« アメセル アルト 10万8千 | トップページ | アメセル アルト 10万6千1百 »

ガーデラ テナー 0.80

今日はガーデラのマウスピースです。

何でも開きは.80なので、5番ほどしかありません。

こんなに小さい開きのガーデラは見たことがないので、珍しいですね。

1940add884a 1940add884b
1940add884c 1940add884d

と思ったら、、、、、これはかなりリフェイスされてます。

ガーデラは、先っぽが非常に薄く作られているので、広げたりすることはかなり難しいす。

つまり、ガーデラのリフェイスは小さくすることしかできません。

小さくするには、テーブル側を削るのでテーブルが薄くなります。

で、ガーデラはテーブルの始まりが非常に薄く作られているので、開きを小さくする場合にもテーブルが短くなります。

つまり、リフェイスは非常に難しいんですね。

で、今回のマウスピースは、テーブルがなくなることを想定して、無理やり小さくしたものです。

なので、テーブルの始まりの丸みがなくなって、いびつな形になっていますね。

こうすると、、、フェイシングは、短くて、急なものができます。

つまり、大きさだけをあわせた、吹きにくいマウスピースができます。

今回のマウスピースは、詰まる感じがあって吹きにくいでしょうね、、、、、。

www.tomosax.com

|

« アメセル アルト 10万8千 | トップページ | アメセル アルト 10万6千1百 »

Tenor Mouthpiece」カテゴリの記事

Guardala」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガーデラ テナー 0.80:

« アメセル アルト 10万8千 | トップページ | アメセル アルト 10万6千1百 »