« 木のマウスピース | トップページ | アメセル テナー 8万台 »

Guadala Fat Boy Special Order

少し更新が滞ってました、、、、すいません。

さて、今日はGuardala、、、、、というか、このマウスピース自体にさして興味はないのですが、
特注のやつです。 

6a0e_12jpg
6ecd_12jpg

Fat Boy ガーダラの中ではあまり見ないモデルで、作られた数も少なかったと思います。 写真のマウスピースは
それの特注モデルだったようで、Daveはロングアイランドで人の訪問をたくさんうけいれていましたから、このような少し変わったものはたくさん存在します。   普通のモデルの方がいいようですが、、、、、。

さて、この一年くらいで最も値があがったマウスピース、、といえばやはりガーダラとフロリダスラントでしょう。

ガーダラに関しては今も需要が高く、みんな欲しいということで高い値でも買う人はいるようです。 スラントは
定番で常にみんな探してるものでしょう。 昔はそこまで人気がなかったのですが、、、、、。

最近良く聞く話が、アメリカからのものが日本はもちろん韓国などにも大量に流れているということです。

韓国人のプレーヤーは今とても増えていて、某アメリカ音楽スクールでもたくさんの生徒さんがいるようです。
小生の通っていたQueens Collegeでも倍くらいに増えた、、、というような話もききました。(といっても
小さいプログラムなので2人が4人に増えた程度ですが、、)

ということで、ヴィンテージが欲しいひとは日本同様韓国にもたくさんいらっしゃるわけで、現に先日お会いした若いプレーヤーには、スラントオリジナルだったらいくらでも買う、、、、ということをいわれました。  現に彼は都内でマウスピースを数本買っていきましたが、、、。

で、韓国で教授やってる友達にきくと、イーベイとかでかなり高価なものをばんばん買ってるひとも少なくないようです。  そりゃ、アメリカ人の感覚だと1000ドルのマウスピースなどそうそう買えるものではありません。
日本でいうとなんとかメロンが2万、、、みたいな感覚でしょうか??

買う人は買う、、、、、。  

ということで、マウスピースの需要は広がってるわけで、今後もあがる一方、、、というかいいものは売り手の言い
値で、、、という状況かもしれません。

しかし問題は、そういうことをしてもいいものがなかなか出てこないことにあります。

やはりいいものは手元に残して、それ以外は売る、、、という心理は誰しも当然のことかもしれません。

www.tomosax.net

 

|

« 木のマウスピース | トップページ | アメセル テナー 8万台 »

Tenor Mouthpiece」カテゴリの記事

Guardala」カテゴリの記事

コメント

これ、結構前から出てますな。もしかして「回転寿司」状態かもw
出品者も例のカレ、ですな。この人なんだか一杯持っているようで。

このGuardalaについては、値段がスゴスギなので購入するかどうかの検討外ですが、もうちょっとまともな値段ならなあ。
レーザートリムも、以前に比べれば大分値段が下がってきました。…実はまだ吹いたことがないので、ちょっと冒険してみようかな、なんて。

投稿: J.N. | 2008年2月11日 (月) 09時40分

いつもコメントありがとうございます。
 
よくSteve Wilsonがいってました。新しいモノは評価に10年かかる、、、と。 当時はヤナギサワのことをききましたが、もう少したってみんとわからんといってました。(ヤナギサワの評価はもうで十分でてるとおもいますが、、)

そこで、ガーデラ、、、、。発売されてから20年余が過ぎて、もう製造されてないこともあり評価が決まったということだと思います。  2000ドル、、確かに高いですがいいものはやはりいいということでしょう。 この出品者は薦められませんが、ガーデラがいいことにはかわりありません。

一方のレーザートリム第一世代ですが、似て非なるもの、、、という評価が発売されて10年たらずで出た、、、ということだと思います。 結局、当時の在庫もまだ残っているような状態で実売価格は350ドル、、、。 普通のマウスピースのレベルです。

つまり、そういう評価ということでしょう。

ガーデラハンドメイドが高くなるのは、一つは摩耗するからです。やはり、使い込まれたものは歪んでいたりすることも少なくないようで、それが綺麗なものにたいする希少性を高める要因の一つだと思います。

投稿: Tomo | 2008年2月12日 (火) 00時02分

確かにレーザートリムのは、オリジナルとは別物みたいですね。実売値段は実はもっとお安いみたいです…それでもオリジナルだと思わないで吹いてみてよければそれでいいのですが、これは吹かないとわからない。確率の問題??

オリジナルは、メッキがはげたものが結構多いですね。あと細かい変形は、写真で見ただけではわからないので、その辺も怖いですねえ。
メッキがはげたやつは、やはりそれなりに安いですね。
(ちょっと前、F*CK MEISTERとシャンクに打ってあったやつがあったなあwwあれは$800くらいだったか)

投稿: J.N. | 2008年2月12日 (火) 21時15分

コメントありがとうございます。

レーザートリムはフィーリングはオリジナルのものにかなり近いですが、コントロールの面では別物だとおもってます。

実際、テナーで低いBbなど凄く小さい音で吹いたりするとわかるのですが、レーザートリムはオリジナルとは全然違う反応です。 

中音域だけバーーーーとふくとさほど変わらない気はしますが、私にとってはいいマウスピースではありませんでした。


ガーデラは昔、数本吹き比べてみましたが、やはり
摩耗する、、、、、と思っています。

プレートのせいもあるとはおもいますが、使い込まれたものは結構キツいものもありました。

やはり高いお金を出して買うなら、綺麗なものを買わないと意味がないようで、そういった理由で800〜3000くらいのバラツキがでているんだと思います。

投稿: Tomo | 2008年2月14日 (木) 10時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Guadala Fat Boy Special Order:

« 木のマウスピース | トップページ | アメセル テナー 8万台 »