« 2015年8月19日 (水) | トップページ | 2015年8月25日 (火) »

シリーズ2 アルト56万5千台 アンラッカー

今日はシリーズ2のアンラッカーです。

56万台ですから90年代中期ですね。

このあたりはまだちゃんと作っていたころでしょう。

さて、ジャズホーンとしてまだまだ一般的ではないシリーズ2ですが、アメリカではアルトプレーヤーが割に使っていたりするんですよね。

さて、今回の楽器はそれが自然にアンラッカーになったものです。

西海岸で潮風に吹かれて、ラッカーの剥離も進んだようです。

Snapcrab_noname_2015820_144549_no00
Snapcrab_noname_2015820_144616_no00
Snapcrab_noname_2015820_144624_no00
Snapcrab_noname_2015820_144633_no00
Snapcrab_noname_2015820_144649_no00
Snapcrab_noname_2015820_14473_no00
Snapcrab_noname_2015820_14479_no00
Snapcrab_noname_2015820_144716_no00
Snapcrab_noname_2015820_144723_no00

私もこのような楽器を吹いたことがありますが、ジャズホーンとしては普通にイケるかんじです。

ちょっどバズの多いバリバリした感じはありながらも、ラッカーがなくなることで音に複雑さと深みと暗い感じが出て、非常に好印象でした。

他の楽器メーカーからもアンラッカータイプの楽器は多く出ていますが、これも負けず劣らず素晴らしいキャラクターを発揮してくれます。

むしろセルマーらしさが味わいがあるように思います。

マークセブンやフラセルのシックスもいいですが、アンラッカーシリーズ2がそのうち勢いをましてくるかもしれません???

www.tomosax.net















| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月19日 (水) | トップページ | 2015年8月25日 (火) »