カテゴリー「Alto Mouthpiece」の記事

メイヤー ブラザーズ アルト 2と3/4のミディアムフェイシングスモールチェンバー

今日はメイヤーブラザーズのマウスピースです。

一時期高騰していましたが、この10年くらいで値は落ち着きいいものは2000~3000ドルあたりで推移しています。

オットーリンクがすべてうなぎ上りなのとは対照的で、逆にNYメイヤーの価格がじわじわ上がっている印象です。

さて、そんなメイヤーブラザーズですが、見たことがない2と3/4というサイズのマウスピースがありました。

201812041
201812042  
201812043  
201812044
201812045  
201812046  
201812048
2ではなく、3よりやや少し目のわがままなサイズですね?
それをさらにスモールチェンバーで作り、鋭く明るい音がするようにする、、ということはかなり特注的なマウスピースです。

とはいってもこの時代のスモールチェンバーですから、現代ほどは小さくなく結構大きめに見えます。


3よりも少し小さいということは、セルマーのCよりも小さいくらいだと思いますが、ダブルリップならそんなに小さすぎずに吹けたことでしょう。


ちょっと変わったマウスピースですね?
tomosax.net





   


| | コメント (0) | トラックバック (0)

オットーリンク トーンマスター アルト 8*

今日はアルトのトーンマスターの8*です。
トーンマスターの時代は4,5,6あたりが主流で大きなサイズのマウスピースはラインナップにはありませんでした。

今回の8*は当時でも、特注でしか手に入らなかったものです。


このマウスピースも誰かが特別オーダーしたものでしょう。

201890211
201890212
201890213
かなりきれいでほとんど使われていませんね。

サイズは8*で95だそうです。

かなり大きいサイズで、当時の楽器としてはかなり大きな音が出たことでしょう。

リンクの8*や9はテナーでもちらほら見かけますが、サイズは意外に適当だったりします。

8*というサイズも何となくつけたのではないかと思いますが、ほかにこのサイズがあってもこの大きさと異なることでしょう。

非常に珍しいマウスピースです。


www.tomosax.net



















| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガーデラ アルト 初期スタジオ シリアル27

今日はガーデラのアルトです。

ガーデラは昔、ニューヨークのロングアイランドに工房を構えていました。

そのせいもあって、NY近郊のミュージシャンはガーデラから直接マウスピースを購入することはかなり普通のことでした。


私がニューヨークにいた2000年初頭で、ガーデラを使っている人達はほぼ彼から直接買った人たちでしたね。

今回のマウスピースもガーデラから直接購入されたマウスピースです。


なんとシリアルが27ですから、製品化されたかなり初期のマウスピースということになります。

そのせいもあって、バイトプレートが通常のデザインと異なっていますね。
201808031
201808032
201808033
201808034
201808035
201808036
201808037
開きはなんと100だそうです。

大体85とか90とかそのくらいのサイズで、通常の8番くらいの大きさが主流ですが、このマウスピースは初期のせいか?かなり大きめですね。


100だと9番で、テナーの7番に相当しますから、テナーのマウスピースをつけてアルトを吹いているといってもいいかもしれません。

バッフルもかなり高めで、パワフルなマウスピースでしょう。

テナーの人が持ち替えで吹くには違和感がないでしょうが、アルトの人が吹くにはかなり大変なマウスピースですね。


ひたすらパワーで勝負したい人にはいいでしょう。

www.tomosax.net








| | コメント (0) | トラックバック (0)

セルマー ソロイストエアーフロー テナー A*

今日はセルマーのエアーフローです。

エアーフローはショートシャンクよりも前に作られたマウスピースですが、SBAなどに付属していたマウスピースで、40年代からショートシャンクが出るまで作られていたマウスピースです。

いわゆる馬の蹄方のチェンバーはショートシャンク中期から導入されますから、これは通常のラージチェンバーで丸型になっています。


201807191
201807192
201807193
201807194
201807195
201807196
201807197
201807198
201807199
まずサイズですが、珍しいA*です。


通常はCサイズから始まりたまにBなど見かけるのが現代ですが、改めてみると昔はAというサイズから始まっていたのです。


昔は小さいマウスピースを使うのは当たりまえの事でしたから、Cというサイズも昔にしてみればそれなりに大きなサイズだったことでしょう。


残念ながら実測値は書かれていませんが、おそらく60そこそこで現代のソプラノ程度しか開いていないかもしれません。

サイズとしては非常に珍しいですが、中々使いにくいサイズですのでリフェイスして古い楽器に合わせるといいかもしれませんね???


www.tomosax.net






| | コメント (0) | トラックバック (0)

オットーリンク アルト ラバー アーリーバビット 10

今日はアルトのオットーリンクのラバー、アーリーバビットの10です。


実測はなんと115で、テナーでいうと8*という大きさです。

しっかりとしたバッフルがついており、かなり派手に大きく鳴るマウスピースと推測されます。

201807141
201807142
201807143
201807144
201807145


その形状の特徴と箱がフロリダであることから、アーリーバビットであることは間違いありませんが、最近はどの時代か、、ということまでこだわる人も多いですね。


その場合は、鑢の目の細さや、フォントの大きさ、ビークの角度などが時代を見分けるポイントとなってきますが、まあまあ初期のほうのものでしょう。


もう少しバッフルが丸まっていてもいいような気がしますが、大きいサイズでは割とまっすぐ作っているようですね???

さて、このくらい大きいサイズだとマウスピースだけがバリバリ鳴るでしょうから、どの楽器をつけても割りと同じような音色がするでしょう。


テナーの大きいマウスピースを使っている人はアルトでこういうマウスピースが欲しくなるようですが、なかなか使いこなせる人は少ないのではないでしょうか?


600ドルは高すぎですね???


www.tomosax.net





| | コメント (0) | トラックバック (0)

オットーリンク アルト スラント 5* 珍品

今日は珍品マウスピースです。

一応アルトのスラントNo USAなのですが、何かがおかしい、、、
まず、マウスピースの太さの割合が違いますね?

詳しく測ってみるとフェイシングのカーブなどもマウスピースのサイズもアーリーバビットと同じだそうです。
201807131
201807132
201807133
201807134
201807135
201807136
もしこれがスラントとするならフロリダブランクのスラントまで刻印して、バビットで仕上げられたアーリーバビット的なもの、、、では何故USAが書かれていないのかはよく理解できませんが、、


本来なら鑢の目を見ればバビットで仕上げられたものかどうかはすぐわかりますが、リフェイスされているためテーブルの鑢の後は見えません。

そして私がもうひとつ思うのは、アーリーバビットで特注で作ってもらってロゴだけ斜めに入れてもらったことも考えられます。

なぜそう思うのかというと、私はオットーリンクのマウスピースでテーブルにメイヤーの刻印があるマウスピースを持っているからです。

即ち刻印などはどうなるもので、現地に行って頼めばいろいろなものは作れたことでしょう。


そういう意味で今回のマウスピースはやはり本質的にはアーリーバビット的なものだろうと思います。

非常に珍しい珍品ですね???


www.tomosax.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メイヤー アルト 11M 中古

今日はメイヤーアルトの11Mの現行品の中古です。


まず11というサイズですが、現行品でも特別オーダーしないと手に入らないサイズです。
Meyerrubbercompare

先日、ニューヨークメイヤーの11が115でした。



しかし、上記表を見る限りでは11は104あたりということになります。


今回のマウスピースの実際のサイズはわかりませんが、概ねそのあたりのサイズを持つはずで、今注文してもこれと似たようなマウスピースがくるはずです。


Meyer_11mm_hr_altoshawna
Meyer_11mm_hr_altoshawna2
Meyer_11mm_hr_altoshawna3
Meyer_11mm_hr_altoshawna4
Meyer_11mm_hr_altoshawna6

メイヤーの現行品も色々ありすぎてとても同じ製品とは思えないような状態のものが混在していますが、これは見た感じは90年代くらいに売られていたような材質に見えるような気がします。

その後、もう少し鈍い材質のものになって暗い音がしたり、戻ったりと色々なバリエーションがありますね。


この90年代あたりのものは明るい音がして鳴らない、、、ものが多かったですね。
その当時は、ナベサダ氏は100本から1本選ぶくらいの確立でアタリがあり、下々のモノにはハズレしか回ってこない、、、と真しやかに語られておりました。

先日のニューヨークメイヤーと比べると大きさの違いはさておき、デザインはかなり異なっており、バッフルがついていてやや鋭くデザインされていたりと、違うマウスピースに見えますね?


11が欲しい人の参考になれば幸いです???


www.tomosax.net





| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニューヨークメイヤー アルト 11M

今日は非常に珍しいニューよくメイヤーの11MSです。

今まで1から11までサイズを見てきたのでこのサイズでも特には驚きませんが、確認できる限りでは最も大きいサイズです。

さて、そのサイズですがなんと、115、、、テナーでいうと8*に相当します。

前に見たものの11のサイズは100ほどでしたから異様に大きいですね。

サイズ的にはリフェイスされている可能性もあるようなとんでもない大きさです。

201805241
201805242
201805243
一応、リフェーサーのブライアンパウエルがちょっと整えるくらいに手を入れているようですが、11というサイズにしては大きすぎます。

ブライアンによれば、9で92ミリインチ、10で98ミリインチのサイズですから11で115はとてつもなく大きいです。

そして開きでだけではなく、フェイシングの長さが25ミリでテナーのようなフェイシングの長さがついています。

フェイシングが長いと一般的にはより押し込めてズバッといけますから、相当大きな音がするでしょう。

テナーのデザインをアルトの大きさで作った恐ろしいマウスピースですね。

おそらく11以上の大きさは、殆ど誰も注文しないので大きさは適当なんですね???

非常に珍しいカスタムメイドのニューヨークメイヤーで、しかも初期のほうです。

コレクターにはたまらないかもしれません、、、、実際に吹いたら音でないでしょうね???

www.tomosax.net











| | コメント (0) | トラックバック (0)

セルマー プリソロイスト アルト D

今日はセルマー、プリソロイストのアルトのDです。

セルマーのマウスピースの歴史は長くすでに百数十年が経過していますが、デザイン的には第4世代めくらいにあたる、ショートシャンクの一つ前のモデル、、いわゆるプリソロイストからが現代的に使えるマウスピースとと言ってもいいでしょう。

マークシックスの登場とほぼ同時期にショートシャンクが始まりますが、今回のプリソロイストはSBAに付属していた時代のマウスピースで、マウスピースの長さがやや近いのが特徴です。

201803231
201803232
201803233
201803234
201803235
201803236
201803237

時代で言うとSBA、初期マークシックスなど40年代後半~50年代初期にあたるので、その時期のほかのメーカー、例えば初期Super20やThe Martinあたりの楽器向け、、のマウスピースとも言うことができます。

先にも申しあげたとおり、ショートシャンク、ロングシャンクと時代を下るにつれて低音の安定性を増すためにマウスピースが長くなってきます。

そのようなマウスピースと比べるとこのマウスピースは短いわけで、このプリソロイストを吹いた後にショートシャンクなどを吹くと焦点の場所が違うために詰まったような抜けきらないような感覚を感じるでしょう。

即ちこのマウスピースは、その時代の楽器にあった音の焦点の場所を持っているわけで、こういうマウスピースをSBA、初期Super20、The Martinにつけるとその当時の音色に近くなります。

なんというか、音の飛び方が違うわけです。

さて、今回のマウスピースはDでやや小さめですが、使えなくはないと思います。
ショートシャンクよりはやや小さかったように思いますので、メイヤーでいう4くらいかもしれません。

このマウスピースをつけてダブルリップで吹くとまさにそういう音がすることでしょう。

古い楽器ユーザーには必須アイテムですね???





www.tomosax.net






















 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オットーリンク スラント アルト No USA 3☆ 新古品

今日はオットーリンクのアルトのスラント、No USAの3☆、、、なんと新古品です。

新古品というのは、その時代から新品のまま残されていたもので箱はそれなりにぼろくなっていますが、マウスピースはオリジナルのビニールにかぶさったままでまだ誰も試奏すらしていない状態です。

しかもNoUSAですから、50年代からの新品ですね。

201802081
20180208
201802083
20180208_4
20180208_5
20180208_6
20180208_7
20180208_8

今から60年ほど前のもので新品ということになります。

開きも3☆で渋い開きですね。

実測値は60だそうで、セルマーで言うとCをやや小さくしたくらいをイメージするといいかもしれません。

即ちあまり利用価値はありませんが、貴重価値は高いでしょう???

コレクター向けの逸品ですね?



www.tomosax.net






















 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧