« セルマー シリーズ2 テナー 38万3千 | トップページ | ガーデラ ポストバップ テナー »

アメセルテナー 6万8千

今日は王道の6万8千テナーです。

6万の中でもやはり後期の方が人気があるように思いますが、それは太く鳴るからでしょう。中にはぺらぺらな音がするものもありますが、6万後期は、男らしく、重たく大きく鳴ります。

もちろん音は中期シックスのようにフォーカスされてないので、もわっとした味のある音がしますね。

6万台にはいろいろな色があるのですが、大きく分けて、オレンジ色っぽい明るい色のものと、くすんだ暗い色のものがあります。

今回のものは暗い色の方なので、暗いキャラクターが期待できます。 逆に、明るい色のものは、反応が速く軽い感じのフィーリングのものが多いですね。

100407 1004071 1004072 1004073 1004074

1004075
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
暗いものと明るいもの、、どちらがいいということはないのですが、シリアルが近くても色が全然違うので、いろいろ個性があって非常に面白いところです。

今回の楽器は太く行きたい人に向いていると思います。

www.tomosax.com

|

« セルマー シリーズ2 テナー 38万3千 | トップページ | ガーデラ ポストバップ テナー »

Mark 6」カテゴリの記事

Tenor Sax」カテゴリの記事

コメント

良いですねぇ…。
テナー吹きとしては、6万後期〜7万最初期辺りは、
一度は手にしてみたい番手です。
先日の5万6千辺りも魅力的ですが…。

ところで、同じ6万台のテナーでも、
初期と後期ではだいぶキャラクターが
違ってくるものなのでしょうか?

投稿: Q | 2010年4月 8日 (木) 00時19分

いつもコメントありがとうございます。

6万台でもキャラクターはいろいろありますが、前期、後期ということではなく、個々で違うと思います。 たとえ500しかシリアルが離れてなくても、ついているラッカーなどで大きくキャラクターが変わります。

大きくいえるのは、特に6万初期辺りでは、後期にくらべて軽いものが多いですね。 後期のほうは太く大きいものが多いように思います。

投稿: Tomo | 2010年4月 8日 (木) 14時46分

こちらこそ、いつもためになる記事をありがとうございます。

なるほど。番手の傾向よりも、個体差の方が余程大きいという訳ですね。

6万台をズラッと並べて、片っ端から吹き比べたら、きっと楽しいでしょうね。

投稿: Q | 2010年4月13日 (火) 14時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメセルテナー 6万8千:

« セルマー シリーズ2 テナー 38万3千 | トップページ | ガーデラ ポストバップ テナー »