« アメセル アルト 14万6千 | トップページ | バランストアクション BA テナー 2万6千5百  »

ヤマハ 62 初期ゴールドプレート

今日は、日本が誇るヤマハのYAS-62ビンテージのゴールドプレートです。

その昔、カスタムモデルが発売される前の80年代頃、YAS-62はヤマハの最高級モデルでした。

マークシックス的な感じと、その安定性でさまざまなジャンルのミュージシャンに愛用された楽器です。

特にフュージョン的なプレーヤーの使用が印象に残っており、今でもDave Kozはこの時代の62シルバーを愛用していますね。

古いものはベルのキーガードが一体になっているので見分けが容易です。

4038add0072370
4038add0072371
4038add0072372
4038add0072373
4038add0072378
4038add0072379
4038add00723710
4038add00723711
4038add00723717
4038add00723723

このゴールドプレートの初期型62はサンボーンも所持していました。

初期型62はよく見かけますが、ゴールドプレートは非常にレアですね。

現在の62は、いろいろな意味でちょっと軟い感じになってしまいましたが、この頃の62は軽さの中にしっかりとしたキャラクターと太さと安定性があって、シックスのような軽めの楽器が好きな人には非常に合う楽器です。

状態もきれいですし、マニア垂涎の一品ではないでしょうか?

www.tomosax.net





|

« アメセル アルト 14万6千 | トップページ | バランストアクション BA テナー 2万6千5百  »

Alto Sax」カテゴリの記事

コメント

Tomoさんお世話になっております。
また、質問させてください。
YAMAHA YAS62の初期いわゆるJガードですが、前期(網目模様?この商品のような)と後期(コイン状のギザギザ模様、Dave Koz使用)がありますが、どこかで吹奏感が違う云々という記事を読んだ事があります。人気はパープルロゴ、網目模様の初期物らしいですが、どんな感じなのでしょうか?またサンボーンが使用していたのは前期?後期?なのでしょうか?(音が気に入らないとかで、MarkⅥに戻したようですが、あの音わたしは意外と好きでした。)もしおわかりであればご教授ください。よろしくお願いします。

投稿: Yama-D | 2018年10月17日 (水) 07時09分

Yama-D 様

ご質問ありがとうございます。私に聞くよりサンボーンマニアの方々に聞くほうが早いと思います。

まず2本並べて吹き比べたことはないのですが、楽器の鳴り方のフィーリングが異なっていたように思います。
あとのほうがちょっとペラッとしていたような印象ですが、2本並べたわけでないので、その時のリードの調子だったかもしれません。

ヤマハはシリアルやデザインも一定していないので、どのモデルかということはわかりません。お役にたてずに申し訳ありません。ですが、おそらくそんなに最初のJモデルではないと思います。使っていたのは81年くらいで、そんなに長く使っていたわけではないようなので、、、ですが本人に聞くのが早いですかね???ただ、もっと後にも別のヤマハのゴールドプレートを持っていたようですね?

http://tomosax.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-37f5.html

投稿: tomo | 2018年10月20日 (土) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195181/56097601

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマハ 62 初期ゴールドプレート:

« アメセル アルト 14万6千 | トップページ | バランストアクション BA テナー 2万6千5百  »