« セルマー ソプラニーノ C | トップページ | ソプラノ 1万1千台 BA? »

コーン カーブドソプラノ A管

さて、今日は非常に珍しい楽器です。

1910年製のコーンカーブドソプラノのIn Aです。

1900年の辺りではコーンは、サックスをいろいろなキーで製作しようとしていたようです。

今回のAソプラノもその過程で実験的に作られたものです。

Dsc_3396
Dsc_3397
Dsc_3402
Dsc_3404
Dsc_3405
Dsc_3406
Dsc_3408
Dsc_3411
Dsc_3418
Dsc_3419
Dsc_3422

話はそれだけにとどまらず、歴史的な内容が絡んできます。

この楽器は1910年製ですが、このAソプラノは全部で6本作られたことがわかっています。

しかし同年にアメリカインディアナでは、コーンの工場が火災で焼失し、そのうちの4本は火災で焼けたそうです。 (1910年の焼け跡の写真も残っています。)

Snapcrab_noname_20151211_204250_no0

即ち、この楽器は6本の試作品の残った2本のひとつということになります。

ケースには6の文字がありますから、6番目ということでしょう。

ネックが長いのがわかるでしょうか?

ネックを長くすることで、キーをBbからAにしたようです。

ですが、そうしても音程は悪いようですね。

非常に面白い歴史的に価値のある楽器ですが、お値段はそうでもないようです、、、

www.tomosax.net















| |

« セルマー ソプラニーノ C | トップページ | ソプラノ 1万1千台 BA? »

Soprano Sax」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーン カーブドソプラノ A管:

« セルマー ソプラニーノ C | トップページ | ソプラノ 1万1千台 BA? »