« 2010年4月 8日 (木) | トップページ | 2010年4月12日 (月) »

オットーリンク 自作バッフル?

さて今日は、どこかの誰かがTheoに頼んで、現行のリンクにバッフルを付けたものです。

バッフルをつけるとかなりサウンドが変わりますが、これはどのように変わるでしょうか?
まず見てみましょう、、、、、。

1004091 1004092 1004094 1004096

手前までかなり挿入されています。

これによって、かなり音が伸びる感じになると思います。 つまり、息のスペースが狭くなるので、より速く息が押し込まれるわけです。  この入り口の辺りをきつくすると、気持ちいい感じになりますが、高い音が特にバキバキになっていい音がでなくなっていくので、注意が必要です。さらには息のノイズが出やすくなりますね。

で、そのままの勢いでバッフルがヒューっと伸びていますから、かなり音は全般的に明るくなっていることでしょう。 つまり、上から下までバキバキな感じです。  

で、入れているバッフルが長いので、これも息のノイズが出やすくなる要因です。そのため、このマウスピースではバッフルの終わりのほうが低くなっていますね。 でも、このくらい長かったらノイズが出るのではないでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ということで、このくらい大きなバッフルをいれるとかなり音が明るくなると思われますが、現行品ではやはりあまり吹きやすくはならないと思います。

古いパリッとなるメタルリンクなどでやると、ポップスでも十分使えるような、上品なハイバッフルバキバキ系マウスピースに変身するはずです。

www.tomosax.com











| | | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年4月 8日 (木) | トップページ | 2010年4月12日 (月) »