« オットーリンク アーリーバビット レイトフロリダ 6 テナーラバー | トップページ | ボブバーグ先生の楽器が850万円???で売りに出されている件? »

オットーリンク アルト 後期ダブルリング 7

今日はアルトのダブルリングの7です。

番号が側面に打ってありますからダブルリングとしては後期のものですね。

この後No USAモデルに変わりますが、両モデルの差は大きいですね。

まず根本的に皆さんがフロリダリンクを吹いた時の感想として、結構モコモコして詰まった感じがあるな、、、スティットのような明るい音でないな、、、ということだと思います。

これを少しずつ遡っていくと、音が近い鳴り方をする、、スティット先生のイメージに近い鳴り方になってきます。

201812261

201812262  
201812263  
201812264
201812265  
201812266  
201812267
201812268  
201812269  
2018122610
私の中ではアルトもテナーも、この後期ダブルリングが最高のリンクメタルです。

サウンドと反応もバランスが最高で、テナーでもダブルリングの後にNo USAを吹くと角が立つな、、と感じます。
もう一つ重要な要素としては、音が近い感じです。

特にアルトではダブルリングはマウスピースが短いのですが、それゆえマウスピースに詰まった感じがなく、近い鳴り方をします。

そのフィーリングがこの時代のサウンドを奏でる一つの大きな要素で、現代のマウスピースでは全く再現できていないところですね。

今回のマウスピースは、まさにスティット的なマウスピースですが、かなり摩耗しているので、難がありそうでなかなか手は出せないですね。

しかしスティットファンとしては 一度は通っておきたいマウスピースですね???
900ドルは高すぎるかな??
tomosax.net




|

« オットーリンク アーリーバビット レイトフロリダ 6 テナーラバー | トップページ | ボブバーグ先生の楽器が850万円???で売りに出されている件? »

Alto Mouthpiece」カテゴリの記事

Otto Link」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195181/74828346

この記事へのトラックバック一覧です: オットーリンク アルト 後期ダブルリング 7:

« オットーリンク アーリーバビット レイトフロリダ 6 テナーラバー | トップページ | ボブバーグ先生の楽器が850万円???で売りに出されている件? »