により低音の鳴りが改善したので、LowAも意欲的に製造したということでしょうか?

確かに14万台のLowA付き楽器も他の番手よりもよく鳴るとは思いますが、やはり音色そのものが変わってしまうことがありあまり広がらなかったということでしょう。

このようにLowAの楽器は多くの楽器はあまり使われずに残っているので、市場には多く出てきますね。

値段はまちまちで、通常の楽器と同じようなこともあればちょっと安いこともあります。

今回の楽器は8000ドルでちょっと高めです。

あまり引きあいはないので、売れるのにも時間がかかるでしょうね???




www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル アルト 7万5千台 ヴィンセントハーリング

今日はヴィンセントハーリング氏所有のアメセルの7万5千台です。

氏は基本的にはヤナギサワのハードユーザーでそれは彼のデビュー初期にシックスからヤナギサワを使い始めた頃から変わらないと思いますが、4,5年まえだったと記憶していますが、一時期初期マークシックスにはまったことがあったようですね。

その時には数本所有していたようで、ラッカーが剥げた確か6万台?とかも日本で売っていたと思いますが、これもそのあたりにちょっと使用した楽器だと思います。

201711011
201711012
201711013
201711014
201711015
201711016
201711017
201711018
201711019
2017110110

CDが置いてありますからおそらくこの楽器を使用したCDでしょう。

ちょっと聞いてみましょう、、、


なんと、パーカーやスティットのレパートリーであるジプシーやっていますね。

私の友達で氏に師事したひとは何人かいたのですが、その中の一人で仲の良かったマッテオが氏がほとんどスティットを聞いたことがない、、、ということで氏にスティットを聞かせたところ、、、スゲーって言ったという話を覚えています。

マッテオはレッスンの後に氏とバスケして突き指して帰ってきましたね、、、、

肝心のレッスンの内容ですが、ツーファイブのパターンを12キーでいっぱい吹かされたり、ヘキサトニックとかやっていましたね、、

さて、そのサウンドですが、この楽器はヤナギサワのときの音色よりは遥かにボケて弱く聞こえますね。

音もテカテカしておらず、ちょっと迫力がなくなった分、ビンテージのサウンドになった感じですね。

おそらく音量もそれなりに落ちているでしょうから、目の前で聞いたらその違いは割りとあると思います。

100万くらいですからファンの方にはたまらないかもしれません???

www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル シリアルなしアルト 

今日は不思議なアメセルアルトです。

9万台ですがボディーにシリアルナンバーがありません。

2017101712

それには色々な理由が考えられるのですが、まず写真を見ていただいたほうが面白いでしょう。

201710171
201710172
2017101715
2017101710

まずここまで見るとある点がおかしいことに気づきます。

楽器を購入する上ではこれは非常に重要な点ですが、皆さんの目利き度はどうでしょうか?

上の写真でそのおかしな点を良く考えて見ましょう???

正解は???


























①まずは彫刻の太さが一定で太いことから、リラッカーであることは一目瞭然です。

②そしてリラッカーなのにオリジナルタンポらしきものがついているということです。

このレベルは大久保の楽器屋さんでもオリジナルとされていることが多いので注意が必要です。

そして、マニアなかたなら9万台アルトにはこういう色はまりないので、色の点でもおかしいと気づくでしょう。

さらに別の写真です。

201710173
201710177
201710175
201710176
201710178
201710179
2017101714_2
 
2017101711

ここまででおかしい点はどうでしょうか?

ベルの接合部がラッカーが剥がれていますね?

ベル側の支柱の留め金とネックにはシリアルがうってあることがわかります。

即ち、この楽器は9万4千台で、ボディーにはシリアルがないことからここはスペアのボディが後から取り付けられたことがわかります。

ほかに、写真から見て取れとれるおかしなことはないでしょうか?

こういうことが見て取れれば、あなたのネットでサックス買っても大丈夫度はぐんと上がりますよ???

正解は???

























201710179_2

テーブルキーがわかりやすいと思うのですが、ラッカーのしたにシミがあります。

即ち、二度がけラッカーとしたことが見て取れます。

さらには、9万台のオリジナルパッドをよく知っている人、、、私は使い終わったパッドもシャレでコレクションしていますが、9万台のパッドはラッカーがけの後は意外にきれいなことが多いです。

アメリカのリペアマンに言わせると、均一でムラのないラッカーがパッドにもかかりきれいな輪郭を示すことが多いですが、この楽器は

201710174

おそらくオリジナルパッドをつけたまま再びリラッカーしたせいか、非常に濃いムラのあるラッカーが一部オリジナルパッドについています。

写真でわかりにくいのですがLowBあたりは交換された新しいパッドでリラッカーされたと私は考えますが、その隣のBbのパッドはオリジナルの2度がけのようにも見え、この写真だけでも一杯飲めそうですね???

ある意味超希少な2度がけオリジナルパッドですが、以上のことから推測するに、この楽器の長い部分のボディーだけトーンホールを損傷するような大きな事故が起きたために、そこだけ部品を取り寄せて交換して、後からラッカーをもう一度かけたものと推測されます。

そして、そのラッカーの色からはおそらく12万台までにはリラッカーされた、、、つまり1960年ごろに購入してその2,3年ごろまでにセルマーの工場で修復されたものと思われます。

マークシックスのスペアパーツは多く出回っていて、こういうことはあまり珍しくなく行われていたと思われますが、実際に目にすると非常に面白いですね???



www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル アルト 7万6千4百

今日はアメセルアルトの7万6千4百です。

7万台アルトは完全にちょっと弱めの楽器で、ビバップ専用楽器と言ってもいいでしょう。
5,6万台はSBAに通ずる音の細さがあるのに対して、7万台あたりになると音のふくらみというものがついてきます。
もちろん8万台になるとそのふくらみというか厚みはより大きくなるのですが、6万台辺りとはまたすこし違ったキャラクターなのがこのあたりの面白さの1つでしょう。
今回の楽器は7万中期ですが、非常にきれいな楽器でオリジナルのパッドも多く残っているようですね。
201710051
201710052
201710053
201710054
201710055
201710056
201710057
201710058
201710059
2017100510
2017100513
2017100514
2017100515
2017100516
7万台の面白さといえば、非常に暗い色をした楽器があることですがこの楽器はかなり明るい色をしていますね。
キャラクター的にはあまり面白みにかける楽器で、きれいですが7万台としてはあまり良い音が音がしない楽器でしょう。
オリジナルのレゾネーターも残っているので、モッとした鳴りかたというよりはちょっとパリパリした輪郭がありながら音の輪のようなものは6万よりはやや大きい、、、という楽器でしょう。
この時代の楽器が欲しい人は音の丸みの中に艶が欲しい人が多いでしょうから、その点ではあまり面白そうな楽器ではありませんね????

www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル アルト 9万0千1百

今日は9万台入って直後の楽器です。

1960年後半頃の楽器となりますが、ハードバップがややマンネリ化しつつある頃の楽器ですね?
マークシックスとしてはまだ弱い部類に入る楽器ですが、丸いキャラクターが残ってそれなりにパワーが付き始めたころの楽器です。
音色のこともさることながら、テナーと異なりアルトはどのくらい押せるか、、アクセルを踏み込めるかということで大きく進化してきました。
8万台まではすぐにアクセルいっぱいという感じですが、9万台になるとそれが少しずつ余裕が出てきます。
この楽器は8万台よりはやや押せる楽器で、低音の鳴り方も大きくなるのが始まったころですね。
201709261
201709262
201709263
201709264
201709265
201709266
201709267
201709268
201709269
2017092610
2017092611
2017092612
2017092613
2017092614
2017092615
テナーはもっと深い色のものが多いですが、9万台のアルトらしく明るめの飴色をしていますね。
非常にいいコンディションでシャキっと鳴ってくれそうです。
強く吹いたときにバキバキ言わない丸い感じはここからどんどん失われていきますが、
この楽器にはそれなりのパワーもありつつ丸さは残っているでしょう。
キャラクター重視で、鳴りも捨てたくないけどそんなには大きく考えていない人向けの楽器ですね???


www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ヤナギサワ アルト 9933GP

今日はヤナギサワの9933のアルトです。ゴールドプレートがかかっています。

993xで始まるタイプはすべて総銀が本体に使用されていますが、この9933はネックとベル部分のみがシルバーソニックな楽器です。

いわば、キングのスーパー20の豪華仕様と同じタイプの楽器で、キングを意識した構成といえるでしょう。

ですが、ゴールドプレートがかかっているのでどこが銀かは全くわかりません。

201709111
201709112
201709113
201709114
201709115
201709116
201709118
2017091111
2017091112
2017091113

非常に美しい楽器ですが、シルバーソニックであることは外見上まったくわかりませんね。

こういう楽器はアメリカには割りと多く出荷されていますが、日本では完全受注製なので見かけることはほとんどありません。

さて、この楽器の特徴はベルがシルバーなので低音太い系です。

低いC、B、Bbあたりの抵抗は特に強く太い音が出ます。

すべて総銀製の9937よりは軽い楽器ですが、それでもかなりの重量感がある楽器ですね。

銀の効果で特に低い音を太くいきたい人向きの楽器です。




www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラセル アルト 8万3千台 マッテシルバー?

さて、今日は珍しいサテンマッテシルバーの8万台アルトです。

オリジナルということですが、サテンマッテシルバーは主にオセアニア向けに作られたものが多く非常に珍しいですね。

今まででは、6万台中期のあたりと8万台でもシリアルが10ほどしか離れていないものがありましたから、そのあたりでまとめて作られたものの1つかな、、、と最初は思いました、、、

201708311
201708312
201708313

まずここまでみて、ケースが違うのでオセアニア向けではないな、、、とマニアの人なら思うでしょう、、、、

201708314
201708315
201708316
201708317
201708319
2017083111
2017083112

なんということでしょう、、、???

ヴァリトンのピックアップの跡があります。

さらにはネックの青いペイントがありませんね。

ということはリプレートであることは間違いないでしょう。

そしてヴァリトンを後からつけたとすれば、とった後はもっと小さいはずですから、とった跡が大きいということはバリトンつけてからリプレートした可能性が高いと思います。

オリジナルであればかなり珍しい楽器ですが、これをオリジナルとして10000ドル近い値段で売っているのは恐ろしいですね???

やはりネットで楽器を買う場合はかなり注意が必要です。


www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメセル アルト 16万8千 ヴァリトンシステム

今日は非常に渋い一品です。

16万台にヴァリトンシステムがほぼ完全な状態で残っているアルトです。

その当時は完全オーダー制で、特別に注文するとこんなにがっちりと溶接された配線に、どでかいアンプが送られてくる仕様でした。

との当時に注文した人は、箱を開けたときには心がさぞかし躍ったことでしょうが、今これが届いたらちょっと困りますね???

それがかなりいい状態で残っています。

というか、取り外すのももったいないのでそのままになっている、、、というほうが正しいでしょう、、、、

201708221
201708222
201708223
201708226
2017082212
2017082215
2017082213
2017082217
2017082219
2017082220

オーバーホールも大変そうですね???

さて、ヴァリトンシステムは1967年ごろに開発されたピックアップシステムですが、やはり有名なのはブレッカーなどテナーのサウンドでしょう。

では、アルトのヴァリトンシステムといって真っ先に思いつく人は誰でしょうか???
広告塔も務めていましたね???
























正解はSonny Stittです。

彼は初期のヴァリトンシステムなので、おそらく14万台についているものを使っていたと思います。

1968年には録音がありますね???




ヴァリトンは音作りにそれなりの経験が必要なようですが、この演奏にあるとおり、オクターバーというかオクターブ離れた音は簡単に出せたようです。

アルトに1オクターブ低い音が鳴っています。

音に太さを与えていますが、必要か?と言われれば結構微妙ですね???

速いパッセージを吹いたときに、1オクターブ下がずっと鳴り続けると結構うるさいですね???

このような演奏がしたい人には、今回のような出物は非常にチャンスで、ミントコンディションにもかかわらず通常のマークシックスよりも安く買えてお買い得ですね???

お家が広い方、いかがでしょうか???



www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧