« キング スーパー20 アルト 61万8千台 | トップページ | パウエル シルバーイーグル (super20コピー)アルト »

オットーリンク 初期ダブルリング テナー

今日は初期のダブルリングです。

ダブルリングはダブルラインとかダブルバンドともいわれる、初期のスーパートンマスターの代名詞です。

もっとも人気があり、値段も張り、希少性の高いのが特徴ですが、その中でも見栄えだけでも4,5種類に分類され、レアもののトランジショナルを含めるともう少しバリエーションがあるように思います。

より古い初期のものはニューヨークで作られニューヨークダブルリングと呼ばれますが、一般的にはバイトプレートが長いのが特徴です。

今回のものはそれよりも古い、トーンマスターからの移行期にあたる最初期のダブルリングです。

13092dsc05295 13092dsc05297 13092dsc05302 13092dsc05287 13092dsc05291 13092dsc05292 13092dsc05294 13092dsc05289 13092dsc05285

マニアな人ならすぐわかると思いますが?トーンマスターと書かれたバージョンもあって、トーンマスターからの移行期であることが伺い知れます。

もちろんトーンマスターの時代も特に内部のデザインは刻々と変化していきますが、最初はその流れでこれも作られ、デザインが大幅変わったから名前も変えてしまおう、、、と心変わりしたと想像しています。シリアルもトーンマスターからの通しで進んだ番号なのでしょう。

ですが、やっぱり変えようと、、、いわゆるニューヨークバイトプレート長めダブルリングに移るわけですね。

といったわけで、これそのものはトーンマスターとほぼ同等で、トーンマスターを使うのと同じ気持ちでしょう。

あいにく今回のものは大幅にリフェイスされており、オリジナルのデザインはわかりませんが、トーンマスター由来のバッフルやや高め、、、というデザインは見て取れます。

そして中はかなりくりぬかれて、ラージチェンバーといったところですね。

中々面白い逸品ですが、リフェイスが残念なところです。

tomosax.net






 

|

« キング スーパー20 アルト 61万8千台 | トップページ | パウエル シルバーイーグル (super20コピー)アルト »

Otto Link」カテゴリの記事

Tenor Mouthpiece」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キング スーパー20 アルト 61万8千台 | トップページ | パウエル シルバーイーグル (super20コピー)アルト »