« ソプラノ ニューヨーク メイヤー 4M | トップページ | フラセル アルト 12万5千 »

ガーデラ クレッセント

今日はGuardala Cresent モデルです。

クレッセントは、コルトレーンのクレッセントというアルバムをコンセプトにしたマウスピースで、
ガーデラの中では一番暗く、開きも小さいマウスピースです。

今日のマウスピースはオリジナルのコンディションで、Killer、、、、つまり、素晴らしいマウスピースだそうです。

201107191
201107192
201107193
201107194
201107195
201107196
201107197

なるほど、開きは108でちょっと大きめですね、、、、って、、、

それは、リプレートしてるでしょう、、、

大体クレッセンとは開きは95辺りで、そんなに大きいわけはありません。

もちろん、特注もありますが、、、、レールの始まりを見れば、形が四角くなっています。

そう、、、削っています、、、

ガーデラはメッキがはがれるとどんどん減っていきます。

これも、減ったものを直したものと考えるのが普通です。

普通の人がそういうなら、まだ知らないのかな、、、で済みますが、、、この人、、、、昔っからそんなこと知っててやるんですよね、、、

ちょっと呆れました、、、

www.tomosax.com
















|

« ソプラノ ニューヨーク メイヤー 4M | トップページ | フラセル アルト 12万5千 »

Tenor Mouthpiece」カテゴリの記事

Guardala」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガーデラ クレッセント:

« ソプラノ ニューヨーク メイヤー 4M | トップページ | フラセル アルト 12万5千 »