« アメセル アルト 10万2千 | トップページ | セルマー ニューヨーク アルトマウスピース »

アメセル アルト 7万6千7百7十 

今日はアメセルの7万中期アルトです。

5万台などと違い、この辺りになると上の細い感じが安定して、下から上までまっすぐつながったようなしっかりしたフィーリングが感じられます。

音色も7万台としてはわりと暗めなラッカーがついているので、ハードバップ時代のなんともいえないダークな音色がすることでしょう。

しかし音色はまだぼわっとしたまま、、、9万台辺りにはかなり中心に音がよったようなキャラクターになってきますから、それとは別の丸いタイプの音色がします。

Vi76772050810a1 Vi76772050810a4 Vi76772050810a7 Vi76772050810a8 Vi76772050810a9
Vi76772050810a30 Vi76772050810a61 Vi76772050810a69

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アルトに関していえば、なんとなくSBAの香りを残す5万台からしっかりしたマークシックスの鳴りに移行した初期マークシックスの完成系ということがいえるあたりでしょう。

この後、ラッカーが明るくなったりして、音色がフォーカスした感じに移行していくので、それとは違うという意味で初期シックスの最後辺りと線を引くことができるように思います。

ただ、馬力は弱い、、、ところも、中期、後期とは大きく違います。 馬力とは、思いっきり吹いたときに伸びない、、感じです。 軽自動車のアクセルを思いっきり踏んでも、ポルシェほどはスピードが出ないように、思いっきり吹いたときにすぐに詰まったようなような感じがあったりすることです。 さらには、音圧が出ないのでフルバンなどでブラスの音に埋もれてしまったり、、、なんてことがあります。

キャラクター重視か、機能重視か、、、ということになりますが、その中でも重たい音が出る7万台がアタリの楽器ということができると思います、、、。

www.tomosax.com


| |

« アメセル アルト 10万2千 | トップページ | セルマー ニューヨーク アルトマウスピース »

Mark 6」カテゴリの記事

Alto Sax」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメセル アルト 7万6千7百7十 :

« アメセル アルト 10万2千 | トップページ | セルマー ニューヨーク アルトマウスピース »