« Otto Link Tone Master バリトン 5 | トップページ | (アメリカの)Martin リガチャー 1960年代後半 »

アメセル アルト 8万8千8百

今日はアメセルアルトの8万8千です。

非常にきれいなコンディションで、オリジナルのパッドも多く残っているようです。

色はちょっと明るめでパリッと明るめの音が出る感じでしょうか?

8万台といえばやはり60年代のフィルウッズのようなイメージが強いですね。

その当時フルバンで吹いているような映像が最近では多く見られますが、パワーがないためマイクを通さないとちょっと音は埋もれがちですが、ちょっとボケ気味の丸めの音で艶っぽい音が非常に魅力的ですよね???

6万台くらいでも同じような音色は出ると思いますが、パワーの面ではさらに物足りないので、その点では8万くらいがちょうどいいと考える人も多いようですね。
201503201
201503202
201503203
201503204
201503205
201503206
201503207
201503208
201503209
2015032010
2015032011
2015032032

こういうオリジナルのパッドが残っている楽器も良く見せられるのですが、実際試してみると音は出るけどパッドからもれているために音色は暗めであることが多いようです。

大抵オーバーホールすると音色はかなり明るくなって帰ってきますから、こういう楽器を買うときにはその点を考慮した上で見積もらないと、楽器の真価はわかりにくいですね。

円安の影響で180万を超える値段ですが、かなり高いように思いますね???

www.tomosax.net

























| |

« Otto Link Tone Master バリトン 5 | トップページ | (アメリカの)Martin リガチャー 1960年代後半 »

Mark 6」カテゴリの記事

Alto Sax」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメセル アルト 8万8千8百:

« Otto Link Tone Master バリトン 5 | トップページ | (アメリカの)Martin リガチャー 1960年代後半 »