« セルマーマークシックス テナー スペアネック S刻印 | トップページ | アメセル アルト 8万9千2百 »

Martin Committee III ザ マーティン テナー 15万0千4百

さて、今日はザマーティンのテナーです。Committee IIIの特定の部分だけをThe Martinといい、マーティン時代の最も優れた楽器として呼びます。

 

今回のものは、15万0千台、、、その意味が分かる人は非常に通だと思いますが、おそらく最初期の楽器になります。1946年からザマーティンは作られ始めましたが、この楽器はその年であるだけでなく、おそらく最初の数百本に入るのではないでしょうか?

基本的には、14万のザマーティンもアルトも含めてみたことがないので、かなり初期のレアものです。

 

202004131 2020041310 202004133 202004134 202004135 202004136 202004138 202004139 202004132 2020041311 2020041312 

 

なるほど、いい色ですね。中後期は見かけますが、これだけ初期のものは20年ほど見ていても1、2本しか見かけませんので、かなりレアです。すぐに売れてしまいました。

 

やはり初期のものはキャラクターが中後期とは異なり、味が濃いのでより古いものを好む人が多いようです。

 

と思うのですが、この時代の楽器はほとんどリラッカーされているのも事実です。この楽器も、リラッカーと思います。まず、これだけきれいなのにシリアル下のシールがない、、、そして、彫刻が埋まり、ラッカーの下にも模様が見えます。

 

これだけいい色ならオリジナルとキャラクターの面でもそん色はありませんが、オリジナルとして売るのはちょっと、、、ですね。

 

やはり海外から買うのはリスクがあるので、こういう有名店でも注意が必要ですね???

 

tomosax.net




 

|

« セルマーマークシックス テナー スペアネック S刻印 | トップページ | アメセル アルト 8万9千2百 »

Tenor Sax」カテゴリの記事

Martin」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セルマーマークシックス テナー スペアネック S刻印 | トップページ | アメセル アルト 8万9千2百 »