« オットーリンク アーリーバビット 4* テナー ラバー | トップページ | オットーリンク アルト スラント 5* 珍品 »

アメセル アルト 14万9千7百

今日は王道の14万台です。

世間では14万台だと何でも、おおっ!!!っという感じになりますが、私の周りの人達は14万何千までこだわる人が多いですね。

それもそのはず、14万台の中でも色々な楽器があって個性も違うので、14万というくくりだけでは、こだわる人の欲求を満たしきれないからでしょう、、、


さて、今日は14万9千台で、14万台として、あるいはマークシックスとして最も大きな鳴りと鋭さを持ち合わせる強力な楽器です。


私もこのあたりの番台をたくさん味見してきましたが、私自身もこの楽器と100ほどしかシリアルが離れていない楽器を持っています。


私が最初にこの楽器を見たときの印象は、あまり見かけない色だな、、、ということでした。
201807051
201807053
201807054
201807055
201807056
201807057
201807058
201807059
2018070512
2018070513
2018070514
2018070516
2018070517
2018070518

このあたりの楽器は、基本的には黄色っぽい色が多いので通常良く見かける色よりは暗く見えて珍しいですね。

写真の場合は色見が変わって見えるので、当てにならないこともありますが、通常よりはくすんだ色に見えますね。


正直、彫刻がやや怪しいところもあるので、オリジナルラッカーとして売られていますがちょっと信用できない部分もあります。


ですがオリジナルラッカーとすれば、通常よりも落ち着いた音がするでしょう。このあたりの楽器は非常に鋭くなるので、その角もちょっと丸みを帯びているかもしれません。


キーもかなり開いているので、通常の14万よりは音の飛び方が広がっていることでしょう。

コンディションはあまりよくなさそうですが、14万9千台は鳴り過ぎて味が、、、という人にはおススメの楽器かもしれません???

www.tomosax.net




|

« オットーリンク アーリーバビット 4* テナー ラバー | トップページ | オットーリンク アルト スラント 5* 珍品 »

Mark 6」カテゴリの記事

Alto Sax」カテゴリの記事

コメント

初めまして。いつも拝見させて頂いております。
アルトの14万番台ですが、何期かに分けられるのでしょうか?またそれぞれに特徴があるとの事ですが、どの様に分けられ、それぞれの特徴につき教えていただければ幸です。宜しく御願い致します。

投稿: yama-D | 2018年7月 9日 (月) 17時46分

yama-Dさま

コメントありがとうございます。
いわゆる14万台は初期ミィディアムボウという意味で使われることが多いですが、その意味であれば

13万7千中期~14万0千 楽器としては弱いがLongボーのこもった感じや低音の重ったるい感じが大きく異なる楽器

~14万3千 暗い楽器が多くキャラクターの面で最も面白いあたり

~14万5千 特にサンボーンシリアルといわれ4千あたりはバランスがいいあたり

14万6千から15万入って数百くらい
トンドン音が鋭くなり鳴りも大きく、高い音も強い楽器、キャラクターも明るめになってくる

と言った感じでしょうか? それぞれの特徴は今まで実例を述べてたくさん上げてきましたのでそちらを参照されてください。

最近ではサンボーンが買う予定だった楽器が私のところにサンボーンを振り払って回ってきましたが、14万5千で台ですべてにおいて完璧といえる楽器でした。

http://saxophone.ocnk.net/product/55

好みもありますがアメセルアルトではやはり14万4,5千あたりが最高という意見もよくわかります、、、

投稿: tomo | 2018年7月12日 (木) 03時03分

tomoさん参考になります。
ありがとうございました。
サンボーンを振り払いましたか!
うらやましいかぎりです!

投稿: yama-D | 2018年7月12日 (木) 06時52分

yama-D様

ご返信ありがとうございます。サンボーンを振り払ったまでは良かったのですが、隠し持っていたところを目ざといマニアの方に見つかり、、どうしても、、、ということでい奪われてしまいました。(笑)

投稿: tomo | 2018年7月13日 (金) 02時09分

なんて事でしょう!残念でした。マニアの方羨ましい...。

投稿: yama-D | 2018年7月13日 (金) 15時14分

tomoさん、もう一つ質問させてください。常々14万番台でもフラセルとアメセルでは別ものと仰っておられますが、フラセルでお勧めというかアメセルでの14万番台相当の番台というのはあるのでしょうか?

投稿: yama-D | 2018年7月14日 (土) 10時01分

yama-D様

ご返信遅くなり申し訳ありません。
14万台フラセルも色々吹いたことありますが、とても同じ楽器とは思えません。材質もさることながら音色やフィーリングも全く異なるので、フラセルとアメセルはヤマハとヤナギサワくらい別の楽器というイメージでもいいかもしれませんね???

フラセルでアメセル14万相当???というのはフラセルで最も評価されている番台でしょうか?

一般的にいえばアルトに関してはないと思います。 総じて音が明るいので、初めから除外、、、というイメージだと思います。 しかし、初期のものは音がぼけているので、そういう意味では8万台あたりの楽器は枯れた感じはありませんが、散った音とそれなりの鳴りの強さがバランスが取れていてジャスをするには割と好きです。

9万台になるとかなり明るくバリバリしてくるように思いますので、フラセルの中では8万くらいの楽器がジャズをするにはちょうどいい、、と勝手に思っています。

8万にはブリセルもありますが、ブリセルの暗い色のものならキャラクターはもっと面白いでしょうね???

投稿: tomo | 2018年7月19日 (木) 02時00分

tomoさん
アメセル フラセル 全く別物なんですね。ビックリです。
参考になります。
ありがとうございました😊。

投稿: Yama-D | 2018年7月19日 (木) 20時41分

当管体の所有者となった者です。
いつも興味深くブログを拝見させていただいております。
これはオリジナルラッカーに更にラッカーが全てにわたって上塗りされているようです。
爪で削ることができるのですが、どこも下地からツルピカのオリジナルラッカーが登場してきます。
いずれにせよ、tomo様のおっしゃる通り、この番台にしては抑制された音がすると感じます。
よってゴールドのメッキ加工をしたら良くなるのかなと思いました。

投稿: demi | 2020年3月20日 (金) 09時59分

demi様

ご連絡ありがとうございます。
当の所有者の方にご連絡いただいて、本物はこうだった、、、などとご教授いただくとまだまだ勉強不足だなと思うことが多々ありますが、よくご連絡いただきました。

この楽器につきましてはりラッカーに見えるけど、オリジナルとは違う趣があって面白そうだな、、と思った記憶があります。

金メッキの加工はとにかく、アメセルの枯れた感じが消えてただ暑苦しい音がするだけなので、私はお勧めできません。

そういう音が欲しいのなら、シリーズ2のGPでも重さや抵抗感はずいぶん違いますが音的にはそんなに変わらないので、そういうもののほうが扱いやすいと思います。

むしろ、2度掛けされたラッカーがいい感じにはがれてきて、管体が良く振動して、よく歌う楽器になった状態で、ラッカーが残っている後期アメセルシックスのネックなどつけると、明るさはあるまま、この番手の音色と特徴が生かせると思います。


投稿: tomo | 2020年3月21日 (土) 01時38分

tomo様
ご回答ありがとうございます。
また、貴重なアドバイスをいただきお礼申し上げます。
この楽器が何故ラッカーが上塗りされたのかまだわかりませんが、
上塗りが剥がれてきたときに事故によるものなのかあるいは音質変化を狙ったものなのかわかるかも知れません。
いずれにせよtomo様の言われるように、
銀メッキ塗装はせずにその時を待ちたいと思います😊

投稿: demi | 2020年3月21日 (土) 12時41分

demi様

ご返信ありがとうございます。
リラッカーするときに元のラッカーをはがさず、そのままかけてしまうパターンもあります。金属の剥離や化学変化を避けるためです。

それゆえ、もともとラッカーがかかっているところにはやや薄めにかかっているでしょうか、リラッカーもムラがあると思います。

アメセルの7万後期には、オリジナルの状態で彫刻部分がさびないようにそのあたりだけ上からリラッカーするパターンもありました。

しかしながらこの楽器は彫りなおされているので、そのままキーを閉じて、上からスプレーでシャーっとやる、オーバーホールがいらず最も手間がかからないリラッカーを金額的に採用したのだと思います。

投稿: tomo | 2020年3月21日 (土) 19時50分

tomo様

有難うございます。
確かに上塗りのラッカーにはムラがありますので、おっしゃる様に処理されたのだと思います。

例えば、彫刻部分は彫り直されてはいないようで、これは画像の撮られ方の効果によりかなり鮮明に見えます。
現物では、特に彫刻の下部辺りの上塗りラッカーは薄く、一方で上部は厚いため彫刻が埋まって見えにくくなっています。

このようにリラッカーした理由として、
•外観の保持
•音質の制御?鳴りすぎの抑制?
あたりと考えますと、クラシック系の所有者が手を加えたのではないかと思います。

しかしだとすれば、マーク6でしかもこの番台を選択した意味がわかりません。
やはり謎です…

投稿: demi | 2020年3月22日 (日) 06時57分

demi様

ご返信ありがとうございます。
この番手は赤く焼けたように錆が出るものもあります。ラッカーが剥げて一部汚くなって、でもその部分だけかけると色が変なので全体的にかけた、、、という感じでしょうか? 

剥がしていない分の利点はありますので、もっと使ってはがれてくると、2倍楽しめますね???

投稿: tomo | 2020年3月24日 (火) 14時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメセル アルト 14万9千7百:

« オットーリンク アーリーバビット 4* テナー ラバー | トップページ | オットーリンク アルト スラント 5* 珍品 »