« Baritone Slant Original 6 | トップページ | dukoff Vibracom model »

初期フロリダ ダブルリング

ダブルリングのフロリダに移行したあとの初期です。

特に今更説明するほどでもないですが、NYの刻印がないのでフロリダ製ということがわかるのと
バイトプレートが長いので初期のものだというのがわかります。

G29olinkstmtenor1
G29olinkstmtenor2
G29olinkstmtenor4
G29olinkstmtenor6

もとは5番でしたが95まで広げてあります。

やはりこのあたりの時代は5番が多いですね、、、。 見かけるものはほとんど4か5です、、、。

でリフェイスされているわけですが、バッフルの先端などの容積がもうないので、めいいっぱい広げたことが
よくわかります。  カーブの問題もさることながら、やはりバッフルの先端の容積がかなり狭いのでちょっと反応が重いんじゃないかな?? と思います。  というかちょっと広げすぎたかもしれません。

そういう重さも味、、、、、といってしまえばそれまでかもしれませんが、やはり下の反応と上の反応が違ったりすると吹きにくいので、なかなか難しいところではないでしょうか????

www.tomosax.net

| |

« Baritone Slant Original 6 | トップページ | dukoff Vibracom model »

Otto Link」カテゴリの記事

Baritone Mouthpiece」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初期フロリダ ダブルリング:

« Baritone Slant Original 6 | トップページ | dukoff Vibracom model »