« アメセル アルト マークシックス 9万8千 | トップページ | フラセル テナーサックス 12万6千台  »

アメセル テナー 14万2千

今日はテナーサックスの14万台です。

アルト、、、といえば、14万台は人気が高いですが、テナーではそれほど高くはありません。
何故でしょう?

テナーとアルトでは随分ビンテージに関する考えが違います。

アルトが中期~後期が特に人気が高い(実用的)なのに対し、テナーは初期のほうが人気が高いです。  なぜかというと、アルトと違いテナーは初期から楽器の完成度が高く十分に使用されていました。 

テナーは初期のものが、反応や音色の面で非常に優れており、特に

軽く反応してくれる(特に低音)
非常に暗い個性的な音色、抵抗感

など、初期にしかないものがあります。

特に音色などのキャラクターの面で、13万台あたりでラッカーが一気に明るくなることもあり
テナーでは12万台あたりまでが暗い音のすることで人気があり、13万台以降は極端にフィーリングが変わります。

楽器のバランス的には13万あたりよりも、20何万といったもののほうが優れているので、
初期か最後のほうのマークシックスがテナーはいい、、、という意見をアメリカではよく聞きました。

さて、今日のものは14万台、、、、

14万の新品みたいなやつを持っている友達がいましたが、勿論シリーズ2なんかとは全然違うんですが、初期の6万台あたりとも明らかに違う音色です。

音色はシリーズ2やフラセルなんかよりはちょっと暗いんですが、音がガリガリバキバキしていてそのあたりが初期と大きな違いになります。

S1

S2 S3





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もちろん音楽性の問題なので、それが良い悪い、、、ということではなく、好みの問題なのですが、このあたりの番台がテナーでもひとつ地位が低いのは、そういうような理由だと思います。

www.tomosax.com

| |

« アメセル アルト マークシックス 9万8千 | トップページ | フラセル テナーサックス 12万6千台  »

Mark 6」カテゴリの記事

Tenor Sax」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメセル テナー 14万2千:

« アメセル アルト マークシックス 9万8千 | トップページ | フラセル テナーサックス 12万6千台  »