« 2018年9月26日 | トップページ | 2018年10月5日 »

キング スーパー20 バリトン 36万9千台

今日は36万台キングスーパー20バリトンです。
第3世代にあたり、ちょうど1960年ごろの楽器で、セルマーなら8万台にあたるあたりの楽器です。

第3世代の楽器は34~38万台ですからちょうど中期にあたる楽器です。第3世代からちょっとずつコストダウンが図られ始まりますが、まだまだビンテージサウンドが楽しめるあたりです。
アルトやテナーでは豪華さは減りますが、鳴りの面でこのあたりが好きという人も多いですね?

それはバリトンにも当てはまるでしょうが、今回の楽器はビンテージの音色が感じられるいい楽器です。


201810011
201810012
201810013
201810014
201810015
201810016
201810017
201810018
2018100110
2018100112
オリジナルラッカーということで売られていますが、あまりあてにはなりません。

テーブルキーが”正”の字に見えるのは私だけでしょうか???


ネックも直角に曲がっていて男らしいですね?


さすがにスーパー20のバリトンはあまり吹き比べたことはありませんが、ベルの形はかなり違っているように見えるので、当然モデルによって鳴り方が変わります。


少し前にでた、41万台と見比べてみましょう。
201809231
201810011_2

今回の楽器のほうがベルの根本のほうが太いですよね? ネックのカーブも随分異なります。

私のイメージではこの第3世代のほうが後のものより太く広がった音がするであろうと思います。


こうしてみるとキングのバリトンもかなり番手によって異なるので、バリトン吹きにはたまらなく面白いところですね。
キングバリトンはほとんどが汚いコンディションしか残っていないのでこういうものでもそうそう買う機会はないでしょう。


4000ドルならその価値は十分あるでしょう。


www.tomosax.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月26日 | トップページ | 2018年10月5日 »