« Meyer Bros 5mm アルト  | トップページ | Dukoff スーパーパワーチェンバー トランジショナル D6 »

ガーデラ テナー スタジオ 後期

今日はガーデラスタジオのかなり後期のほうです。

シリアルは39521で最初のほうは数百で始まっていますから、本当に4万本も作ったのかは疑問ですが、数字的にはかなり後のほうだと思います。

ガーデラも吹くとわかるのですが、一本一本キャラクターが結構異なりますよね?

エッジの立ち方とか、低音の反応とか、小さく吹いたときの反応の仕方やキャラクターなど、、、ハンドメイドだけあって、それぞれに個性があります。

後期のものは前期にくらべてバリバリいうな、って感じがするのですが、このマウスピースもガーデラの中でも相当明るい音のようです。

899139521dguardsgten1
899139521dguardsgten2
899139521dguardsgten3
899139521dguardsgten4
899139521dguardsgten6
899139521dguardsgten7
899139521dguardsgten8

マウスピースをリフェイスした経験があればわかると思うのですが、ヤスリでシュッとやるだけでもキャラクターって大きく変わるくらい微妙な変化がありますよね。

フェイシングの微妙なカーブでも変わるでしょうし、このマウスピースが何故明るめなのかは見た目では判断がつきませんが、とにかく明るいようです。

開きは110ですから、小さいキングモデルのイメージかもしれません。

オリジナルの箱も付いて、ミントコンディションで2000ドル、、初期のものだったらもっと高いでしょう。

www.tomosax.net























|

« Meyer Bros 5mm アルト  | トップページ | Dukoff スーパーパワーチェンバー トランジショナル D6 »

Tenor Mouthpiece」カテゴリの記事

Guardala」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガーデラ テナー スタジオ 後期:

« Meyer Bros 5mm アルト  | トップページ | Dukoff スーパーパワーチェンバー トランジショナル D6 »