« selmer ソプラノ シリーズ1 シルバー 35万台 | トップページ | 初期ダブルリング WTフェイシング »

5桁の意味 Meaning of 5digit serial number?

今日は5桁の意味について考えてみたいと思います。

まず、セルマーのテナーサックスは5桁のシリアル、つまり9万台までの物だけ圧倒的な人気を誇り、特別扱いされているという事実があります。

そして、各番台(5万、6万、7万、8万、9万)にはそれぞれ十分に感じ取れる違いあります。

さて、ここで何故、5桁の物が人気があり、何故6桁ではだめなのか? 10万台ではだめなのか? というようなことを考えてみたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まず、楽器の前にジャズの歴史を考えてみたいと思います。

 マークシックスになったのが1955年あたり、 54年にも製造されてたかもしれませんが、製造された直後に出回る、、、というよりは、運ばれて、評判が伝わって、人々が買い始めて、、、、ということには1年はかかるでしょうから、55年あたりに、やっと町で使ってる人を見かけだした、、、、と考えるのがいいでしょう。

55年といえばパーカーが亡くなって、ハードバッブの始まりの時代、、、、。
そして、9万7千あたりが、61年〜62年の境目になります。61年というと、モードは既に始まっており、ジャズも衰退しはじめて色々なモダンスタイルがではじめる時代です。

さて、先ほども申し上げた通り、楽器が出た年にいきなりみんなが使い始めた、、、ということは考えにくいと思います。みんなが常に新品の楽器を使っていることはありえないので、 例えば60年のレコーディングでシックスを使っている人を見た場合、60年製のものよりは、おそらく58年、59年製、、、あるいはそれ以前のセルマーを使っている可能性が高いのではないでしょうか?

そういった理由で、我々がよく耳にする、いわゆるトラディショナルジャズ、、、の名盤は50年代のものが多いですから、ほぼ60年以前に作られた5桁の楽器で奏でられていると思われます。

1329add9114010

1329add9114019_2 1329add911405 1329add911403 1329add911400


(写真は9万1千、、60年あたりの楽器です)


トラディショナルジャズとしてはかなり後期の1964年のレコーディング、、、でも、もしそのプレーヤーが楽器を3年前に買ったとしていれば、9万5千、、、あたり???をつかっていることになります。

逆に、10万台、、62、63年製、、、といっても、実際に耳にするのは、それ以前の楽器で、62、63年製の楽器が聞けるのは、実際もう少し後のレコーディングの可能性が高いと思われます。

ということで、結論として、

50年代、60年代初期のレコーディングは、時代柄ほぼ5桁、、、、シリアルでいうなら、9万初期以前が使われている

ことで、リアルタイムに使われたことに意味がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今度は楽器サイドから考えてみたいと思います。

前述のとおり1万台の違いでも、、明らかな差が感じられますが、5桁の中では、7万中期くらいに大きな変化が見られます。

つまり、7万以前はぼわっとしたフォーカスの甘い感じの音。それ以降は、徐々に音が締まった、中心に芯があるような音になります。

7万中期というと1958年製、、、、つまりプレーヤーが楽器を買って、実際に音を聞くのはそれよりもあとでしょうから、7万台の音も実際には60年くらいから聞かれ始める、、、、、、と考えると、、、、

50年代トラディショナルジャズはほぼ、、、7万台まで、、、、。
60年台初期のレコーディングも、9万台あたり、、、。

逆に11万台なら、65年以降、、、、のサウンドの可能性が高いということになります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

結論

やはり、時代の流れを考えると、50年代~60年代初期がジャズのメインですから、

同じ楽器を使えば同じ音色を得られる、、、という点では、やはり5桁を選ぶことに意味があり、特に7万台あたりまでが、その意味ではより大きいといえる、

と思います。

逆に、11万や12万が5桁と同様と思いたい、、、、という人もいるかもしれませんが、これらは音色の点でも5桁とは違いますし、実際によく聞かれるのは65年以降の、多分67,8年あたりと考えれば、 7万台までの50年代サウンドとはかなり違う、、、、ということができます。

60年の境目である9万初期は、9万後期とはさほどかわらず、経験的にも10万初期も9万と変わらないものがあるので、62年製の9万後期あたりも、5桁に含めていい、、、でしょう。

楽器の良し悪しを述べているわけではないので、5桁がいい、、、ということでは決してありませんが、やはり5桁を選べば、明らかにジャズのその時代の音色が得られることは間違いない、、、、という意味で、5桁には大きな意味があるとということなんだと思います。

皆様のコメントお待ちしております。

www.tomosax.com

| |

« selmer ソプラノ シリーズ1 シルバー 35万台 | トップページ | 初期ダブルリング WTフェイシング »

Tomo's idea (選び方など、、、、)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

ふと疑問に思ったのですが、アルトプレイヤーの中には、柳澤などの現代の楽器を使用している方々も一定数いるにも関わらず、テナーの有名プレイヤーで現代の楽器を使っている人をほとんど見かけないのは何故でしょうか?

アルトは、ヴィンテージに比べ現代の楽器の方が機能的に大きなアドバンテージがあるという事を、TomoさんがブログかBBSで仰っていたと思いますが、それに比べテナーは機能的にヴィンテージでも問題が無いため、どうせ使うなら聞き慣れた音の出るヴィンテージ…という感じになってしまうという事でしょうか?

ジャズにおける現代のテナー、例えば柳澤などについて、Tomoさんのご意見などがありましたら、是非お聞かせください。

投稿: Q | 2009年10月19日 (月) 23時41分

ご質問ありがとうございます。

テナーに関して、特にジャズに関してですが、初期のマークシックスの完成度の高さから現代の楽器ではマークシックス、SBAを超えられないんだと思います。

もちろん音程や、鳴りの均一さなど、現代の楽器にもすばらしい所もありますが、
反応や吹奏感、そして音色、キャラクターにすべてにおいて、マークシックスが優れていると思います。

なんというか、現代の楽器吹いた後、6万台のすばらしいやつとか吹くと、もう他の楽器には戻れないんですよね。

そういうネイチャーというか、大きな魅力をセルマーのテナー、、とくに5桁あたりでは成し遂げてしまったんだと思います。

もちろん、現代の楽器もいいですが、これらは新しい物を作るのにいいのではないでしょうか?

ということで、アルトとテナーでは圧倒的に楽器の完成度が違うからだと思います。

投稿: Tomo | 2009年10月21日 (水) 01時06分

御返信ありがとうございます。レスが遅くて申し訳ありません。

なるほど。やはりジャズにおいて、テナーはヴィンテージの方が機能的に優れているという事ですね。

確かに、暗い音というだけなら、ブラックラッカーやブラックニッケルの楽器も良い感じだと思うのですが、そのものずばりジャズの音って感じではないですよね…。

現代の技術なら、ヴィンテージの再現も出来そうなものなのに、難しいものですね。

投稿: Q | 2009年10月30日 (金) 13時04分

こんばんは。いつも楽しみに読ませてもらっております。該博な知識と、とてもこまめな更新、頭が下がりますとともに、ありがたいです。

やはり仕事(レコーディング)には使い慣れている楽器を使ったでしょうから、50年代の音・・・というと5桁の楽器なのでしょうね。

ただ最近シリアルの番手による音の傾向の違いと、使用頻度・使ってきた人のクセとどちらがより大きな影響となるのかな?と気になっています。

僕のおおざっぱな印象としては、ルックスと音は似ている・・・といったものでして、ピカピカの楽器は新しい、バリッとした音・抵抗も強い、ハゲハゲの楽器はボサッとした感じの音、抵抗は軽いものが多い、といったところです。

たくさんのビンテージを吹いたことがありませんので、シリアルの番手の違いよりも、個体差のほうが強く印象に残っています。

多数の楽器を吹き、かつ違いのわかる技量があればシリアルによる傾向もわかるのでしょうが・・・。

今自分の楽器がtenorのアメセルmk6,15万5千番台のハゲハゲの(フルバンの人が使っていたのか、桃の当たる左側面などほぼはげています)楽器なのですが、早く軽く、バサーッと鳴ります(僕の吹き方もあるでしょうが)。

一本の楽器において、シリアルの番手と個体差(これまでの使われかた)と、どちらが大きな影響をおよぼすものでしょうか?

tomoさんのお考えをお聞かせください。

投稿: hiroki | 2009年11月 3日 (火) 15時14分

hiroki様

コメントありがとうございます。

>>>一本の楽器において、シリアルの番手と個体差(これまでの使われかた)と、どちらが大きな影響をおよぼすものでしょうか?

これはかなりトリッキーは質問ですが、私が思うに

シリアルの番手
個体差(これまでの使われかた)

調整遍歴

だと思います。

つまりたくさん使われた楽器というのは、もはやオリジナルの状態では全くなく別物になっているので比べようがありません。 私が普段述べていることは、あくまでもオリジナルに近いもののことをご理解下さい。

ということで、たくさん使われたものに関しては、傾向や音色に関してはしっちゃかめっちゃかになっているような状態で比べようがありません。

このような楽器は買うのが非常に難しいところです。

>>>>ルックスと音は似ている・・・といったものでして、ピカピカの楽器は新しい、バリッとした音・抵抗も強い、ハゲハゲの楽器はボサッとした感じの音、抵抗は軽いものが

おっしゃるとおりだと思います。
基本的にラッカーがはげてしまったものは、軽くもそもそした音がします。
これはアンラッカーのように最初からかけてないものではそういう音はしません。あくまでも、使い込まれてはげた楽器は全部そういう音になるのでそうなってしまうと、音色的にはシリアルの傾向とかはほとんどなくなってしうかもしれません。

ラッカーがついていることで私が重要だと思うことは、艶があるかないか、、、、ということです。 つまり、ラッカーがのっている楽器には艶のある音がでますが、はげてしまったが楽器はそういうキャラクターが薄くなります。

ということでラッカーがある程度残っていることは、ヴィンテージの音を保つ上非常に重要なことだと思います。 

もしお答えになっていないようでしたら、またご質問ください。

投稿: Tomo | 2009年11月 4日 (水) 10時15分

なるほど、オリジナルに近い状態での傾向・・・ということですね。ハゲてしまっては大元の設計・(いい意味での)金属疲労の部分が大きくなるのでしょうか。
それと、調整遍歴ですか。以前調整の記事がありましたが、自分の楽器の調整がどのようなものになっているかあれ以来気になるようになりました。地方に住んでいるので、どうしても近場のリペアマンさんにお願いすることになってしまうのですが、どのような点を気をつけてもらえばよいのでしょうか???

>いうことでラッカーがある程度残っていることは、ヴィンテージの音を保つ上非常に重要なことだと思います。 

あまりにラッカーが落ちてしまうと、ただバサバサと鳴ってしまうということでしょうか。モサッと鳴りながらもどこか色気がある・・・みたいな音はラッカーが残っていないと・・・といったことでしょうか。

長文になりました。失礼します。

投稿: hiroki | 2009年11月 4日 (水) 22時12分

ご返信ありがとうございます。

>>>>>ハゲてしまっては大元の設計・(いい意味での)金属疲労の部分が大きくなるのでしょうか

金属疲労というよりは、もともとのブラスの音、、、ざらっとしたキャラクターがより強くなるだけのことだと思います。

>>どのような点を気をつけてもらえばよいのでしょうか???

その楽器のことをよく知っている必要があります。 例えばアメセルシックスの何万台はこういうセッティングがいい、、、というようなことを知っている人がいいですね。 あとは材料が非常に重要です。 シュラック、接着剤、フェルト、コルク、チューブ、、などです。 ねじひとつであれだけ影響が出るのですから、楽器じゅうにつけられた接着剤やらでも大きな影響が出ることは間違いありません。 友達のDr リックなどは、昔のいい材料を持っていて、そういうものでないと
楽器の抵抗が増す、、といっていました。 サンボーンはリックのところにオリジナルのシックスのばねをわざわざ買いに来ますし、そういうちょっとしたことでも大きく変わります。そういうことにまで気を配れて、なおかつ楽器が吹けてその違いを知っていることが大切だと思います。

>>>>あまりにラッカーが落ちてしまうと、ただバサバサと鳴ってしまうということでしょうか。モサッと鳴りながらもどこか色気がある・・・みたいな音はラッカーが残っていないと・・・といったことでしょうか。

一般的にはそういうことだと思います。 でも、もしお使いの楽器がはげはげで色気が足りなければ、ネックだけリプレートしたり、マウスピース自体をそういうてかっとしたものに変えればいいので、いくらでも対処にしようはあると思いますが、 楽器本体の違いについてのみ論じるのなら、まとめていただいたことのようになると思います。

いかがでしょう??

投稿: Tomo | 2009年11月 6日 (金) 15時41分

なるほど、フェルト、接着剤ですか・・・。
吹けて、聴き分けれて、細かい部分まで気を配れて、ということが必要になってくるわけですね。
勉強になりました。ありがとうございます。
これからも楽しみに読ませていただきます。

投稿: hiroki | 2009年11月 7日 (土) 07時19分

ご返信ありがとうございます。

よく接着剤、、、フェルト、、、そこまでしたって、、、、なんていう人もいますが、そのくらいこだわって、しかも変わることを知っている修理やさんは、結構ちがうと思います。

日本では、某メーカーが出しているサプライを使用しているところが多いですが、盲目的に使用していることも多いのではないでしょうか????

投稿: Tomo | 2009年11月 9日 (月) 15時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5桁の意味 Meaning of 5digit serial number?:

« selmer ソプラノ シリーズ1 シルバー 35万台 | トップページ | 初期ダブルリング WTフェイシング »