カテゴリー「Alto Mouthpiece」の記事

オットーリンク スラント アルト No USA 3☆ 新古品

今日はオットーリンクのアルトのスラント、No USAの3☆、、、なんと新古品です。

新古品というのは、その時代から新品のまま残されていたもので箱はそれなりにぼろくなっていますが、マウスピースはオリジナルのビニールにかぶさったままでまだ誰も試奏すらしていない状態です。

しかもNoUSAですから、50年代からの新品ですね。

201802081
20180208
201802083
20180208_4
20180208_5
20180208_6
20180208_7
20180208_8

今から60年ほど前のもので新品ということになります。

開きも3☆で渋い開きですね。

実測値は60だそうで、セルマーで言うとCをやや小さくしたくらいをイメージするといいかもしれません。

即ちあまり利用価値はありませんが、貴重価値は高いでしょう???

コレクター向けの逸品ですね?



www.tomosax.net






















 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニューヨークメイヤー アルト 6MM

今日は非常にきれいなコンディションのニューヨークメイヤーです。

いつの間にか15万円超えが当たり前になってきたニューヨークメイヤーですが、やはりこのマウスピースにしか出ない音があるのでそれを知ってしまうと復刻タイプのマウスピースでは満足できないので高騰しているのでしょう。

ですが、見かけるニューヨークメイヤーはかなり磨り減っているものか、かなり近代のものが多く中々いいものが見つからないのも確かです。

ニューヨークメイヤーは昔からかなりポピュラーなマウスピースで、使い込まれたものが多く、テーブルのダイアモンドが消えかかっているものの多くはかなり磨耗して磨り減っています。

今回のマウスピースはほとんど使われておらず、そういう意味ではかなりいいコンディションです。

201712111
201712112
201712113
201712114
201712115
201712117
201712118
201712119
2017121110
2017121111

レールの内側がくりぬかれているので、少なくとも70年代のものではなく古い時代のもののように見えます。

70年代のものはプラスチックが多く硬質な音がするので、より古い時代ものもであるのもポイントが高いですね。

ダイアモンドの位置が、、、年代ごとに上に上がる、、、という人もいますが、これは年代ごとで微妙に上下するので、当てにはなりません。 70年代のものでもかなり下に付いていたものもありますから、判断材料にはならないですね。

このように割りと初期のデザインできれいなものだとまだまだ長く使えそうです。

一時期はこのようなコンディションのものは20万超えの時もありましたが、マウスピースの高騰はリンクテナーを除けば一服していているので、15万くらいなら安いと感じる人も多いのではないでしょうか?

ですが、ニューヨークメイヤーも当たりはずれが多いので、一か八かで購入するのも怖いですね???



www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ニューヨークメイヤー アルト 2MM

今日はニューヨークメイヤーの2です。

通常よくみかけるのは4,5,6あたりで、2はあまり見かけません!!!

マニア度の高いマウスピースですね。

201711111
201711112
201711113
201711114
201711115
201711116
201711117
201711118

サイズは68ですから、実は4くらいはありますね???

バッフルも底がかなり高いので、実際はリフェイスされているのかもしれません。

形からは古いニューヨークメイヤーではないことがわかりますので、リフェイスもされていればかなりキーキーしたカキンとする音がすることでしょう。

本来であれば60そこそこのサイズを想定していましたから、そういう意味ではややがっかりですね???

過去には1というサイズも見たことがありますから、今度は0を探したいと思います???


<p>www.tomosax.net</p><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><p>&nbsp;</p>

<p></p>

<p></p>

<p></p>

<p></p>

<p></p>

<p>&nbsp;</p>

<p>&nbsp;</p>



| | コメント (0) | トラックバック (0)

オットーリンク アルト フォースター 5

今日はアルトのリンクメタルのフォースターです。

1930年中盤から作られ始めたフォースターモデルは、マスターリンクに続くオットーリンクの2番目に古いモデルです。
基本的には1番目のマスターリンクと同じですが、リガチャーが下のレールから挟み込むものから、シャンク全体を固定するタイプに変更になりました。
さて、このフォースターモデルですが基本的には3,4くらいのサイズしか見かけることはないのですが、今回のものはオリジナルの5*です。
201709271
201709272
201709273
201709274
201709275
201709276
201709277
基本的にはカタログには、5*まで載っていてそれ以上は特別オーダー品になりますが、この5番でもそうそう見かけることはありませんね。
正確な開きはわかりませんが、5番でもセルマーのCくらいのサイズしかないのでとても現代の5番の感覚では吹けないでしょう。
ですが、古い楽器との相性は抜群でBAやSBAにこのようなマウスピースをつけて吹くと、吹きにくいのですが、30年代の音がします。
いやむしろ30年代の音以外をさせることは無理で、当時の音を再現するにはこのようなマウスピースは本当に貴重ですね。
今回のものはかなりきれいで、オリジナルのリガチャーもついていますから、中々のコンディションです。
かなりマニアックなマウスピースで、ほしい人は少ないと思いますが、珍しいですね。

www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オットーリンク スラント アルト 8* No USA

今日はアルトのスラントの8*です。

No USAなのでスラントしては初期のほうになりますが、それでも8*の大きさでこの時代としてはかなり珍しいサイズです。

テナーでは大きなものも割りと見かけますが、アルトは同時は大きなものは全く主流ではありませんので、このような大きなものはテナーよりはかなり少ないはずです。

201709031
201709032
201709033
201709034
201709036
201709037

さずがに素晴らしいラバーのクオリティーであることがはっきり見てとれます。

かなり使い込まれていますが、オリジナルで鑢の跡もはっきり確認できますのでテーブルはオリジナルでしょう。

大きさはなんと105で、テナーの7*くらいありますので、先っぽだけ広げたこともあるかもしれません。

マウスピースの作りは美しく、バッフルもしっかりついているので通常のオットーリンクラバーよりはかなり明るく鳴るはずです。

非常に珍しいマウスピースで、雰囲気を感じます。


www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オットーリンク アルト ラバー アーリーバビット 3*

今日はリンクのアルトラバーマウスピースです。

まず、アーリーバビットについては意味が広がってしまい、何でもかんでもアーリーバビットと呼ばれていますが、これもその意味ではアーリーバビットに属するような70年代終わりあたりのマウスピースだと思います。

大体バッフルがついているとアーリーバビットと呼びたくなるようですが、鑢の目やビークの角度やUSAの大きさなど、、色々なバリエーションがあり何がなんだかわからないですね???

今回のものは人によってはアーリーバビットと呼びたくないでしょうが、呼んでも広い意味ではいいかな、、、と思うものです。

201707121
201707122
201707123
201707124
201707125
201707126
201707128

大きさは3*で渋い開きです。

55ですから、ソプラノ並みの開きで初心者用にはいいかもしれません。

このサイズでもこんなにバッフルをわかりやすくつけていますから、その時代の考え方を如実に表していますね???

面白い音がしそうで、是非試してみたいマウスピースです。


www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デュコフ アルト M4

今日はデュコフのM4です。

デュコフはひっそりと?高値で取引されているマウスピースですが、中々いいものにあたらず皆さん苦労されているようですね。

デュコフといえばDが主流ですが、それ以外のモデルも面白いものが多いですね。しかし、流通量的にはDが最も多いので他のモデルを手に入れようと思うと意外に大変ですね。

さて、今回のモデルはMでバッフルが段になっていないけど通常のマウスピースよりはやや高めのマウスピースです。

201706091
201706092
201706093
201706094
201706095
201706096

サイズは4ですが、Dでも4というサイズはあまり見かけないのでかなり珍しいですね。

さらにMというモデルなので、このマウスピースは手に入れようと思うと中々見かけないタイプです。

Dよりはバッフルが低いので角が立ちにくい音がするでしょうが、それでも明るい音がするのは間違いありません。

マイアミの中でもあまり古そうではありませんから、音色もちょっとぴかっとした感じでしょう。

Dだと4というサイズでは、バッフルが高すぎて息がつまり、ピーというリードミスの原因にもなりやすいですが、Mならその点ではコントロールが楽でしょう。

デュコフを使いたいけど難しいな、、、と感じている人にはこのMモデルはいいかもしれませんね???


www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セルマー 1920年代マウスピース アルト

今日は非常に古いセルマーのマウスピースです。

セルマーにはいわゆるショートシャンクのマウスピースの前にも長いマウスピースの歴史がありますが、今日は1920年代初期~中期の、、おそらくモデル26あたりまでについていたマウスピースです。

いわゆる最初のエアフローあたりですが、エアーフローの中でも2世代に当たるものです。

Sax39_68707039ce014fc9ae5ad5f8aa5f0
Sax40_d3244f942f4148cba3556f80d12f7
Sax41_42766b441fb748758e0f1aa5559b8
Sax42_eb73c10c69ce44f484c1cf099b2b6

tableBと書かれていて、これはこの時代から共通でしばらくこの流れが続きますね。

今から100年ほどまでのマウスピースですが、長さが短いことと、チェンバーが非常に大きく丸い音がしそうですね。

Bのサイズですが、実寸は55でその後のサイズ感と同じです。

非常に暗い音がするマウスピースとして有名ですが、希少なマウスピースです。





www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メイヤー TruFlex 6

今日はアルト、メイヤーTruFlexの6です。

メイヤーは有名なニューヨークメイヤーの前に、マイヤーブラザーズというモデルを作っていました。今回のモデルはそれよりもさらに古い1940年代のモデルになります。

その当時は、アルトマウスピースといえばブリルハートが全盛でメイヤーはあまり主流ではなかったと推察しますが、デザイン的には40年代らしくラージチェンバーでバッフルも全然ありません。

TruFlexはサイズ的には3,4あたりがよくみかけますが、今回のものは6で非常に珍しいですね。

201703171
201703172
201703173
201703174
201703175
201703176

私もこのモデルはいくつか吹いたことがありますが、マイヤーブラザーズと違ってバッフルが低いのでちょっと鋭さが足りないというか、丸さが目立つキャラクターですね。

マイヤーブラザーズとはとても同じ感じには使えないので、違うもう少し古いキャラクターを再現する用途に使うのがいいと思います。

楽器的にも、マーティンやBA、SBAあたりの楽器に合わると音の焦点も合わせやすくていいでしょう。

6で珍しいサイズですが、価値的には難しいところですね???

www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メイヤー ニューヨーク アルト 11S

今日は非常に珍しいニューヨークメイヤーの11です。

あいにく鮮明な画像ではありませんが、11のサイズで横のレールがくりぬかれていることからやや古いタイプのもののようです。

古いタイプで11ということは50年代でこのようなサイズということで驚きですが、実際のサイズはなんと115!!!

115というとテナーでは8*ですから相当大きいサイズです。

201703131
201703132
201703133
201703134
201703135
201703136

スモールチェンバーとなっていますが、大きいサイズにはチェンバーはやや大きめにとられていくものですが、アルトの場合は音が野太くなりすぎるためでしょうか?スモールチェンバー仕様となっています。

このマウスピースは、実際はやや調整されて113という開きのようですがそれでも相当大きいですね。

マウスピースがバリバリ鳴りすぎて通常とは違った趣向の音色が楽しめるでしょうが、そうであればニューヨークメイヤーである必要ななさそうですね???

いずれにせよ珍しいことには変わりないですが、実用性は低そうです。


www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧