« 2017年6月27日 | トップページ | 2017年7月11日 »

アメセル? テナーネック 9万1千台

今日は9万台のネックです。

なんだ、、9万台か、、、と思われる人も多いかもしれませんが、マニアの間では?9万台ネックは最も完成度が高いという人もいます。

某有名老舗修理屋のオリジナルサックスも9万台ネックを参考にしているとも書かれていましたね?

ネックというのはその形状により息の流れ方が変わりますから、音色ももちろんそうですが、音への変わり方や、音の響き、そして押したり引いたりする感じが大きく変わる部分であります。

そういう意味では、9万台ネックは、私も持っていますがそれなりに押したり引いたりもできるし、ボリュームもあるし、カラーの変化があるのでバランスがいいですね。

9万台と6万台あたりを比べると、6万台のほうがやや一辺倒に感じるように思います。

さて、そんな9万台のネックが売りに出されています。

201706301
201706302
201706303
201706304
201706305

オリジナルラッカーでほぼ20万円です。

入り口の下に金属のパッチがはってあるのでラッカーが大きく損失しています。

それ以外のラッカーはきれいに残っているのに、なぜセルマーのロゴの部分の青ペイントがないのでしょうか???

そもそもこの時代の楽器はこのような色ではないので、リラッカーしたのは間違いないでしょう。

だとしてもラッカーが明るすぎないのでそれなりの音色はするとは思いますが、ダメージのあるネックに20万も出せる人は少ないのではないでしょうか???


www.tomosax.net


























 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月27日 | トップページ | 2017年7月11日 »