« フラセル 12万1千 テナー 未完成品? | トップページ | オットーリンク テナー アーリーバビット 7* ラバー »

ネックエンハンサー 

今日はサックスグルメのネックエンハンサーです。

リングが付いているところに指して使うようです。

効果はネックリングと同じ効果で、音がよりフォーカスされてパワーも出るでしょうね。

201310241
201310242

これは簡単な理屈です。

楽器に、、より口元に近いほうに錘(重り)をつけると音がフォーカスされる、、、錘が重いほど反応が重くなり特に最低音が太くなったように感じる、、、

ということです。

極端な話、このようなものでなくても、ネックにその辺に落ちてる金属のごみを溶接しても同じような効果が得られます。

あとは、程度の問題でそれがメッキ的なものかもしれないし、今回のような金属の塊かもしれません。

ジャズプレーヤーにすれば、むしろつけないほうがビンテージのボケた、、特にコーンなどの楽器に近づいていきます。

昔の楽器の音色のボケた感じは、材質や管のデザインもありますが、付属品によるところもあります。

例えばSBAに今回のネックエンハンサーをつけると、ちょっとマークシックスのようなフォーカスされた音になるでしょう。

このようなことは皆さんよくご存知の通り、現代のセルマーのネックでも行われています。

シリーズ3になってエンブレムが除かれたり、ガードがなくなったりしました、、、

201410243
201410244

これが取り除かれるだけでも結構吹いた感じは変わるでしょうね、、、

ですが、除けばいいというものではなく、一度ある状態に馴染んでいると取り除くと結構鈍く感じてしまうでしょう。

うちのワンコといっしょで、、一度牛ステーキを食べてしまうと、普段のご飯が美味しいしくなく感じてしまうようです、、、

201310245

なので、もう付いている人はそのままにして、あまり新しくつけたりするとどんどん重量化する方に(ステーキを食べ続けるほうに)慣れてしまうので、こういうアイテムはやはり手を出さないほうがいいかもしれませんね???

www.tomosax.net


| |

« フラセル 12万1千 テナー 未完成品? | トップページ | オットーリンク テナー アーリーバビット 7* ラバー »

Tomo's idea (選び方など、、、、)」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見しております。

今回の記事に関しては思い当たる節があります。
私も色々と楽器のパーツを交換しておりましたが、最近思い立ってネックジョイントスクリューを純正品に交換したところ、今までよりも楽にコントロールできるようになりました。
また、楽器本体もGPやSP等重たいものをずっと吹いてきている人とは、楽器に対する要求も全く違う...それらに慣れている人はより重量のある楽器を好まれるようです。

ネックエンハンサーだけでなくまとまるくんみたいな錘やサムフック・サムレストの金属化、小さな金属片に至るまで、何かしらのパーツを交換することで重量化されていくことはtomoさんもこのブログ内で言及されておりました。
私自身も素人ながらなんとなく違いを感じておりましたが、変更することが必ずしも良い結果にならないということを今回学ぶことができました。

このエンハンサーは、楽器により大きいパワーを求めたり、奏者自身パワー溢れる方が求めそうなパーツの様に感じます。
それでも、こういったものもしっかり試奏をして、自分にプラスになるかを判断しなければならないのでしょうね。

今後も面白い記事を期待しております。

投稿: hiro-taka | 2013年10月28日 (月) 14時39分

hiro-taka 様

コメントありがとうございます。

私は色々なデザインのビンテージねじを100本近く持っていますが、重さという要素のほかに、伝導性という要素もあるように思います。

つまり同じ重さのものでも効率よく振動を伝えて力に変わるものや、逆に鈍く感じるものもあります。

やはりこういう重さを替える物は重さでなく、伝導性の観点からよりいい方向に変えていくといいように思います。


投稿: tomo | 2013年11月 1日 (金) 01時19分

こんにちは。
ご返信ありがとうございます。

伝導性に関しては全く意識しておらず、目から鱗が落ちました。
ご指摘のとおり伝導性を意識して手持ちのものを試してみましたが、確かに違いました。

伝導が鈍く鳴りが縮こまるものから、管の鳴りがブルブルと手に伝わるものまであり、後者のほうが吹いていて気持ち良いと感じました。
コントロール性に関してはマウスピースで調整したほうが良さそうですね。

写真のワンコにも癒されました。

どうもありがとうございました。

投稿: hiro-taka | 2013年11月 4日 (月) 16時35分

hiro-taka 様

コメントありがとうございます。

”伝導性”は材質だけでなく、金属の固さでも決まるようです。

特に管本体は叩いて作られますが、刀と同じでどれだけ叩かれたということで、固さ=振動の具合 が異なります。

まあ色々な要素があるわけで、総合的に判断することが非常に重要だと思います。

投稿: tomo | 2013年11月 6日 (水) 10時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネックエンハンサー :

« フラセル 12万1千 テナー 未完成品? | トップページ | オットーリンク テナー アーリーバビット 7* ラバー »