« 2017年11月2日 | トップページ | 2017年11月11日 »

カスタム リストアのコーンサックス

今日は珍品です。

コーンのサックスの本体だけ残して、他の部品を付け替えたサックスです。

やはりコーンは音は最高ですが、指が非常にやりにくいですよね。

ならばキーを付け替えてしまおう、、、という斬新な試みで、このようなサービスを生業にしているいる変な人もいるようですね。

コーンのほかにもマーティンなどもよく見かけますが、今回のものはコーンをサテンゴールドをかけて豪勢な仕様にしています。

201711101
201711102
201711103
201711104
201711105
201711106
201711107
201711108

今回の楽器のカスタマイズ的には、写真があまりよく見えないのでわかりませんが、おそらくキーのみ変えたという感じでしょう。

即ち持ったときの角度はそれほど変更されておらず、テーブルキーなどがやりやすくなった程度でしょう。

キーも中国製と見られる安いものですね??

今まで見た最高にマニアックなカスタマイズは台座から変更していましたから、ほとんど楽器を一から設計するようなものがありました。

それに比べると今回のカスタマイズはマニアック度はやや低いですね???

音はそれなりにビンテージの音がするでしょうが、ゴールドプレートで重くなったりバキバキするでしょうから、余計なことをせずに軽いシルバープレートくらいがよかったのにな、、、と個人的には思います。

おそらくカスタマイズするのに50~100万くらいはかかっているでしょうから、なんとも贅沢な趣味ですね。

ですが、私も一度はこういうことをして遊んでみたいな、、、と思います。

www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月2日 | トップページ | 2017年11月11日 »