« ややビンテージ? リガチャー | トップページ | アメセル テナー 8万6千4百6十 »

アメセル ソプラノ 8万4千 リプレート

今日はアメセルのソプラノ、8万台のゴールドリプレートになります。

70年代にゴールドリプレートしたようで、かなり厚めにかけられています。

アメセルの彫刻がかすかに見える程度に残っていて、、、物悲しい感じが?します。

リプレートせずにそのまま残っていたら貴重なものであったでしょうが、今となっては、いくらゴールドプレートといっても見る影もありません。

2013020041
2013020042
2013020043
2013020044
2013020045
2013020046
2013020047

ゴールドプレートされていますから、音色にアメセルの面影はないでしょう。

こういうのをいくつか吹いたことがありますが、音は非常にギラギラして、マークシックスなのにちょっと重めのフィーリングで、特に重いフィーリングによって力が入り気味でシャープする感じがあるものが多かったですね。

私は何十年もヤマハの875しか吹いていないのでその違いはあるとは思いますが、シックスのラッカーを吹くときにはそういうことにはならないので、ゴールドプレートだとちょっと二の足を踏んでしまいます、、、、

まあ、、、いろんな意味でもったいない楽器に思えてしまいます、、、

www.tomosax.com




















| |

« ややビンテージ? リガチャー | トップページ | アメセル テナー 8万6千4百6十 »

Mark 6」カテゴリの記事

Soprano Sax」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメセル ソプラノ 8万4千 リプレート:

« ややビンテージ? リガチャー | トップページ | アメセル テナー 8万6千4百6十 »