« 2013年6月 7日 (金) | トップページ | 2013年6月12日 (水) »

オットーリンク スラント 6* 変色系

今日は変色したスラントです。

変色はマウスピースの材質や、その置かれた状況によって避けられないものですが、今回のものは相当変色しています。

元々は6*だったものを7*まで広げているので、広げたところだけ削れて普通の色になっています。

クラックがあるようで、リングも巻かれていますね。

6811olinkslantringtenor1
6811olinkslantringtenor2
6811olinkslantringtenor3
6811olinkslantringtenor4
6811olinkslantringtenor5
6811olinkslantringtenor6

広げているのに、、、中はいじっていませんね。

つまり、6*のままのチェンバーですから、7*のものよりは直線的なフィーリングでしょう。

問題は、中まで大きく変色しています。

この中の表面は非常に重要で、これだけ曇っていると音も曇ってダークになるでしょう。

最近のメタルのマウスピースで、中を曇らせて曇った音を狙うのものもありますが、同様の現象です。

中を曇らせると、音に艶がなくなるんですよね、、、

なので、このマウスピース、、、モソモソ使いたいのならこのままでいいでしょうが、音色の幅を持たせたいなら、変色している分も最小限で剃り落として、黒い部分が見えるようにする必要があるでしょう。

そこまで考慮して買うなら、750ドルという金額は、普通な値付けかもしれません。

www.tomosax.com













| | | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年6月 7日 (金) | トップページ | 2013年6月12日 (水) »