« 2008年12月 9日 (火) | トップページ | 2008年12月12日 (金) »

Otto Link Baritone Master Link

し、渋すぎる、、、一品です。

バリトンのマスターリンクですが、まずでてくることはありません、、、。
トーンマスターでもめったに見ませんから、、、、。

マスターリンクは1930年代のマウスピースで当時はバリトンはブリルハートなどが全盛ですから、とっても希少性が高いと思います。

マスターリンクといえば、、ラージチェンバー、、、。つまり、マウスピースの中の容積が大きいので音がこもって丸い音がします。

アルトやテナーではマウスピースのサイズが今よりも小さいのでかなり詰まった感じがあるのですが、バリトンは、、、、、、で、でかいですね、、、。

さらには、フェイシングもかなり長いように見えます、、。

つまりアルトやテナーとはちょっと違ったデザインのようです、。

まだこの頃はマウスピースのデザインがよく決まってなかったことが容易に想像できます。

9b6f_12
9d79_129f4c_0 A6b7_12
A145_12 99af_12


A2fa_12

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まさにコレクターズアイテムです、、。

www.tomosax.net

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 9日 (火) | トップページ | 2008年12月12日 (金) »