« オットーリンク アーリーバビット  アルト 4* | トップページ | アメセル テナー 10万0千3百 »

デイブガーデラ 初期 バリトンマウスピース

今日は初期のDave Guardalaのbaritoneのマウスピースです。

デイブさんいつ帰ってくるんでしょうね???

(まあ、、、一生ってことはないでしょうから、帰ってきたらまた再販されるとは思いますが、、、)

それはさておき、今日のものは彼が、ロングアイランドの自宅のガレージで作っていた時代のものです。

後のモデルに比べて、ティースプレートが端から端までべったりついていて、ちょっと形が違いますね。

一応スタジオモデル、、、、ということですが、バッフルは心持ち穏やかなようにも見えます。

201110171
201110172
201110173
201110174
201110175
201110176
201110177

チェンバー部分も四角くなっていますね。

初期のものがこうなっている、、、というよりは、まだ実験的な段階だったのかもしれません。

後のモデルよりも穏やかな音がするかもしれませんが、十分バキバキいうでしょうから、底まで差は感じられないかもしれません。

リードがあたる部分はかなり磨耗しているので、コンディションとしては悪そうですが、、、テーブルにちょっと厚みがありますから、直しようがあるかもしれません。

しかし、先端部分は薄いので、サイドレールがいっちゃってたら無理でしょうね、、、

2800ドル、、、、、分の価値は、機能的にはないでしょう、、、、

www.tomosax.com


















|

« オットーリンク アーリーバビット  アルト 4* | トップページ | アメセル テナー 10万0千3百 »

Baritone Mouthpiece」カテゴリの記事

Guardala」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デイブガーデラ 初期 バリトンマウスピース:

« オットーリンク アーリーバビット  アルト 4* | トップページ | アメセル テナー 10万0千3百 »