« 80年代のリンクメタル アルト??? | トップページ | ジュリウスヘンフィルさんのガーデラ アルト »

シガーカッター バリトン リプレート

今日はCigar Cutteのバリトンです。

シリアルは1万6千でかなり古いものです。

この時代はセルマーはまだ、LowA付きは作られていませんのでBbまでとなりますが、シガーカッターのバリトンそのものがかなり珍しいと言えます。

さて、、そのシガーカッターを、彫刻つけて当時に似せて?サテンのゴールドプレートをかけてみたようです、、、

一言で言うならゴージャズそのもので、費用も相当かかっていることでしょう、、、

2860add168210
2860add168211
2860add168212
2860add168213
2860add168217
2860add168218
2860add168219
2860add1682121
2860add1682123

まさにこだわりの仕様といった感じです。

この時代の楽器はかなり軽いですから、ゴールドプレートをかけることで鳴りの大きさや音圧が大きくなっていることでしょう。

音色的には、本来ならかなりボケてボワッとした感じでしょうが、ゴールドプレートをかけることで少しバキバキした現代的になって、ちょっと変わった音色がすると思われます。

もちろんフルバンでも使えるとは思いますが、コーンなどに比べると相対的に軽いので、やはりコンボでソロ楽器として使うのがいいかもしれません。

見栄えもきれいでこの楽器を持つだけで、、、クールに見えることでしょうから、そういう意味でもいいかもしれません???

ちょっと変わった仕様ですが、ソロに徹するには面白い楽器だと思います、、、、

www.tomosax.com













|

« 80年代のリンクメタル アルト??? | トップページ | ジュリウスヘンフィルさんのガーデラ アルト »

Baritone Sax」カテゴリの記事

Selmer Balanced Action」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シガーカッター バリトン リプレート:

« 80年代のリンクメタル アルト??? | トップページ | ジュリウスヘンフィルさんのガーデラ アルト »