« セルマー エアフロー ソプラノ tableC 1930年代 | トップページ | フラセル アルト 8万2千4百 »

オットーリンク テナー ニューヨーク スラント 7*

今日は非常に珍しいニューヨーク時代のスラントです。

スラントと言ってもいわゆるフロリダスラントとは全く異なるものですから、スラントと呼ばないほうがいいでしょうがメタルのトーンマスター的なイメージを持つといいかもしれません。

PreWarスラントなどとも呼ばれるこのマウスピースですが、1940年代らしくラージチェンバーが特徴で丸い音がします。

この時代は3,4あたりの大きさが中心ですので、7*というのはかなり珍しいですね。

106090291nyslant7stenor1
106090291nyslant7stenor2
106090291nyslant7stenor3
106090291nyslant7stenor4
106090291nyslant7stenor5
106090291nyslant7stenor7

オリジナルで102ということで売りに出されていますが、この時代は小さめで7*でも100を超えることはないでしょうから、ややリフェイスされているんでしょうね。

トーンマスターだと8でやっと100に届くくらいですから、おそらく90~95あたりの大きさを少し広げたことになります。

テーブルの鑢の跡はきれいですから、先端のほうだけ広げたわけでそれに伴いバッフルも上がりますから、オリジナルよりはやや鋭めでしょう。

昔はこのようなマウスピースもチラホラ見かけましたが、最近は数年に一度、、、という頻度になってきました。

特に、フロリダスラントのオリジナル7*は、しばらく見たことがありませんね。

ラバーの需要は高いようですね???






www.tomosax.net


























 

|

« セルマー エアフロー ソプラノ tableC 1930年代 | トップページ | フラセル アルト 8万2千4百 »

Otto Link」カテゴリの記事

Tenor Mouthpiece」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195181/70181694

この記事へのトラックバック一覧です: オットーリンク テナー ニューヨーク スラント 7*:

« セルマー エアフロー ソプラノ tableC 1930年代 | トップページ | フラセル アルト 8万2千4百 »