« アメセル バリトン 9万9千4百 Low A | トップページ | アメセル バリトン 13万3千1百 »

アメセル テナー 7万3千 シルバープレート

今日はアメセルのシルバープレート7万台です。

アメセルのシルバープレートは数が少ないので非常に希少です。

もちろん彫刻なしのフラセルに後からアメセルの彫刻を足したりすることもできるので、オリジナルかということに関しては注意が必要ですが、管の接合部分を外してみればアメセルかどうかはわかるでしょう。

写真だけなど外見からの判断は難しいですが、オリジナルということで話を進めてみましょう。

7万中期に差し掛かるあたりですから、パワーもついてきてそのうえにシルバープレートですから、音は同時代のものよりはフォーカスされていると思います。

このあたりにはグリーンラッカー的なものもありますから、そういう暗くモソモソしたものに比べれば、キャラクター的には対極的なところにあるといえるでしょう。

201301071_2
201301072_2
201301073_2
201301074_2
201301075_2
201301076_2

シルバーにすることで、上の音も抜けるようになっているでしょう。

後の時代の楽器に比べて、音はそれでもボケているでしょうし、何より低音が軽く吹ける所にこの楽器の価値があるように思います。

キャラクターよりも機能性重視の人にはオススメしたい楽器です。

www.tomosax.com











| |

« アメセル バリトン 9万9千4百 Low A | トップページ | アメセル バリトン 13万3千1百 »

Mark 6」カテゴリの記事

Tenor Sax」カテゴリの記事

コメント

たのしく拝見しております。

この楽器は貝がそこまですり減っていないようですが、こういうシルバープレートも、使い古されたらパワーがでなくなったりフォーカスしにくくなるんでしょうか?

少し前に彫刻無しのヨーロッパ仕様?の5桁テナーシルバープレートなんかもでていましたね。(彫刻無しのシルバープレートはあんまりよくないという話をきいたことがあります。なんででしょうか?)

投稿: ぽちこ | 2013年1月 9日 (水) 00時00分

ぽちこ 様

コメントありがとうございます。

>>>こういうシルバープレートも、使い古されたらパワーがでなくなったりフォーカスしにくくなるんでしょうか?

そうですね、、相対的にはそうなると思います。 プレートが剥がれれるとその効果は大きいと思います。ネックあたりのはがれ方の影響は特に大きいですね。

>>>なんででしょうか

金属によるところが大きいようです。 あまり気合いれてつくってなかったんでしょうね。あるいはたてつけがいいものが彫刻ありの方にまわされて、そうでないものが、”残り”のほうにまわされたのでしょう。

真偽のほどは定かではないですが、彫刻ありのほうがいい楽器であることの確率は間違いなく高いでしょう。

投稿: tomo | 2013年1月10日 (木) 14時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメセル テナー 7万3千 シルバープレート:

« アメセル バリトン 9万9千4百 Low A | トップページ | アメセル バリトン 13万3千1百 »