« ヤマハ ビンテージリガチャー? | トップページ | ニューヨーク メイヤー テナー 10 »

オットーリンク テナー メタル No USA 8* ルータバキン

今日はルータバキン氏が所有していたフロリダリンクのNoUSAです。

リフェイスして112という大きさになっています。

氏のマウスピースはたまに出てくるので、いらないものを処分されているのでしょう。

この112という数字に大きなこだわりが感じられますね。
実はこの数字は、彼のメインのマウスピースと同じ大きさで、サイズにするなら8番と8*の間の8.2ということになります。

8では小さいし、8*では大きい、、、、このサイズが彼にとって最適なのですね。

彼はイクイップメントにはこだわりのある人ですから、色々なリンクを112のサイズにしたのではないかと思います。

201510261
201510262

元は8*ですから、少し狭めたのですね。

明るい音をされていますが、マウスピース自体はバッフルはあまり高くなく穏やかか系ですね。

この世代の人は大きめのものを使う人が多かったので、8*も普通ですが現代の傾向としてはちょっと大きめの感じです。

皆さんも彼のように自分の指定の大きさを探されて見てはいかがでしょうか?

ちなみにわたしは102が一番しっくりきます、、、、

www.tomosax.net



















| |

« ヤマハ ビンテージリガチャー? | トップページ | ニューヨーク メイヤー テナー 10 »

Otto Link」カテゴリの記事

Tenor Mouthpiece」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オットーリンク テナー メタル No USA 8* ルータバキン:

« ヤマハ ビンテージリガチャー? | トップページ | ニューヨーク メイヤー テナー 10 »