« 2018年10月19日 | トップページ | 2018年10月24日 »

オットーリンク レゾチェンバー Lyle Bowenモデル

今日はオットーリンクの本人モデルです。
40年代のレゾチェンバーですが、ライル ボーエンさんという人のカスタマイズモデルだそうです。

このボーエンさんはなんとあのジョーアラードの師匠だった人です。

もちろんジョーアラード氏はオットーリンクにJAモデルと本人モデルが発売されるほど、当時のスタープレーヤーでかのブレッカー氏やボブバーグ氏も師事した人物です。

201810221
201810222
201810223
201810224
201810225
201810227
本人の名前が背中に書かれていてかっこいいですね。

大きさは4*で、この時代にしては標準的ですがやはりかなり小さいですね。

この先生もややクラシックよりな人だったことでしょう。

デザイン的には見た目での違いは分かりません。チェンバーだったり細かいところがやや違うのでしょう。
このマウスピースはアラード先生の紹介によって作られたものと考えられます。

このような特注マウスピースは多く見かけますが、このマウスピースはこの1本しかないわけで、そういう意味では非常に珍しいですね。

tomosax.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月19日 | トップページ | 2018年10月24日 »