« フラセル テナー 8万0千7百8十 シルバー | トップページ | アメセル アルト 14万6千  »

ヴァンドレン Jumbo Java

今日はVandorenのJumbo Javaというものをご紹介したいと思います。

バンドレンのマウスピースはいろいろありすぎてよくわからないのですが、今回のものはいわゆるハイバッフルラバータイプのマウスピースです。

Vanjumboaltompc1
Vanjumboaltompc2
Viewimage1
Viewimage

結構昔からありますが、、、昔は青かったりもしたような気がします。

今は、こういう形のものが売られているようで、小生のもっているふるいものには、人のサックス持っている絵などは描かれていません。

サイズによってA35,A45,A55,A75などと分かれています。

あまり気にしていなかったのでつい最近まで吹いてみる機会がなかったのですが、ちょっとスムースジャズを作るのにハイバッフルのマウスピースをいろいろ試す機会があって出してみました。

ハイバッフルといえば、デュコフ、ARBやガーデラなんかが手元にあって、一度に色々試してみました。

それぞれのマウスピースのコメントはまた別の機会にするとして、このヴァンドレンのハイバッフルラバー、、、は、ある意味非常に異なる性質のマウスピースでした。

なによりも、、、吹きやすい、、、、。

吹きやすい、、、というのは、コントロールしやすいという意味です。

つまり、、、ちょっと難しいこと、、、フラジオからBbの最低音に飛んだりしても、反応が速く、あんまり気にしてやる(=コントロールするために何かを変えたり)必要があまりないマウスピースなのです。

これがデュコフだったりARBだと、、、ちょっと気にかけて力加減を変えてやらないと、、、、
ピギィ~~~~~とかいったり、低音がちゃんと当たらなかったりするわけですが、、
このVandorenのハイバッフルマウスピースはすごく簡単にそういうことが出来てしまいます。

そして、さらに異なるのがフィーリングです。

このマウスピースは非常に軽いのです。

デュコフやARBは重い金属ですので、抵抗感もあるし、吹いたときの音の密度も重いですね。

しかし、このラバーはとても軽いので、、、デュコフなどとは同じように吹いてはいけません。

車でいうところのフカしすぎになってしまいます。

つまり、軽く吹けるところが特徴で、、、逆にいえば、重さの面ではギアがDukoffなどに比べてかなり小さいと思ってください。

しかし、、、、これは、問題ありません。

この手のスタイルはマイクつけますから、、、アコースティックな環境ほど、ボリュームの幅が、、、ということが問われないからです。

なので、Dukoffなどから移ってくる人は、、、まず慣れることが必要です。

試奏などでちょっと試すだけでなく、、、とりあえず買って一ヶ月くらい慣れてみてください。

そうすると、このマウスピースの真価がわかるでしょう。

サンボーンとか好きな方はデュコフもいいですが、こちらもオススメしたいところです。

非常にいいマウスピースです。

www.tomosax.com






| |

« フラセル テナー 8万0千7百8十 シルバー | トップページ | アメセル アルト 14万6千  »

Alto Mouthpiece」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見させていただいております。

私はwarren hillがデュコフからjumbo javaに代えたのをまねして、10数年前にNYC40数丁目の楽器屋街でアルト用に買ってみました。当時は$100以下の安いMPでしたが、安い割には軽めの吹奏感で吹きやすいMPですね。

投稿: boneyfan | 2011年4月14日 (木) 23時11分

Vintage Sax記事をいつも楽しく拝見しております。

フランスの若手Baptiste Herbin(as)もJavaと前期Mark VIのセッティングで素晴らしいBop演奏をしています(YouTubeでのJamSession2010映像)。 Jumbo Java同様Vandorenマウスピースは同国SelmerのSaxとの相性は良いのでしょうか?

投稿: Lucas | 2011年4月16日 (土) 09時02分

Lucas 様

コメントありがとうございます。
ジャンボジャバはまあ、フュージョン的なセッテイングなのでもちろんセルマーにつければ、サンボーン的なスタイルには合います。


ジャズならV16をはじめいいジャズ用マウスピースがでていますが、もちろんマークシックスをはじめとしてセルマーの楽器にもあいます。

この間あった人だと、、、ロイへインズのバンドで吹いているジャリールショウがV16の確か5番に古めのマークシックスだったと思います。

古いジャズのスタイルにも、セルマーと相性は特に問題ない、、、といえると思います。

投稿: tomo | 2011年4月18日 (月) 10時13分

boneyfan様

コメントありがとうございます。

ジャンボジャバといえばウォーレンヒルですよね。あいにく他にはあまり思いつきません。彼の当時のマウスピースって青かったような気がしますが気のせいでしょうか?

私はコントロールの面では非常にいいマウスピースだと思いますが、、、個体差もあります。最初にどこかの中古屋で吹いたものは抵抗が強くて吹きにくかったですが、
友達が古いものを含めた10数本の中から
選んで送ってくれたものは非常に良かったです。

もっとポピュラーになってもいいと思うのですが、、、、、

投稿: tomo | 2011年4月18日 (月) 10時18分

記事をいつも楽しく拝見しております。
1年前の話ですが、Baptiste Herbin(as)もJavaと前期Mark VIのセッティングで、、と書き込みしましたが実際はV5のA55を使用しているようです。訂正させていただきます。
Vandoren AltoのV2(Vintage=開きはA35位)マウスピースを現在使用していますが資料がありません。現行V5よりコンパクト&スリムなサイズで、息の入りに自由度がある優れ物。もしご詳細を存知でしたら記事にしてください♪

投稿: Lucas | 2012年5月13日 (日) 23時33分

Lucas 様

コメントありがとうございます。
ヴァンドレンは90年代初期に一度、非常に流行りましたね、、

そこで評価が高まってからは、ジャズのミュージシャンもジャズに限らず、通常のマウスピースを使用したりすることは多く見られます。

V2の時代ですと、相当古いものですが、基本的にはクラシック用で、音色も暗めで開きも小さい事でしょう。

あいにく手元にないのでそれ以上のことは何とも言えませんが、吹く機会があれば記事にしたいと思います。


投稿: tomo | 2012年5月23日 (水) 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴァンドレン Jumbo Java:

« フラセル テナー 8万0千7百8十 シルバー | トップページ | アメセル アルト 14万6千  »