« 2018年2月13日 | トップページ | 2018年3月2日 »

フラセル ソプラノ 8万1千6百2十

今日は8万1千台ソプラノです。

詳しくは知りませんでしたが、ケニーGのソプラノは81612だそうです。 

私の記憶違いかもしれませんがケニーGのソプラノ修理している人からは9万台と聞いたような気がするので意外でしたが、今回のソプラノは彼の楽器からシリアルがたった12しか離れていないです。

フラセルと思われるので組み立ては別でしょうが、部品としては同じ棚に並んで作られていたことでしょう。

201803011
201803012
201803013
201803014
201803015
201803016
201803017
201803018
201803019
2018030110
2018030111

この時代のフラセルソプラノは明るい色をしているものが多いですが、この楽器はそれらよりは少し濃い色をしていますね。

ひょっとしたらカナダ回りのものかもしれませんね。

この時代のソプラノですが、同じ番手のアメセルとソプラノを吹き比べたことがありますが、溶接部分などはなくラッカーの仕上げだけのはずですがフィーリングや音色は結構違いました。

やはり材質そのものが違うからだと思われますが、フラセルのほうが明るくビシッと鳴る感じですね。

その点では、この二つの楽器はシリアルは近いですが楽器としてはケニーGの楽器とはまた少し違う感じであろうと思います。

www.tomosax.net






















 

とはいえ注目度が高く他の楽器よりはちょっと値が張りそうな感じですね???



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月13日 | トップページ | 2018年3月2日 »