« ネックのキー | トップページ | アメセル SBA テナー 4万2千 »

ガーデラ MB 初期モデル 

今日はガーデラのMBのテナー、初期モデルです。

かなり使い込まれていますが、シリアルは593だそうです。

ちょっとリフェイスはされていますが、通常のものと違うのは、バッフルがあまりありません。

それがリフェイスによるものなのか、元々そうなのかはわかりませんが、初期のものにこういうものがあったので、あったとしては不思議ではありませんね。

8458guardalambtenorcs1
8458guardalambtenorcs2
8458guardalambtenorcs3
8458guardalambtenorcs4
8458guardalambtenorcs5
8458guardalambtenorcs7

とはいえ、バッフルのよく見られる線があまり見えないので、リフェイスしてバッフルを落としたのかな、、、とも思ってしまいますが、バッフルがないことでバキバキした感じは抑えられるでしょう。

磨耗は激しいでしょうから、(整えることが出来れば)ちょっと整えて銀メッキかけると、ちょっと面白いマウスピースになるかもしません。

アルト用のビンテージのリガチャーが付いているのがポイントが高いですが、そのリガチャーだけでも欲しい人は多いのではないでしょうか???

www.tomosax.net



















|

« ネックのキー | トップページ | アメセル SBA テナー 4万2千 »

Tenor Mouthpiece」カテゴリの記事

Guardala」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガーデラ MB 初期モデル :

« ネックのキー | トップページ | アメセル SBA テナー 4万2千 »