« 2018年11月1日 | トップページ | 2018年11月6日 »

アメセル テナー 19万1千

今日は19万1千のアメセルテナーです。
最近もこのあたりの番台のアメセルを吹きましたが、やはり中期になると音がフォーカスしてしまうので音色的な魅力が薄いですね。

さて、この時代にはウソかホントか?カタログにExtra Engravingのオプションがあったそうです。
あったという人と、そんなものはなかった、、、という人がいるので本当のところはわからないのですが、今回の楽器はそのオプションで彫られた彫刻とのことです。

201811031
201811032
201811033
201811034
201811035
201811036
201811039
201811038
2018110311_3
2018110312
このような彫刻は初めて見ますが、ゴールドプレートの彫刻とも少し違うし、それっぽいような違うような変な感じですね?

私が思うに、余分な彫刻は彫った部分が明るく見えます。

気のせいかもしれませんが、もしそうなら彫刻は後で彫ったということになり、オリジナルのオプションではないということになります。

彫刻があったからどういうわけではありませんが、一応オリジナルのオプションでレアものとして売られているので、かなり怪しい感じがしますね?
他にこのようなものがあるか注意して見る必要がありそうです。


www.tomosax.net


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月1日 | トップページ | 2018年11月6日 »