« 2017年6月9日 | トップページ | 2017年6月27日 »

アメセル アルト 24万1千 

今日はアメセルセブンの24万台1千台です。

アメセルのセブンは23万後半あたりから始まりますから、かなり初期のアメセルセブンになります。

パッドはほぼオリジナルが残っていて、ラッカーが淵についているのがよくわかります。

セブンは楽器としての評価は低いですが、機能的には音が大きく鳴ったり、ちょっとフォーカスされた音だったり、シックスよりは現代的なフィーリングを持ち合わせている楽器です。

しかし、現代的過ぎるがゆえに、キーが大きいなどのマイナスポイントを加えると、、、じゃあ現行の楽器買えばいいじゃん、、、ということで値段的にもちょっと人気が出にくいですね??

しかし、この初期アメセルセブンは、いやむしろこの24万台あたりの初期のセブンのみややマークシックスを感じさせる曇った感じがあるので、その存在意義は大きいかもしれません。

10862241559markviialt1
10862241559markviialt2
10862241559markviialt3
10862241559markviialt4
10862241559markviialt5
10862241559markviialt15
10862241559markviialt18
10862241559markviialt19
10862241559markviialt20
10862241559markviialt25

デモ音源があります。


中後期のセブンは、パッと聞いた感じは現代の楽器を思わせる華やかさがありますが、この音はセブンではありますが、マークシックスを感じさせるフィーリングも音色から感じられます。

パームキーが詰まるところも全く感じられませんし、機能的にもいいと思います。

後は値段との兼ね合いですが、現行品と同じかやや安めに買えるのでお買い得なビンテージ品でしょう。

逆に言えば、この楽器でなければ出ない、、、という音色ではないために、価格の面では上がりきらないのかもしれません。

きれいなコンディションで中々珍しいですね???



www.tomosax.net


























 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月9日 | トップページ | 2017年6月27日 »