« ガーデラ トラディショナル テナー  | トップページ | ゲイリースマルヤンのバックアップマウスピース »

チェオン ガーデラコピー マウスピース

今日は香港のマウスピースです。

前にもご紹介していたことがある、香港のガーデラコピーマウスピース、、、、これに、点々のサインを入れてオリジナル、、、として出回ってるのも目撃されたことがあるマウスピースですが、、、、

とあるサイトでさらに詳細なことが書いてあったので、またご紹介します、、

 

Goldcheong110tsax1
Goldcheong110tsax2
Goldcheong110tsax3
Goldcheong110tsax4

ちょっとテカテカして、やすりの跡は若干異なるものの、ガーデラそっくりです。

このマウスピース、まずCNCというコンピューターで精密に制御する機械で正確に、、、つまり、ガーデラそっくりに作られて、、、さらにチュオンさんの手が加えられるようです。

で、驚きなのは、そこからチュオンさんが10時間もかけて、磨いたりチェックするのです。

そんなに手間をかけても値段は500ドルほど、、、、

さすがに10時間もせっせこやったら、それなりのものができるでしょう。


私は、それを見て日本の製造業の没落と重ね合わせてしまいました。

例えば、日本のテレビが売れなくなってきた理由、、、、それは、他国のものと品質の上で差が縮まってきているからです。 そして、価格的にも日本はコストが高く不利だと、、、

結局、昔と違い、、ある程度コストをかければ、誰でもそれなりにいいモノが出来る時代に
なってしまったわけです、、、、


この、チュオンマウスピースも、そのいい例だと思います。

CNCを使い、人件費が安い国で、一生懸命やればそれなりのものが出来てしまう、、、ということでしょう、、、

台湾製、中国製サックスの台頭が著しいこの10年ですが、マウスピースもそういう転換期にきているのかもしれません。

なぜなら、楽器はさておき、中国製のマウスピースがここまでサックス業界に出てきたのは、私が見てきた限りこれが初めてだからです。

もちろんこれが続くかどうかは、今後の推移を見守る必要がありますが、、、メイヤーのMade in USAがMade in Chinaになる日も、そう遠くはないかもしれません???

www.tomosax.com


























|

« ガーデラ トラディショナル テナー  | トップページ | ゲイリースマルヤンのバックアップマウスピース »

Tenor Mouthpiece」カテゴリの記事

Guardala」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チェオン ガーデラコピー マウスピース:

« ガーデラ トラディショナル テナー  | トップページ | ゲイリースマルヤンのバックアップマウスピース »