« TM マークシックス コピーネック 新発売? | トップページ | アメセル アルト 22万0千台 »

ネック 穴の開きについて

今日は昨日に続いて、TMのネックです。

実は、このネック達、オクターブキーの穴の大きさが、狭いものと広いものの2種類あるそうなのです、、、

Tmtenorneck1
Tmtenorneck3

説明書きによれば、、、穴を広げたものは、、、

【良い事】よりFree Blowingになる、、、
【悪い事】その反面、音が散って、音のカラーがなくなる

という事になるそうで、クラシック系の人には穴が小さいほうでないと駄目みたいです。

なるほど、、、、それは、この穴に関してだけでなく、楽器全般にいえます。

①パッドの開き

パッドの開きを大きくすると、よりオープンなサウンドになり、抵抗も減り、より大きな音になるでしょう。

しかし、、その反面、音は散った感じになり、音色のカラーが消えうせていくのです。

②マウスピース

マウスピースの開きも同じ事が言えるでしょう、、、
あるいは、、、、マウスピースのフェイシングの長さにも言えます、、、

マウスピースの開きを大きくすると、より大きな音が出ますが、やはりカラーは減って、リードの硬さで調節できるにしても、音は散った感じに鳴ります。

あるいは、マウスピースを(フェイシングを長めにとって)吹きやすくしてしまうことでも、同じ事がいえます。

確かに昔の人は、狭いマウスピースを使っていましたし、いい音をしていたのはそういうファクターの影響もなくはないでしょう。

本題に戻りますが、、、

開きには適度な開きがある

ということです。

吹きやすさをとれば、音色が犠牲になる、、、、

という原則のいい例で、穴を広げる事ばかりに目が行きますが、吹きにくくても少し閉じて、いい音を出す、、、、ということにも注目する必要があるいい例ではないでしょうか?

余談ですが、、

実は、私のヤナギサワのアルトは、通常より狭くパッドをしてもらっています。

もちろん抵抗も強くなって、吹きにくくはなるのですが、、、上記のようにそれだけではない利点を感じて、そうしてもらいました。

しかし、、、一般にはオススメできません。

開いた感じに一度なれていると、かなり詰まった感じに耐え切れないかもしれないからです、、、、

セッティングって難しいですね、、、こういうことは、アマチュアの人がやるには、経験豊かなリペアマンかプレーヤーに相談して、決めることが絶対的に必要だと思います、、、、

www.tomosax.com














|

« TM マークシックス コピーネック 新発売? | トップページ | アメセル アルト 22万0千台 »

Tomo's idea (選び方など、、、、)」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見しております。

今回の記事に関して、私も同じく思っています。
私は普段からマウスピースは7☆をずっと使っているのですが、
8以上を吹くと聴いてくれている人は褒めてくれども、
自分自身は「何だかなぁ」と思ってしまいます。
というのも、コントロールが手の内に無いというか、
息も入るし鳴るんだけどしっくりこない、と言うより、
マウスピースのキャラクターの音しかしないと感じていました。
とあるプレイヤー曰く「7でも広い」と言われており、
その方の考え方は非常に参考になり、
自分に合ったオープニングがあること、
それは人によって違うこと、これらを痛感しました。

楽器のタンポのオープニングも同じで、
前は只鳴るから開きめが好きでしたが、
今はコントロールを含めて狭い方が好きです。

これらの経験から、
一人一人に合うセッティングは無い、と考える様になり、
だからこそ最終的には自分の「音(=声)」が大切なのだと、
最近はとても感じております。

今回の記事もとても参考になりました。
ありがとうございました。

投稿: hiro-taka | 2012年8月24日 (金) 22時34分

hiro-taka 様

コメントありがとうございます。

基本的には、その部分を広げるとその部分だけが鳴るようになり、調和が薄れていくイメージだと思います。

最近は、SBAなどあまり鳴らない楽器が好まれるのは、やはり音色やカラーなどの調和を取ることの意味が大きいと思います。

投稿: tomo | 2012年8月25日 (土) 14時17分

こんにちは。キーの開きについて教えていただけますでしょうか?
私もA992を使っていて、出来ればキーの開きを少しでも狭くしたいのですが、狭くすると上のCが詰まり気味になりませんでしょうか?今まで柳沢のアルトは数本吹きましたが、上のCが詰まってハウリングのような音になってしまう物が数本ありました。今使っている992も少しでもキーを狭くすると上のCがちゃんと鳴らなくなります。
キーの開きを狭くする他に、何か手を加えておられるのでしょうか?或いは吹き方の問題でしょうか?

投稿: タイガ | 2012年8月26日 (日) 04時42分

タイガ 様

コメントありがとうございます。

私の楽器については全く問題はありませんが、、確かに以前他の人で、開きに関係なく楽器がブーンと共鳴する症状がありました。

中にコルク入れたりしてそのうちならなくなりました。

私のものについては、ヤナギサワの人にきちんとあれこれ注文つけてやっていただいているので私自身は不都合はありません。

しかし、閉じ具合の加減によって詰まったりするのは当然だと思います。

投稿: tomo | 2012年8月27日 (月) 16時53分

バリトンサックスでヤナギサワ991を最近買ったのですが、オクターブキーを抑えると頃から音程が極端に上がるのですが、中古で買ったのですが数回しか使ってないとお店のリペアマンが言って、点検済みですとの事で、試奏したときはさほど気にならなかった高音域の、オクターブキーを押したあたりから音程が5メモリほど高くなります。
対処法がわかる方教えてください。

投稿: マーク | 2019年3月24日 (日) 10時54分

マーク様 

コメントありがとうございます。ます、オクターブキーを押したDとEはサックスのデザイン上音程は高くなります。 

そしてF#あたりで一番平均的な音程になります。 さらにはオクターブキーを押さない真ん中のCは低い傾向がありますので、オクターブキーを押したDとの音程の差が顕著になります。

まず、何も考えず普通に吹くとそのようになりますのでご質問の内容はごく一般的なサックスの音程のばらつきのようにおもえます。

楽器の構造上は20,30セント高くなるようですが、みなさん耳を使って吹き方で補正しています。

あるいは、CとDの音色のばらつきが出ないようにするのも非常に重要な練習ポイントです。

しかし、楽器に問題があることもなくはないでしょうから切り分けとして、上手な人に吹いてもらって極端に問題が出るのか検証してはいかがでしょうか?

少なくともアカデミックな経歴があるひとはそこまで顕著に高くはならないと思います。

いかがでしょう?

投稿: tomo | 2019年3月29日 (金) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネック 穴の開きについて:

« TM マークシックス コピーネック 新発売? | トップページ | アメセル アルト 22万0千台 »